地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

おすすめの火起こし器10選!キャンプで重宝する人気アイテム紹介!

キャンプやバーベキューで大活躍する火起こし器はアウトドアを楽しむための人気アイテムです。折りたたみタイプやガスコンロタイプなど使い方の違う火起こし器のおすすめ商品をご紹介します。人気のメーカーや火起こし器の具体的な使い方まで、一挙大公開です。

口コミ人気が高いおすすめのキャンプ向け火起こし器を紹介!見出し

Photo by whitefield_d

キャンプやバーベキューなどで大活躍するのが火起こし器です。短時間で炭に火をつけることができるので、準備がパパっとできてとても便利です。アウトドアではやることが沢山あるため、火おこしを出来るだけ手早く済ませたい方にはぜひおすすめです。

今回は口コミ人気の高いおすすめのキャンプ向け火起こし器をご紹介します。購入を考えている方は必見です。

火起こし器の着火方法の種類と特徴見出し

キャンプやバーベキューで大活躍する火起こし器には着火方法によっていくつか種類があります。持ち運びに便利なタイプや経済的で長持ちするタイプなど、おすすめの3種類の火起こし器をご紹介しましょう。また、種類別の使い方も併せてご紹介です。

スタンダードタイプと特徴

火起こし器のスタンダードタイプは、グリルやストーブ替わりにも活用できるビアジョッキのような円柱型が一般的です。丈夫で長持ちするのが特徴で、大容量の炭に一気に着火したり、使い終わった炭の火消しもできます。

安定感があり頑丈に作られているため、ある程度の重さがあり持ち運びはちょっとした手間ですが、キャンプ時だけでなく、災害用の簡易コンロとして使うこともできます。

使い方はバーベキューコンロの上に着火剤をセット、もしくは火起こし器の中の中心部に着火剤を入れます。着火剤をバーベキューコンロの上にのせる場合は、その上にスタンダードタイプの火起こし器を置きます。

炭を入れすぎると空気の通り道がなくなってしまい炭が燃えにくくなるので、適度な風の通り道を確保しながら炭を詰めるか、もしくは中心部分に着火剤を詰めるようにします。着火剤の上に置く場合は、火起こし器がきちんと安定して置けることを確認しましょう。

折りたたみタイプと特徴

火起こし器の折りたたみタイプは、ハンドル部分とツボ部分を外して折り畳めるようになっています。シンプルな構造のため組み立てや折りたたみはとても簡単で、持ち運びしやすいのが最大の特徴です。

アウトドアメーカーが販売している火起こし器には持ち運び専用の収納バッグが付いていたり、調理用の金網がセットになって販売されているものなどもあります。

スタンダードタイプと違って、サイズは大容量からコンパクトサイズまで様々で重さも1~3kgと幅広くなっています。ソロキャンプで利用するのか、大勢でのバーベキューに使うのか、使用目的に合わせてぴったりのものを購入するのがおすすめです。

折りたたみタイプの火起こし器も使い方はスタンダードタイプとほぼ同じです。注意点としては、折りたたみの接続部があるためスタンダードタイプよりもより慎重に安定性を確保することです。

ガスコンロタイプと特徴

フリー写真素材ぱくたそ

ガスコンロタイプの火起こし器は、底に穴が空いた鍋のような形をしています。使い方は、鍋に炭を入れ、ガスコンロの上にのせて着火させます。単純な方法で使える火起こし器なので、子どもがアウトドア体験をするにもぴったりです。

しかし、ガスコンロタイプの火起こし器は、ボンベが爆発する恐れがあるためカセットコンロでは使うことができません。庭先でのバーベキューやコテージなど施設にガスコンロがついている場所でのみ使用が可能です。

火起こし器の選び方見出し

ソロキャンプから大勢でのバーベキューまで色々な場面で大活躍する火起こし器ですが、選び方のポイントはどこにあるのでしょうか。初めて火起こし器を購入するという方のために、火起こし器の選び方のポイントをご紹介しておきましょう。

人気ブランドから機能性まで、火起こし器の使用目的や使い方によって自分にぴったりの一台を選んでみてください。

サイズで選ぶ

Photo byThomasWolter

大きく3つのタイプに分類される火起こし器ですが、使用目的がはっきりしている場合はサイズで選ぶのがおすすめです。目安となるのは、バーベキューで使う1人あたりの炭の量です。ソロキャンプの場合は500~1000gの炭が必要になります。

大勢でバーベキューをする場合はこれに人数分をかけた量が必要になるわけですが、一度にどれくらいの量を火起こしするのかによって選ぶサイズが変わってきます。サイズは、持ち運びすることも考慮に入れ、重量と照らし合わせながら選ぶようにしましょう

収納しやすさで選ぶ

火起こし器はキャンプなどではあると便利なアイテムですが、少しでも荷物をコンパクトにまとめたいアウトドアシーンでは収納がポイントになります。

火起こし器は折りたたんでコンパクトに収納できるものとできないものがあります。キャンプ用具を車で持ち運ぶ場合はそれほど気にする必要もありませんが、目的地まで歩いて移動する場合は断然コンパクトに収納できる火起こし器が便利です。

炭の落ちにくさで選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

ガスコンロタイプの火起こし器は、鍋の底に穴が開いています。炭に着火するためには必要不可欠な穴ではありますが、あまり大きすぎるとコンロに炭が落ちてコンロを汚してしまったり、着火した炭を持ち運ぶ際に高温の炭が落ち危険が伴います。

大きな穴の火起こし器で持ち運ぶ場合は、十能と言われる炭を運ぶスコップ型の道具を使うなどの工夫が必要ですが、穴が小さめの火起こし器を使えば、炭の落下を防ぐことができます。

機能性で選ぶ

火起こし器は単独で販売されているものがほとんどですが、中には火箸、耐熱のグローブ、火消し用の壺などがセットになっている商品もあります。

収納袋にひとまとめできる場合もあり、持ち運びするにはとても便利です。専用のアイテムが既に揃っていれば、別に道具を用意する必要もなくすぐに使うことができます。使う際の手際などを考え、機能性を重視して選ぶのもおすすめです。

人気メーカーから選ぶ

火起こし器はアウトドア関連の有名メーカーやバーベキューの専門ブランドなど国内外を問わず、色々なメーカーから販売されています。

機能性やサイズなどにこだわらず、自分の好きなメーカーの火起こし器を購入するのもおすすめです。また、決めきれない場合は、人気メーカーの商品を購入するのも良いでしょう。

チャークロスで簡単火起こし!着火剤になるアイテムの作り方・使い方を解説!のイメージ
チャークロスで簡単火起こし!着火剤になるアイテムの作り方・使い方を解説!
焚き火をする際、火起こしが上手く行かなかった経験はありませんか?火起こしを簡単にする着火剤代わりになるアイテム「チャークロス」は自作することができるのです。今回はそんな、キャンプの焚き火をスムーズにするチャークロスの作り方から使い方までを紹介致します。
バーベキューの火起こしの方法は?着火剤を使わずに簡単に起こすやり方も!のイメージ
バーベキューの火起こしの方法は?着火剤を使わずに簡単に起こすやり方も!
バーベキューをする場合の難関の一つが火起こしです。なかなか火がつかず手間取った経験を持つ方も多いでしょう。そこでバーベキューで上手に火起こしをする方法について、道具を使う方法や身近なものを使う方法など、それぞれの利点なども含め紹介します。

スタンダードタイプのおすすめの火起こし器3選見出し

スタンダードタイプは堅牢さが魅力の火起こし器です。シンプルな構造なので初めて火起こし器を使う人でも使いやすく、手入れや持ち運びに関しても扱いやすいのがポイントです。スタンダードタイプのおすすめの火起こし器3選をご紹介します。

キャプテンスタッグ 大型火消しつぼ・火起こし器セット

キャプテンスタッグは、アウトドア用品など幅広い商品展開が魅力の人気メーカーです。堅牢で長持ちするアイテムも豊富で、火消しつぼがセットになった火起こし器は、使い勝手が良いと高く評価されています。

火消しつぼの中に火起こし器が収納できるのでコンパクトに持ち運びできるのもポイントです。スタンドが付いているので、炭に火起こし器で着火した後でも芝などを焼くことなく一時的に保管しておくことができます。

火起こし器のサイズは外径18×高さ20cmで、火消しつぼが21.5×20×高さ29cm、重量は1.7kgです。

Weber ラピッドファイアー チムニースターター

Weberはカナダのバーベキュー専門ブランドで、色々なタイプのバーベキューグリルや調理用器具などを幅広く取り扱っています。ラビットファイアーチムニースターターは、ハンドル部分にサーモプラスチックを使用しているので、火起こしの際にも熱くならないのがポイントです。

また、空気穴の位置と数、底の三角形ピラミッド型など大量の酸素を流動させて素早く均一の着火ができるような工夫が施されています。スチール製なので堅牢で長持ちするのも魅力です。サイズは約20.4×26.7×14.6cmで重量は0.8kg程です。

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ

グリーンライフの火おこし兼用火消しつぼは、持ち手部分が折りたたみでき、持ち運びにも便利なスチール製の火起こし器です。

火消しといっても専用の火消しつぼが付いているわけではなく、ふたをして消火します。サイズは15×25cmで、重量は約1kgです。堅牢なので300回以上使用したレビューもあり、シンプルな構造で長く使うことができる点が評価されています。

折りたたみタイプのおすすめの火起こし器4選見出し

折りたたみタイプの火起こし器は収納にも持ち運びにも便利です。どうしても多くなりがちなキャンプ用品をコンパクトにまとめ、少しでも荷物を小さくすることができます。折りたたみタイプのおすすめ火起こし4選をご紹介しましょう。

キャプテンスタッグ 炭焼き名人

キャプテンスタッグの炭焼き名人は、薄く折りたたんで収納できる人気の火起こし器です。リーズナブルな価格で、キャンプやバーベキューなどアウトドア初心者の方に喜ばれています。

耐久性に欠けるのが難点ですが、とりあえず使ってみたいという方にはぜひおすすめです。組み立てサイズは18×20×21cm、収納サイズは16.5×21×3cmで、重量は1kgです。

ユニフレーム チャコスタ

ユニフレームのチャコスタは、ステンレス鋼を使った耐久性にも収納性にも優れた折りたたみタイプの火起こし器です。ハンドル部分は直径5mm程あり、安定性も抜群です。

使い終わったら、パタンと閉じてコンパクトに収納できます。部品が全部一体化しているので、パーツを失くす心配もなく安心です。組み立て時のサイズは約19×24.5×高さ28cm、 収納時は約28×19×3cmで、重量は1.2kgです。

コールマン チャコールスターター

キャンプ用品の製造販売を行っているアメリカの有名ブランドコールマンは日本でもとても人気あり、商品ラインナップも充実しています。チャコールスターターは、ステンレス製の折りたたみ式火起こし器です。

付属のバッグも付いているので持ち運びも楽にできます。本体サイズは約17×16×高さ29cm、収納サイズは約31×3.5×高さ19cm、重量は約1.2kgです。

DOD すごいよカオルさん

DODのすごいよカオルさんは、1度に3kgの炭に着火可能な大型の火起こし器です。着火剤を使えば10分程で着火できるのはもちろん、付属のフタをすれば燻煙チーズフォンデュやピザなどを愉しむことができます。

本体には0.8mmのステンレスを使用しているので堅牢で、内部には網や棚を3段に取り付けることができます。収納用のキャリーバッグ、S字フックが3つ付いているのもポイントです。

サイズは、組み立て時が20×20×高さ35cm、収納サイズは35×20×高さ7cm、重量は約2.6kgです。

ガスコンロタイプのおすすめの火起こし器3選見出し

ガスコンロタイプの火起こし器は火傷にさえ注意すれば使い方は簡単です。鍋になっている部分に炭を入れ着火させれば良いので、子供でも簡単に扱えます。また安定性で言えば、スタンダードタイプ、折りたたみタイプよりも格段に安定性が高いのも魅力です。

ガスコンロがあれば、どこでも使用できるので、自宅の庭などで手軽にバーベキューを楽しむのにもおすすめです。ガスコンロタイプのおすすめの火起こし器3選をご紹介しましょう。

キャプテンスタッグ ハンディ火起こし器

キャプテンスタッグのハンディ火起こし器は、本体にメラミン樹脂塗装が施され、ハンドル部分に天然木を使った人気の商品です。

持ち手が熱くならないので素手で持ち上げられ、簡単スピーディー安全に火起こしができます。底に穴がありますが、火の粉や燃えかすがガステーブルに落ちにくい構造になっているのもポイントです。

使い始めはコーティングがはがれたり、多少臭いがするとの口コミもありますが、トータルでの評価も高い火起こし器です。サイズは14.5×33×6cm、重量は0.2kgです。

永塚製作所 火おこし器

永作製作所の火起こし器は、鋳物底、黒塗り塗装、アルスターの3種類で展開されています。鋳物は耐久性に優れていますが、重量があります。黒塗りは底面がスチール製で軽いのも魅力です。木炭だけでなく、豆炭の火起こしにも便利です。

サイズは鋳物も黒塗りも、‎底部分が21cm全体の長さが49cm33×14.5×高さ6.3cmで、重量は鋳物が0.37kg黒塗りが0.21kgです。底は取り外しができるので手入れも簡単です。

燕三条 角型火おこし器

フリー写真素材ぱくたそ

燕三条の角型火おこし器は日本が誇る新潟県燕三条のステンレス製の商品です。燕三条と言えば、古くから作業工具や刃物、金属製品など金物の町として知られています。

そんな燕三条で作られた火起こし器は信頼性が高く、オリジナルのデザインも魅力的です。使い方は通常のガスコンロタイプと同じで、卓上用のコンロでも簡単に火起こしができます。サイズは約21×15×高さ18cmで、柄には天然木が使われています。

火起こし器は使い方・使う場所に合わせて選ぶのがおすすめ!見出し

フリー写真素材ぱくたそ

いかがでしたでしょうか。火起こし器は使い方をマスターすれば、とても便利なアウトドアアイテムです。折りたたみタイプやガスコンロタイプなど、色々な火起こし器がありますが、使い方や使う場所に合わせて選ぶのがおすすめです。

ぜひ便利な火起こし器を使って、キャンプやバーベキューなどを手軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

投稿日: 2022年5月9日最終更新日: 2022年5月9日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote