オランダに移住するには?条件や費用・仕事探しについて詳しくチェック!

2019年5月24日 (2019年5月27日最終更新)

ここ数年、オランダ移住が話題になっているのはご存知でしょうか。オランダでは、日本人は優遇されているため、他国と比べても移住しやすい国です。この記事では、オランダ移住に必要な条件や費用、そして仕事探しについてご紹介しています。

目次

  1. 気になる!オランダ移住に必要なことって?
  2. オランダってどんな国?
  3. オランダ移住のメリット
  4. オランダ移住のデメリット
  5. オランダ移住の種類
  6. オランダに移住して仕事をするなら起業がおすすめ!
  7. オランダ移住の費用
  8. オランダで起業して移住生活を楽しもう!

気になる!オランダ移住に必要なことって?

ここ数年、日本人のオランダ移住が話題になっています。オランダと日本は条約を結んでいるため、日本人であれば他国と比較しても移住がしやすく、海外で仕事をしたい方におすすめの国です。今回は、日本人がオランダ移住をするための条件や気になる費用、仕事探し、そしてオランダ移住のメリット・デメリットなどをご紹介しています。

オランダってどんな国?

オランダ移住についてご紹介する前に、オランダがどんな国かを簡単に振り返ってみましょう。オランダは日本人にとっては両国の歴史の中でも重要な国です。日本が鎖国をしていた頃、唯一貿易があった国です。古くから協定を結んでいたことで、現在も日本人の移住がしやすいというメリットがあります。そんなオランダの概要をおさらいしていきます。

オランダの地理

オランダは北海に面している国で、、隣国はドイツとベルギーです。首都はアムステルダムで、面積は九州とほぼ同じくらいの大きさです。オランダの地理を説明するにあたって重要なのが「ポルダー」です。ポルダーとは開拓地のことなのですが、実はオランダは国土の4分の1が海面よりも低くなっています。

オランダの気候

オランダの気候をご紹介します。オランダはヨーロッパでも北部に位置している国なので、寒い国なのではと思いがちですが、海洋性気候のため緯度が低い割に温暖です。冬はそれなりに寒いですが、-6℃を下回ることがありません。夏は最高で27℃くらいになります。暑すぎず、寒すぎず、緯度が低い国ですが、比較的過ごしやすい気温です。

オランダの言語

オランダの公用語は「オランダ語」です。フリースラント州という州では、「フリジア語」という言語も公用語となっています。しかしオランダ人は英語が得意なため、英語が通じます。移住するにはオランダ語はゆくゆくは必須ですが、英語でも十分通用します。そのほかには、フランス語やドイツ語が話せる人も多くいます。

オランダの治安

オランダは、ヨーロッパの中でも治安が良い国です。しかしやはり海外ですから、スリやひったくりが大変多いです。狙われるのは観光客ばかりではないほどで、細心の注意を払って過ごす必要があります。特にカードの暗証番号を盗み見られないように気を付けましょう。そのままカードを荷物ごとひったくられる可能性があります。

また、オランダは移民に寛容な国のため、移住してきた多くの移民による治安悪化が目立っているという現状もあります。地元の不良グループにも気を付けましょう。いずれも怪しい雰囲気の人たちがいてもスルーすることが大事です。

Originalオランダで使う言語は英語が便利!公用語は何?観光で活かせる情報を解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
多くの人が英語が話せると言われているオランダ。オランダの観光には実際にどのくらい英語が使える...

オランダ移住のメリット

オランダは日本人にとって移住がしやすい国ですが、日本人がオランダに移住するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。オランダでしか得ることのできないメリットがあるのかどうかも移住先選びには大事なポイントです。オランダに移住するのが楽しみになる、オランダ移住のメリットをご紹介します。

英語が通じる

オランダに移住するメリットの1つは、「英語が通じる」という点です。オランダ人は英語が非常に得意です。日常や仕事の場において、実はオランダ語があまり話せなくても支障をきたすほどのことにはなりません。オランダ語の習得が難航している場合でも、英語が話せればある程度はどうにかなってしまうのです。

学校や病院の費用がほとんどかからない

オランダ移住のメリットの2つ目は、教育や医療制度がしっかりとしている国です。オランダは世界一子供が幸せな国と言われていて、教育制度は素晴らしいものです。移住してきた外国人の子どもでも、無料で公立校に通学することができます。インターナショナルスクールもあり、子供の教育環境はとても充実しています。

そしてオランダの医療制度ですが、日本は公的機関による保険、国保もしくは社保に加入していることがほとんどです。しかしオランダは、民間が運営している健康保険会社に強制的に加入しなければなりません。これは移住した者も同様です。

この民間の健康保険ですが「標準パッケージ」というものが各社あり、内容はすべて同じとなっています。その中に、病院にかかる諸費用が含まれているので、病院にかかった時に医療費を支払うということがありません。

保険という形で支払っていますが、病院にいくらかかっても医療費がそれ以上かからないというのは大きなメリットです。慣れない移住生活で体調を崩してしまっても安心です。

ビザが取得しやすい

オランダは日本人にとって、ビザが取得しやすいため移住が容易な国なのです。現地で雇用という形で仕事を得た場合、ビザを申請するのは難しいのですが、日本人が個人事業主として仕事をする場合は、「日欄通商条約」があるので、他国籍の人よりもビザを取得しやすくなっています。

オランダで個人事業主として仕事をする場合のビザですが、取得するには条件がいくつかあります。その条件をいくつか挙げると、「保証金として約60万円を預けること」「健康に問題がないこと」「犯罪歴がないこと」「事業内容がオランダにとって革新的なものであること」「オランダで1~2件以上の受注先があること」などがあります。

一見難しそうに感じられますが、ざっくりとまとめると「必要な資金は60万円で、オランダにとってメリットがある事業であること」というように押さえておけばよいでしょう。

5年経つと永住権が申請できる

オランダには連続して5年以上滞在していて、きちんと仕事をして安定した収入を得ており、申請してからさらに1年先まで収入が見込めるということが証明できれば、永住権を申請することができます。就労ビザを取得して、事業が軌道に乗ってしまえば、オランダの永住権取得も非常にしやすくなります。

ヨーロッパ旅行がしやすい

オランダに移住するメリットの1つとして、ヨーロッパ旅行がしやすいという点も挙げられます。オランダにあるアムステルダム・スキポール空港は、世界有数のハブ空港で、フランスやイタリアまでは2時間もかからずに行くことができます。隣国のドイツとベルギーは、入国審査をせずに行き来することができます。

オランダ移住のデメリット

オランダ移住は、個人事業主として仕事をするなら比較的容易にできるということをご紹介してきました。しかしオランダ移住はメリットばかりではありません。やや独特なので、合う人と合わない人がはっきりと分かれるのがオランダです。オランダ移住のデメリットをご紹介します。

オランダ人と深く付き合うにはオランダ語の習得が必要

英語が通じるオランダですが、やはりオランダ人と深く付き合うにはオランダ語の習得が必要です。現地のオランダ人と親しくなると、そこからパーティーなどで繋がりができてきます。

しかし、現地人同士で話しているのは英語ではなくオランダ語。英語も上手ですが、現地人同士の会話に使うのはオランダ語がメインです。。そのため、オランダ人同士の会話に入るには、やはりオランダ語の習得が必要になってきます。仕事につなげるためにも、オランダ語は話せるようになっておくのがおすすめです。

仕事で安定して収入を得るには現地の人との繋がりが大切

オランダ移住をしてから仕事で安定した収入を得るには、現地人との繋がりを大切することです。現地の人から仕事を紹介してもらうことも多く、そこから事業が伸びていく可能性が高いです。もちろん現地の方にも自分の製品やサービスを利用してもらわないことには、仕事が成り立ちません。

秋冬の日照時間が短く気が滅入る

オランダは緯度が低いため、秋冬は日照時間が短いです。朝は8時半から9時頃まで日が昇らず、夕方は16時頃から日が落ちてきます。また、雪は降らないものの、曇っているため日に全く当たらないという日が何日も続くこともあります。その日照時間の短さから、中には移住後に気が滅入ってしまう人もいます。

雨や風が多い

オランダは雨や風が多い土地です。オランダは海洋性気候のため、1年を通して雨がよく降ります。しかし降水量が多いわけではありません。雨の予測が難しい土地で、いつでも降る可能性があるということです。さらに強風も吹きやすく、特に冬は荒れた天気が多くなります。オランダは1年中天気が変わりやすい国と言えるでしょう。

外食が高く美味しくない

オランダ移住のデメリットで最も気になるのが、食の問題です。実はオランダは料理が美味しくありません。そして、外食をしようとすると、値段が高くつきます。お金もかかるし美味しくないので、日本食が恋しくなってしまうかもしれません。移住者は自炊することが多くなることが多いようです。料理が苦手な方は移住前に練習しておくと良いでしょう。

Nlオランダのおすすめ料理13選!名物をテイクアウトをして食べ歩きを満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海の幸が豊富で農業大国でもあるオランダ。街中ではテイクアウトをして食べられる料理も多く、食べ...

オランダ移住の種類

オランダに移住するにあたって、必ず就労ビザを取得する必要があります。オランダの就労ビザには複数種類あり、それぞれ申請できる条件が異なります。特に日本人が取得しやすいビザとそうでないビザもあります。ここでは、オランダ移住ができる就労ビザの種類についてご紹介します。

知的労働者向けビザ

オランダで移住できる就労ビザの種類その1は、「知的労働者向けビザ」です。このビザには月収に条件があり、雇用する企業が申請するビザです。30歳未満は€3229以上、30歳以上は、€4,404以上という条件になります。例えば、企業の現地駐在員などがこのビザで滞在しています。

個人事業向けビザ

「個人事業向け」ビザは、個人事業主が申請することができるビザで、このビザで移住している日本人が多くいます。条件としては、事業計画の提出と、銀行に€4500(およそ60万円)の保証金を預けることなどがあります。有効期間は2年で、延長可能です。日本とオランダには日蘭協定があるので、日本人の場合このビザなら比較的移住しやすいです。

起業者向けビザ

個人事業主ではなく、オランダで法人を設立し、人を雇用して事業を行う場合には「起業者向けビザ」になります。こちらも日蘭協定がありますので、日本人なら比較的容易にビザが取得できます。このビザで移住する場合の注意点としては、保証金としておよそ60万円が必要という点と、更新する際には、€3800以上の月収がなければなりません。

配偶者向けビザ

「配偶者向けビザ」は、オランダ国籍を持つ人の配偶者になった場合と、オランダの滞在許可がある人の配偶者もしくはパートナーの方が取得できるビザです。このビザでもオランダで滞在および労働が可能ですが、オランダ国籍の人と結婚しなければ取得して移住できません。有効期間は5年間で、更新時には、オランダ語の試験があります。

オランダに移住して仕事をするなら起業がおすすめ!

オランダに移住して仕事をするなら起業がおすすめです。オランダの企業に雇用されて移住をするのは結構難しいのですが、日蘭協定があるため、個人事業主および起業向けのビザであれば比較的容易に取得することができるからです。ここでは、オランダで起業して移住するための詳しい条件をご紹介していきます。

オランダで起業している日本人の業種の例

オランダで起業というとかなりハードルが高いように思えますが、実際にオランダに移住して起業している日本人が沢山います。どのような仕事をしているのでしょうか。

オランダで起業している日本人の業種は多岐に渡ります。例えば、ITやマーケティング関係、美容師やネイリストなどの美容関係、日本の製品の販売、観光ガイドなどさまざまです。どのような業種であっても、オランダで需要があるサービスであれば、移住は成功するでしょう。

オランダで起業するための条件

オランダで起業して移住するには、保証金が約60万円必要とたびたびお伝えしてきましたが、実は60万円だけあれば移住できるわけではありません。オランダに移住して起業するためには、いくつかの条件があります。オランダで起業するための詳しい条件をここでご紹介していきます。

基本的な条件

オランダで起業するための基本的な条件ですが、大きく5つの条件があります。1つ目が日本国籍を持っていること。2つ目がパスポートを持っていること。3つ目が犯罪歴がないということ。4つ目がオランダに住民登録をすること。5つ目が健康診断を受け結核の問題がないというこです。ほとんどの人はクリアできる条件です。

起業に関する条件

それでは、本題の起業に関する条件についてご紹介します。起業に関する条件は、大きく分けて8つあります。

まず1つ目が、保証金約60万円を銀行口座に預けること。2つ目がオランダ商工会議所に登録されているということ。3つ目が収益が見込める事業であること。4つ目が日本で既にしていた事業か、オランダと日本に関連したものであること。5つ目がオランダで受注先があるということ。6つ目が事業を行うにあたって、必要な資格があるということです。

この6つ目までの条件ならばあまり難しいものではありませんが、最後の2つが少し厄介です。7つ目が事業内容がオランダ経済にとって不可欠な利益を生み出し、革新的であるものということ。8つ目が、ポイントシステムで90ポイント取得できていることです。

まず「オランダ経済にとって必要不可欠で革新的」とはどのようなものでしょうか。オランダはわざわざ外国人を長い期間働かせるので、オランダにとってよりよい利益を生み出してほしいという思惑があります。

日本人特有の感性を活かしたビジネスをすれば、それだけでオランダにとって革新的です。難しい表現ですが、既に多くの日本人が移住していますので、彼らを参考にしつつ上手にアピールしましょう。

8つ目の「ポイントシステムで90ポイント以上取得する」という条件ですが、学歴や職歴、収入などをポイント化して評価するものです。オランダ政府が発行しているポイント表があるので、参考にしてみてください。

オランダ移住の費用

オランダで起業して移住するために必要な費用は60万円という話をよく聞きますし、ここでもたびたびお話していますが、それは起業に必要な保証金という名目です。実際にはオランダ移住するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。実際は60万円だけではなく、最低でも約106万円から必要です。オランダ移住の費用の詳細をご紹介していきます。

ビザ取得に必要な費用

オランダのビザを取得する際に必要な費用はいくらでしょうか。実は、ビザを申請する時点でも費用がかかります。ビザの申請に必要な費用は、約17万円です。

それにプラスして、起業に必要な保証金の約60万円が加わりますので、ビザの申請と取得の費用は約77万円と言えるでしょう。

移住に必要な書類作成の費用

移住に必要な書類作成にも費用が生じます。移住にあたっては、さまざまな書類が必要です。例えば戸籍謄本や、銀行の残高証明証、健康診断書などがあります。その書類を作成する費用は、書類の種類や数によって異なりますが、約5000円からかかってきます。

そのほかには、現地で会社を登録したという証明書に約8000円、現地口座の残高証明は会計士にお願いしないといけないので、そこで約2万5000円ほどかかります。人によって金額の幅がありますが、書類だけでも合計で約3万8000円ほどの費用がかかります。

オランダまでの航空券

オランダ移住にあたっては、もちろんオランダまでの航空券が必要です。航空券はシーズンやセールなどがあるため費用が変動します。最も安いものでは約6万3000円というのもありますが、安くても約7万円とみておくと良いでしょう。日本からアムステルダムまでは直行便がありますが、他空港を経由して行くと費用を抑えられます。

オランダまで送る荷物の送料

オランダへはスーツケース1個で移住できてしまう人もいるかと思いますが、事業によってはどうしてもたくさんの荷物を持っていかなければならないこともあります。

こればかりは荷物の量によってまちまちですが、趣味のものや、必要な本やDVDなどを持ち込むと想定すると、約10万円かかります。

家具などとても重いものを送ると、約30万円かかるということも。実際にどのような荷物を送らなければならないのかは、事前によく考えて費用も調べておきましょう。

現地での初期の宿泊費用

オランダ移住をすることが決まったら、物件探しをする必要があります。国内にいるうちに移住先の住居が決まっているか、現地の知り合い宅にホームステイなどができればよいのですが、初期は宿泊というかたちで物件探しをすることになります。

そのため移住の初期費用として、宿泊費用を約1ヶ月分は用意しておきましょう。どこに宿泊するかによって費用が変動しますが、1日およそ5000円と仮定すると、約15万円が必要です。

ホテルに1ヶ月滞在すると大変な高額になってしまうので、宿泊費用を抑えるには民泊を利用したり、郊外に宿を取るのも1つの手です。

現地での食費

オランダ移住後初期にかかる費用のうち、忘れてはならないのは食費です。先ほどもご紹介しましたが、オランダは外食がものすごく高いうえ、あまり美味しくありません。キッチンが付いている宿泊先を選んで、スーパーで食材を買って自炊しましょう。自炊すれば、食事の費用は日本と変わりません。1日約800円と仮定すると1ヶ月で約2500円です。

その他の費用

オランダ移住にかかる費用をざっと説明してきましたが、そのほかにも移住後にかかってくる交通費やWi-Fiなどの費用も考えておかなければなりません。

実はオランダは自転車大国です。オランダ人は自転車で移動することがほとんどで、自転車を購入するなら自転車を購入するための費用が生じます。

移住して最初のうちは自転車を使わないというのであれば、交通費は1日300円くらいと考えておきましょう。地方に在住の場合は、場所にもよりますが、都市部に行くまでに往復で数千円かかります。

Wi-FiやスマートフォンのSIMの契約には、プランによりけりですが、約5000円と見積もっておきましょう。

Originalオランダの時差は?夏時間・サマータイムや直行便の飛行時間なども調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美しい街並みやチューリップの花や風車のある景色、チーズなどの乳製品で知られるオランダは観光地...

オランダで起業して移住生活を楽しもう!

オランダに移住するための条件や、移住後の仕事の見つけ方などをご紹介しました。最も簡単にオランダで仕事を得るには起業をすることです。日本ですでに起業して仕事をしている方なら、オランダ移住も夢ではありません。メリット・デメリットを把握して、ぜひ移住先の候補としてオランダを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Kate

オランダ全都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

オランダ全都市の新着のまとめ