子連れ旅行で必要な持ち物は?荷造りの裏技や便利グッズも紹介!

2019年11月11日 (2019年11月12日最終更新)

お子さん連れでの子連れ旅行は持ち物が多くなりがち。あれもこれもと念のため持っていくものが多くなります。そんな時には現地調達やホテルでレンタル可能な持ち物が無いかチェックしてみましょう。子連れ旅行を快適に過ごすために色々と考えて荷造りが必要です。

目次

  1. 子連れ旅行の持ち物を見直そう!
  2. 子連れ旅行で持ち物を減らす裏技
  3. 子連れ旅行で持ち物を減らすための事前チェック項目
  4. 子連れ旅行で必要な持ち物リスト<日用品>
  5. 子連れ旅行で必要な持ち物リスト<食事グッズ>
  6. 子連れ旅行で必要な持ち物リスト<緊急時に必要なもの>
  7. 子連れ旅行であると便利なおすすめ持ち物
  8. 子連れ旅行の持ち物リストをチェックして上手に荷造りしよう!

子連れ旅行の持ち物を見直そう!

小さなお子さんを連れて旅行に行こうとすると、あれもこれも家にあるものを持っていくと、大量の荷物になったことはありませんか?

そんな時に、旅先で借りられるもの、何かと併用で利用できるものがあれば、子連れ旅行の持ち物がぐんと減って行きます。上手にあるものを利用して必要な物のリストを作って、工夫して子連れ旅行を楽しんでみましょう。こちらでは、子連れ旅行に必要な持ち物の紹介をさせていただきます。

子連れ旅行で持ち物を減らす裏技

小さな赤ちゃんから幼児さん、小学生まで子連れ旅行を計画している方は、お子さんが小さければ小さいほど荷物が多くなる傾向があります。

赤ちゃんにはたくさんの生活用品が必要で。おむつ用品、食事にお風呂に寝かしつけの際にも気になるグッズが沢山あります。そんなたくさんのグッズを、少しでも賢く使って子連れ旅行の持ち物を軽減してみましょう。

念のための多めの着替えは持っていかない!現地で洗濯または調達

小さな赤ちゃんや幼児さんは、ご飯を食べているだけで、遊んでいるだけで、着替えが必要なほど汚すことがあります。着替えることを考えて服を持っていくと、1泊2日の旅行でも何セットかの服が必要です。

着替えが1セット余分に持っていく程度で、あとは現地で洗ってみるのはいかがでしょうか。お子さんの服は小さく、ホテルの洗面所で洗ってもさほど大変ではありません。洗濯洗剤を数回分持っていけば後は、室内で干しておいたり、テラスで干しておけばすぐに乾くことでしょう。

使い捨てできるものを持っていき荷物をどんどん減らしていく

そして少し連泊して子連れ旅行を考えている方は、使い捨てのものを使用するのもおすすめです。子供から大人まで使い捨ての下着は多く販売されています。

数週間子連れ旅行を考えている方は、使い捨ての下着や食事用エプロン、使い捨ての哺乳瓶も登場しています。

子どもと兼用できるものや複数の使い道があるものを選ぶ

そして1年中冷暖房がかかっていますので、夏でもベビーカーや車で寝ている子供さんにはブランケットが必要です。そんな時は授乳ケープやお母さんのケープ、またはハンドタオルの大きめのものを常備しておきましょう。

そして、外で食事の前に手を拭きたい時は大人も子供も使える除菌シートやおしりふきシートを持ち歩きましょう。そして日焼け止めや除菌ジェルもお子さんが使えるかを基準にして購入するのもおすすめです。

宿泊先に荷物を郵送する

それでもたくさんのお子さんとの子連れ旅行や長期の旅行の際は、荷物を現地のホテルに郵送するのもおすすめです。

そして帰りは汚れたものもそのまま箱に詰めて滞在先のホテルから、自宅に郵送してしまいましょう。そうするとわざわざカバンに詰める必要もなく大きな箱や袋に詰めて運んでもらえます。

子連れ旅行で持ち物を減らすための事前チェック項目

では、滞在先のホテルや旅行先のスポットで本当にお子さん用の荷物が必要なのか知るには、観光場所のチェックも必要です。

ホテルには子供さん用のグッズや、子供用品を販売している場合も多くあります。そして便利なコンビニやドラッグストアが近くにあれば、現地調達も可能です。現地調達が出来そうなもののリストも作って持っていく必要があるかも検討しましょう。

近くにコンビニやドラッグストアがあるか

では、子連れ旅行の際にホテルの近くに子供グッズが購入できる便利な場所があるか、まずリストアップしておきましょう。

ホテルの下にコンビニがある場合は、そこで子供さんのものが購入できる場合があります。しかし何でも売っている便利な印象のコンビニにも離乳食販売はあまりされていません。お子さん用のお菓子が少しある場合がありますが、もし心配な場合はその店舗に電話で確かめてみましょう。食事関係はドラッグストアに行く方が安心です。

子どもが食べられる食事があるか

そして立ち寄り先の観光スポットで食事をする際は、離乳食段階のお子さんの食事やお子様ランチの有無を確認してみましょう。そしてもし離乳食段階のお子さんの場合は、ドラッグストアなどで販売されている離乳食セットを持参するのが便利です。

現地のドラッグストアでも購入可能ですので、観光ルートやホテル周辺のドラッグストアの場所を探しておくのもいいでしょう。しかし何食分かは持っていくと安心です。

そしてレストランで、お粥がある時は、塩などの調味料なしでお願いしてみたり、パンがある時はミルクと一緒に注文して離乳食とするのもおすすめです。

子ども用のアニメティー

そして子連れ旅行で忘れがちな、ホテルのアメニティです。大人用の歯ブラシやパジャマでは、小さなお子さんは使用できません。そこでしっかりとホテル予約の際に子供用があるか確認をしておきましょう。

お子さん用には着なれたパジャマを持参した方が安心な場合も多くあります。パジャマは1セットでいいので持っていくのもおすすめです。

洗濯&乾燥機があるか

そして服の荷物を少なくするには、ホテルや滞在先周辺に洗濯機があるかも確認しておきましょう。子供の服を選択して、乾燥可能な場合は乾燥機もかけてしまえば、持っていく服がぐんと減ります。

暑い夏では、汗をいっぱいかいた下着などは早めに洗濯したいものです。夏であれば室内の空調の効いた場所や、窓際に干して置けるようにかさばらない、洗濯ロープを持っていくのがとっても便利です。たくさんの服を干しておくことができます。

子連れ旅行で必要な持ち物リスト<日用品>

では子連れ旅行に必要な持ち物リストを作成してみましょう。荷づくり時に初めてあれもこれもいるとなると、要らないものを詰める場合があります。

前もって普段使っているものをピックアップしておくのがおすすめです。そしてリストアップして、荷造りの時はそのリストをみながら詰めるようにしましょう。

紙おむつ

乳幼児と一緒に旅行する際はしっかりと数を考えておきたいのがおむつです。ご自身のお子さんが大体1日に何枚のおむつを使用しているから前もって数えておきましょう。旅行に行く前からリストにチェックして何枚ほど使っているか知るのがいいでしょう。

そしてもしも足りないときは現地調達することもできますが、そのお店で普段使っているメーカーのものが無い場合やお子さんにぴったりなサイズが無い場合もあります。そして何十枚入りのおむつしかない場合は、軽量化してきたつもりが、反対に帰りの荷物が増えることになります。

おしりふき(ウェットティッシュとしても使える)

赤ちゃん用のおしりふきには水99パーセントとほとんど薬が使われていないものが多くあります。このおしりふきシートを1つ手荷物に入れておけば、赤ちゃんの手や口を拭いたりしても薬品を心配せず使え、いつも通りおしりを拭いたりと色んな使い方が可能でとっても便利に使用できます。

オムツ替えシート

そして赤ちゃんを寝かせておむつ替えをする場合は、その台が清潔かどうかも気になります。そんな場合は自宅からおむつ替え用のシートを持っていきましょう。

防水機能があるものが、ホテルのベットの上でおむつ替えをする際の汚れ防止にも役立ちます。おむつ替えが必要はお子さんには必須の持ち物です。

またおむつ替えシートは撥水加工がされていますので、食事の際のちょっとしたエプロンに使用もできとっても便利な利用ができます。

ビニール袋

子連れ旅行で何かと汚れ物が出る時には、ビニール袋を数枚持っていきましょう。お子さんの汚れた服を入れておくにも、使い終わったおむつを入れておくにも重宝します。

使用後のおむつを入れておく袋には、消臭機能の付いたものもありますので、そちらを持参するのもおすすめです。すぐにおむつが捨てられない場合もありますので。

除菌ジェル

小さなお子さんは色んなものに興味を示し触ります。そして色んなものを口に入れます。そんな時は食事前に除菌ジェルで消毒をしてみましょう。すぐに手を洗いに行けない状態でも除菌ジェルや除菌シートを使って、清潔に食事を進められます。ぜひ除菌関係のグッズは持ち物リストに入れておきましょう。

日焼け止め

そしてうっかりしそうなのが、お子さんの日焼け対策です。夏場にはしっかりとしている場合も、春や秋にも炎天下の屋外では、日焼け止めをするのもいいでしょう。

その際はお子さんでも使用できるなるべく肌にやさしい成分の日焼け止めを使うようにしましょう。

虫除けスプレー

そして小さなお子さんには虫よけもしっかりとしておきましょう。赤ちゃんが使用できる虫よけスプレーもありますので、しっかりと対策をして行くようにしましょう。

また虫よけスプレーに変わる、虫よけシールや虫よけリングなど便利なものもありますので、服などに付けて虫を予防してみましょう。

子供用歯ブラシ

ホテルのアメニティで、パジャマと共に確認したいのが子供用の小さな歯ブラシです。大人の歯ブラシで代用可能な年齢の子供はいいですが、大人用では小さなお子さんは歯磨きができません。

そんな時は自宅からいつも使っている歯ブラシを持参するようにしましょう。そして歯磨き粉も使い慣れたものを持っていくのがいい場合もあります。出発の朝も使う忘れがちな洗面用品はしっかりとリストに書いておきましょう。

タオル

旅行先に大抵タオルは置いてあります。しかし、小さな赤ちゃんとの子連れ旅行では、何かと重宝するのがタオルです。バスタオルほど大きくないスポーツタオルがあれば、どこでもそれをひいて寝かせることができます。また肌寒い時にはタオルケットとして使いましょう。

授乳用ケープ

そして授乳中の赤ちゃんとの子連れ旅行では、授乳ケープは必ず持参しましょう。いつでもどこでも授乳が出来るようにしておくのがおすすめです。

旅行先で授乳室がどこでもあるとは限りません。赤ちゃんを寝かしつける時、ちょっとぐずった時にはすぐに授乳をしたいものです。

子供用の着替え

子供用の着替えはしっかりと必要枚数を把握してから持ち物に入れるようにしましょう。着替えが沢山必要な場合は、現地での洗濯も考えて、枚数をリストアップしておきましょう。

小さな子供用の服は、ホテルで手洗いで洗濯しても、さほど大変ではありません。浴室内の暖房機能を使えばすぐに乾くことでしょう。

羽織れる上着

そして朝晩の気温の変化がある時は、さっと羽織れる上着があると重宝します。手を通さずにさっと羽織れるポンチョ型の上着はおすすめです。

広げるとブランケットの様に使用することもできますので、コンパクトにくるっとたたんで手荷物に入れておきましょう。

替えの靴

そして靴を汚してしまう場合も考えましょう。小さなお子さんが水辺や泥んこの中に入ってしまう時もあります。持ち物に余裕がある時は1つ入れておいてもいいでしょう。

しかし小さい靴とはいえかさ張る場合は、ホテルで靴を乾燥させるものがあるか確かめるのもおすすめです。最悪新聞紙を入れておくと、室内で乾く場合もあります。

帽子

どんな季節にもお子さんの帽子を持っていきましょう。夏はもちろんですが、慣れない観光地を長時間回る時は日光対策も必要です。

麦わら帽子でも丸めて手荷物に入れられる便利なものもありますので、コンパクトに収納できるものも探してみましょう。

子連れ旅行で必要な持ち物リスト<食事グッズ>

では次はお子さんの食事の際に必要なグッズを見て行きましょう。離乳食時期のお子さんとの旅行は荷物も膨大です。食事メニューやエプロンに清潔に保ちながら食事を進めたいものです。

食事の際のグッズも使い捨てのものやホテルで貸し出しされているものをリストにチェックしてコンパクトに荷造りをしてみましょう。

食事用エプロン

子供用エプロンにはナイロン素材で持ち運びに便利なコンパクトになるものが沢山あります。毎回の食事やおやつの際に利用しています。

子供用エプロンは繰り返し使えるようになっていますが、使用後に洗う必要があります。そんな時は使い捨て用のエプロンを持っていきましょう。100均でも販売されています。

子供用マグ

小さなお子さんはコップで飲み物を退くことができません。そんな時にストロー付きのマグを使います。このマグは口にするものですので、しっかりと洗浄したいものです。洗浄するものを持って行ける場合はお家からマグを持っていきましょう。

しかし洗浄するのが難しい場合は市販のストローが付いた紙パックの子供用麦茶などを持参するのもおすすめです。

子供用スプーン・フォーク

そして自分で食べられるようになったお子さんは、使い慣れたスプーンとフォークがあれば、食事もスムーズに食べられることでしょう。

こちらも洗う必要があるので、食器洗い洗剤を持参してお家のものを使うのもいいでしょう。しかしホテルやレストランにも子供用のスプーンやフォークが大抵あるので、お借りするのも賢明です。

お菓子

そして旅行先では時間通り食事がとれるとは限りません。そんな時はちょっとした幼児用お菓子を小分けで持っていくのもおすすめです。

普段食べ慣れているお菓子や、ちょっとしたスナックパンもおすすめです。大人は待てる食事までの時間を子供は1分たりとも待てませんので。

飲み物

お子さんの飲み物はいつもで飲めるように準備しておきましょう。水筒で持っていくのもいいですが、市販音ペットボトル入りの麦茶であればカフェインゼロですので小さなお子さんにも比較的与えやすいものです。

自動販売機で購入も手軽にできますので行の分があればいいものです。心配な方はお子さんの分は持っていくようにしましょう。

子連れ旅行で必要な持ち物リスト<緊急時に必要なもの>

そして元気に旅行先で過ごせる分にはいつもの荷物だけで大丈夫です。しかし小さなお子さんは旅先の慣れない環境で体調を崩す時も多々あります。

そんな時はすぐに病院に行けるように最低限の準備はして旅行に行くようにしましょう。しかしあれもこれもと使わないかもしれないものを持っていく必要はありません。

健康保険証・母子手帳

もしもけがや病気で病院に行く場合には、お子さんの健康保険証や母子手帳が必要です。病院で健康保険証を持っていかない場合は、医療費を全額窓口で支払う必要があります。その後保険組合に申請すれば自己負担分以外は戻ってきます。

そうならないために遠方へ旅行では健康保険証を持っていきましょう。旅先でたくさんの医療費を請求されても手持ちがない場合も出てきます。

おくすり手帳

そしていつも飲んでいる薬を処方してほしい場合は、お薬手帳も持参しておきましょう。また今飲んでいる薬との飲み合わせも考えて処方してくれます。

そのお子さんがいつも飲んでいる薬を出してもらえれば、早くその症状が治まる場合もあります。お子さんも飲みなれた薬は嫌がらずに飲んでくれることでしょう。

飲んでいる薬(あれば)

そして飲んでいる薬や目薬、塗り薬がある場合は忘れずに持参しましょう。ついうっかり忘れてします薬は、薬局などでは処方してもらえません。

お子さんの普段の生活をイメージして飲んでいる薬や寝る前に塗っている保湿剤なども持参するようにしましょう。

ばんそうこう

そしてちょっとした切り傷にはばんそうこが有効です。子どもはばんそうこうが大好き。これを張っておくだけで、けがをしたことも気にならないぐらいの効果があります。

そして普通のばんどうこうと共に、傷パワーパッドもおすすめです。ちょっと大きな傷ように大きめの傷パワーパッドあれば、張り続けて旅行から帰ってくるまで水に触れても交換することも必要ありませんのでお子さんも快適に過ごせます。

殺菌消毒薬

お子さんが食事前に使う除菌スプレーも持参しましょう。色んなところを旅すると思いのほか沢山手には菌が付いています。しっかりと洗えない状況でも除菌をして少しでもきれいを保ちましょう。

そしてけがをしてしまった際には消毒スプレーも必要かもしれません。怪我の多いお子さんは小さな消毒用のスプレーを持っていくのもおすすめです。

発熱用冷却シート

そして高熱が出た時には少しでもその熱を軽減させるのに発熱用冷却シートを持っていくのもおすすめです。少しでもひんやりとさせて、風邪の倦怠感をましにしてみましょう。

発熱用冷却シートはコンビニでも販売されていますので、ちかくのコンビニで調達することもできます。

体温計

子供がだるそうに赤い顔をしている際、病院に行く目安にしたい熱をすぐに測りたい時は体温計が必要です。自宅にあるものをさほどかさばらないので持っていくのもいいでしょう。

しかしたいていの観光ホテルには体温計などの救急セットが用意されているので、フロントであるか聞いてみましょう。

レインコート

観光の際にちょっとの雨ぐらいでは、そのまま観光をすすめて行きます。そんな時に小さなお子さんに傘を持たせるのはちょっと心配です。

そんな時はさっとレインコートを着せて自由にお子さんが動けるようにしてみましょう。そしてレインコートの代わりになる、ナイロン素材のジャケットでも代用が可能です。

ベビーカーのレインカバー

そして忘れてはいけないのが、ベニーカー用のレインコートになります。買うとなると少々値が張ることもあるベビーカー用のレインコート。ぴったり合ったベビーカー用のものを忘れる事無く持参しましょう。そしてこのレインコートは寒さ除けにかけておくにもおすすめです。冷たい風が赤ちゃんに当たるのを防いでくれます。

携帯トイレ

そして長時間車で移動する旅行の際は御手洗が心配です。さっとトイレを探してお子さんを連れて行ける状況は少ないでしょう。

そんなときは携帯用トイレがあれば安心です。さっと水分を吸収してにおいもシャットダウンしてくれるものが販売されているで、1つ持っているのもおすすめです。

酔い止め

そして旅行に行く際の乗り物に寄ってしまうお子さんには、しっかりと酔いどもを飲ませておきましょう。子ども用の飲みやすいラムネのような酔い止めが沢山販売されています。

そして旅の間の分と帰りの分もしっかりと持っていきましょう。酔い止めの他に飴やマスクで車のにおいを抑えて過ごすと、酔いが増しになる子もいます。

子連れ旅行であると便利なおすすめ持ち物

そしてもしあればちょっと便利な旅のグッズもご紹介しておきます。特に買い揃える必要もなくご家庭にあるものを持っていくだけでとっても便利なものがあります。

汚れ物を入れたり、外で赤ちゃんをお世話するのに便利なものがあります。ご自宅のもので使えそうなものを持っていきましょう。

ジッパー付きビニール袋

チャック付きのビニール袋は汚れたものを入れるにもおすすめです。しっかりとチャックをすることにより、水分が出るのを防いでくれます。

使用後のおむつが捨てられないときはこの袋に入れておくのもおすすめです。またお子さんのおやつを小分けにしておいたりして必要な分量を1回分にしておきましょう。

レジャーシート

レジャーシートはお子さんと一緒に外で食事をするほかに、ちょっと座らせたい時、また小さめのものを用意して置けばおむつ替えシートになったりします。他にはホテルの部屋で食事をあげるさいにはひいておくと食べこぼしも心配なくなったりと重宝します。

チェアベルト

旅行先のレストランで子供イスが無い場合には、チェアベルトを大人用の椅子に付けて座らせることができます。

チェアベルトは離乳食を食べる段階の小さな赤ちゃんでも利用できるベルトで、しっかりと椅子に座らせて食事をすることができます。

おねしょシート

そしてホテルのベットや布団で寝かせる時は、おこさんのおねしょが気になります。もしおねしょをしてしまったら、と考えるとちょっと心配です。

そんな時はおねしょシートやおむつ替えの際に使用する使い捨てのシートを布団の上にひいておきましょう。またベビーベット用のおねしょシートはさほど大きくないので持ち物リストに入れておくのもおすすめです。

Original赤ちゃん連れ旅行の持ち物はこれで完璧!必需品や便利グッズをまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
赤ちゃん連れの旅行はなかなか大変。たくさんの荷物や忘れてはいけない必需品が沢山あります。夏や...

子連れ旅行の持ち物リストをチェックして上手に荷造りしよう!

いかがだったでしょか。初めてお子さんと旅行に行くとはとっても荷物が多くなりがちです。色んな事を想定してたくさんの物を持っていきがちです。しかしもしもに備えるのは最低限にしておきましょう。

今やいろんなところにコンビニがあり色んな商品が販売されています。そしてお子さんにやさしいホテルや旅館には様々な赤ちゃんグッズが用意されています。おむつやおしりふき、離乳食もサービスで付いてくるプランもあります。色んなサービスを使って賢く持ち物を選んで、子連れ旅行を楽しんでみましょう。

関連記事

関連するキーワード

305.thumb
この記事のライター
zasxp
兵庫在住の旅行する事、食べること、遊ぶことが大好きなzasxpです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ