キュラソー島を観光!場所は?おすすめ名所・グルメ・治安などご紹介!

キュラソー島を観光!場所は?おすすめ名所・グルメ・治安などご紹介!

日本では観光地として、まだあまり馴染みのないキュラソー島。キュラソー酒の産地としても有名なキュラソー島は、美しい海と街並みが広がっている、欧米では人気の観光地なのです。今回は、そんなキュラソー島の場所におすすめの名所やグルメ、治安などご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.キュラソー島で癒され観光を満喫!
  2. 2.観光地キュラソー島の特徴は?
  3. 3.キュラソー島がある場所は?
  4. 4.キュラソー島の治安が気になる!
  5. 5.キュラソー島のおすすめグルメ
  6. 6.キュラソー島のグルメと一緒に名物酒も!
  7. 7.キュラソー島のおすすめ観光名所をご紹介
  8. 8.キュラソー島のおすすめ観光名所1:【ウィレムスタット】
  9. 9.キュラソー島のおすすめ観光名所2:【ケネパビーチ】
  10. 10.キュラソー島のおすすめ観光名所3:【ハト洞窟】
  11. 11.キュラソー島のおすすめ観光名所4:【オールドマーケット】
  12. 12.キュラソー島のおすすめ観光名所5:【ピーテマーイ】
  13. 13.魅力溢れるキュラソー島観光に行きませんか?

キュラソー島で癒され観光を満喫!

カリブ海に浮かぶカラフルな島、キュラソー島をご存知でしょうか。ポップなカラーでペインティングされた建物と街並みがかわいらしく、まるで映画のセットの中に入り込んだかのような島です。コバルトブルーの美しい海に、南国でしか出会えないような魚たちも魅力的なキュラソー島は、リゾート地として観光にもおすすめの場所なのです。

グレートブルーホールはカリブ海の神秘的な穴!気になる深さやダイビング情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グレートブルーホールはカリブ海の神秘的な穴!気になる深さやダイビング情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カリブの宝石と呼ばれるベリーズにあるブレードブルーホールは、世界最大規模のブルーホールです。吸い込まれるような神秘的な穴は、まさにグレートブルーホールと呼ぶにふさわしい存在です。世界中のダイバーが憧れるグレートブルーホールのダイビング情報についてご紹介します。

観光地キュラソー島の特徴は?

ウィレムスタットという場所が首都のキュラソー島。首都ウィレムスタットの建物はどれも色鮮やかでカラフルな街並みが広がっています。なぜこんなにカラフルにペインティングされているかというと、キュラソー島の気候があまりにもいいことが理由だと言います。

キュラソー島では、白壁の家を建てると、澄み渡った海に強い太陽の日差しが反射し、頭痛を起こす人がたくさん出たため、反射を抑えるためにカラフルな色付きの壁にしたのだそうです。今は緩和されたようですが、昔は白い建築物を建ててはいけないという法律まであったといいます。驚きの理由です。

キュラソー島がある場所は?

キュラソー島は、南アメリカ大陸ベネズエラから北に約60㎞ほど離れた場所にあります。透明度の高いコバルトブルーの海に、カラフルな熱帯魚たちを鑑賞しに、たくさんのダイバーたちが集まる場所でもあるキュラソー島。まわりの場所には、アルバ島とボネール島があり、キュラソー島の頭文字と合わせて、ABC諸島とも呼ばれています。

南米旅行!サウスアメリカ縦断ルート!おすすめの国や都市を7ヵ所厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南米旅行!サウスアメリカ縦断ルート!おすすめの国や都市を7ヵ所厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南米を旅行するなら、時間をかけて周遊するのがおすすめです。南米は日本のちょうど裏側にあり、移動距離も長く旅費もかかることから多くの日本人観光客は南米周遊を選ぶのだとか…。そんな南米旅行を計画中の方に役立つ情報や、南米縦断ルートやおすすめ観光都市をお届けします。
ベネズエラの治安や物価は?旅行に行く前に知っておくべきこと! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベネズエラの治安や物価は?旅行に行く前に知っておくべきこと! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界で最も危険な国とも言われる南アメリカのベネズエラですが、現在の治安の状況はどうなっているのでしょうか。物価が安いと言われていますが実際に旅行に行くことはできるのでしょうか。ベネズエラの治安の状況や特に危険な場所などをご紹介します。

キュラソー島の治安が気になる!

美しい街並みと澄みきった海でおすすめの観光地キュラソー島ですが、場所的に治安が心配と思う方もいるのではないでしょうか。治安があまり良くないイメージの南米に位置するキュラソー島ですが、実は整備された治安の安全な島なのです。

香川県の4分の1ほどの広さのキュラソー島。中には、ダウンタウンのような場所もありますが、総じて治安はいい観光地と言われています。経済が安定しているだけでなく、犯罪率も比較的低く、日本からでも安心して観光できるのでおすすめ!しかしどこの国でもそうですが、治安の良い場所でも油断すると、スリなどの被害に遭う可能性があるので、ご注意ください。

キュラソー島のおすすめグルメ

キュラソー島の名物グルメと言えばイグアナ料理。日本ではあまり馴染みのないイグアナ料理ですが、南米ではイグアナのお肉は、結構人気のグルメ料理なのです。淡白でさっぱりとしたお肉の中に、噛んでいくと旨味がしっかり出てくるイグアナグルメは、一度食べるとハマってしまう方も多いとか。

馴染みのない分、最初は不安ですが、食べ始めるとクセがなく、日本人の舌にも意外と合う食感と味わい。キュラソー島観光の際にぜひ味わってほしいグルメです。皮付きだと、見かけに抵抗があるという方も多いので、まずはお肉の部分のみ調理したグルメがおすすめ!

キュラソー島のグルメと一緒に名物酒も!

キュラソー島の名物グルメと一緒味わいたいのが、キュラソー酒!蒸留酒にオレンジの果皮と糖分を加えて作られるキュラソー酒は、17世紀にオランダで作られたのですが、キュラソー島産のオレンジ果皮を使用したことから、その名が付けられました。リキュールの中でも数多くのブランドがあるキュラソー酒は、カクテルでもよく使用される人気のお酒です。

17世紀当時オランダ領であったキュラソー島。名産グルメのキュラソー酒をヨーロッパへいち早く輸出していきました。ヨーロッパでは当時、心身リラックスのためにホットコーヒーにキュラソー酒を入れて飲んでいました。日本では、アイスカクテルで使用されることが多いキュラソー酒ですが、ホットドリンクの中に入れるのもおすすめ!オレンジの香りが一層感じられます。

キュラソー島のおすすめ観光名所をご紹介

ここからは、キュラソー島を観光するのにおすすめの場所をご案内して行きます。名所や、島ならではのおすすめグルメもたくさんあるので、旅行のプラン作りの参考にしてみてくださいね。楽園のような景色の広がるキュラソー島で、日頃の疲れを癒してみませんか?

キュラソー島のおすすめ観光名所1:【ウィレムスタット】

ユネスコ世界遺産にも登録されている、キュラソー島の首都ウィレムスタット。キュラソー島の港町として、栄えている観光名所です。ピンクやパステルブルー、エメラルドグリーンなど心まで明るくなるような色とりどりな建築物が並ぶウィレムスタットは、まるで映画の世界やおとぎの国のよう。街を散策しているだけでも楽しい観光のひとときを堪能できます。

そんな首都ウィレムスタットには、商業エリアのプンダ地区と住宅街が多いオトロバンダ地区という二つの地域が中心市街となっています。そして、この二つをつないでいるのが、クイーンエマ橋。セントアナ湾にかかるクイーンエマ橋は、ウィレムスタットの街並みと相まって、どこかアートを感じる作り。心地よい海風が、リゾート感覚を一層高めてくれます。

昼は、澄んだ美しい海に明るい日差しでポップな街並みが可愛らしいウィレムスタットですが、夜はまた違った魅力があります。夜になると、ウィレムスタットのカラフルな建物とクイーンエマ橋がライトアップされて、なんとも幻想的な世界に。夢の国のようなキュラソー島の夜景は、キュラソー酒を嗜みながら眺めたいところです!

キュラソー島のおすすめ観光名所2:【ケネパビーチ】

カリブ海の美しいビーチが数多くあるキュラソー島の中でも、特に美しいと観光に人気なのがケネパビーチ。キュラソー島観光の名所ビーチで、おすすめの場所です。コバルトブルーの澄んだ海に真っ白い砂浜。美しいサンゴも見られるケネパビーチは、シュノーケリングにおすすめ場所です。

キュラソー島のおすすめ観光名所3:【ハト洞窟】

キュラソー島で自然の美しさを満喫できるおすすめの場所が、ハト洞窟。長さ1キロメートル以上もある大きなハト洞窟は、ガイドの案内なしでは入ることのできない名所スポットです。暗い洞窟の中、岩壁の間から差し込む光はなんとも幻想的。コウモリも生息している洞窟内は、自然がそのまま残っていて不思議なパワーが感じられるおすすめの名所です。

ハト洞窟はガイドなしでは入れないので、見学に8ドルが必要になります。しかし、見学料以上に楽しめる上、観光の思い出を作れること間違い無し!日差しの強いキュラソー島。洞窟内で少し涼感を楽しんでみるのはいかがでしょうか。空港の近くにあるという、アクセスの良さも便利でおすすめのポイントです。

キュラソー島のおすすめ観光名所4:【オールドマーケット】

レストランや雑貨店の多い商業エリアのプンダ地区。オールドマーケットは、そのプンダ地区を北に進んだ場所にあるグルメ系マーケットです。マーケット内はフードコートのようになっていて、気構えせずに好きな料理を食べられるシステム。キュラソー島の名物グルメ、イグアナ料理もオールドマーケットで堪能できます。

キュラソー島のおすすめ観光名所5:【ピーテマーイ】

プンダ地区オールドマーケットを東南方面へ少し進んだ場所にある、ピーテマーイ地区。18世紀頃、オランダ領であった影響を受けて建てられた建築物が残るエリアです。カラフルでポップな見かけでありながら、ヨーロッパ建築の名残を残していますね。一見すると住宅街のように見えるピーテマーイ地区ですが、実はカフェやレストランが多くあるのです。

住宅地のような中にある隠れ家的なお店は、どこも店主の個性が溢れていておしゃれ!カリブの美しい海を眺めながら、テラス席でグルメやカクテルを堪能できるお店もあります。観光で街を散策しながら、お気に入りのお店を探してみるのもおもしろそうです。

魅力溢れるキュラソー島観光に行きませんか?

日常の喧騒からは逸脱した、夢の国のようなメルヘンな街並みが広がるキュラソー島。忙しい日々を頑張っている方へのご褒美に、おすすめ観光地です。治安の整備された美しい街並みと、穏やかな人々が暮らすキュラソー島で、癒やしの観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。カリブ海の近隣リゾート地と、一緒に巡るプランも人気です。

グレナダ観光スポット紹介!場所・治安は?カリブ海の島ででリゾート! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グレナダ観光スポット紹介!場所・治安は?カリブ海の島ででリゾート! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
グレナダはベネズエラの近くにあり、通貨は東カリブ・ドルが使われています。面積は344k㎡と他の国に比べれて小さく、あまり日本人にはゆかりのない場所ですが、とても魅力の詰まった場所なので、そんなグレナダの治安事情や観光スポットなどを紹介していきます。
niroak
ライター

niroak

関連記事

人気記事ランキング