茶亭羽當(はとう)は渋谷のコーヒー専門店!人気メニューやアクセス方法は?

2019年4月4日 (2019年4月5日最終更新)

東京都渋谷にある茶亭羽當。古民家のような落ち着いた店内で飲むこだわりのコーヒーは格別と、大人気のコーヒー専門店なのです。渋谷の街にひっそりとある茶亭羽當の魅力やメニュー、アクセス方法や予約の仕方など、事前に知っておきたい必要情報をまとめてご紹介いたします。

目次

  1. 茶亭羽當の特徴
  2. 茶亭羽當の魅力
  3. 茶亭羽當の人気メニュー「羽當オリジナルブレンド」
  4. 茶亭羽當のこだわりポイント
  5. 茶亭羽當には他にも魅力的なメニューがいっぱい
  6. 茶亭羽當のアクセス方法
  7. 茶亭羽當の基本情報
  8. コーヒー初心者にもおすすめの茶亭羽當に行ってみよう!

茶亭羽當の特徴

東京都渋谷にある茶亭羽當は、知る人ぞ知る隠れたコーヒーの専門店です。渋谷の繁華街から歩いて10分ほどの場所にあり、都会にありながら田舎の親戚の家に遊びに来たかのような、ほっとする温かさを感じるお店です。1杯1杯丁寧に入れたコーヒーは格別とファンも多い茶亭羽當。そんな人気コーヒー専門店の魅力やメニューなど、たっぷりお伝えいたします。

『ブルーボトル・コーヒー』の創業者ジェームス・フリーマン氏も絶賛

渋谷にあるこの小さなコーヒー専門店、茶亭羽當のコーヒーは、かの有名な「ブルーボトル・コーヒー」の創始者であるジェームス・フリーマン氏も味わい、「実に素晴らしい」と大絶賛したと言われています。そのほかにも、コーヒーにうるさい著名人も数多く足を運ぶなど、開店以来その味わいで多くの人々を魅了し続けているのです。

渋谷にあるので行きやすい

こだわりのある美味しいコーヒーを入れるお店は通常、アクセスの悪い場所や、山奥なんかにあったりして、なかなか足を運ぶことはできませんが、茶亭羽當は、多くの人が集まる主要ターミナル駅渋谷にあり、渋谷の繁華街からもわずか徒歩10分というアクセスの良い場所にあります。このアクセスの良さも茶亭羽當の大きな魅力の1つではないでしょうか。

癒しの空間で落ち着く

渋谷にある茶亭羽當のお店は、外観からしてとても癒される落ち着きを放っています。一歩店内に入ると山奥にあるカフェのような、アットホームで落ち着いた空間が広がっていて、いたるところに植物や絵が飾られています。照明も親しみを感じる暖色の灯りで、思わず長居したくなる様な雰囲気。BGMにはジャズが流れ、ゆったりとした空間となっています。

知る人ぞ知るコーヒーの隠れた名店、茶亭羽當。混み合うときは、お店の前に順番を待つお客さんがあふれるほどだといいます。待つことなくスムーズにお店に入店したい場合は、あらかじめ茶亭羽當に電話をかけて席の予約をしておくととても便利です。

席の予約や、お店にアクセスする途中、道に迷った時などにかけれる茶亭羽當の電話番号は、ページ下部にて記載しています。

Original渋谷で美味しいコーヒーが飲みたい!カフェや専門店など人気店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
賑やかな若者の街、という印象が強い渋谷ですが、最近では海外で見かけるようなオシャレなコーヒー...

茶亭羽當の魅力

東京の大都会渋谷にあるとは思えない、アットホームで落ち着いた雰囲気の茶亭羽當。この茶亭羽當の魅力は、お店の様子や雰囲気だけではありません。1杯1杯丁寧に入れられるコーヒーの味は、通をもうならせる味わい。都会のオアシスのような、知る人ぞ知る隠れた名店である茶亭羽當の魅力について、あますことなくお伝えいたします。

コーヒーだけでなく自家製ケーキも美味しい

コーヒーの味に定評のある隠れた名店の茶亭羽當。メインはもちろん丁寧に入れたコーヒーですが、そのコーヒーと一緒に味わいたいのが茶亭羽當でメニューに並ぶ自家製ケーキ。茶亭羽當にあるケーキは1つ500円~となっていて、一番人気はふわふわの食感とほんのりとした甘みがコーヒーによく合うシフォンケーキ。

茶亭羽當で出されているケーキは、電話で予約すればホールで作ってもらうことも可能です。シフォンケーキや、チーズケーキを自宅でも食べたい!という人にもとてもおすすめ。予約をしないとホールでの購入ができない場合もあるのでお店によくご確認下さい。

ダークブラウンのインテリアが落ち着く

コーヒーのAppleともいわれるブルーボトル・コーヒーの創始者、ジェームス・フリーマンも「日本でもっとも好きなコーヒー店」と絶賛するほどの茶亭羽當。その店内は、とてもアットホームな雰囲気にあふれ、全体的にダークブラウンを基調としたインテリアで、心の緊張がするするとほどけていくようなリラックスした空間となっています。

茶亭羽當の人気メニュー「羽當オリジナルブレンド」

コーヒー専門店である茶亭羽當の人気メニューNo.1はやはり一番王道の羽當オリジナルブレンド。茶亭羽當のコーヒーは全て注文を受けてから1杯1杯豆をひいて作ります。その分時間はかかりますが、味は確かです。この茶亭羽當でもメニューの1番初めに書かれているお店のメインともなるべきメニュー、羽當オリジナルブレンドについて触れていきます。

口の中に残るのはほのかな苦味

茶亭羽當のオリジナルブレンドは、色はさほど濃くなく、全体的にクリアな印象のコーヒーと言われています。ブレンドコーヒーですが味が濃すぎることもなく、かといって薄すぎることもなく、本当に程よい感じで抽出されています。少し酸味があるものの、その酸味も強すぎることなく、ほんのりと残る苦みが味わい深いコーヒーとなっています。

砂糖は角粒

茶亭羽當でコーヒーと一緒に出される砂糖は、角粒の砂糖となっています。よくあるさらさらとした小さな粒の砂糖ではなく、砕けた米粒の位で不揃いに砕かれたお砂糖です。普段よく見る砂糖と違い、溶けにくい特徴があります。なので、コーヒーに入れる際は、コーヒーが来たばかりのまだ熱々の内に、ミルクより先に入れるのがおすすめです。

ミルクは生クリーム?

茶亭羽當でコーヒーに入れるために出されるミルクは、とろりとしていて小さなミルクピッチャーにたっぷりと用意されて提供されます。実際にお店の人に聞けたわけではないですが、とろりとした感触と、コクから生クリームを使用しているのではないかと言われています。たっぷりとコーヒーに注げば、カフェオレとしても味わうことができおすすめです。

コーヒー豆はブラジルとガテマラのコーヒー豆を使用

茶亭羽當で使われているコーヒー豆は何を使用しているのか気になる人もいるのではないでしょうか。茶亭羽當で通常よく使われているコーヒー豆はブラジルとガテマラのコーヒー豆を使っているそう。ブラジルやガテマラはコーヒーの名産地で美味しいコーヒー豆が多くとても人気です。1杯のコーヒーにこだわり続ける茶亭羽當だからこそのセレクトです。

シフォンケーキも一緒に食べる

茶亭羽當で毎日焼かれている自家製の手作りケーキ。いろんな種類のケーキがメニュー表にも並んでいますが、人気も味もNo.1なのが、いろんな味で焼かれたシフォンケーキ。シフォンケーキの種類は、メープル、抹茶、バナナ、黒糖、シナモン、紅茶、オレンジとあってバリエーション豊か。お値段は1つ500円となっています。

この茶亭羽當で食べられるシフォンケーキやチーズケーキ、実は予約することができるのです。お店では一切れずつで提供されますが、事前に電話で予約をするとホールのまま購入することが可能。お誕生日やちょっとした手土産にも、とても喜ばれる1品です。

茶亭羽當のこだわりポイント

渋谷にあるとは思えないアットホームな空間の茶亭羽當。知る人ぞ知るコーヒーの名店として口コミが広がり、人気も右肩あがりのお店です。1杯1杯のコーヒーをお客さんの目の前で丁寧に入れ、提供するカップも1人1人に合わせたものをセレクトするのだとか。そんな茶亭羽當のこだわりポイントについてもご紹介いたします。

ネルで15分間かけてじっくりドリップ

茶亭羽當のコーヒーはお客さんから注文を受けてから、豆をミルでひきはじめます。丁寧にひかれたコーヒー豆はその後、熟練された茶亭羽當のバリスタたちの手によって丁寧に15分もかけてドリップされていきます。計量カップも使わず、長年かけて養われた職人としての感覚のみで毎日変わらない美味しいコーヒーを淹れるのです。

小さめのデミタスカップに注ぐ

並々ならぬコーヒーへの愛情と強いこだわりがあるからこそなせる技で、1杯1杯丁寧にドリップしたコーヒーは、小さめのデミタスカップに注がれます。茶亭羽當で使っている器の種類は300種類以上もあり、お客さんに合わせて選ばれます。棚に並ばれた器を見ているだけでも楽しいひと時となりそうです。

ヨーロッパの名窯から有田焼まで1つずつ異なる種類が並んでいる

茶亭羽當で使われている器の1つ1つは、お客さんを見てから決めるそう。コーヒーを飲む目の前の人にはどんな器が似合うのか、どんな器にコーヒーを淹れたら喜びそうか、お客さん1人1人のことを常に考えながらコーヒーを作ります。ここまで温かいおもてなしがお客さんの心に伝わるからこそ、お店も皆から愛され人気のお店となるのもうなずけます。

その人にあった楽しみ方を考える

渋谷の繁華街からもほど近いところにあるとは思えない、アクセスのよい場所にある茶亭羽當。アットホームなお店の雰囲気からも想像できるように、訪れたお客さん1人1人がコーヒーの時間を楽しめるように、心を尽くして考えたサービスを自然に行ってくれるのが素晴らしいところ。こうした心使いがお客さんの心をつかんで離さない人気の秘密なのです。

コーヒーや紅茶などに使われている水は全てアルカリイオン水

茶亭羽當でコーヒーや紅茶に使われている水は全てアルカリイオン水なのだそう。コーヒーの味を左右する大事な水の味にもこだわるのは納得です。これも皆訪れたお客さんに美味しいコーヒーを飲んで欲しいからこそ。大都会にありつつも、まるですがすがしい山奥のお店で入れたコーヒーを飲んでいるかのような味わいは使っているお水にもあったのです。

茶亭羽當には他にも魅力的なメニューがいっぱい

茶亭羽當には、メインとなるオリジナルブレンドコーヒーの他にもたくさんのドリンクメニューや、フードメニューも用意されています。カフェオレや、ウインナーコーヒー、カプチーノや紅茶、果汁たっぷりのジュースまで。一緒に味わいたいフード類はシフォンケーキの他に、自家製チーズケーキや、オープンサンドなど、楽しみが広がります。

茶亭羽當のアクセス方法

茶亭羽當の魅力を知って、実際にお店に足を運びたくなった人も多いはず。コーヒー界の重鎮、ブルーボトル・コーヒーの創始者、ジェームス・フリーマン氏も「日本で一番好きなお店」と大絶賛するほどの隠れた名店です。茶亭羽當の所在地や、お店までのアクセスの仕方などについてもご紹介いたします。足を運ぶ前にぜひ、ご参考ください。

渋谷駅が最寄り駅

茶亭羽當は、とてもアクセスの良いお店で、JR山手線の渋谷駅から歩いて5分ほどの場所にあります。渋谷の街にショッピングモールに来たついでに、休憩がてら茶亭羽當に寄るのもおすすめ。ただし、人手の多い土日祝日は満席のことも多いためあらかじめ予約をしておくと、疲れてすぐに休みたい時もとてもスムーズです。

茶亭羽當は建物の多い場所にありますので、お店専用の駐車場などは用意されていません。車で茶亭羽當まで行きたいときは、最寄りのコインパーキングを利用します。駅から徒歩数分とアクセスのよい場所にありますので、散策がてら歩いて行くのもおすすめです。

茶亭羽當まで歩いていくには、渋谷駅のすぐそばにあるヒカリエを右手に見るように進みます。その後見えてくるりそな銀行も右手に見えるように直進、そして野村證券渋谷支店が見えたらそこの角を曲がると茶亭羽當に到着します。駅からも大人の足で歩いて5分足らず。雨の日もさっと行ける距離にあるのでとても便利です。

茶亭羽當の基本情報

東京渋谷に来た際はチャンスあらば茶亭羽當まで足を運び、名店のコーヒーをぜひ味わってみたいもの。茶亭羽當の営業時間や定休日、また問い合わせ先などを知っておけば、せっかくお店に行ったのにお休みだったというような残念なことも避けられます。茶亭羽當に行く前に覚えておきたい基本情報についてもまとめましたので、ぜひご参照下さい。

営業時間・定休日

茶亭羽當の営業時間は、平日、土日祝日問わず、11:00~23:00となっています。なかなか夜遅くまで営業しているので、渋谷の街で映画鑑賞や観劇などをした後や、食事をした後のコーヒータイムなどに時間を気にせず利用することができます。定休日はなく、年中無休となっていますが、年末年始に限ってはお店に直接お問い合わせ下さい。

電話番号

茶亭羽當で席を待たずに入店したいときはお店に直接電話をかけて予約を入れておくのがおすすめです。また、お祝い事などに茶亭羽當の美味しい自家製ケーキを予約したいときも、電話番号を知っておくと大変便利です。お店に行く直前でも、ささっと電話をかけて予約しておけば、デートやお茶の時間もとてもスマート。ぜひ電話帳に登録しておいて下さい。

住所 東京都渋谷区渋谷1-15-19
電話番号 03-3400-9088

コーヒー初心者にもおすすめの茶亭羽當に行ってみよう!

渋谷区にある茶亭羽當の魅力や特徴、アクセス方法や営業時間、予約についてなどご紹介してきました。コーヒー界で名の知れたブルーボトル・コーヒーの創始者、ジェームス・フリーマン氏も認めた味が気軽に味わえる隠れた名店です。近くに行かれた際には、ぜひ茶亭羽當まで足を延ばしてみて下さい。心安らぐ癒しの時間が過ごせることでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
とも

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の新着のまとめ