ロゴスのクーラーボックスおすすめ11選!サイズや素材・口コミもチェック!

2020年1月14日 (2020年1月15日最終更新)

総合アウトドアブランドのロゴスは高性能でおしゃれなクーラーボックスを多数展開しています。今回はロゴスでおすすめのクーラーボックスを厳選してご紹介していくので参考にしてください。ハード、ソフト、キャスター付きなど様々なタイプのクーラーボックスがあります。

目次

  1. ロゴスのおすすめクーラーボックスをご紹介!
  2. ロゴスのクーラーボックスの種類
  3. ロゴスのおすすめクーラーボックス①ハイパー氷点下クーラーL
  4. ロゴスのおすすめクーラーボックス②サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50
  5. ロゴスのおすすめクーラーボックス③デザインクーラー25 Al-LIMITED
  6. ロゴスのおすすめクーラーボックス④デザインクーラー35 ブルーストライプ
  7. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑤HELLO KITTY ソフトクーラー 15L
  8. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑥デザインクーラー25 カモフラ
  9. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑦ハイパー氷点下 ローリークーラー
  10. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑧アクションクーラー50
  11. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑨Plantica クーラーメッシュリュック
  12. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑩アースクーラー 3WAY
  13. ロゴスのおすすめクーラーボックス⑪サーモテクト氷点下クーラー 30
  14. ロゴスのクーラーボックスを持って出かけよう!

ロゴスのおすすめクーラーボックスをご紹介!

キャンプやBBQの製品やウエアを販売するロゴスは、創業90年を超える歴史ある総合アウトドアブランドです。夏のキャンプや釣りなどに欠かせないクーラーボックスも多数販売しており、人気を集めています。

ここではロゴスのおすすめクーラーボックスを厳選してご紹介するので、ハードやソフトなどの素材、サイズ、口コミなどを参考に自分にぴったりのクーラーボックスをみつけてください。

ロゴスのクーラーボックスの種類

ロゴスのクーラーボックスは、ハードタイプとソフトタイプの2つの種類に分けられます。ハードタイプのクーラーボックスはとても頑丈で容量も大きい分、重量があり、広い収納スペースが必要です。

一方ソフトタイプのクーラーボックスは軽くてコンパクトに収納できますが、衝撃などには弱く大容量のものはあまりありません。使いたいシーンを考え、ハードかソフトどちらのタイプのクーラーボックスが必要か考えて商品選びをしましょう。

Originalロゴスランドの室内キャンプが話題!アウトドアも楽しめる人気の施設とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロゴスランドは室内キャンプが話題の京都のテーマパーク。アウトドアも満喫でき、美味しいバーベキ...

ロゴスのおすすめクーラーボックス①ハイパー氷点下クーラーL

「ハイパー氷点下クーラー」はロゴスで人気の高い保冷剤「氷点下パック」シリーズの性能をより高めるアイテムとして開発された高性能ソフトクーラーです。ソフトクーラーはハードクーラーに比べて保冷能力が低くなりがちですが、この商品は氷点下パックとセットで使うことでアイスクリームの保存可能時間が約11時間に。

表面は太陽光を反射するメタルシルバーカラーで、外部からの衝撃に強いシェルプロテクト構造を採用しています。容量は20L、サイズは約39×30×29cmで収納時は約39×12.5×30cmです。

ハイパー氷点下クーラーLの口コミ

このクーラーボックスはロゴスの商品のなかでも人気が高く、購入者からは保冷力の高さやクッション性があり中のものを守ってくれる点などが評価されています。

容量が大きくて買い物やアウトドアなど様々な場面で活用できて重宝しているという声も。かっこいい見た目が気に入っているという方もいます。

ロゴスのおすすめクーラーボックス②サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50

容量が大きく、とても丈夫なハードタイプのクーラーボックスを探している方におすすめなのがロゴスの「サーモテクト 氷点下クーラー」のタフ50という商品です。大容量の50Lサイズでクーラーボックス内には仕切りがないので大きなものも入れられます。

保冷力は抜群で、耐荷重200kgと丈夫なので天板を椅子として使うこともできて便利です。釣りや大人数でのキャンプなどで活用してはいかがでしょうか。

サーモテクト 氷点下クーラー・タフ50の口コミ

クーラーボックス購入者は、想像以上に大きかったがロゴスの氷点下パックとの相性が抜群で保冷力の高さに感動したという口コミを残しています。氷点下パックLL4枚とL4枚を入れるとペットボトルの飲み物は凍っていて冷凍庫のようだと感じた方も。

保冷力、サイズ、外観、質感、価格など全体的にバランスが取れたクーラーボックスで満足度が高いという口コミもあります。

ロゴスのおすすめクーラーボックス③デザインクーラー25 Al-LIMITED

ロゴスのソフトタイプのクーラーボックスで女性に人気が高いのが「デザインクーラー」シリーズのものです。10mm厚の断熱材やジッパー裏の断熱処理などで保冷力にこだわったソフトクーラーで、Al-LIMITEDはロゴスストアで秋冬限定で販売されている注目の商品。

ハードタイプのクーラーボックスに比べて使わないときの収納場所に困りません。収納用ベルト付きで簡単に収納可能です。サイズは(約)幅36×奥行28.5×高さ33cm、収納時は(約)幅37×奥行34×高さ8cmになります。

デザインクーラー25 Al-LIMITEDの口コミ

デザインクーラー25の秋冬限定モデルは、ソフトタイプのクーラーボックスは初めてだが、使い終わったら簡単にたためて便利だった、意外と生地が丈夫で見た目もしっかりしているという口コミがあります。

クーラーボックスの生地の色が秋らしくて可愛いという方も複数おり、人とあまりかぶらないのが気に入っている方も多いです。

ロゴスのおすすめクーラーボックス④デザインクーラー35 ブルーストライプ

「デザインクーラー35 ブルーストライプ」はロゴスのソフトタイプのクーラーボックスのなかで、35Lと容量が大きめで様々なシーンで活用できる商品です。ブルーストライプはクーラーボックスに限らず、チェアやバッグなどロゴスの定番人気のデザインでセットで購入する方もたくさん。

おしゃれな見た目だけでなく、保冷性も高く、収納しやすいのも人気の理由です。クーラーボックス内部の生地は抗菌加工してあるので、衛生的に食べ物などを保存できます。サイズは約42×29×33cm、収納時は約42×34×8cmです。

デザインクーラー35 ブルーストライプの口コミ

このクーラーボックスを購入した方のなかでは、見た目が可愛くて気に入ったという方が多いです。それに加えて大きさも丁度よく、収納力も保冷力もしっかりしていて満足という声も。

朝大きめの保冷剤を2つ入れておくと、中身も保冷剤も夜までしっかりと冷えていて、スポーツ観戦やキャンプなど夏場のお出かけにも重宝したという口コミもあります。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑤HELLO KITTY ソフトクーラー 15L

ロゴスでは様々なキャラクターとコラボしたクーラーボックスも販売されています。なかでも人気なのが「HELLO KITTY」とコラボしたソフトクーラーです。キティちゃんとイギリスの観光名所などが描かれたデザインで女性から人気を集めています。

15Lと容量は小さめですが、お弁当を入れたり飲み物を入れたりと普段使いに便利です。収納サイズは約30×22.5×5cmでかさばらないのもポイント。繰り返しの開け閉めでも壊れにくい耐摩耗性の高いファスナーを使用しています。

HELLO KITTY ソフトクーラー 15Lの口コミ

クーラーボックスの購入者は、ロゴスはシンプルなデザインでかっこいいものが多いが、こちらはとてもかわいくて惹かれたと口コミしています。絵柄は派手すぎずおしゃれな印象もあるので大人でも使いやすいという声も。

高校野球観戦で1日炎天下の中にいても保冷剤も凍らせたペットボトルもほとんど溶けておらず、冷たいまま飲めて感動したという方もいます。はらぺこあおむしやプーさんとロゴスがコラボしたデザインクーラーも人気です。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑥デザインクーラー25 カモフラ

「デザインクーラー」の「カモフラ」は男女問わず、あまり人と被りたくないという方に人気のソフトタイプのクーラーボックスです。25Lと程よい容量、サイズ感で持ち運びもしやすく、使用後はコンパクトに収納できます。

サイズは約36×28.5×33cm、収納時は約37×34×8cmです。同じカモフラ柄の他のアイテムとセットで購入して探検家のような気分を楽しんではいかがでしょうか。

デザインクーラー25 カモフラの口コミ

カモフラのデザインはロゴスでは多数商品が出ていますが、あまりキャンプ用品にはない色合いで人と被らないので気に入ったという口コミがあります。

かっこよくて丈夫で軽い、保冷力もバッチリで大満足というレビューも。届いてみると意外とサイズが大きかったという口コミもあるので購入前にサイズを確認して選びましょう。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑦ハイパー氷点下 ローリークーラー

ロゴスのソフトクーラーボックスのなかで保冷力が特に高い「ハイパー氷点下クーラー」にキャスターを搭載したモデルです。ロゴスの氷点下パックと併用することでアイスクリームの保存可能時間は約8時間という保冷力を誇ります。

容量は40Lと大容量で、使わないときには約1/2の大きさにして収納可能。サイズは約44×43×81cm、収納時は約45×20×42cmです。食材や飲み物をたくさん入れてキャスター付きクーラーボックスでスムーズに持ち運びましょう。

ハイパー氷点下 ローリークーラーの口コミ

このクーラーボックスは保冷力が抜群なことはもちろん、見た目のきれいな色合いが気に入っている方も多いです。収納時にコンパクトできることや中の部分が外せて洗える点も高く評価されています。

ただ、キャスターで引くときの持ち手が短めで成人男性には使いにくいという口コミもあるので、その点はご注意ください。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑧アクションクーラー50

シンプルなデザインが好みの方にはロゴスの「アクションクーラー50」がおすすめです。容量50Lのハードタイプのクーラーボックスで、表素材には衝撃にも強いポリプロピレンを採用、キャンプや釣りなど様々な場面で活躍します。

底面には水抜き栓があって排水しやすく、ふたを取り外して丸洗いすることも可能です。カラーはシンプルにグレーとホワイトのみ、サイズは50Lの他に25L、35Lもあります。

アクションクーラー50の口コミ

ロゴスのかっこいいロゴが印象的なシンプルなデザインと価格が決め手で購入し、実際に使ってみて保冷力の高さや使いやすさに満足したという口コミがあります。

ハードタイプで大容量のクーラーボックスにしては軽く、持ち運びが楽だったという方も。持ち手部分が頑丈で握りやすいのもポイントです。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑨Plantica クーラーメッシュリュック

「Plantica クーラーメッシュリュック」はキャンプではなく、ちょっとしたハイキングや音楽フェスなどで使えるクーラーボックスをお探しの方におすすめの商品です。上部はメッシュのリュック、下部がソフトクーラーという背負えるクーラーボックス。

「Plantica」とコラボした花柄のデザインがおしゃれで、クーラー部分には10mmの断熱材が使用されており保冷能力もバッチリです。サイズは約33×17×56cm、クーラー部分は約33×17×25cmで10Lの容量があります。

Plantica クーラーメッシュリュックの口コミ

スポーツ観戦やピクニックに行く際にお弁当や飲み物を入れて行けて便利だったという口コミがあります。メッシュの部分にタオルや着替えを入れて海に行き、帰りは濡れた水着やタオルをクーラー部分に入れて使うと便利だったという方も。

見た目もおしゃれで、食べ物や飲み物を保冷するという目的以外でも活用できるのでシーンに合わせて工夫してお使いください。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑩アースクーラー 3WAY

「アースクーラー 3WAY」はハードタイプほど頑丈さはいらず、容量もそれほど必要ないという方におすすめの商品です。一見クーラーボックスには見えないカジュアルバッグのようなデザインですが、ハイパークーラーの技術を生かして保冷力も最大化してあります。

リュック、肩掛け、手持ちの3WAYで使えるのもおすすめのポイント。容量は12L、サイズは(約)幅34×奥行20×高さ31cmです。

アースクーラー 3WAYの口コミ

3WAYなので、軽いときは手持ちや肩がけにし、重いときや両手をあけておきたいときはリュックにして背負えてとても便利という口コミがあります。

BBQの際に肉が焼けるまで飲み物を入れておくと冷たい状態で飲めてよかったという声も。普段使いにも便利なので、通勤・通学時のお弁当や飲み物入れとしても活用できます。

ロゴスのおすすめクーラーボックス⑪サーモテクト氷点下クーラー 30

「サーモテクト氷点下クーラー 30」はコンテナのような見た目が印象的なハードタイプのクーラーボックスです。同シリーズのタフ50に比べて軽量で持ち運びしやすく、家庭でのBBQやピクニックなどに重宝します。

氷点下パックL8枚と人気商品の「ハイパー氷点下クーラーL」が収まるので、複数のクーラーボックスや保冷剤をまとめるのにも便利です。

サーモテクト氷点下クーラー 30の口コミ

コンテナ風のデザインに惹かれて購入したという方が複数います。保冷効果も抜群で、500mmのペットボトルが立てて入れられる程よいサイズ感で、デイキャンプやピクニックなどの用途にぴったりだという口コミも。これまで使用したクーラーボックスのなかで一番満足度が高いという方もいます。

ロゴスのクーラーボックスを持って出かけよう!

ロゴスのおすすめクーラーボックスをご紹介してきましたが、ほしい商品はみつかりましたか?ロゴスは総合アウトドアブランドならではの便利で高性能なクーラーボックスが目白押しです。

加えて、見た目がおしゃれな商品も多いので、利用シーンや好みに合わせて最適なクーラーボックスを選び、お出かけをさらに楽しいものにしましょう。

関連記事

関連するキーワード

1419.thumb
この記事のライター
YS
国内外問わず旅行が大好きです!休みを見つけてはどこに行こうか考え、現地のグルメも満喫したいのでよく下調べをして出かけています。みなさんが出かけたくなるような魅力的な情報を発信していきたいと思います!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ