地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

味の素はほんだし・ウェイパー・ハイミーで代用可能?おすすめ代替品もご紹介!

万能の調味料である味の素は、いろいろな料理に使うことが出来る便利なアイテムです。今回は万が一味の素がない場合の、代用品をご紹介します。味の素が無い場合は、ハイミー、ウェイパー、昆布茶などの代用品を使って料理を楽しみましょう。

味の素を切らしてしまったときの対処法をご紹介!見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

料理にプラスすることでうま味をアップさせることが出来る味の素は、さまざまな料理に使うことが出来る万能調味料です。味の素は使う機会が多い調味料なので、突然切らしてしまうことも多いです。

今回は万が一味の素を切らしてしまった場合の、代用アイテムをご紹介します。味の素は意外と家庭にあるいろいろな調味料で代用することが出来るので、味の素を切らしてしまった時は参考にしてみてください。

味の素の役割を解説!見出し

昔から愛されている調味料である味の素は、料理にうま味をプラスしてくれるアイテムです。さとうきびをはじめとする植物の原料を発酵して出来たもので、安心して料理に使用することが出来ます。

味の素はお味噌汁やチャーハン、炒め物などさまざまな料理に使うことが出来るので、いろいろなレシピで活用してみてください。

料理にコクをプラスしてくれる、これひとつで味付けが出来る為料理の時短につながる、体に嬉しい減塩効果があるなど、味の素の基本的な役割をご紹介します。

味の素の魅力①料理のコクを引き出す

味の素の主成分は「グルタミン酸」と呼ばれている成分になります。アミノ酸の一種であるグルタミン酸は、人間の体重に2パーセントほど含まれており、私達にとても身近な成分になります。

そんなグルタミン酸は料理に使用することで、コクやうま味を引き出してくれる働きがあります。手軽にコクがある美味しい料理を作りたい時は、味の素をプラスしてみましょう。

グルタミン酸は昆布などにも多く含まれている成分で、うま味やコクを引き出す力が強いです。昆布でだしをとるよりも手軽に使うことが出来るので、時間がない時にもおすすめです。

味の素の魅力②減塩効果が期待できる

味の素は美味しいだけでなく、健康面でも重要な役割をしてくれます。塩分が気になる時は、味の素を塩の代用品として使うのがおすすめです。

料理に塩気をプラスしたい時に塩を使用すると、塩分摂取量が増え生活習慣病のリスクが高まる恐れがあります。そんな時、塩の代用品として味の素を使用することである程度の塩分をカットすることが出来ます

減塩を心掛けたい時には、塩の代わりに味の素を使用するようにしましょう。塩分もカットすることが出来て、うま味もプラスしてくれるので一石二鳥です。

味の素の魅力③時短になる万能調味料♪

味の素は粉末状の調味料なので、サッと振るだけで簡単に料理にプラスすることが出来ます。料理の時短にもつながるので、忙しい時こそ味の素を活用してみてください。

かつおや昆布からとっただしを使用することで、料理のうま味が一段とアップしますが、どうしてもだしをとる時間がかかってしまいます。

味の素であればすぐにうま味を加えることが出来るので、毎日の料理に役立つこと間違いなしです。お味噌汁や炒め物などいろいろな料理にサッとプラスしてみてください。

味の素の代用になるもの一覧見出し

唯一無二の存在である味の素ですが、味の素は意外といろいろな調味料で代用することが出来ます。味の素を切らしてしまった時は、家にあるいろいろな調味料を使って料理を完成させましょう。

味の素に含まれている主な成分は、さとうきびから取れたグルタミン酸ナトリウムです。グルタミン酸は野菜や昆布にも含まれている成分で、それを水に溶けやすくしているのがグルタミン酸ナトリウムといいます。

その為、味の素の代用品にはこのグルタミン酸が含まれているものが特におすすめです。ハイミー、かつおぶし、ほんだしなど、家庭にあるような味の素の代用品をチェックしましょう。

《味の素の代用品①》ハイミー

味の素の代用品として一番おすすめなのが、ハイミーになります。ハイミーとは味の素と同じ味の素株式会社で作られている調味料で、ごく少量使用するだけで料理がコクがある味わいになります。

味の素はグルタミン酸ナトリウムを主成分としていますが、ハイミーはベースとなるグルタミン酸ナトリウムに、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムを4パーセントずつ配合しているのが特徴です。

ハイミーは味の素よりもコクとうま味が強いのが特徴なので、代用する際は分量に気を付けてください。ハイミーはうま味とコクが強い為、そのままの状態で汁物のだしや煮物にも使用することが出来ます。

《味の素の代用品②》顆粒コンソメ

顆粒コンソメはスープをはじめとする洋風の料理に使われることが多い調味料です。肉や野菜から出た甘み成分が多く含まれており、食塩や砂糖で味付けされている為、お湯に溶かすだけでスープとして美味しくいただくことが出来ます。

ポトフなどいろいろなスープに使用してみてください。そんな顆粒コンソメも味の素の代用品として使用することが出来ます。

顆粒コンソメは和食を作る際の代用品としてはあまり向いていませんが、ピラフをはじめとする洋食のレシピの代用品としてとても役に立ちます。

《味の素の代用品③》鶏ガラスープの素

じっくりと煮出した鶏肉とがらを使用した調味料が、鶏ガラスープの素です。コクがある味わいとあっさりとした風味を楽しむことが出来る鶏ガラスープの素は、スープに使用したり、炒め物の味付けや鍋に使用したりといろいろな使い方をすることが出来ます。

少し味付けが物足りないと思った時は、少量鶏ガラスープの素を加えてみましょう。鶏ガラスープの素にも多くグルタミン酸を含んでおり、味の素の代用に使用することが出来ます。

粉末タイプなのでいろいろなレシピに使うことが出来ますが、スープに使用すると塩分が濃くなってしまう恐れがあるので量を調節してください。

《味の素の代用品④》ウェイパー

中国料理を作るのにかかせないウェイパーがあると、手軽に美味しい中華の味に仕上げることが出来ます。漢字で味覇と書くウェイパーは、赤いパッケージがとても印象的です。

ウェイパーは鶏肉や豚肉のエキスがベースになっており、とにかくうま味たっぷりです。ウェイパーは醤油、香味油などで味を整えている為、ウェイパーをお湯に溶かすだけで絶品スープが出来上がります。

ウェイパーを炒め物に加えるだけで本場の中華の味になるので、家庭で本格的な中華を楽しみたい時に使用してみてください。ウェイパーにはグルタミン酸以外のうま味成分も多く含まれているので、ウェイパーは中華料理を作る際の味の素の代用品として使用しましょう。

《味の素の代用品⑤》クレイジーソルト

クレイジーソルトは、岩塩と6種類のハーブをブレンドして出来た調味料です。ペッパー、ガーリック、オニオン、タイム、オレガノ、セロリといったハーブを使用しており、少量使用するだけでどんな料理もシェフの味に変身します。

ひと振りするだけで本格的な味に仕上がるので、料理を時短したい時にも使用してみましょう。岩塩ならではのうま味とハーブをブレンドしたクレイジーソルトもまた、味の素の代用品として役に立ちます。

ハーブをブレンドしていますが無香料である為、味の素の代用に使用しても香りも気になりません。オーガニックタイプをはじめとする、さまざまな種類があります。

《味の素の代用品⑥》干し椎茸

しいたけを乾燥させた干し椎茸は、ゆっくりと水や料理酒で戻して使用するのが特徴です。椎茸を干すことで生の状態よりも香りや味わいが強くなり、より美味しくいただくことが出来ます。

干し椎茸をもどした時に出るもどし汁は、豊富にうまみ成分を含んでいます。他の代用品とは違い、もどした椎茸も別の調理に使うことが出来るのが嬉しいポイントです。

もどし汁と椎茸を上手に活用してみてください。干し椎茸のもどし汁にも、多くのうま味とグルタミン酸が溶け込んでいます。

《味の素の代用品⑦》鰹節

ボイルした鰹の身を水分26パーセント以下まで燻製にしたものが、鰹節です。鰹節や鰹だしには、グルタミン酸やうま味成分のイノシン酸を多く含んでいます

味の素の代用品として使用すると、手軽に簡単にうま味をプラスすることが出来るので、味噌汁や和食などに使用してみましょう。

味の素の代用品になる鰹節ですが、鰹節は鰹の香りがとても強いです。料理によっては風味や香りが変わってしまうので、鰹節を入れる量に注意しましょう。また、鰹節には塩分や糖分も含まれているので、そちらも考慮して使用してみてください。

《味の素の代用品⑧》だしの素

だしの素は粉末タイプの調味料で、サッと溶けるので素早く料理に馴染んでくれます。鰹節の良い香りがたまらないので、お味噌汁をはじめとするさまざまな料理に使用してみてください。

さまざまなメーカーからいろいろな味のだしの素が発売されており、定番の鰹節をベースにしたものをはじめ、昆布だし、いりこだし、鰹とこんぶの合わせだしなど多彩な種類があります。

だしのベースによって相性が良い食材や料理があるので、作る料理に合わせて使い分けるのもおすすめです。味の素はうま味を足す調味料ですが、だしの素はうま味以外に昆布や鰹の風味、食塩などもプラスされるので代用する際は量に注意しましょう。

《味の素の代用品⑨》ほんだし

味の素から発売されている商品であるほんだしは、とても使いやすいタイプの顆粒タイプの和風のだしの素になります。

水にサッと溶かすだけで和風のだし汁を作ることが出来るので、昆布や削り節で一からだしをとる必要がなくとても便利です。また、味噌汁に使用するのはもちろん、顆粒タイプなので直接食材に振りかけて使用することも可能です。

和食の味付けに気軽に使用してみてください。味の素の代用品として使うことが出来ますが、塩分やだしの風味も含まれているので、少量を使うようにしましょう。和食を作る際の味の素の代用品として役に立ちます。

《味の素の代用品⑩》昆布茶・昆布だし

寒い季節に飲みたくなる昆布茶もまた、味の素の代用品として使用することが出来ます。昆布茶は、そのまま飲むのはもちろん、調味料として使うことも可能です。

昆布の香りがたまらない昆布茶は、味の素と同様グルタミン酸を含んでいます。昆布茶だけでなく、昆布だしも同じ成分を含んでいるので、味の素の代わりに昆布茶や昆布だしを使用してみましょう。

昆布茶は代用品として使用しない時は、そのまま昆布茶として楽しむことが出来るので使い道が多いです。昆布茶や昆布だしは、和食との相性がとても良いです。

《味の素の代用品⑪》白だし

料理に深みをプラスすることが出来る白だしは、和食で大活躍する調味料です。白だしは、鰹節や昆布でとった出汁をベースにしており、そこに薄口醤油、みりん、砂糖などをプラスしています。

見た目は薄い色をしている白だしですが、しっかりとした味が付いているので、味の素の代用品として使用する際は量に気を付けましょう。

うどん、茶わん蒸し、煮物、だし巻き卵といっただしの味を楽しみたい料理に向いています。液体タイプのものが主流ですが、中にはパスタや炒め物にも使いやすい粉末タイプのものもあります。

家にかならずあるあの調味料でも代用できる!見出し

ハイミー、ウェイパー、昆布茶などがお家にある場合は味の素の代用品として使うことが出来ますが、それらの調味料がお家にないという方も多いです。そんな時は、どの家庭でも必ず台所にあるような調味料を代用してみましょう。

味の素は意外と味噌や醤油でも代用することが出来ます。ハイミー、ウェイパー、昆布茶などの調味料がない場合は、定番の調味料を上手く活用して代用してみましょう。おすすめの代用方法も合わせて、ご紹介します。

《味の素の代用品⑫》味噌

大豆、米、麦などの穀物に、塩と麹をプラスして発酵させた食品が味噌になります。日本の伝統的な調味料である味噌もまた、味の素の代用品として使用することが出来ます。

味噌は大きく分けて、米味噌、麦味噌、豆味噌、これらを混合した調合味噌に分かれているので、レシピによって使い分けをしてみましょう。

味噌にも多くグルタミン酸が含まれていますが、味噌ならではの独特の風味がある為、昆布茶やハイミーなどといった他の代用品のようにどんな料理にも使用出来るわけではありません。炒めものなどの代用品として使うのがおすすめで、代用する際は少量を心がけましょう。

《味の素の代用品⑬》醤油

主に穀物を原料としている醤油は、醸造技術によって発酵させて作られる液体の調味料です。一口に醤油といってもいろいろな種類があり、濃口醤油、白醤油、溜醤油、淡口醤油などがあります。

料理によって使い分けることで、さまざまな料理をより美味しく楽しむことが出来ます。どの家庭にもある定番の調味料である醤油もまた、発酵食品である為グルタミン酸を多く含んでいます

味噌と同様、醤油を代用する場合は少量を使用するようにしましょう。うま味以外にも、まろやかさやコクもプラスしてくれます。

献立に合わせて代用品を選ぼう見出し

ハイミー、鶏ガラスープの素、昆布茶、ほんだしなどさまざまな味の素の代用品がありますが、それらの代用品は献立に合わせて使い分けるのがおすすめです。

代用品はどの料理とも相性が良いというわけではないので、和食、中華、洋食といった料理のジャンルに合わせた代用品を選ぶようにしましょう。

料理によっては、味の素を使うよりも美味しく料理が仕上がる調味料もあるので参考にしてみてください。和食、中華、洋食それぞれのジャンルに合った、おすすめの代用品をご紹介します。

和風料理にはほんだし・白だしなどがおすすめ!

和風料理を作る場合の、味の素の代用品におすすめなのがほんだしや白だしです。味の素はうま味をプラスする調味料ですが、ほんだしや白だしはだしの味わい、塩分、その他の調味料なども含まれているのでこれひとつで和食の味をきめることが出来ます。

粉末タイプのほんだしは、味噌汁、炊き込みご飯、炒めもの、液体タイプの白だしは、うどん、煮物、茶わん蒸しなどの料理に使用してみましょう。干し椎茸や昆布茶もまた和風料理の代用品として役に立ちます。

洋風料理にはコンソメがおすすめ!

万能調味料のコンソメは、さまざまな洋風の料理に使用することが出来ます。お肉や野菜を抽出してうま味を凝縮しているので、コンソメを使用するだけで手軽に美味しいスープを作ることが出来ます。

固形、粉末、顆粒などいろいろなタイプのコンソメがあるので、お好みに合わせて選んでください。コンソメは味がしっかりしている調味料なので、味の素の代用品として使用する場合は、少量ずつ使うことが出来る顆粒タイプがおすすめです。

またビーフをベースにしたビーフコンソメ、チキンをベースにしたチキンコンソメなど種類もさまざまです。

中華料理には鶏ガラスープのもとがおすすめ!

チャーハンや中華スープなど美味しい中華料理を簡単に作りたいなら、鶏ガラスープの素を代用品として使用しましょう。

鶏のうま味が凝縮されや鶏ガラスープの素は、他の調味料と比べて味がしっかりとしているので、味の素の代用品として使用する場合はごくわずかの量を使用するのがおすすめです。

最近では塩分をカットしている塩分控えめのタイプや、化学調味料、保存料を使用していない無添加のものもあるので、健康に気を使っている方はそちらの商品をチョイスしてみてください。中華の代用品としては、ウェイパーもおすすめです。

何にでも使える万能代用品は『ハイミー』

味の素の代用品として1番おすすめのハイミーは、高級料亭でも使用されている調味料です。ハイミーは、昆布、鰹節、干し椎茸といった素材がもつうま味成分をバランスよく配合しており、少量加えるだけで美味しい料理を作ることが出来ます。

ハイミーはうま味とコクがとても強い調味料なので、分量はごく少量を心がけてください。和食の定番料理はもちろん、中華や洋食などあらゆる献立にハイミーを使用してみましょう。

味の素と同様の旨味成分がふくまれている◎

味の素とハイミーは、使い分け方がわからないと言われることも多いほど、含まれている成分が似ています。味の素とハイミーの両方に含まれており、主成分となっているのがグルタミン酸ナトリウムです。

グルタミン酸ナトリウムは料理の味を整えてくれるだけでなく、下ごしらえに使用することで食材のうま味を引き立ててくれるのでいろいろな料理に使用してみましょう。

ハイミーはグルタミン酸ナトリウムの他に、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムが含まれており、味の素よりもうま味とコクが強いのが特徴になっています。

業務スーパーの調味料おすすめランキングTOP31!色々な料理に使えて便利!のイメージ
業務スーパーの調味料おすすめランキングTOP31!色々な料理に使えて便利!
日本全国に店舗を展開し、SNSなどでも話題の業務スーパー。調味料だけでもかなりの商品数があり、どれを買えばよいか迷うこともあるでしょう。ここでは業務スーパーでおすすめの調味料をランキングでご紹介します。便利な調味料で料理のレパートリーを増やしましょう。

味の素の代用品を使うときは分量に注意!見出し

味の素の代用品として使える調味料はとてもたくさんありますが、味の素の代用品を料理に使用する場合はいくつかの注意が必要になります。

同じ役割を果たしてくれますが、含まれている成分が異なる為、代用品を使用する際は分量をしっかり確認してから使用するようにしましょう。味の素の代用品を使う際の注意点をご紹介します。

カロリーや塩分を取りすぎてしまう可能性も

味の素はうま味成分のみを含んでいる調味料ですが、代用品となる調味料にはうま味以外のものもたくさん含まれています。

代用品にはそれひとつで味付けも行うことが出来る便利な調味料が多いので、味の素と比べて塩分やカロリーも多く含まれています

代用品を使用する場合は、必ずだしの素よりも少ない料理を使用することを心がけましょう。塩分やカロリーの取りすぎを招いてしまう可能性もあります。

代用品本来の風味が出すぎてしまうことも…

うま味のみをプラスする役割の味の素とは違い、代用品にはさまざまな素材が含まれています。代用品本来の風味が出すぎてしまうと、せっかくの料理の味が複雑になってしまう可能性があるので入れすぎには注意しましょう。

ほんだしやだしの素は鰹や昆布の風味、ウェイパーは豚肉や鶏肉の風味など、使用する代用品によって風味が強く出すぎてしまう可能性があります。すべての代用品において、味の素よりも少量の量をプラスするのがおすすめです。

味の素を切らしても大丈夫!代用品で美味しく料理しよう♪見出し

Photo by na0905

味の素はさまざまな調味料を使って、しっかりと代用することが出来ます。万が一、味の素を切らしてしまった場合は、今回の代用品を使ってみてください。

味の素と同じ成分を含んでいるハイミーをはじめ、だし、ウェイパー、昆布茶といったどの家庭にもあるような代用品まで、味の素はいろいろなアイテムで代用可能です。味の素の代用品を使って、いろいろなレシピを作ってみましょう。

投稿日: 2022年11月24日最終更新日: 2022年11月24日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote