地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

浅草花やしき特集!アトラクションや入場料金など必要情報まとめ!

浅草の日本最古の遊園地「花やしき」は、昭和なレトロさが残る懐かしいアトラクションが多いことでも知られています。絶叫マシンやお化け屋敷、子共でも楽しめる乗り物など、多くの人々でにぎわいます。浅草花やしきの人気アトラクションを中心に、さまざまな情報をお伝えします。

アイコンこの記事の目次

      1浅草の遊園地「花やしき」で遊ぼう
      2花やしきの料金システム
      3浅草「花やしき」の混雑状況
      4レトロが楽しい浅草「花やしき」
      5浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション1:ローラーコースター
      6浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション2:スペースショット
      7浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション3:リトルスター
      8浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション4:ディスクオー
      9浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション5:お化け屋敷
      10浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション6:メリーゴーランド
      11浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション7:ぴょんぴょん
      12浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション8:スカイシップ
      13浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション9:ヘリコプター
      14浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション10:スワン
      15浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション11:シラサギ
      16浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション12:カーニバル
      17浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション13:ビックリハウス
      18浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション14:スリラーカー
      19浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション15:ゴーストの館
      20浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション16:3Dシアター立体キネマ館
      21浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション17:リアル宝探しアトラクション
      22浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション18:花やしき歴史散歩
      23浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション19:浅草大迷路忍ノ砦
      24浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション20:縁日コーナー
      25お土産や食事も満足
      26浅草の「花やしき」でアトラクションを楽しもう

浅草の遊園地「花やしき」で遊ぼう見出し

日本最古の遊園地としてその名を知られる浅草の「花やしき」。浅草周辺を歩いていると、レトロで面白そうなアトラクションが目に付きます。日本的な街並みの浅草に突如として現れる花やしきには、こじんまりとしていながら、数々の魅了する乗り物や施設がいっぱいです。今回は、そんな花やしきの人気アトラクションを一挙ご紹介します。

花やしきの料金システム見出し

入園料は大人一人1000円です。アトラクションなど乗り物に乗るには、普通券が1枚100円で、11枚綴りの回数券だと1000円で少々お得です。またフリーパスを購入すると2300円ですので、思い切り乗りまくりたい人にはおすすめです。乗り物に乗る際は、例えば「のりもの券5枚」などで支払います。フリーパスの場合は自由に乗ることができます。

浅草「花やしき」の混雑状況見出し

通常の混雑状況

花やしきのようなアトラクション施設は、楽しい分、待ち時間などの混雑状況は気になるものです。浅草花やしきは、平日は比較的空いていますが、土日祝日は家族連れや若者も多くなり、やはり混雑するようです。また時間帯の混雑状況は、11時あたりから15時あたりまでが特多く集まります。

連休の混雑状況

連休などになると、平日であってもかなりの混雑が予想されます。通常時の土日祝日以上の混雑が見込めると考えた方がいいでしょう。3月下旬から4月上旬にあたる春休み、5月上旬のゴールデンウィーク、7月下旬から8月下旬の夏休み、またお盆である8月13日から8月16日あたり、9月中旬のシルバーウィークなどは気候的にも行きやすく、混雑が予想されます。

さらに、12月24日周辺のクリスマス時期や12月下旬から1月上旬の冬休みは、イルミネーションがきれいになることから、混雑が考えられます。こういった混雑時期は、アトラクションの待ち時間等は、最高で通常時の2倍ほどにもなりますので、注意が必要です。訪れる際は、開園時には入っているようにしたり、混雑が引き始める15時以降がおすすめです。

レトロが楽しい浅草「花やしき」見出し

浅草花やしきは、全体の雰囲気やそれぞれのアトラクション、また園内のイラストや文字などは、昭和のレトロさ満載の遊園地です。ここまで異彩を放つ遊園地は、今どき珍しいです。東京浅草の街にふさわしいレトロさで長年人気を誇っています。異次元に迷い込んだかのような、不思議な世界で一日楽しむのもいいです。

その昔、花やしきは遊園地ではなく植物園だったそうです。園内にはその頃の名残が各所で見られます。昔の物を残している作りが、現在のレトロさたっぷりの雰囲気となっているんですね。花壇や植木鉢に数々の花が植えられていて、園内を賑わせています。またレトロな日本の橋もあり、美しい日本庭園のようになっているのも魅力です。素敵な和を感じてみましょう。

花やしきでは、昭和の乗り物パンダカーが大人気です。そしてパンダカーのポストまであります。とってもレトロ感いっぱいで、思わずここからポストカードを出したくなってしまうほど。このレトロさが可愛らしくて、撮影スポットにもなっているようです。もちろん花やしきには、実際のパンダカーもあり、レトロなアトラクションとして人気を誇ります。

花やしきのあらゆる場所に、昭和レトロが散りばめられています。昭和を知らない世代でも何だか懐かしい気持ちになってしまうのも不思議です。現代的なアトラクションが多いなか、ここ浅草の花やしきは、今流行のインスタ映えするレトロな物や風景が人気です。ぜひ素敵なレトロスポットを探してみて、友達やカップルで写真を撮ってみてください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション1:ローラーコースター見出し

浅草の花やしきにある「ローラーコースター」は、なんと日本のローラーコースターの中でも最古だそうです。昭和28年に誕生してから、もう60歳であるローラコースターにぜひ乗ってみましょう。そんなに激しいアトラクションではないようで、最高時速もたったの42km/hという遅さ。スリルある乗り物が苦手な人でも余裕ですね。料金は、「のりもの券5枚」またはフリーパスです。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション2:スペースショット見出し

スリルとスピードを求めるなら「スペースショット」がおすすめです。花やしきの中でも最速の絶叫マシンで、地上60mまで一気に舞い上がったかと思うと、一気に急降下します。脚がふわっと宙に浮かび、力がパっと抜けてしまうような感覚はやみつきになる人も多いようです。料金は「のりもの券5枚」、またはフリーパスで乗車可能です。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション3:リトルスター見出し

可愛らしい星型の乗り物に乗って、ぐるぐる回転する「リトルスター」です。どちら方向に回転していくのかは分からないというスリルが楽しいです。メリーゴーランドのように全体も回っているため、楽しさもあり、悲鳴も聞こえるアトラクションです。料金は「のりもの券5枚」、またはフリーパスで乗車できます。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション4:ディスクオー見出し

絶叫マシン大好きな人にはスリル満点の「ディスクオー」です。大きな円盤型の乗り物で、ぐるぐると回転し続けます。さらにその円盤はU字型のレールを行ったり来たりします。かなり揺さぶられ、遠心力もハンパないです。料金は「のりもの券5枚」、もしくはフリーパスを用意しましょう。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション5:お化け屋敷見出し

江戸時代から語り継がれてきている怪談話「桜の怨霊」がテーマとなっている、恐怖のお化け屋敷です。本当にお化けが出ると噂があるようです。暗い部屋の棚にびっしりと並べられた日本人形は非常に恐ろしい光景です。お化け系が得意の人はぜひ訪れてみてください。料金は「のりもの券5枚」、もしくはフリーパスで入場できます。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション6:メリーゴーランド見出し

遊園地の定番、ファンタジーな世界を繰り広げる「メリーゴーランド」です。絶叫マシン系が苦手な方でも、これならメルヘンチックな気分で楽しめます。昭和な雰囲気たっぷりの花やしきの中でも、ゴージャス感がハンパないアトラクションです。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスです。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション7:ぴょんぴょん見出し

子どもと一緒に家族で楽しんでいる光景もよく見かける「ぴょんぴょん」です。その名の通り、ぴょんぴょんとマシンが上に移動したり下に下がって来たり。カエルになった気分で楽しんでみてはいかがでしょうか。絶叫マシンに乗ることができない子どもでも思う存分楽しめます。料金は「のりもの券5枚」もしくはフリーパスで乗車可能です。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション8:スカイシップ見出し

空飛ぶ海賊船「スカイシップ」で、花やしき内をぐるっと一回り。見晴らしが最高にいいと言ったらこのアトラクションです。こういったスリルある乗り物が平気な人は、スカイツリーを背景に景色の写真を撮ってみるのも楽しいかもしれません。あちこちに笑えるポイントがあようなので、探してみてください。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスで乗車可能です。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション9:ヘリコプター見出し

地上7.5mのレール上を進んでいく、可愛い「ヘリコプター」です。プロペラも付いていて、上空を飛んでいるようですが、実は自分で漕いで進むというちょっと体力もいるアトラクションです。運動がてらに挑戦してみては?2歳以上であれば、家族で一緒に乗ることができるのも嬉しいポイントです。料金は「のりもの券5枚」かフリーパスを利用してください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション10:スワン見出し

優雅で大きな白鳥に乗って、水上をぷかぷかと周遊する「スワン」です。小さな子どもでも家族で楽しめます。またデートの際は、ロマンチックにカップルで乗ってみるのもいいですよ。絶叫マシンや恐怖体験で疲れた心や体を和ませるのにも最高です。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスを用意してください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション11:シラサギ見出し

まるで空中散歩をしているかのような「シラサギ」で、爽やかな風を肌で感じてみましょう。ペダルを一生懸命漕いで、どんどん上に上がってみてください。カップルや親子で楽しくクルクル回って楽しめます。後ろでプロペラも回っています。料金は「のりもの券5枚」、もしくはフリーパスを用意してください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション12:カーニバル見出し

傾斜角が12度もある円盤状でぐるぐる回転するアトラクション「カーニバル」です。遠心力がすさまじいので、しっかりとハンドルを持っていましょう。気軽なジェットコースター気分で、子どもでも思う存分楽しめます。料金は「のりもの券5枚」かフリーパスをご利用ください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション13:ビックリハウス見出し

小さな物語の中のおうちのような「ビックリハウス」。とっても可愛らしいのですが、色んな仕掛けに騙されてしまいますよ。名前のごとく、びっくりの連続です。グルグル回る系が好きな方はぜひ入ってみてください。どんなに頑張っても錯覚を起こしてしまう驚きのおうちです。料金は「のりもの券5枚」、またはフリーパスで入ることが可能です。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション14:スリラーカー見出し

洋風のお化け屋敷として人気の「スリラーカー」です。暗闇の中を乗り物に乗って移動していき、各所に海外らしいお化けたちが待ち受けています。日本のお化け屋敷と違って、大きな音や派手な驚かし方などが魅力です。そこまで恐怖感はないので、小さな子どもも大人と一緒に楽しめるアトラクションです。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスです。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション15:ゴーストの館見出し

不気味な舘に入ってヘッドフォンを装着すると、恐怖の別世界へ入り込む「ゴーストの館」。昭和レトロな花やしきにしては珍しく、最新の3D音響システムを駆使して、視覚的にも恐ろしい世界が広がります。ヘッドフォンからの音で、後ろに何かがいるかのような錯覚も!料金は「のりもの券5枚」もしくはフリーパスをご利用ください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション16:3Dシアター立体キネマ館見出し

こちらもまた花やしきらしからぬ現代的アトラクションの「3Dシアター立体キネマ館」です。最新設備で大満足の映像を楽しめます。リアル感たっぷりの世界へ舞い込みます。3Dメガネをかけるので、映像内の物が飛び出してきたり、手を伸ばしている人も多く興奮です。料金は「のりもの券5枚」を利用するか、フリーパスをご用意ください。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション17:リアル宝探しアトラクション見出し

花やしき園内のあらゆる場所に仕掛けられた財宝を求めて、宝を探し歩く「リアル宝探しアトラクション」です。平均クリア時間15分の「やさしいコース」か、平均クリア時間45分の「むずかしいコース」のどちらかで選べます。カラクリが子どもから大人を魅力するとても楽しい宝探しです。料金はそれぞれのコースで1回300円か500円の現金のみです。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション18:花やしき歴史散歩見出し

最新デバイス「テレパシーウォーカー」を付けて、花やしきの歴史散歩を繰り広げる「花やしき歴史散歩」です。花やしきは、とても歴史が長く、みんなのまだまだ知らない色んな秘密が隠されています。日本の遊園地発祥の地、最古のアトラクションは何かなど、花やしきについて学んでみましょう。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスです。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション19:浅草大迷路忍ノ砦見出し

忍者が仕掛けて行ったとても楽しいカラクリや障害を乗り越えて行く「浅草大迷路忍ノ砦」です。頭を使ったりアスレチックのような運動をしたりと、子どもから大人まで思い切り楽しめます。様々なチェックポイントやゴールを目指して進んでいきましょう。忍者の罠で錯覚に陥って、どんどん迷い込んで行ってしまいます。料金は「のりもの券5枚」もしくはフリーパスで入場できます。

浅草の遊園地「花やしき」のアトラクション20:縁日コーナー見出し

今や懐かしすぎるレトロアトラクションのひとつ、「縁日コーナー」です。あまり見かけることのなくなった射的を思い切り楽しめる場所です。昭和時代の懐かしい縁日を再現したようで、昔の子どもたちになった気分で楽しんでみてください。シャボン玉の景品など、昭和のレトロ遊び道具をゲットしましょう。料金は「のりもの券5枚」またはフリーパスです。

お土産や食事も満足見出し

お土産ショップ「浅花風(アハナウィンド)」

ここでしか買えないレアなアイテムや、浅草花やしきのオリジナルグッズ、名物のパンダカーグッズなど思わず欲しくなってしまうお土産がいっぱいそろう「浅花風(アハナウィンド)」というショップです。花やしきに入らなくても、ショップだけ立ち寄ることも可能ですので、ぜひ浅草や花やしきのお土産を買ってみましょう。ここ以外にもいくつかショップはあります。

人気レストラン「花やしきBBQガーデン」

花やしきには、いくつものレストランがあります。その中でも人気を誇る「花やしきBBQガーデン」です。花やしきの入園料とセットになったランチBBQもおすすめです。美味しい肉汁たっぷりのお肉や新鮮野菜を焼いて食べることができます。雨でも運営していますし、エンターテイメント盛りだくさんのレストランです。

浅草の「花やしき」でアトラクションを楽しもう見出し

浅草の花やしきは、昭和な雰囲気を残しつつ、現代的なシステムも取り入れる魅力的な遊園地です。家族連れから友人同士、カップルまで多くの人々が訪れて楽しんでいます。現代人にはちょっと忘れかけていた、本来の遊園地の面白さをここで体験してみてください。浅草へ遊びに来た人でも、ふらっと立ち寄ることができるおすすめのスポットです。

浅草スイーツ特集!お土産におすすめの定番のものや人気商品もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
浅草スイーツ特集!お土産におすすめの定番のものや人気商品もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国内外から多くの観光客がやって来る浅草にはお土産屋さんがたくさん軒を並べています。中でも老舗和菓子店の和スイーツやケーキ、焼菓子などの洋風スイーツが人気。どれを選べばいいか迷ってしまうというアナタのために浅草のお土産におすすめの人気スイーツ店をご紹介!
浅草水上バス・船で観光!乗り場や時刻表・予約の仕方なども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
浅草水上バス・船で観光!乗り場や時刻表・予約の仕方なども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都観光汽船(㈱)が運行する「浅草水上バス」は、浅草から日の出桟橋、浜離宮、豊洲、お台場海浜公園、パレットタウン、東京ビッグサイト迄の墨田川ラインを運行しています。松本零士氏がデザインした「ヒミコ号」東京観光汽船「竜馬号」等、水上バスの船は色々あります。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月24日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote