「ぽっぽ焼き」は懐かしの味!新潟市内で買える屋台・お店を紹介!

2020年6月26日 (2020年6月27日最終更新)

皆さんは新潟市内で人気のB級グルメで知られる「ぽっぽ焼き」をご存知ですか?ぽっぽ焼きは、新潟市内の屋台やお店などで昔から食べられている地元では有名な定番お菓子です。今回はそんな新潟が誇る懐かしのぽっぽ焼きが楽しめる場所などをたっぷりとご紹介します!

目次

  1. 新潟の名物「ぽっぽ焼き」が買える場所をチェック!
  2. 新潟では有名な「ぽっぽ焼き」って?
  3. 「ぽっぽ焼き」の名前の由来は?
  4. 新潟で「ぽっぽ焼き」が買えるお店
  5. 新潟で「ぽっぽ焼き」が屋台出店情報
  6. 新潟を訪れたら名物のぽっぽ焼きを堪能しよう!

新潟の名物「ぽっぽ焼き」が買える場所をチェック!

新潟市内で地元民がよく食べている定番のお菓子として有名な「ぽっぽ焼き」。そんなローカルなフードであるぽっぽ焼きを知らない人もおそらく多いでしょう。昔懐かしい素朴な味わいのぽっぽ焼きは、屋台やお土産でとても好まれる人気の一品です。今回は地元で美味しいと評判のぽっぽ焼きが食べられる屋台や店舗などを詳しくご紹介していきます。

新潟では有名な「ぽっぽ焼き」って?

さまざまなグルメが楽しめる新潟は、日本海側でも美味しいものがたくさん食べられる有数のエリアです。中でも新潟市内を中心に親しまれている定番のお菓子「ぽっぽ焼き」は、多くの地元民を惹きつけてやまないご当地名物として知られています。

そんな新潟市内では有名なぽっぽ焼きですが、名前だけを聞いていったいどんなものか皆さんは想像がつくでしょうか?これから地元で美味しいと人気のぽっぽ焼きについて、その特徴や発祥などたっぷりと掘り下げていきます。
 

新潟のお祭り屋台では定番のお菓子

新潟市内などで有名な名物「ぽっぽ焼き」は、地元では老若男女を問わず知られている定番のお菓子として知られています。

夏のシーズンを中心に開催される地域に根差したお祭りやイベントの屋台などでは大人気の名物で、そこでしか味わえない地元が誇るソウルフードなんです。

発祥は新潟の新発田市

そんな地元で有名なお菓子「ぽっぽ焼き」の発祥については、新潟市のお隣にある新発田市がはじまりとされています。

新発田市を中心とした阿賀北エリアではこのぽっぽ焼きを蒸気パンとも呼び、1960年代ごろには小さい子どもが買って食べる定番のお菓子となっていきました。

「懐かしい味」で人気

「ぽっぽ焼き」は、長細いパンのような形状のお菓子で昔ながらの懐かしい味わいが人気となっています。もちっとした独特の食感と黒砂糖の風味を味わえるのが特徴です。

ぽっぽ焼きは屋台やお店などにある専用の焼き器で焼き上げることが多く、茶褐色の平べったい形状で焼き上げられます。

新潟のお土産に最適

地元名物のソウルフードである「ぽっぽ焼き」ですが、屋台やお店で食べる以外に観光のお土産としても最適の一品です。

ぽっぽ焼きは3本あたり100円程度と非常にリーズナブルな値段で、お土産用に関しても15本パック入りで500円程度となっていますので、新潟県外の人へのお土産として気軽に買えるのが大きな魅力でしょう。

Original新潟でお土産を買うなら?お酒からお菓子まで観光客に人気の商品を調査 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新潟は古くからお米どころだったため多くの米を使った煎餅などのお菓子やお酒があり、お酒は特に多...

「ぽっぽ焼き」の名前の由来は?

新潟では定番のお菓子として知られる名物「ぽっぽ焼き」の名前の由来については、いくつかの諸説があるとされています。

焼き器にある蒸気口から鳴る音が蒸気機関車のようにポッポーと聞こえるからという説や、焼き上がった色が鎌の穂に似ていて穂っぽい焼きが訛ってぽっぽ焼きになったという説などがあげられます。

新潟で「ぽっぽ焼き」が買えるお店

ここからは、新潟で美味しい「ぽっぽ焼き」が買えるおすすめのお店を3つ厳選してご紹介いたします。

どのスポットもオリジナリティに溢れたイチ押しの店舗ばかりですので、おやつとして食べたりお土産用として購入したりなど皆さんお気に入りのお店を見つけてみましょう。

オリジナルのぽっぽ焼きを「あめやぽっぽ」

新潟エリアで「ぽっぽ焼き」が買えるお店の1つ目は、新潟市西区にある「あめやぽっぽ」という店舗です。

こちらの「あめやぽっぽ」は、厳選された食材のみを使ったオリジナリティいっぱいのぽっぽ焼きが買えるスポットとなっています。

こだわりの材料と製法

新潟市内にある「あめやぽっぽ」のぽっぽ焼きは、さっぱりとした甘くて優しい黒糖を100パーセント使用したこだわりの材料と製法がウリです。

何度食べても飽きのこない味わいは多くの常連さんを惹きつけていて、子どもからお年寄りまで幅広い世代が美味しくいただける仕上がりとなっています。

通販も可能!

そんな「あめやぽっぽ」のぽっぽ焼きは、県外の人でも楽しめるように全国に発送が可能な通信販売も行っています。

30本入り、60本入り、そしてお得な90本入りの3種類が用意され、いずれも10本入りの真空パック詰め合わせにて発送されます。値段は30本入り1260円、60本入り2520円、90本入り4450円です。

ショップ詳細

「あめやぽっぽ」のショップ詳細について、アクセスはJR新潟駅の万代口から徒歩9分の場所に店舗があります。

営業時間は平日が午前11時から午後5時、土日祝が午前10時30分から午後6時30分までとなっていて、お店の定休日は水曜日です。駐車場は店舗近くにある有料のコインパーキングが利用できます。

住所 新潟県新潟市中央区万代1-6-1 バスセンタービル 1F

わくわくファーム内にある老舗「清水商店」

新潟エリアで「ぽっぽ焼き」が買えるお店の2つ目は、新潟市北区のわくわくファーム内にある「清水商店」という店舗です。

こちらの「清水商店」は、郊外にある道の駅でぽっぽ焼きが買える観光客に人気の高いスポットとなっています。

大正12年創業の“ポッポ焼き”店

新潟市内にある「清水商店」は、大正12年に創業した地元でも長い伝統を誇る老舗店です。豊栄新潟東港インターを降りてすぐのわくわくファーム店内にあります。

自慢のぽっぽ焼きは表面がしっかりと焼き立った皮と、もっちりとふんわりした感じの中身が特徴となっています。

沖縄産黒砂糖を100%使用

そんな「清水商店」のぽっぽ焼きは、こだわりにこだわり抜いた厳選食材によって作られる伝統の製法がウリとなっています。

沖縄産の黒砂糖を100パーセント使用したコクと甘みのある美味しさが評判で、祭りやイベントの屋台では大人気の一品として知られています。値段は3本100円からです。

ショップ詳細

「清水商店」のショップ詳細について、アクセスはJR白新線の豊栄駅から徒歩15分の場所に店舗があります。

営業時間は平日が午前10時から午後5時、土日祝が午前9時から午後5時までとなっていて、お店の定休日は木曜日と第1水曜日です。駐車場はわくわくファーム内の専用パーキングが利用できます。

住所 新潟県新潟市北区かぶとやま2-3-4 わくわくファーム
電話番号 025-388-1231

これが屋台の味「こまちぽっぽ」

新潟エリアで「ぽっぽ焼き」が買えるお店の3つ目は、新発田市にある「こまちぽっぽ」という製造メーカーです。

こちらの「こまちぽっぽ」は、店舗型ではなく通販やイベント販売のみ行っているスポットとなっています。

この道30年以上の職人が作るぽっぽ焼き

新発田市内にある「こまちぽっぽ」のぽっぽ焼きは、この道30年以上を誇る職人が腕によりをかけて作る美味しさにこだわった一品です。

風味のベースとなる原料の黒糖は沖縄から取り寄せた厳選もので、長年の経験で培われたふわふわでこんがりの絶妙な焼き加減に仕上げられています。

イベントなどにも多数出店中

そんな「こまちぽっぽ」のぽっぽ焼きは、新潟県内で開催されるイベントなどにも多数出店されています。お店は移動型となっているので、詳細はTwitterでチェックしてください。

また、専用の通販サイトから注文することも可能で、県外など遠方に住む人への贈り物やお土産にもピッタリといえるでしょう。3000円以上の注文から送料無料になります。

ショップ詳細

「こまちぽっぽ」のショップ詳細について、出店情報については公式のTwiiterにその都度ツイートされるのでチェックしてください。

営業時間やお店の定休日に関しては不定となっていますので、詳しいことはホームページなどで問い合わせてください。

住所 新潟県新発田市大栄町2-7-10
電話番号 0254-20-8906

Caddy 1 001新潟グルメおすすめスポットランキング!海鮮や絶品料理も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
お米に日本酒、海鮮と「グルメの宝庫」とも言われている新潟県。そんな新潟県での絶品おすすめグル...

新潟で「ぽっぽ焼き」が屋台出店情報

それでは、新潟で美味しい「ぽっぽ焼き」が食べられる屋台の出店情報についてここではご紹介していきましょう。

定番のぽっぽ焼きが楽しめる屋台がたくさん出店するイベントや、発祥とされる新発田市で開催される祭りなど、ぽっぽ焼きの屋台情報をいくつかピックアップしていきます。

ぽっぽ焼きの屋台が多数出店「蒲原まつり」

新潟で「ぽっぽ焼き」の屋台が出店するイベント1つ目は、新潟市中央区の蒲原神社で開催される「蒲原まつり」です。

「蒲原まつり」は毎年6月30日から7月2日の3日間に実施され、ぽっぽ焼きの屋台や昔ながらの露店がたくさん並ぶ市内きっての大規模な祭りとなっています。

長い歴史を誇る「にいつ夏まつり」

新潟で「ぽっぽ焼き」の屋台が出店するイベント2つ目は、新潟市秋津区で開催される「にいつ夏まつり」です。

毎年お盆に開催される「にいつ夏まつり」は、7台の大きな山車が激しくぶつかり合う豪華絢爛な祭りとして知られ、さまざまな屋台が通り狭しとひしめき合っています。

毎年8月に開催される「新潟まつり」

新潟で「ぽっぽ焼き」の屋台が出店するイベント3つ目は、新潟市の中心部で開催される「新潟まつり」です。

「新潟まつり」は毎年8月に開催される県内最大クラスの祭りで、数百近くの屋台が立ち並ぶ見どころ満載のイベントとなっています。クライマックスの大花火大会は祭り一番の目玉です。

新発田市で開催される「城下町新発田まつり」

新潟で「ぽっぽ焼き」の屋台が出店するイベント4つ目は、発祥地の新発田市で開催される「城下町新発田まつり」です。

毎年8月26日から29日まで開催される「城下町新発田まつり」は、帰り台輪とよばれるぶつけ合いで盛り上がる地元で人気のイベントです。ぽっぽ焼き発祥のまちならではの個性豊かな屋台がたくさん立ち並んでいるのも魅力です。

新潟を訪れたら名物のぽっぽ焼きを堪能しよう!

新潟の定番お菓子「ぽっぽ焼き」についてたっぷりと解説してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。地元が誇るソウルフードのぽっぽ焼きは屋台やお土産などで楽しめる昔懐かしい一品です。

皆さんも観光やビジネスで新潟を訪れた際には、ぜひとも地元名物のぽっぽ焼きをとことん堪能してみましょう!

関連記事

1345.thumb
この記事のライター
MT企画
大阪生まれの大阪育ちです。大学時代は東京で過ごしていました。月に1度は旅行に出かけ、これまで全国40都道府県以上を旅行してきた無類の旅行好きです。旅行とグルメはセットで楽しむのが基本。その想いをカタチにすること、それが私の仕事だと考えています。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

新潟・阿賀野の新着のまとめ