津山城おすすめスポットのご紹介!駐車場は?鶴山公園の桜は見事

2017年5月5日 (2020年9月6日最終更新)

津山城は岡山県にあった城で、立派な天守や櫓を持つ城でした。今では桜が見事に咲き誇る公園として有名であり、桜の季節には大勢の人で賑わいます。津山城とはどのような城なのでしょう。また、駐車場やアクセス、桜の情報など少し詳しく見てみましょう。

目次

  1. 岡山津山城とはどのような城?
  2. 岡山津山城の逸話
  3. 岡山津山城ある備中櫓
  4. 岡山津山城は桜の名所!
  5. 岡山津山城へのアクセス方法
  6. 岡山津山城へ車でアクセス!駐車場は?
  7. 岡山津山城の観光情報
  8. 岡山津山城の桜は見事!
  9. 岡山津山城の桜のビュースポット
  10. 岡山津山城下も巡ろう!
  11. 岡山津山城のおすすめお土産
  12. 岡山津山城散策の後は温泉へ
  13. 岡山津山城へ行ってみよう

岡山津山城とはどのような城?

18252966 294790140946745 6729915845310414848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
norifumikoike111

津山城は岡山県津山市にあったとされる梯郭式平山城です。江戸時代に森家が入り、津山城の築城に携わりました。日本三大平山城の一つであり、別名で「鶴山城(かくざんじょう)」と呼ばれ、城跡は国の史跡に指定されています。当時の城は明治の廃城令で破却され、現在は遺構である礎石や石垣が残っています。また、近年復元された備中櫓と太鼓塀を見ることができます。そんな岡山の津山城についてご紹介します。

17881193 838540352962020 427176884619444224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
runbaba2421

津山城の当時の天守閣は5重5階地下1階構造となっていて、高さは22メートルありました。弓狭間や鉄砲狭間、石落としなどの攻撃・迎撃のための備えがあり、唐破風や千鳥破風などの装飾のあまりない、実践的な戦のための城でした。本丸、二の丸、三の丸には備中櫓をはじめとしたとても多くの櫓があり、本丸には70部屋ほどある御殿と庭園がありました。津山城は攻守両方に大変優れている城だと言えます。

岡山津山城の逸話

18252292 597031197137340 3112638957771292672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tomidai41

津山城にあった天守は、森忠政によって、1604年(慶長9年)に作れられはじめ、1616年(元和2年)に完成したと言われています。5重6階の独立式層塔型天守であり、小倉城の天守を参考にして作られたと言われています。しかしその天守の巨大さに幕府が目を付けました。そこで、忠政は4重目の瓦を壊し、天守を4重6階としました。「あれは庇であり、天守は4重である」と弁明して難を逃れた、という逸話が残っています。

岡山津山城ある備中櫓

17934194 1700565156914655 2909506443692474368 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_dragon26

今津山城にある備中櫓は2002年(平成14年)に「築城400年記念行事」の一つとして復元工事が始められ2005年(平成17年)3月に完成したものです。中は見学できるようになっています。備中櫓は元々本丸にあった櫓であり、倉庫や見張りとしての役割というよりは御殿の一部として住むためなどの目的で利用されたと考えられています。

13768355 1022574911173474 736975241 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_michik

そのため、備中櫓の中は畳敷きになっていて、一階には茶室があり、二階には上段の間が設置されています。建具には「唐紙(からかみ)」などが使われていて、御殿の一部として利用されていたことが分かります。備中櫓は津山城一の見どころおすすめスポットです。

「備中櫓」の名前の由来

備中櫓は因幡鳥取藩第2代藩主である池田備中守長幸の役職名である「備中守」が由縁で名づけられました。津山藩の藩主森忠政の長女松子は、池田備中守長幸に嫁いでいて、長幸が津山藩を訪れることとなった際に長幸を迎えるために完成したのがこの備中櫓であったと言われています。備中櫓がは、その東に接続する長局・到来櫓と共に描かれている資料があり、御殿としての役割があったことを示しています。

岡山津山城は桜の名所!

17663173 117799235435735 4224991717423579136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
qb_white

現在、津山城跡はは、「鶴山公園」して整備され、桜が大変美しく見ることができる桜の名所としておすすめの場所です。「日本さくら名所100選」にも選ばれていて、見る者の心が奪われる素敵な桜を見ることができます。毎年4月1日から4月15日には津山さくらまつりが開催され、大変多くの人が桜を見に訪れます。

岡山津山城へのアクセス方法

津山岡山城へはJR津山線の「津山駅」で降り、そこから徒歩15分ほどでアクセスすることができます。津山城下は細い道が多いので、駅にある2時間400円で借りることができる自転車をレンタサイクルして、点在している武家屋敷などを巡りながら津山城へとアクセスするとさらに楽しむことができるので、おすすめです。

車でのアクセス方法

18380563 1313733405370518 4961457838502182912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jujakun

津山城へは車でもラクラクアクセスすることができます。中国自動車道の「津山IC」で降り、国道53号線を通り、15分ほどで津山城へアクセスすることができます。また、中国自動車道の「院庄IC」で降りて国道179号線を通っても津山城へアクセスすることができます。駐車場も完備されています。

岡山津山城へ車でアクセス!駐車場は?

車でアクセスをした場合に気になるのが駐車場情報でしょう。津山城には33台の「津山観光センター駐車場」があり、無料で利用することができるので、安心してアクセスすることができます。さくらまつりの期間中のみ、乗用車1回の利用につき「500円」の駐車場料金が必要となります。通常は9時から18時まで、さくらまつりの期間は22時まで駐車場を利用することができます。

他にも豊富な駐車場

18298475 222263124936418 8621711611914092544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
iam.md_krmiii

その他にも「津山文化センター駐車場」は有料ですが121台駐車することができ、24時間駐車場を利用することが可能なので、夜景などを見に行きたいときにはぴったりです。津山城の近辺にはたくさんの駐車場があり、さくらまつりの期間中は臨時駐車場も設置されるので、車でアクセスすることもおすすめです。

岡山津山城の観光情報

17882505 1652206221456284 6654265957805981696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ffm_eiko

津山城は4月から9月までは8時40分から19時まで、10月から3月までは8時40分から17時まで開城されています。「津山さくらまつり」期間中の4月1日から15日までは7時30分から22時まで開城しているので、早朝の桜や夜桜も楽しむことができます。入場料は大人300円、中学生以下は無料となっていて、歴史観光に、花見におすすめの場所です。

岡山津山城の桜は見事!

17934063 1695371273812595 6111400117569323008 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
varitres23

津山城には建築当時の複雑に組み合わされた石垣が残っているので、そこに植えられた桜の木を遠くから眺めると幾重にも桜が重なった雄大な景色を見ることができます。石垣をバックに咲き乱れる桜の姿は大変有名であり、桜の時期のおすすめスポットの一つです。

櫓の中からも

17882988 222492594899343 8826818354955157504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
maries_kitty12

また、津山城ならではとして、桜を備中櫓の最上階からから眺めることができます。櫓から見ると眼下に桜の海が広がり、とても美しく、大変優雅な気持ちになれるので、おすすめの見方とも言えます。桜を上から眺めることもいつもとは少し違う楽しみ方ができおすすめです。

岡山津山城の桜のビュースポット

12826031 1727327237481195 1218239584 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
firo_rebentacao

津山城の桜を見るのにおすすめの場所の一つに「津山セントラルホテルアネックス」の最上階にあるダイニングバーのテラスがあります。そこから眺める津山城の桜は大変素敵だ、と評判です。地元の食材にこだわった料理を楽しみながらの桜見物はまた一味違った雰囲気を感じることができます。ここから撮る写真はそれほど望遠がなくても上手く撮れると良く知られています。

岡山津山城下も巡ろう!

津山の城下町は津山城を挟んで大きく分けると城西と城東の2つの地区に分かれています。どちらも風情ある城下町が残っていて、見て、食べて、買ってなどいろいろなことが楽しめる場所となっています。まずは津山観光センターで情報やパンフレットを集め、あちこち巡ってみましょう。

城西地区のおすすめ

16907055 1681700845456645 8421951381602041856 n
miostgrm

城西地区には津山郷土博物館や棟方志功・柳井道弘博物館、津山まなびの鉄道館など見どころたっぷりです。また、スムージー・コーヒーの店やカフェなど気軽に食事が楽しめる場所も豊富です。小さな子どもから年配の方まで幅広い年代で一緒に楽しむことができる地区となっています。

城東地区のおすすめ

14717494 669733626519856 3795236246108766208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sato7385

城東地区には武家屋敷や町屋、森家の二代藩主である森長継が京都から作庭師を招いて作ったとされる池泉回遊式の庭園のある衆楽園など、歴史を感じることができる場所が多くあります。また、それらの雰囲気を用いて作られたカフェや食事処も多く、時代を超えて楽しむことができます。着物をレンタルできる店もあるので、少し素敵に着飾って城下町を歩いてみるのも良いでしょう。

岡山津山城のおすすめお土産

12519151 548203245354277 395736795 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
boncafe6

津山城の南5分ほどのところにある「津山観光センター」には津山城に関するお土産もあります。山陽新聞サンブックス「津山城」は歴史的資料として最適でおすすめです。また、「在りし日の津山城」という名のポストカードは津山城の古写真が使われていて6枚セットで、手紙として友人などに出すことも良いですし、自分への記念として保管するのも良いでしょう。

岡山津山城散策の後は温泉へ

16583209 1860967744144837 4573272685630455808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
taojia.jpn

津山城を思い切り楽しんだ後には津山市の近くにある「奥津温泉」「湯原温泉」「湯郷温泉」の三つの温泉からなる「美作三湯」に行ってみてはいかがでしょう。岡山にある温泉として大変有名であり、山や森、川に囲まれた露天風呂など、それぞれの特徴ある温泉でゆっくり身体と心を癒すことができます。

岡山津山城へ行ってみよう

17881193 838540352962020 427176884619444224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
runbaba2421

津山城は歴史溢れる城跡と城下町がとても風情のある歴史を感じることができる場所としてとても歴史観光地としておすすめの場所です。さらには桜の時期の絶景が大変有名であり、屋台なども並び多くの人で賑わいます。さまざまなことを見て、感じて、体験することができる場所として、何度も足を運びたくなります。時間や時期によって見せる表情がさまざまななので、行くたびに違う発見ができるでしょう。

C0b23101倉敷のラーメン屋ランキングベスト21!駅周辺もあり!深夜でも食べたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岡山県倉敷市には観光スポットが多く、地元の人や観光客に愛されるグルメがいっぱい!中でもラーメ...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
mina-a
楽しいことが大好きです!

岡山県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

岡山県の新着のまとめ