地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バリ島の天気・気温の情報を知りたい!訪れる時期に合った服装とは?

日本から気軽に行けるリゾートとして人気のバリ島は年間通して日中晴れていることも多いため観光地として毎年多くの人が訪れています。バリ島の天気や季節ごとのおすすめの服装の目安やおすすめの過ごし方、服装の注意点などバリ島の天気情報をご紹介します。

バリ島の天気や気温の情報をご紹介!見出し

日本から気軽に行けるリゾートとして人気のバリ島。年間通して日中晴れていることも多いため観光地として毎年多くの人が訪れています。そんなバリ島の実際の気温や天気はどのようになっているのでしょうか。バリ島の気候や季節ごとのおすすめの服装の目安やおすすめの過ごし方、服装の注意点などをご紹介します。

バリ島の天気情報1:気候見出し

インドネシアのバリ島熱帯モンスーン気候に属しており、雨季と乾季の2つのシーズンに分かれています。年間を通しての平均気温は約28℃と1年中暑い気候の場所です。4月から10月は乾季の時期で雨の日が少なく、11月から3月の雨季の時期になるとスコールのように短時間で大雨がザーッと降るのが特徴です。

とはいえ雨季の時期でも、1日中雨が降り続けるいうことは非常に少ないです。そのためバリ島は観光地として訪れるにとても適した場所でリゾート地として人気があります。バリ島の中でも場所によって気候には違いがあります。内陸部で標高の高いウブド地区などは、南部のエリアと比べると山と自然に囲まれているため、少し涼しく、雨も多くなっています。

バリ島の天気情報2:乾季の特徴見出し

4月から10月のバリ島の乾季の時期は日中の気温は30°C近くにまで上がりますが、湿度は低いのでカラッとしています。そのため日本のジメジメとした夏に比べると非常に過ごしやすい気候です。この乾季の時期はほぼ毎日晴れているため、観光には非常に向いていると言えます。

乾季の時期は日中はほぼ毎日晴れていて、雨が降るとしてもたいてい夕方から朝9時までの時間帯です。基本的に日中出歩くのに雨具は必要ありません。大きなホテルでは傘を貸してくれるところもあるので雨具のことはあまり心配しないで大丈夫です。

バリ島の天気情報3:乾季の服装見出し

乾季の時期は天気の心配をせずに外出することができますが、赤道直下に位置するバリ島は非常に日差しが強いため日中は熱中症や日射病、急激な日焼けには注意が必要です。日焼け止めやサングラス、帽子、日焼け止めなど日焼け対策を万全にしてこまめに水分補給をすることを忘れないようにしましょう。

一方で、この時期も夜はかなり涼しくなります。日中との気温差が激しいので、バリダンスを鑑賞やビーチ沿いのレストランへディナーに行く際などは、上着を持っていきましょう。室内のエアコン対策にも、羽織物を一枚持っていると安心です。乾季の時期は基本的に日本の夏の服装が目安になります。

バリ島の天気情報4:乾季の楽しみ方見出し

バリ島は乾季はほぼ毎日晴れているので、この時期は日差しがあると海の色が断然綺麗に見えるマリンスポーツがおすすめです。バリ島でのマリンスポーツには、スキューバダイビングやシュノーケリング、シーウォーカー、サーフィンなどがあります。ぜひいろいろなアクティビティにチャレンジしてみましょう。

またマリンスポーツ以外の観光では、キンタマーニ高原から眺めるバトゥール山とバトゥール湖が美しい景色が見れると人気です。特にサンセットの時間には、クタビーチで海に沈んでいくゴールデンオレンジに染まる夕陽と海を眺めることができます。またジンバランビーチのジンバランカフェでサンセットを眺めながらシーフードディナーを楽しむのも乾季のおすすめの楽しみ方の一つです。

バリ島の天気情報5:雨季の特徴見出し

11月から3月のバリ島の雨季の時期には、ほぼ毎日雨が降ります。しかし1日中降り続くことは少なく、夕立のような土砂降りのスコールが短時間降る場合がほとんどです。雨季は1週間のうちおおよそ4日から5日が曇り時々雨、2日から3日が曇り時々晴れになります。湿気が多い時期なので着替えの服、下着などは多めに持っていくことをおすすめします。

スコールはバケツをひっくり返したような激しい雨になるので、基本的には傘などはあまり役に立ちません。スコールが始まったら、屋根のある場所でバリならではの食事やお茶を楽しんだり、そこに居合わせた人たちと会話を楽しむなどして、臨機応変にその場を楽しんで雨が通り過ぎるのを待つのがバリ島ならではの過ごし方です。

バリ島では雨季の時期に夕方になるとラウォンと飛ばれる羽アリが大発生することがあります。ラウォンの大発生はスコールの前兆なので、ラウォンの発生はスコールのサインと頭に入れて、もし見かけたときには早めに屋内に移動するようにしましょう。

バリ島の天気情報6:雨季の服装見出し

雨季の時期のバリ島は蚊が多い時期なので暑くても虫よけ対策の長そでシャツ、長ズボンを持っていくことをおすすめします。靴を履いていると、雨にぬれてびしょびしょになるのでしっかりとした靴はこの時期にはあまり適しません。特に靴下を履いていると歩きづらくなるためビーチサンダルや雨にぬれてもよい靴を持っていくのがおすすめです。

しかしバリ島では排水処理の状況が整っていないのでスコールになると道路が水浸しになり冠水してしまうことがあります。冠水がひどくなると水位が30cmほどになることもあり、車やバイクが立ち往生し道路が大渋滞となります。その際、ビーチサンダルを履いていると、脱げて流されてしまうこともあるので、ストラップ付きのサンダルがおすすめです。雨季の時期も日本の夏の時期が服装の目安です。

バリ島の天気情報7:雨季の楽しみ方見出し

バリ島の雨季は雨が多くなる分、自然の恵が豊富になりるため、雨季には美味しく食べられるフルーツの種類が増え、価格も全体的に安くなります。バリ島ならではの体に良くて美味しいフルーツを堪能できる絶好の季節です。日本ではなかなか食べる機会のない果物の王様ドリアンも、バリ島では雨季になると食べごろで美味しくなるのでぜひチャレンジしてみましょう。

また雨季は川の水量が増すので、ラフティングをスリリングに楽しむには最適の時期です。夕方から早朝にかけての時間帯が雨が降りやすいため、日中は観光やアクティビティなどの屋外のイベントを楽しみ、夕方から夜にかけてはエステなどなど屋根のある場所での予定を立てるようにしましょう。雨季は雲が多いため、ビーチでサンセットを眺められる機会は乾季に比べて少なくなります。

バリ島の天気情報8:服装選びの注意点見出し

バリ島では伝統的な寺院を見学することもできますが、寺院を拝観する際は、宗教上の理由からノースリーブやショートパンツなど肌を露出する服装は禁じられているので注意しましょう。サロンと呼ばれる腰布を寺院で貸し出しているところもありますが、全ての寺院ではありません。そのため羽織物やショールを持っていると便利です。

バリ島では高級ホテルのレストランとスミニャック地区の一部のレストラン以外はドレスコードもないためTシャツ、短パンにサンダル履きでも問題ありません。しかしせっかくおしゃれなレストランやロマンティックディナーを食べるなら少しおしゃれなワンピースなどでおしゃれも楽しむのがおすすめです。

また、山間部とビーチ沿いの気温差が大きく、ウブド周辺は夜になると気温が下がります。乾季はほとんど雨が降らず、湿度も低いので過ごしやすいベストシーズンですが朝晩は上に一枚着ないと肌寒いほど涼しくなるときもあります。キンタマーニ高原やブサキ寺院などの観光にもぜひジャケットや上着を持っていくことをおすすめします。

バリの天気情報9:結婚式の服装見出し

バリ島で結婚式に呼ばれたらどんな服装をしていけばいいでしょうか。南国の挙式のため軽装でも十分ですが教会やチャペルの場合は、ビーチ系の服装は避けたほうが間違いありません。女性なら涼しげなワンピース、男性は襟付き半そでシャツ&ズボンで大丈夫です。日本での結婚式を目安にすると間違いありませんが、レストランに入れる格好を目安にするくらいでも大丈夫です。

もちろん、フォーマルなドレスやモーニングを着用すれば豪華な挙式を演出できます。バリ島ならではの宮殿挙式も、服装は自由ですが夕方の挙式の場合、蚊に刺されるのを防ぐために長いスカートやズボンが便利です。ヒンズーの宮殿挙式を盛り上げる、バリ民族衣装レンタルが利用できる業者もあり、着付けも簡単ですのでバリ島ならではの思い出を残したい方にはおすすめです。

季節にあった服でバリ島を楽しもう!見出し

バリ島の気候や季節ごとのおすすめの服装の目安やおすすめの過ごし方、服装の注意点などをご紹介してきましたがいかがでしたか?基本的には日本の夏の服装が目安になりますが、乾季と雨季があるため、それぞれの季節に適したものを持っていくとより快適にすごすことができます。季節にあった服装でバリ島をさらに楽しみましょう。

バリ島の観光で名所や人気スポットランキングTOP17!おすすめをまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バリ島の観光で名所や人気スポットランキングTOP17!おすすめをまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
常夏の楽園「バリ島」には、世界中の人々を魅了する人気観光名所が点在します。自然の中のアクティビティや美しい自然の景色、歴史を感じる寺院、絶景のサンセットなど、グルメも堪能しながら楽しめます。バリ島の観光名所をランキングでご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月28日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote