地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

香港でアフタヌーンティーを優雅に!ホテルやおすすめのカフェを紹介!

香港は日本からのアクセスもよく、常に人気の旅行先です。イギリスの文化を色濃く残す香港では、アフタヌーンティーもとても身近なお楽しみです。今日は、香港でおしゃれにアフタヌーンティーを楽しめるおすすめのホテルやカフェをたくさんご紹介します。お楽しみに。

香港の優雅なアフタヌーンティーをご紹介見出し

Photo byFree-Photos

お茶を楽しむ習慣としては、飲茶とアフタヌーンティーが知られていますが、1840年頃にイギリスで始まったアフタヌーンティーは、1997年に中国に返還されるまでイギリスの統治を受けていた香港でも馴染みの深い習慣です。今日は、香港の数あるアフタヌーンティーのお店の中から厳選して、アクセスや予約などの情報を盛りだくさんでご紹介します。

香港グルメ人気おすすめランキングBEST11!B級グルメから絶品の屋台まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香港グルメ人気おすすめランキングBEST11!B級グルメから絶品の屋台まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香港と言えば眠らない街など様々なイメージがありますが、中でもグルメな街というのは有名で、グルメ通もわざわざ日本から香港に通って味わいに行くというほど人気があります。今回はそんな香港の人気グルメをランキング形式でご案内致します。

香港のおすすめアフタヌーンティー1:The Clipper Lounge見出し

マンダリンオリエンタルは扇のトレードマークで有名な高級ホテルですが、その中に「The Clipper Lounge」はあります。サンドイッチは4種類、2種類のスコーンはぜひバラの花びらジャムでお楽しみください。そして嬉しいのは、スイーツと甘さ控えめのセイボリーをチョイスできることです。フルーツタルトやザッハトルテ、ベーコンキッシュなどがおすすめです。

「The Clipper Lounge」へのアクセスは、メトロで中環(セントラル)のF出口から歩いて2分ほどです。アフタヌーンティーの営業時間は、平日が午後2時30分から6時まで、土曜日と祝日は第1部が午後2時30分から4時まで、第2部は4時30分から6時までとなっています。日曜日は午後3時30分から6時です。オンラインで予約可能です。

住所:5 Connaught Road, Central(Mandarin Oriental Hotel) 電話番号:852-2522-0111

香港のおすすめアフタヌーンティー2:The Lobby見出し

ペニンシュラホテル内にある「The Lobby」のアフタヌーンティーは、伝統的な英国式アフタヌーンティーの代表、と言っても過言ではありません。重厚なヨーロピアンスタイルの店内で、生演奏で音楽を聴きながらのアフタヌーンティーは、心に残る思い出になることでしょう。「The Lobby」へのアクセスは、地下鉄尖沙咀(チムサーチョイ)C1出口から徒歩で5分ほどです。

花をモチーフにした「The Lobby」のアフタヌーンティーのスイーツは、食べてしまうのがもったいないほどの可憐さです。アフタヌーンティーの営業時間は14時から18時までで、予約はできませんのでご注意ください。また、ドレスコードはスマートカジュアルということですので、カジュアル過ぎない装いでお出かけください。

住所:Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon(The Peninsula Hotel) 電話番号:852-2920-2888

香港のおすすめアフタヌーンティー3:Cafe 103見出し

「Café 103」はリッツカールトンホテル内のレストランです。その名が示す通りホテルの103階にあり、ビクトリアハーバー、香港島や九龍の絶景を眺めながらアフタヌーンティーを楽しむことができます。アフタヌーンティーは、午後3時30分から5時30分までの営業となっています。予約をしてからお出かけください。

そしてこちらは2月末までのお楽しみ、季節限定アフタヌーンティーです。今年はとても甘いマンダリンオレンジとクルミをメインの食材に、様々なスイーツをお楽しみいただけます。「Café 103」へのアクセスは、九龍駅から歩いてもすぐのICC内にありますので便利です。絶景とアフタヌーンティーの両方を楽しめる「Café 103」はとてもおすすめです。

住所:1 Austin Road West, Kowloon(International Commerce Centre) 電話番号:852-2263-2270

香港のおすすめアフタヌーンティー4:The Lounge見出し

「The Lounge」はフォーシーズンズホテル内にあります。アラカルトのアフタヌーンティーメニューは、本日のケーキや焼きたてスコーンはもちろん、パイナップルのキャラメリゼやチョコレートフォンダンなど、とても充実しています。アフタヌーンティーのセットメニューもあり、お茶の種類も豊富で特にオリジナルブレンドの緑茶はおすすめです。

「The Lounge」の、グラスシャンパン付きのスパークリングアフタヌーンティーもおすすめです。少し遅めの午後に、ビクトリアハーバーを眺めながらシャンパングラスを傾けつつ、ゆっくりとアフタヌーンティーを楽しむのは、ラグジュアリーな気分になりますね。「The Lounge」へのアクセスは、メトロで中環(セントラル)のA出口から徒歩2分くらいです。

住所:8 Finance Street, Central(Four Seasons Hotel Hong Kong) 電話番号:852-3196-8888

香港のおすすめアフタヌーンティー5:Tiffin at Grand Hyatt見出し

グランドハイアットホテル内にある「Tiffin」は、ガラス張りの大きな窓に囲まれた広々としたフロアから、摩天楼が林立するダイナミックな香港の街並みを見渡すことができる、素敵なレストランです。食べ放題のフルーツと併せてお楽しみいただけるアフタヌーンティーは、毎日午後3時30分から5時30分まで営業しています。

「Tiffin」は香港島のウォーターフロントにあり、地下鉄湾仔駅からも400メートルくらいのとてもアクセスの良い立地にあります。明るい日差しがたっぷりと差し込む、気持のよいロビーでいただくアフタヌーンティーは、格別の美味しさです。またショッピングエリアなどへも連絡通路でつながっているので、観光にもとても便利です。

住所:1 Harbour Road, Hong Kong(Grand Hyatt Hotel) 電話番号:852-2588-1234

香港のおすすめアフタヌーンティー6:Cafe Gray Deluxe見出し

「Café Gray Deluxe」は、おしゃれな高級ホテル、アッパーハウスの49階にあるカフェです。ニューヨークで評判のシェフ、グレイ・クンツが監修を手掛けた、オーガニックにこだわりを持つ、とてもスタイリッシュで隠れ家的な雰囲気のカフェで、コーナーのテーブルからはビクトリアハーバーの絶景を思う存分堪能できます。

アフタヌーンティーに欠かせないスコーンには、クロテッドクリームはもちろんのこと、自家製ジャムとはちみつも付いてきますので、お好みでお楽しみください。アフタヌーンティーは、毎日午後3時30分から5時30分までです。こちらのカフェへのアクセスは、地下鉄金鐘(アドミラルティ)駅のF出口から徒歩5分くらいで、JWマリオットホテルの隣に位置しています。

住所:88 Queensway,Hong Kong,(The Upper House, Pacific Place) 電話番号:852-3968-1106

香港島の飲茶・グルメおすすめランキング!安いワゴンからレストランまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香港島の飲茶・グルメおすすめランキング!安いワゴンからレストランまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香港は、香港島、九龍半島、新界および周囲に浮かぶ235余の島を含みます。香港グルメと言えば飲茶(ヤムチャ)。お茶を飲むことから始まったとされる飲茶の習慣は今もなお、唐の時代からずっと継承されています。今回は、香港島グルメを引っ張る飲茶についてご紹介しましょう。

香港のおすすめアフタヌーンティー7:Club @28見出し

「Club @28」はクラウンプラザホテル、コーズウェイベイのルーフトップ、28階にあり、窓からの眺めも抜群です。地下鉄のコーズウェイベイ駅からも近く観光にも便利で、アクセスはとても良い立地です。アフタヌーンティーのメニューはボリューム十分で、丸いティースタンドが可愛らしいです。

コーズウェイベイでショッピングの後に、おしゃれなカフェで過ごすアフタヌーンティーのひとときはとても楽しいですが、こちらのカフェでもスパークリングアフタヌーンティーを楽しむことができます。すっきりとした口当たりのシャンパンは、スイーツともよく合いますね。大人の時間がゆっくりと過ぎていきます。

住所:8 Leighton Road,Causeway Bay(Crowne Plaza Hotel) 電話番号:852-3980-3300

香港のおすすめアフタヌーンティー8:Woobar見出し

ちょっと変わった雰囲気で楽しいアフタヌーンティーはいかがでしょうか。「Woobar」は、Wホテルズチェーンの「W香港」というホテル内にあるカフェです。こちらのカフェは、空港から直行のエアポートエキスプレスの九龍駅直結のショッピングモールに続いていますので、空港からのアクセスは抜群です。ぜひカラフルなアフタヌーンティーをお試しください。

「woobar」のアフタヌーンティーは、平日は午後2時30分から6時までの営業で、週末と祝日はアフタヌーンティービュッフェになります。時間は午後2時から4時まで、4時30分から6時30分までの2部制になっています。好きなスイーツだけたくさん食べられる、ビュッフェスタイルのアフタヌーンティーもとても楽しそうです。

住所:1 Austin Road West, Kowloon(W香港) 電話番号:852-3717-2222

香港のおすすめアフタヌーンティー9:de Joel Robuchon見出し

赤と黒のスタイリッシュな外観の「Le Café de Joel Robuchon」は、フランスの有名なシェフ、ジョエル・ロブション氏のお店です。東京にも支店があるので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。お料理の数々はもちろん素晴らしいのですが、アフタヌーンティーもボリューム、味ともに申し分ありません。

パリの息吹を感じるような、斬新なデザインのティースタンドにまず圧倒されます。ここにも赤と黒がセンス良く使われています。このお店の一味違う、都会的で華やかなアフタヌーンティーもぜひ一度味わってみたいものです。アフタヌーンティーは、午後3時から6時までの営業です。予約は出来ないようですので、時間に余裕を持ってお出かけください。

住所:Shop 315,3/F,The Landmark,15 Queen's Road,Central 電話番号:852-2166-9088

香港でアフタヌーンティーを満喫しよう見出し

Photo byJameeee16

香港でちょっと優雅な気分で楽しむアフタヌーンティーを、そのアクセスや予約、営業時間などと併せて、ご紹介しました。いかがでしたか?お店によって予約できるところも予約は不可のところもいろいろですが、この次に香港へご旅行の際は、この記事を参考にぜひアフタヌーンティーも味わってみてください。

投稿日: 2017年9月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote