宮古島のスーパーに行ってみよう!お土産選びに便利なおすすめ店をご紹介!

宮古島のスーパーに行ってみよう!お土産選びに便利なおすすめ店をご紹介!

沖縄県の人気の離島の1つである宮古島では、スーパーがとても便利ということをご存知でしょうか。日用品や飲み物の購入はもちろん、食材やお惣菜を購入し、海やホテルで食べるのもおすすめです。又、スーパーには宮古島のお土産も種類豊富に揃っていて、比較的安く手に入ります。

記事の目次

  1. 1.宮古島のお土産を買うならスーパーマーケットがおすすめ!
  2. 2.宮古島とは
  3. 3.沖縄の人気の離島・宮古島のスーパーマーケットの情報を整理
  4. 4.1:宮古島のおすすめスーパー「Aコープ」
  5. 5.2:宮古島のスーパー「マックスバリュ」
  6. 6.3:宮古島のスーパー「ドン・キホーテ」
  7. 7.4:宮古島のスーパー「サンエー」
  8. 8.5:宮古島のスーパー「ファミリーマート」
  9. 9.宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物
  10. 10.宮古島のスーパーなら安いお土産がゲットできるので上手に活用しよう!

宮古島のお土産を買うならスーパーマーケットがおすすめ!

Photo by veroyama

沖縄屈指の海の美しさを誇る宮古島は、石垣島と並ぶ人気の離島です。そんな宮古島を満喫するコツが、地元の人たちが利用するスーパーを活用することだということをご存知でしょうか。日用品や飲み物はもちろん、食材やお惣菜、お土産も手に入ります。今回は宮古島のスーパーの、お土産選びに便利なおすすめ店をご紹介します。

宮古島とは

Photo by Nao Iizuka

宮古島は沖縄本島から南西に約300kmに位置する場所にあり、大小6つの島で構成されています。珊瑚が隆起してできた島々で川や大きな山もなく、年間平均気温は23度で年間平均湿度が79パーセントの、亜熱帯海洋性気候の島です。

人口は約55000人で、程よい賑わいの市街地と、自然豊かな離島ならではの風景とが楽しめる、海のきれいさで有名な人気の観光地です。

ここ10年余りでリゾートホテルやカフェも増え、女性の1人旅の旅先としても、とても人気が高くなっています。

宮古島のおすすめ観光スポット

宮古島でおすすめの観光スポットをご紹介します。宮古島は今や人気の離島で、年間を通し国内外から多くの観光客が訪れ、ここ数年で移住者も増えています。宮古島で代表的なのは、何と言っても海のきれいさです。宮古島の海は沖縄屈指の美しさを誇り、水中ダイビング目的の観光客も多く、ダイバーには洞窟潜水で有名です。

与那覇前浜

Photo by Nao Iizuka

最初にご紹介する宮古島のおすすめ観光スポットは「与那覇前浜」です。通称「マイパマビーチ」と親しまれている、約7kmにもおよぶきめ細かくさらさらの白砂の浜と、エメラルドグリーンの宮古ブルーの海は「東洋一」と称賛されるほどの美しさです。場所は宮古空港から車で約15分、宮古島の南西の端にあり、正面には来間島を臨みます。

東平安名崎

Photo by malfet_

次にご紹介する宮古島のおすすめ観光スポットは「東平安名崎」です。宮古島の最東端に突き出した約2kmの美しい岬で、先端にある白い灯台からはほぼ360度の雄大な水平線を見渡すことができます。右は太平洋、左は東シナ海で、断崖に荒波が押し寄せる迫力ある景観も見ものです。場所は宮古空港から車で約30分、宮古島の南東端にあります。

伊良部大橋

Photo by koni_aiko

次にご紹介する宮古島のおすすめ観光スポットは「伊良部大橋」です。宮古島と伊良部島を結ぶ橋で、無料で通行可能な橋としては日本最長で、長さは3540mです。コバルトブルーの海の上に架けられた橋から臨む景色は絶景の一言に尽き、宮古島随一のインスタ映えスポットです。場所は宮古空港から車で約15分、平良地区にあります。

通り池

Photo by sunoochi

次にご紹介する宮古島のおすすめ観光スポットは「通り池」です。こちらは下地島を代表する観光スポットですが、宮古島から伊良部大橋を渡り、車で向かうことができます。外海から巨大な海底トンネルを経由して通り池に出ることが可能です。

人魚伝説も残る「和製ブルーホール」と呼ばれる神秘的なスポットであり、ダイバーたちにとってダイビングの聖地でもあります。場所は宮古島から車で伊良部大橋を渡り、車で約21分、下地島の西部にあります。

日本一長い橋は沖縄宮古島の伊良部大橋?全長やおすすめの見どころを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日本一長い橋は沖縄宮古島の伊良部大橋?全長やおすすめの見どころを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県にある伊良部大橋は、日本一長い無料の橋として知られています。そんな沖縄県にある日本一長い無料の橋である伊良部大橋についての情報や、有料でも走行できる橋を含めた日本一長い橋ランキングを紹介しますので参考にしてみてください。

沖縄の人気の離島・宮古島のスーパーマーケットの情報を整理

Photo by ivva

宮古島のスーパーの特徴や場所を含め、情報を整理していきます。離島と聞くと、こじんまりとした個人商店しかないイメージですが、宮古島には大手のコンビニも大手のスーパーも存在します。地元民だけでなく観光客でも利用しやすく、お土産類もお土産専門店や空港の売店で購入するよりも比較的安い価格で販売されているので、おすすめです。

ほとんどのスーパーが宮古島空港から宮古島市役所周辺の場所にあるので便利

Photo by Kuruman

宮古島の市街地は島の北西部にあり、そのエリアに学校や役所、病院、あらゆるジャンルのお店がぎゅっと固まっています。地元の人々の生活に欠かせないスーパーも同じで、ほとんどのスーパーが宮古空港から宮古島市役所周辺の場所にあるので、とても便利です。

宮古島観光の際にレンタカーを借りる人がほとんどですが、離島の宮古島で生活するのに車は必須アイテムなので、もちろん、スーパーの駐車場は無料です。

スーパーマーケットでお土産は揃う

Photo by Kobetsai

旅先のお土産を購入する際に、お土産の専門店や空港内のショップを利用するのもいいですが、もし宮古島ならではの調味料や食品、お菓子をお土産に考えているのであれば、宮古島のスーパーがおすすめです。

調味料や食品、フルーツに関してはお土産専門店や空港内のショップよりも安い価格で購入できますし、宮古島の大型のスーパーにはお土産コーナーもあるので、職場等、箱入りのお土産を購入したい場合や、宮古島の工芸品も手に入ります。

定番のお土産はもちろん、最近では現地でしか手に入らない宮古島のローカルなパッケージのお菓子やスナック菓子も、お土産として人気があります。

1:宮古島のおすすめスーパー「Aコープ」

Photo by Masaru Kamikura

最初にご紹介する宮古島のおすすめスーパーは「Aコープ」です。Aコープは農業協同組合の購買部門の1つで、スーパーマーケットの事業形態で、日本全国に約1000店舗を展開しています。

各エリアごとに「Aコープ西日本」、「Aコープ九州」、「A・コープ鹿児島」と会社名が異なり、宮古島のAコープは「JAおきなわAコープ」に所属する店舗となります。

宮古島にAコープは「まりんぴあ直売店」、「Aコープ城辺店」、「Aコープうえの店」の3店舗と、伊良部大橋を渡った伊良部島の「Aコープさらはま店」、下地島の「Aコープ下地店」があります。Aコープの場所は、宮古島のスーパーには珍しく、宮古空港や市役所の反対側にあります。

スーパーマーケットの特徴

Photo by kuromeri

「Aコープ」のスーパーマーケットの特徴は、地元の農産物を主としている点と、Aコープでしか購入できない、オリジナルブランドである「エーコープマーク製品」の販売が行われている点です。

「地産地消活動」の一環として、生産者直売コーナーも設置されていて、新鮮な地元野菜が手に入る他、ゴーヤや島オクラ、宮古ゼンマイといった、宮古島の有名な野菜も手に入ります。

おすすめの商品やお土産物

Photo by Lucy Takakura

宮古島のスーパー「Aコープ」でおすすめの商品やお土産をご紹介します。Aコープでおすすめなのは、何と言っても地元の新鮮野菜や果物、宮古牛のハンバーグといった宮古島ならではの食品です。パイナップルやマンゴーは、形の良さはお土産専門店に負けますが、味は同じかもしくはそれ以上で、何よりもかなり安いという点でもおすすめです。

2:宮古島のスーパー「マックスバリュ」

Photo by alberth2

次にご紹介する宮古島のおすすめスーパーは「マックスバリュ」です。マックスバリュはイオングループが展開するスーパーマーケットチェーンで、1994年10月に1号店をオープンして以降、日本全国に736店舗、海外で92店舗展開していて、日本で唯一、北海道から沖縄まで全国でチェーン展開しているスーパーマーケットです。

宮古島には「マックスバリュ宮古南店」、「マックスバリュ宮古西里店」の2店舗あり、イオンのショッピングモールになっている宮古南店の場所は平良市内やや外れの国道390号沿いで、ワイドー市場も隣接しています。

宮古西里店の場所は「袖山入口」交差点近く、平良新里線沿いにあり、敷地内にはドラッグストアや雑貨店、飲食店もあります。

スーパーマーケットの特徴

Photo by kimishowota

「マックスバリュ」のスーパーマーケットの特徴は食品を中心とし、雑貨・衣料品等の品揃えも豊富で、イオンのプライベートブランドである「トップバリュ」商品が充実している点です。

宮古島のマックスバリュはショッピングモールになっていて、弁当チェーンの「ほっともっと」やドラッグストアも併設しています。スーパー部分は24時間営業もしていて、地元民にも観光客にもとても便利なスーパーであると言えます。

もちろん、イオンカードや電子マネーWAONの使用も可能で、セルフレジもあるので、少量の買い物の際にも便利です。

おすすめの商品やお土産物

Photo byKirstentB

宮古島のマックスバリュはスーパーに沖縄そばのインスタント麺やスパムの缶詰、泡盛、マンゴージャムやマンゴーケーキといった、お土産にぴったりの商品が充実していて、お土産専門店より安い物がそろっています。

又、宮古島のお土産として人気が高い「モンテドール」もテナントとして入っていて、本店と同じく試食しながらお土産を選ぶことができるので、おすすめです。

3:宮古島のスーパー「ドン・キホーテ」

Photo by othree

次にご紹介する宮古島のおすすめスーパーは「ドン・キホーテ」です。関東地方を中心に、日本の主要都市や主要地方で主にディスカウントストア及び総合スーパーマーケットとして営業しています。「激安の殿堂」というロゴとペンギンのキャラクターは今や全国的に有名で、食料品もかなり安い為、まとめ買いやイベント時に重宝されています。

宮古島のドン・キホーテの場所は宮古空港から車で約6分、「袖山入口」交差点すぐで、近くにマックスバリュ宮古西里店があります。

スーパーマーケットの特徴

Photo bystevepb

「ドン・キホーテ」のスーパーマーケットの特徴は、離島では初めての店舗とあって、琉球瓦や花ブロックを取り入れた外装で、宮古島の農産物や魚介類、雑貨類まで積極的に宮古島のもので構成している、宮古島還元店舗という点です。

宮古島の名産品コーナーがあるので、お土産選びにとても便利です。更に、マリンコーナーも設置されていて、すぐに使うことができるアイテムも多数取り揃えられている上に、深夜営業もしているので観光客には強い味方となるスーパーです。

おすすめの商品やお土産物

Photo by Kuruman

宮古島のドン・キホーテには、宮古島のお土産におすすめの商品がたくさんあります。ドン・キホーテの特徴である圧縮陳列で、ずらりと並んだばら撒きに便利なお菓子類はもちろん、雪塩を使ったちんすこうやバームクーヘン、シーサーのグッズや、琉球ガラスまで取り扱われています。

中でも、島唐辛子を使ったコーレーグースや島胡椒のピパーチと言った調味料の小瓶は、気軽に試すことができるサイズで、お土産としてもおすすめです。

4:宮古島のスーパー「サンエー」

Photo by Kanesue

次にご紹介する宮古島のおすすめスーパーは「サンエー」です。沖縄県宜野湾市に本社を置く会社ですが、その前身は、創業者の折田喜作が宮古島で開業した雑貨店「オリタ商店」と言われています。

サンエーは沖縄県で初めてポイントカードを導入した会社で、2008年から電子マネーのEdyの導入も始める等、お得で便利な買い物法を積極的に取り入れる姿勢でも、地元で有名です。

宮古島には「ショッピングタウン宮古食品館」、「ショッピングタウン宮古衣料館」、「宮古オリタ食品館」、「V21カママヒルズ食品館」の4店舗あり、場所は全て宮古島の中心部、西里エリア周辺にあります。

スーパーマーケットの特徴

Photo by Kanesue

「サンエー」のスーパーマーケットの特徴は、地元のスーパーならではの品揃えと、リーズナブルな価格です。

大型スーパーである為、品揃えも豊富で、飲料や食品、日用品等が一通り揃います。沖縄県や宮古島のお土産を厳選して取り扱うコーナーもあり、中心部の多くのホテルから歩いていくことができる立地も、観光客にとってとても便利です。

おすすめの商品やお土産物

Photo by Yasuo Kida

サンエーは地元のスーパーの中でも食品が安いことで有名で、お土産にもピッタリなポークランチョンミートが、特売日には170円で売られることもあります。他にも、地元民が普段使いする雪塩や黒糖の種類も豊富で、安いので、宮古島の食品や調味料といったお土産を買うなら断然サンエーが便利でおすすめです。

5:宮古島のスーパー「ファミリーマート」

Photo by rail02000

次にご紹介する宮古島のおすすめスーパーは「ファミリーマート」です。大手コンビニエンスストアであり、スーパーに分類するのはおかしいと感じるかもしれませんが、離島である宮古島にとっては、品揃えの豊富なコンビニエンスストアは重要なスーパーの1つです。

以前、宮古島にはコンビニエンスストアの「ココストア」がありましたが、現在はファミリーマートに吸収合併され、宮古島のコンビニエンスストアと言えばファミリーマート1本のみとなっています。

宮古島にファミリーマートは12店舗あり、場所は宮古島の中心部に集中している数店舗の他、宮古島を走る国道沿いや観光地に近い場所にある為、とても便利です。

スーパーマーケットの特徴

Photo by Yuya Tamai

「ファミリーマート」のスーパーマーケットの特徴は、ファミリーマートのプライベートブランド商品が購入できるのはもちろん、宮古島ならではの泡盛やチャンプルー、スパム、かまぼこといった商品も並んでいます。商品によってはスーパーの方が安いものもありますが、24時間営業で店舗数も多く、駐車場も完備されているので便利です。

おすすめの商品やお土産物

Photo by jetalone

宮古島のファミリーマートには、他の街にはない、地元ならではの食品や飲料が種類豊富に並んでいます。スパムやかまぼこ、ボンカレーの発売当初のパッケージ品や泡盛はお土産にもおすすめですし、ゴーヤを使ったスナック類もおやつやお土産になります。

又、チャンプルーやイカ墨おにぎりはビーチやホテルでの軽食に、缶のオリオンビールやペットボトルのさんぴん茶も手軽に購入出来て便利です。

宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物

Photo by koni_aiko

ここからは宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物にどんなものがあるのか、ご紹介していきます。お土産専門店へ行けば、宮古島を全面に推しているパッケージのお土産品が多数揃っていますが、お菓子類は特に、パッケージだけで中身はクッキーやチョコレートだったりします。

より宮古島らしいお土産をと考えた時に、最適なのが、地元民が普段使いしているスーパーの商品です。宮古島ならではの調味料や食材、缶詰やインスタント食品はお土産専門店で買うより安い上に、個性的でお土産にぴったりです。

南国ならではのフルーツも、生産者直売のものが多く、新鮮で安いので、お土産として喜ばれるはずです。実際に、宮古島のお土産にどんなものが選ばれているのでしょうか。

雪塩

Photo by veroyama

宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物で最初にご紹介するのは「雪塩」です。塩を作る際に通常は取り除くにがりが含まれているのが特徴的で、海水の成分を殺さずに作られている、カルシウムやミネラルが豊富な、宮古島の特産品です。

宮古島には雪塩を調味料としてだけではなく、お菓子を始めとした食べ物はもちろん、飲料やスキンケア用品にも混ぜて使われていて、それに伴った様々な商品が出ています。

スーパーでは調味料として様々な容器に入った雪塩の他、雪塩のちんすこうやラスク、バームクーヘンといったお菓子、雪塩のサイダー、雪塩を使ったスキンクリームや入浴剤、シャンプーや歯磨き粉等が購入できます。雪塩専門店で購入するより安いものもあるので、ぜひスーパーの雪塩商品をチェックしてみて下さい。

うず巻

Photo by ketou-daisuki

次にご紹介する宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物は「うず巻」です。うず巻は宮古島の伊良部島にある「まるそう」が元祖で、「うずまきサンド」の名称で販売されている、宮古島のご当地パンです。

うず巻はふわふわのパンに白く甘いバタークリームを塗り、丸めたもので、ロールケーキのような見た目をしています。バタークリームはじゃりじゃりとした砂糖の食感を感じる程に甘いのですが、食べてみるとその甘さの虜になる人が多いと言います。

沖縄本島も含め、元祖まるそう以外にも色々なパン製造メーカーやスーパーが独自のうず巻を製造販売していて、価格は大体150円程です。スーパーによっては更に安い価格で販売されていることもあります。賞味期限は約4日で、価格も安いので、最終日にスーパーや空港で多めに購入してお土産とするのもおすすめです。

南国フルーツ

Photo by reikow101277

次にご紹介する宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物は「南国フルーツ」です。宮古島のスーパーでは、様々な南国フルーツが安い価格で販売されています。

最近はパイナップルやマンゴーも最寄りのスーパーで手に入るようになりましたが、輸入品の上にやや割高です。しかし、宮古島のスーパーには、地元の農家が栽培した新鮮なパイナップルやマンゴー、パパイヤやドラゴンフルーツといった南国フルーツが並んでいます。

もちろん、お土産専門店にはサイズも大きく形もきれいで、しっかりと包装された贈答用の南国フルーツも販売されていますが、その分価格は高くなります。スーパーで販売されている南国フルーツは、安い分形は整っていませんが、味は申し分なく、十分お土産になります。

バナナケーキ

Photo by asha susan

次にご紹介する宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物は「バナナケーキ」です。宮古島のバナナケーキと言えば「モンテドール」、モンテドールと言えばバナナケーキと言われるくらい、宮古島では有名なお店のお土産です。

宮古島のスーパーの中にはモンテドールの直営店を併設しているところもあるので、わざわざ本店に行かなくても宮古島の島バナナを使ったバナナケーキが購入できます。

モンテドールは島バナナの自然な甘さや香りを引き出す為、香料やマーガリン等は一切使わないという製法で、40年以上もバナナケーキを作り続けています。しっとりとしていて甘すぎず、上品な美味しさがありながらも、賞味期限は1か月と長いので、お土産におすすめです。

宮古まもる君グッズ

Photo by veroyama

続いてご紹介する宮古島のスーパーマーケットで購入できるおすすめのお土産物は「宮古まもる君グッズ」です。「宮古まもる君」とは、宮古島警察署管内にあたる、宮古列島の道路などに設置されている警察官型人形の愛称で、宮古島の道路には19体の人形が設置されています。

宮古まもる君の19体の人形は兄弟という設定で、全て顔が違い、詳細なガイドブックまで作られています。

グッズは文房具や携帯ストラップ、ステッカーの他、お菓子や清涼飲料水、泡盛といったキャラクター商品と様々で、宮古島のスーパーやコンビニ、空港で購入できます。

宮古島のお土産おすすめランキング!人気・安い・お菓子など紹介!空港は便利! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮古島のお土産おすすめランキング!人気・安い・お菓子など紹介!空港は便利! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮古島のお土産に迷ったらこのおすすめランキングから選べば間違いなし!青い海が印象的な宮古島。お土産探しは最低限にして、海を思いっきり満喫したいですよね。そんな時はこの宮古島のお土産おすすめランキングからぜひどうぞ。贈って喜ばれる外さないお土産揃いです。
「宮古島まもる君」を徹底調査!交通安全の人気キャラクターには兄弟も? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「宮古島まもる君」を徹底調査!交通安全の人気キャラクターには兄弟も? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海が美しい沖縄の離島・宮古島へ旅行すると、必ず出会うのが「宮古島まもる君」です。「宮古島まもる君」は、宮古列島の安全を守る警察官型の人形で、人気のキャラクターです。「宮古島まもる君」の経歴、兄弟、グッズなど徹底調査しましので、ご紹介します。

宮古島のスーパーなら安いお土産がゲットできるので上手に活用しよう!

Photo by is_kyoto_jp

以上、宮古島のスーパーと、そこで購入できる宮古島のお土産についてご紹介しました。宮古島のスーパーは大型店が多く、品揃えも豊富なの上に、市街地のホテルから徒歩圏内の場所にあるので、観光客にとってとても便利なお店と言えます。お土産になる商品もたくさん揃っているので、宮古島に行った際にはぜひ、スーパーを上手に活用して下さい。

田前希美
ライター

田前希美

兵庫県生まれ、兵庫県在住の田前希美です。祖父が台湾人のクオーターで、台湾のお出かけスポットやグルメを積極的にご紹介しています。休日は家族とドライブがてら大きな公園に行ったり、ご当地グルメやスイーツ巡りをしています。

関連記事

人気記事ランキング