【手作り】マスクの作り方は?マスク切れでも簡単に出来るレシピを紹介!

2020年3月2日 (2020年3月6日最終更新)

2020年3月現在、新型コロナウイルスの影響で日本国内でもマスク不足が加速しています。薬局やドラッグストアではマスクがなかなか購入できないとニュースになっている昨今、手作りマスクに注目が集まっています。手作りマスクは簡単に作れるのでチャレンジしてみましょう。

目次

  1. 手作りマスクの簡単レシピをマスターしよう!
  2. 手作りマスクのおすすめポイント
  3. 手作りマスクのレシピ1:簡単マスク
  4. 手作りマスクのレシピ2:立体マスク
  5. 手作りマスクのレシピ3:プリーツマスク
  6. 手作りマスクのレシピ4:ワイヤー入りプリーツマスク
  7. 手作りマスクのレシピ5:縫わないマスク
  8. 手作りマスクのレシピ6:医療用ガーゼマスク
  9. 手作りマスクのレシピ7:ペーパーナプキンマスク
  10. マスク切れには簡単にできる手作りマスクがおすすめ!

手作りマスクの簡単レシピをマスターしよう!

2020年3月現在、新型コロナウイルスで国内感染者も日々増加している中、マスク不足が深刻です。薬局やドラッグストア等で販売されていたマスクは売り切れの状況が続いています。

お店を回ってもマスクは売り切れで、開店前から行列に並んでマスクを購入する方も多い状況。高額でマスクの転売がされている程、深刻な問題になっています。

しかし最近では手作りマスクが注目されています。マスクがお店で購入できないのであれば、ガーゼや布を利用してマスクを作ればマスク不足の不安も取り除けます。

そこで手作りマスクの作り方をご紹介します。マスクの作り方はとても簡単なので、チャレンジしてみましょう。

Originalマスクの種類や選び方は?目的別に効果や失敗しない選び方を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまなウィルスの飛散により、マスクが手放せないという人も近年では非常に多くなっています。...

手作りマスクのおすすめポイント

まず初めに手作りマスクのおすすめポイントについてご紹介します。マスク不足が問題になっていますが、手作りマスクに注目してみましょう。

「マスクが無ければ作ればいい」と最近では手作りをされる方も多く、SNSでもマスクの作り方レシピをアップされている方が多いです。

使い捨てマスクが手に入らない今だからこそ、手作りマスクに注目してみましょう。手作りマスクはにはたくさんの魅力があります。

マスクの売り切れ続出!簡単に手作りができる

手作りマスクのおすすめポイント1つ目は作り方がとても簡単なことです。マスク作りに必要な材料を揃えれば、簡単に完成します。

マスクの種類にもよりますが、シンプルなマスクであれば初めてチャレンジする方でも難しくありません。

マスクにワイヤーを入れたり、立体的なマスクでも簡単に手作りする事が出来ます。手作りマスクの作り方を参考にしてみてください。

どこのお店に行ってもマスクが売り切れで手に入らなくても、自宅で簡単に手作りマスクができるのでチャレンジしてみましょう。

手作りマスクで経済的に!

手作りマスクのおすすめポイント2つ目は、コストパフォーマンスに優れていることです。

最近では使い捨てマスクが主流となっています。使い捨てマスクを何度も利用するのは衛生的に悪いので、使い捨てマスクは1度使用をしたら捨てなければいけません。毎日マスクを利用する方はその分コスパがかかってしまいます。

しかし洗って使う事が出来れば、とても経済的にもなるので布製の手作りマスクは経済的で節約にもつながるのでおすすめ。

自分好みにマスクをカスタマイズできる

手作りマスクのおすすめポイント3つ目は、自分好みにカスタマイズできる事です。マスクを手作りすれば、おしゃれな布を使用して素敵なマスクを作る事ができます。

お子様用のマスクを作る際にも、好きなキャラクターであれば普段付けたがらないマスクも愛用してくれるかもしれません。

最近ではカラーマスクも人気になっているので、自分の好きなカラーや柄の布を選んでマスクを手作りするのもおすすめです。

顔に直接触れる物だからこそ、素材にこだわってマスク作りをする事も出来ます。自分だけのオリジナルマスクを手作りしてみましょう。

手作りマスクのレシピ1:簡単マスク

続いて手作りマスクの作り方レシピをまとめてご紹介します。たくさんの種類のマスクがありますが、自分に合ったマスクにチャレンジしてみましょう。

まず初めに誰でもチャレンジしやすい簡単マスクを紹介します。シンプルなデザインのマスクはとても簡単に手作りすることができます。

簡単マスクはサイズを変えて子供用や大人用で作りましょう。裁縫が苦手な方でも簡単に作ることができるので、作り方を参考にしてみてください。

簡単マスクに必要な物は、マスクに使う布とガーゼとゴム紐です。布をカットする際には、子供用や大人用に合わせますが、少し大きめにカットしておくのがおすすめ。

ガーゼは水に入れて30程置いて縮めてから乾かしましょう。アイロンをして真っ直ぐにして、カットをしていきます。

サイドは折り目にアイロンをかけて、手縫いやミシンで縫い合わせましょう。サイド部分からゴム紐を通して結べば完成です。

とても簡単な方法でマスクが手作りできるので、初心者の方も簡単マスクにチャレンジしてみましょう。

手作りマスクのレシピ2:立体マスク

続いて手作り立体マスクの作り方レシピをご紹介します。立体マスクは顔にフィットするように型紙を用意しておきましょう。

立体マスクを作る際にはガーゼを2枚とマスク用のゴムを準備します。マスク用ゴムは使い捨てマスクでも代用できるので捨てる前に置いておくのがおすすめです。

立体マスクはガーゼを使用していますが、花粉やウイルス対策の場合はガーゼを2枚程重ねて作るのがポイント。

立体マスクの型紙に関してはYouTubeやSNS等でたくさんの方が紹介されていますので参考にしてみてください。

立体マスクの型紙を用意して、型紙に合わせてガーゼをカットしてきます。カットしたら中央に合わせてミシンや手縫いをしていきましょう。

立体部分はハサミで少しカットしておく事で、出来上がりが良くなります。マスク部分が出来上がったら、裏側を縫って表部分を合わせて縫い合わせてみましょう。マスク用のゴムを通して完成です。

手作りマスクのレシピ3:プリーツマスク

続いて手作りプリーツマスクの作り方レシピをご紹介します。プリーツマスクは市販で販売されている使い捨てマスクでも、たくさん登場しているタイプのマスクです。

折り目があるので、顔のサイズにあわせなくてもプリーツはフィットしやすいのが特徴的。プリーツ部分は少し難しい様に感じますが、とても簡単に作れます。

プリーツタイプのマスクは子供用から大人用まで作れて、好みの布を活用して手作りすることができるのでおすすめです。

手作りプリーツマスクの材料は、ダブルガーゼとお好みの布とマスク用ゴムを用意します。大人用のプリーツマスクを作る場合は、ダブルガーゼを横23センチ縦18センチにカットします。

子供用のプリーツマスクの場合はダブルガーゼを横21センチ縦16センチ、幼児用の場合は横19センチ縦15センチを目安にカットしましょう。

マスクの表と裏生地をミシンで縫い合わせます。次にマスクの上部から山折り谷折りの順にたたんでいきましょう。

プリーツ部分はアイロンを使って作ります。プリーツ部分が出来上がったらマスクのゴム通し部分を作り、ゴムを通して完成です。

手作りマスクのレシピ4:ワイヤー入りプリーツマスク

続いて手作りワイヤー入りプリーツマスクの作り方レシピをチェックしてみましょう。上記でご紹介したプリーツマスクの作り方を参考にワイヤーを付け加えます。

ワイヤー入りであれば、鼻部分もしっかりフィットするのでおすすめです。ワイヤー入りマスクに必要な材料は、ダブルガーゼやお好みの布、マスク用のゴム他にノーズワイヤーです。ノイズワイヤーは使い捨てマスクに入っているワイヤーを再利用しましょう。

ワイヤー入りプリーツマスクを作る際には、通常のプリーツマスクの作り方を参考にノーズワイヤー部分を作ります。

マスクの上部にノーズワイヤーを入れる部分を確保して、ワイヤーを入れてずれない様にミシンや手縫いで固定をしていきましょう。

プリーツ部分はしっかりアイロンで形をつくり、マスクゴムを通して完成です。ワイヤー入りのプリーツマスクは、普段使い捨てマスクを利用している方にもおすすめです。

手作りマスクのレシピ5:縫わないマスク

続いて縫わないおすすめマスクの作り方レシピをご紹介します。自宅にミシンがない方も裁縫が苦手な方も、縫わないで手作りマスクが作れるので注目してみましょう。

縫わない手作りマスクに使用するのは布やガーゼではなく、クッキングペーパーを利用します。市販で販売されている使い捨てマスクの様な作りになっているので、繰り返し洗って再度使う事はできません。

しかしとても簡単に手作りできるので、お店でマスクが購入できなくてすぐにマスクが必要な方はチャレンジしてみましょう。

縫わないマスクの材料は、フェルトタイプのクッキングペーパーとマスク用ゴムとノーズワイヤーを準備します。

ノーズワイヤーは上記でも紹介した様に使い捨てマスクのリサイクルや、その他にも100円均一で販売されているラッピング用のメタリックタイでも代用可能です。

更に両面テープやサージカルテープを準備しましょう。ペーパーナプキンはプリーツマスクの作り方と同様に、カットをして形を作ります。

クッキングペーパーを2枚重ねて上下に両面テープを張り付けていきましょう。ノーズワイヤーをのせて、サージカルテープで貼り付けまて、プリーツを作って両サイドに両面テープを付けましょう。

マスク用のゴムを挟んで張り付け、ゴムをしっかりと結べば完成です。とても簡単で使い捨てマスクの様な出来上がりになります。

手作りマスクのレシピ6:医療用ガーゼマスク

続いて手作りの医療用ガーゼマスクの作り方レシピをご紹介します。手作りマスクが注目される中、ダブルガーゼも品薄になっている場合もあります。

そんな時におすすめなのが医療用ガーゼを手作りマスクとして活用できるので参考にしてみましょう。医療用ガーゼは薬局やドラッグストアで購入できます。

医療用ガーゼを購入する際には、小さくカットされているタイプもあるので注意しましょう。マスクを手作りする際には5メートル等の大きなサイズを選ぶのがおすすめです。

医療用ガーゼで作るマスクは顔にフィットしやすく、ずれにくい素材なので外出時にはとてもおすすめです。作り方は特に難しくありません。医療用ガーゼを使用した手作りマスクは縫わないで重ねるだけです。

両面テープ等も必要ないので、急な代用としてマスクを使いたい時にはとても便利です。マスク用ゴムを使えば、顔にフィットします。誰でも簡単に手作りできるおすすめのマスクになります。

手作りマスクのレシピ7:ペーパーナプキンマスク

最後におすすめのペーパーナプキンマスクの作り方レシピをご紹介します。クッキングペーパーの他にもペーパーナプキンでも代用が出来ます。

ペーパーナプキンの場合はおしゃれなデザインがたくさん販売されているので、クッキングペーパーよりも可愛い手作りマスクが作れます。

100円均一やIKEAで販売されているお好みのクッキングペーパーを購入して、両面テープやノーズワイヤー、サージカルテープを準備しましょう。

作り方はキッチンペーパーマスクの作り方と同じです。顔にフィットでするように、ペーパーナプキンでマスクを作る際にもプリーツタイプにしましょう。

ペーパーナプキン1枚では不安と感じる方は、数枚重ねて両面テープで貼り付ければ、しっかりしたマスクが完成します。

手作りマスクはたくさんの種類があり、自分好みにカスタマイズもできるので、お店でマスクが入手できない時でも安心しましょう。

マスク切れには簡単にできる手作りマスクがおすすめ!

ガーゼや布を利用した手作りマスクの簡単な作り方レシピをご紹介しました。マスクは毎日の通学や通勤、お買い物等で外出する際のウイルス対策や花粉症予防の必須アイテムです。

手作りマスクはとても簡単です。お子様用のマスクには可愛いマスコットキャラクターの布を使用したり、裁縫が苦手な方やミシンがない場合にも簡単に作れる縫わないマスクなど、ガーゼを数枚重ねて作るだけで完成します。

薬局やドラッグストアでマスクが購入できない時は、SNSでも話題になっている手作りマスクにチャレンジしてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

858.thumb
この記事のライター
LOOK
関西在住のLOOKです!長期休みが取れれば旅行がするのが趣味で、気軽に行ける国内旅行をメインに夢の海外旅行まで計画しています。関西のおすすめの場所素敵な旅行スポット情報を発信していけたらと思います。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ