地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バリ島の時差を観光前にチェック!フライト時間・直行便と乗継便の違いは?

世界有数のビーチリゾートであるバリ島には、日本との時差も小さめなことから、年間20万人以上の日本人観光客が訪れます。これほどまでに人気のバリ島。ぜひ行ってみたいものです。旅行の計画を始める前に、時差や利用フライトについてもチェックしてみましょう。

バリ島ってどんなところ?見出し

Photo bySushuti

世界的に人気を集めるビーチリゾートがインドネシアのバリ島です。島内を包み込む独特のゆっくりした時間の流れや穏やかな空気感、エキゾチックな魅力に溢れた観光スポットの数々、美しい大自然の景色。どれをとっても人気の観光地です。日本との時差が少ないことでも人気が高く、日本からも毎年数多くの観光客がバリ島を訪れます。

バリ島の地理

Photo by "The owner"

バリ島は、ニワトリの形をしている、とよく表されます。ニワトリの足の付け根あたりにバリ島最大の都市デンパサールがあり、そこから足へ向かって人気のビーチリゾートが続きます。また、喧騒から離れた静寂の贅沢を味わえることで人気の田園都市ウブドは、ちょうどデンパサールから北上したあたりです。

地図のニワトリを見て頂くと、このニワトリ、卵を産んでいます。バリ島から日帰りで行けるリゾート、レンボンガン島やチュニガン島や、さらなる秘境観光スポット、ヌサペニダ島などが、卵の部分にあたります。

バリ島の気候と気温

Photo bysasint

バリ島は、いわゆる常夏。熱帯モンスーン気候帯に属しており、気温は年間を通して平均28度前後、と日本の夏の気温です。雨季と乾季に分かれていて、4-10月が乾季、11-3月が雨季となっています。雨季だからといって、しとしと一日中降り続くのではなく、スコールがざぁーっと降っておしまい、という感じです。

具体的にご紹介すると、バリ島の乾季の最低気温が平均して25度、最高気温の平均が31度くらいです。それに比べてバリ島の雨季はどうかと申しますと、最低気温が24度、最高気温が29-30度。ほとんど変わりはないと言ってよいでしょう。

ただ、観光する都市によって気温の目安は変わってまいります。ビーチリゾートでの観光であれば問題なしですが、内陸部のウブドや、キンタマーニ、ブサキ寺院などの高地を観光するのであれば、朝晩の気温の低下を見越して上着を1枚ご用意することをおすすめします。

バリ島の天気・気温の情報を知りたい!訪れる時期に合った服装とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バリ島の天気・気温の情報を知りたい!訪れる時期に合った服装とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本から気軽に行けるリゾートとして人気のバリ島は年間通して日中晴れていることも多いため観光地として毎年多くの人が訪れています。バリ島の天気や季節ごとのおすすめの服装の目安やおすすめの過ごし方、服装の注意点などバリ島の天気情報をご紹介します。

インドネシアの時差は3つある!見出し

Photo byMichaelGaida

インドネシアは、世界地図の中で見て頂くとより分かりやすいのですが、大小あわせて13000以上の島々によって構成されており、東西に5110kmという非常に横に長い島嶼国家です。

東西に長いため、なんと国内で日本との時差は3つに分かれてしまっています。それぞれの時差と、その時差帯にある主要都市とともに詳しくご紹介してまいりましょう。

ジャカルタなどの【西部時間】

Photo by12019

まず最初にご紹介する時差帯は西部時間です。インドネシアでは、この西部時間のことをWIBと表記します。WIBとは、Waktu Indonesia Barat(ワクトゥ インドネシア バラット)を略したもので、インドネシア語で西部標準時を意味します。

インドネシアの首都ジャカルタのあるジャワ島、マレーシアやシンガポールなどとほど近いスマトラ島、マレーシアと陸で国境を接するカリマンタン島西中部(マレーシア側の呼称はボルネオ島)などが、この西部時間の時差帯にあります。

日本との時差は2時間

Photo byStockSnap

WIB(西部時間)と日本との時差は2時間です。正確には-2時間の時差です。つまり、日本時間で今が朝の10時だとすると、インドネシアのWIBの時差帯では朝の8時、となります。

時差がある、と言ってもたったの2時間ですし、-2時間なので、日本のいつもどおりの時間よりも早起きできる気分がお得です。朝の8時に起きた!と思ったら、インドネシアのWIB時差帯ではまだ朝の6時、というわけです。その代わり、帰国時には2時間分早起きしなければいけない感覚になってしまうかもしれません。

バリ島などの【中部時間】

Photo byMariamichelle

次にご紹介する時差帯は中部時間です。インドネシアでは、中部時間のことをWITAと表記します。WITAとは、Waktu Indonesia Tengah(ワクトゥ インドネシア テンガ−)を略したもので、インドネシア語で中部標準時を意味します。

今回ご紹介しているバリ島やヌサ・トゥンガラ諸島(小スンダ列島)、カリマンタン島東部、スラウェシ島などがこの時差帯に属しています。最近少しずつ話題にあがることもあるギリ島や、コモドドラゴンで有名なコモド島もここです。

日本との時差は1時間

Photo byFree-Photos

WITA(中部時間)と日本との時差は-1時間です。先にもご紹介したWIB同様、少しだけ早起きはお得、という感覚だけでほとんど時差によるストレスは感じないレベルです。ただし、インドネシア国内でも時差が存在するため、インドネシア周遊の旅を計画する場合には、それぞれの時差を確認する必要があります。

ジャヤプラなどの【東部時間】

Photo byClker-Free-Vector-Images

最後にご紹介する時差帯が東部時間です、東部時間のことはWITと表記します。WITとは、Waktu Indonesia Timur(ワクトゥ インドネシア ティムール)を略したもので、インドネシア語で東部標準時を意味します。

ティモール島、イリアンジャヤ(パプア)がある西ニューギニア島などがこの時差帯に属しています。この地域は中央政府からも離れていることや、陸に国境を接する地域があることなどから、インフラ整備の遅れや治安情勢が不安定な地域も見られますので、旅行を計画する際には注意が必要です。

日本との時差はなし

Photo byjarmoluk

WIT(東部時間)と日本との時差はありません。時差がないため、時計をそのままに、日本時間と同じ感覚で旅行をすることができるということです。体力的にはとても有難い地域です。日本から旅行するには少し不便な地域ではありますが、手つかずの厳しい自然環境の中には文明と接しないまま自然とともに生きる民族が数多くいます。

バリ島にサマータイムはある?見出し

Photo byjeniffertn

バリ島を含む海外旅行をする際に、まず気を付けなければならないのがサマータイムの有無です。時差に気を付けていても、サマータイムがある場合、またその変わり目で旅行日程が組まれている場合はさらに注意が必要です。日本との時差が3つもあるインドネシア。今回ご紹介しているバリ島にはサマータイムはあるのでしょうか。

サマータイムとは

Photo byFree-Photos

さて、ではここでサマータイムについて少しご紹介致しましょう。サマータイムとは、日の出の時間が早まる夏の時期に、時計の針を1時間進めて太陽の明るい時間帯を有効に使うために考案されたものです。

サマータイム制度は、国や地域によって採用しているところとしていないところが存在します。日本でも夏と冬では、朝夕の明るさが全く異なりますが、サマータイム制度は導入されていません。

サマータイムがある国は時差が変わるので注意

Photo byannca

今回ご紹介しているバリ島を含むインドネシアでは、サマータイム制度は採用されていません。というか、一年中暑い気温の中に暮らす赤道地域にあたるため、常にサマー(夏)ですから、わざわざ時計をずらす必要がないのです。

ただし、これはサマータイムを採用していないから時計をずらす必要がないだけで、先に申し上げたとおり、サマータイム制度を導入している国・地域への旅行時、サマータイムとの時差の変わり目の日程を旅する場合には注意しましょう。

日本からのバリ島へのフライト時間見出し

Photo byFree-Photos

日本との時差も少ないバリ島への旅行を計画する際に、最初に決めるのがどのフライトを利用するか、という問題です。直行便フライトを選択するか、乗り継ぎを含むフライトを選択するかで、旅行日程にも差が生じます。フライトにかかる時間もですが、観光にかけられる時間にも差が出てきますので、ここは慎重に選びましょう。

直行便と乗継便の差

Photo byDariuszSankowski

直行便と乗継便の差は、なんといってもその移動にかかる時間です。直行便フライトを利用する場合、日本を出発して、次に飛行機を降りるのは目的地です。乗継のあるフライトを選択した場合、乗継地点の空港で一旦降り、次のフライトへの搭乗口の移動や待ち時間など、飛行機の乗り継ぎにかかる時間全体的にも直行便よりは長い時間を移動に要します。

バリ島までのフライトの選び方

Photo byJESHOOTS-com

フライトの選び方自体に関しては、それぞれの好みにもよりますので一概には言えません。マイレージを集めている航空会社、であったり、前回使ったことがあってまた乗りたい、という理由で会ったり様々です。

時差の少ないバリ島へのご旅行を考えるのであれば、現地での過ごし方や旅行全体にかけられる日程であったりでおすすめの航空会社が変わってくる場合もあります。それぞれのメリット、デメリットともによく知ったうえで決めて頂けたら良いでしょう。

直行便なら「夜」がおすすめ!

Photo byDaniloBueno

時差が少ないバリ島への一番のおすすめは、やはり直行便です。直行便利用の場合、飛行機に乗れば、あとは目的地のバリ島へ着くまで荷物の心配もなくただゆっくり機内の旅を楽しむだけです。

日本からバリ島への直行便は、ガルーダインドネシア航空が東京(成田・羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)の主要都市から直行便フライトを就航しています。

おすすめポイントは、特に帰国の際のフライトにあります。バリ島のデンパサールからの出発は夜。最終日のギリギリまでたっぷりバリ島を満喫して、帰りのフライトではぐっすり眠り、翌朝、日本各地への空港に到着します。時間を無駄にせずたっぷり観光できるのでおすすめです。

乗継便なら「朝」がおすすめ!

Photo byStockSnap

直行便のフライト時間の短さ、という点ではどうしても負けてしまいますが、実は乗継便フライトにも利点はあります。直行便とは違い、乗継地点で少しだけではありますが、目的地のバリ島とは異なる国の滞在体験ができます。

そして、乗継フライトをご利用の場合、忘れてはいけないのがその飛行機の乗り継ぎです。睡眠不足でもなんでも、とにかく途中の地点で一度降りなければなりません。そのため、どうしても中断されてしまう睡眠時間確保のためにも、お昼の出発が望ましいのです。

時差ボケ防止のおすすめ対策見出し

Photo byqimono

バリ島と日本との時差は、少ないとはいえ、あります。いつも決まった睡眠時間を取られている方にとっては、少しの時差でも体にとっては負担になるものです。せっかくの楽しいバリ島観光のためにも、できるだけ時差ボケを起こさない行動をとることが大切です。時差ボケにならないための対策方法をいくつかご紹介していきましょう。

夜間のフライトで映画を観て徹夜をしない

Photo by mjs

直行便であれ乗継便であれ、フライトのお楽しみは機内食や機内エンターテインメントでしょう。旅の始まるワクワク感もあり、最初に感じる機内の非日常はどうしても目が冴えてしまいがちです。

最新の映画やゲームを楽しめるイマドキの機内エンターテインメントはとても魅力的ですが、そのあとの観光のことも考え、夜の時間帯では眠るようにしましょう。機内の気温は整えられていますし、保湿対策だけしてあとはゆっくり睡眠の時間にあてるようにすることをおすすめします。

食事のコントロールで体内時計を調整する

Photo by jetalone

機内サービスには各航空会社が様々なものを用意しています。その中のひとつが機内食。通常の食事メニューのほかにも、夜食やスナック、アルコール飲料など、いろいろと楽しめます。

色々と楽しめるのは何とも魅力的なのですが、食事のタイミングについても、できるだけ日常と同じようにされることをおすすめします。程よく眠りに入れるように腹八分目を心がけ、いつもと違うタイミングでのたっぷりの食事はしないほうが良いです。

スマホの時計を現地時間と合わせる

Photo by paul_

今や日常生活の必需品となったスマートホンです。腕時計をする代わりにスマホで時間を確認、なんてこともよくします。今回ご紹介しているバリ島のように、日本との時差が生じる国への旅行の場合は、スマホだけでなく腕時計など、もうひとつ時計を所持することをおすすめします。

今は、LINEやSNSで友人と連絡を取り合ったりすることが多くなりました。日常的によく目にするスマホを現地時間に合わせ、腕時計を日本時間のままにしておく、というパターンをおすすめします。

スマホで連絡を取り合ったりして時間を忘れてしまいがちですが、現地時間に合わせておけば、今はもう寝る時間だな、とか、そろそろ食事の時間だな、と気づくこともできます。

バリ島で訪れたいおすすめ観光スポット5選見出し

Photo by koni_aiko

時差ボケ対策もして、体力も睡眠時間もばっちり確保!あとは、時差の少ないバリ島では、思いっきり観光を楽しみましょう。時差が少ないということは、それだけで観光する際の体力をたっぷり温存できる理想の状態なのです。元気いっぱい楽しめるバリ島のおすすめ観光スポットをご紹介してまいりましょう。

13種のスライダーが楽しめる【ウォーターボム】

Photo byPublicDomainPictures

時差ボケしていない元気いっぱいの方向け、最初におすすめしたいバリ島の観光スポットは「ウォーターボム バリ」です。バリ島最大の巨大プール施設で、様々な種類のスライダーはもちろん、緑いっぱいのパーク内を流れるプールを浮輪でぷかぷかリラックス、なんていう楽しみ方もできます。

住所 Jl. Kartika Plaza Tuban Kuta - Bali 80361 Indonesia
電話番号 +62 361 755 676

高級リゾート地【ヌサ ドゥア ビーチ】

Photo by maviccbr

バリ島の中でも昔から有名なビーチリゾートが、ヌサドゥアビーチです。こちらは、観光地というよりも高級リゾート。時差ボケにやられてしまった人は、ここでひたすらお昼寝してまったり過ごすのもおすすめです。

バリ島ですから気温は高くても、真っ白な砂浜と美しい海、穏やかな風は、なんとも心地よく素敵な南国リゾートそのものです。海では、バナナボートやパラセーリングなどのアクティビティも楽しめますので、お昼寝して時差ボケ解消できたら、そのままアクティブに楽しむこともできます。

朝と夜で雰囲気が異なる【サヌール市場】

Photo bysharonang

バリ島の中でも比較的古くからリゾート開発されていたサヌールビーチ沿いには素敵な遊歩道が整備されていて、朝早くからお散歩できる素敵なスポットです。そんなサヌールの街にある市場では、バリ島のエキゾチックな魅力を味わうことができます。朝は市場、夜は屋台街となるちょっと変わったところがまたアジアの混沌を感じられて楽しいのです。

時差を利用してしまえば、逆にバリ島ではとっても早起きができる、ということ。いつもどおり目が覚めたら、バリ島では時差のおかげで朝のお散歩もたっぷり楽しめる時間だった、ということが起こります。

マンタと一緒に泳げる【マンタポイント】

Photo byEychenne

時差の少ないバリ島への旅行は、一般的な観光客のほかに、ダイビング目的の方も多くいらっしゃいます。年中夏の気温で、美しい海を前にしたら、その海中の美しい景色も堪能したくなるというものです。バリ島の東側、ヌサペニダ島(nusa penida)は、別名マンタポイントとも呼ばれるほど、ダイバー憧れのマンタとの遭遇率の高い人気のスポットです。

せっかくバリ島までは直行便でも来られますし、時差も少ないのですから、そこから先、へも足を延ばしてみませんか?

バリ島で最も高い山【アグン山】

Photo byklaus_schrodt

バリ島内で一番高い山がアグン山です。標高3014mのアグン山は、日本の富士山のような形をしていて、バリ島の人々からは聖なる山として特別な存在とされています。周囲にはバリヒンドゥーの寺院が多いこともあり、見るべきものがたくさんあります。ただし、活発な活動をしている活火山でもありますので、随時火山活動の状況等に注意が必要です。

バリ島の観光で名所や人気スポットランキングTOP17!おすすめをまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バリ島の観光で名所や人気スポットランキングTOP17!おすすめをまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
常夏の楽園「バリ島」には、世界中の人々を魅了する人気観光名所が点在します。自然の中のアクティビティや美しい自然の景色、歴史を感じる寺院、絶景のサンセットなど、グルメも堪能しながら楽しめます。バリ島の観光名所をランキングでご紹介します。

バリ島で泊まってみたいラグジュアリーホテル5選見出し

Photo byEngin_Akyurt

至極の南国リゾート、バリ島を訪れるのでしたら、せっかくですからとびっきりのラグジュアリーな滞在をしてみませんか?時差も時間の流れも忘れて、日々の喧騒からも離れ、最高のリラクゼーションを堪能できるバリ島のラグジュアリーホテルを厳選してご紹介してまいりましょう。

ザ カヨン ジャングルリゾート【ウブド】

バリ島内陸、ウブドの中心部から少し離れた所にあるのが、The Kayon Jungle Resortです。有名口コミサイトのトリップアドバイザーでもウブドのホテルランキングナンバー1。特筆すべきは、ここは15歳未満の宿泊不可の大人のリゾートである点です。多少時差ボケが残っていても、厳かな森の緑と絶景、最高のサービスでたっぷり癒されることでしょう。

住所 Banjar Bresela, Desa Bresela, Ubud 80572
電話番号 +62 361-978-098

マンダパ リッツカールトン リザーブ【ウブド】

ウブドには数多くの豪華ホテルがありますが、そんな中でもヴィラとスイートしかないスペシャル空間を提供してくれるのがMandapa, a Ritz-Carlton Reserveです。マンダパとは、サンスクリット語で「寺院」を意味しており、建物の外観も趣ある様子が感じられます。

大手ホテルチェーンのリッツカールトンですから、サービスはもとより超一流。さらに、各部屋に専属のバトラーがつくというきめ細かな徹底したサービスが約束されています。

住所 Jalan Kedewatan, Banjar Kedewatan, 80571
電話番号 +62 361-479-2777

ムリア ヴィラズ【ヌサドゥア】

Photo by Imagine Communications

高級ホテルが立ち並ぶバリ島のヌサドゥア地区において、トリップアドバイザーで堂々のヌサドゥア一位を獲得したのがMulia Villasです。美しいヌサドゥアビーチを眺めながら、プールでまったりドリンクとともに過ごす、なんていう贅沢も叶います。様々なお子様向けのアクティビティも用意されているので、ご家族連れでもバリ島を満喫できることでしょう。

住所 Jl. Raya Nusa Dua Selatan Kawasan Sawangan, Nusa Dua 80363
電話番号 +62 361-846-7777

カユマニス ジンバラン プライベート エステート【ジンバラン】

Photo by 南宮博士

バリ島の国際空港、ングラ・ライ空港から車で20分ほど南下すると、大型の高級リゾートや新しいショッピングモールが多くあるジンバラン地区に入ります。そんなジンバランでおすすめのホテルがこちらのKayumanis Jimbaran Private Estate & Spaです。

想像してみて下さい。直行便を利用したとしても、フライトのあとにさらに長い移動時間があるのは、時差ボケしていなくても結構疲れてしまうものです。そんなときに、美しく整えられた庭園と、プライベートを重視されたヴィラで最高のサービスを受けたら、それは至福の時にならないわけがありません。

住所 Jalan Yoga Perkanthi, Jimbaran 80364
電話番号 +62 361-705-777

アヤナ リゾート&スパ バリ【ジンバラン】

バリ島のジンバラン地区では、最近特に人気があるのがAYANA Resort and Spa BALIです。動画サイトやSNSでも度々話題になるのが、海の上にせり出すように作られたロックカフェ。壮大な海の景色とともに、素晴らしいひと時を味わえることでしょう。

敷地面積はなんと90ヘクタールに及び、同じ敷地内にあるホテル、RIMBA Jimbaran BALI by AYANAのすべてのアクティビティやレストランを相互に利用できるように整備されています。施設間の移動はリゾートシャトルでアクセスできます。

住所 Jl. Karang Mas Sejahtera, Jimbaran 80364
電話番号 +62 361-702-222

時差1時間以内で行ける観光地は他にもある?見出し

Photo by belart84

ここまで、時差の少ないバリ島の魅力をたっぷりご紹介してきました。時差が少ないことは海外旅行するうえで素敵なことなのだ、と理解して頂いたところで、バリ島以外にも時差1時間の範囲内で旅ができるところをご紹介していきましょう。常夏の気温ばかりではなく、都市部の観光だったり同じようなビーチリゾートだったり、お好みに応じてご検討下さい。

バリ島と同じ時差内で行ける観光地1【中国・北京】

Photo byperfectfitsolutions

バリ島同様、時差の少ないおすすめの国。まずはお隣の中国の首都、北京をご紹介致します。言わずと知れた中国の首都、北京には多くのおすすめ観光スポットがあります。内陸部に位置しており、緯度は日本の秋田県と同じです。気温は、冬にはかなり下がり、夏でも朝晩は冷え込む気温になることもあります。

バリ島と同じ時差内で行ける観光地2【台湾】

Photo by aryanlee

日本の南に位置する台湾へもまた、バリ島同様の時差で訪れることのできる国です。首都台北の近代的な滞在を楽しむもよし、九份まで足を延ばして、『千と千尋の神隠し』の世界に浸ってみるのもおすすめです。台湾では親日の方が多いため、みなさんとても友好的に接してくださる機会が多いです。

バリ島と同じ時差内で行ける観光地3【シンガポール・マレーシア】

Photo bysasint

日本からバリ島へ行く際にも、乗継地点として訪れることもあるシンガポールやマレーシアもまた、バリ島同様の時差で滞在できる地域です。シンガポールやマレーシア都市部の賑やかな街並みを楽しむもよし、マレーシアの美しい海に浮かぶ離島などで南国の滞在を楽しむも良し。様々な過ごし方ができる魅力的な観光地のひとつです。

バリ島と同じ時差内で行ける観光地4【グアム・サイパン】

Photo bycba_w

グアム・サイパンでは日本語が通じる、とも言われるほど日本人観光客に大変人気のあった有名観光スポットです。以前は、日本人観光客が8割ほども占めていたと言われる地域ですが、現在は韓国からLCCのフライトが就航されたことで韓国の観光客のほうが増えているようです。時差の少ないビーチリゾートは、やはりお隣、韓国の観光客にも人気なのです。

バリ島と同じ時差内で行ける観光地5【オーストラリア】

Photo bypattyjansen

オーストラリアは比較的広い国土を持ち、変化に富んだ気候や特色を持ち合わせています。人気の観光スポットも多くあるオーストラリアもまた、日本との時差はバリ島同様、という便利の良い地域です。

治安が良いことでも人気が高く、ワーキングホリデー等も含めた留学目的の渡航も多くみられた国です。海外にいるときに日本と連絡をとることもあるでしょう。そんなとき時差が少ないのはやはり便利なのです。

時差を確認してバリ島観光を満喫しよう!見出し

Photo byIppikiOokami

バリ島の時差やフライト、観光地等、様々な情報をご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?多くの魅力に溢れたバリ島では、一度行くだけでは足りない、居心地が良いのでもっと滞在したい、と思われる方が多くいらっしゃいます。時差も少ないことですし、過ごし方も変化に富んでいるバリ島に、何度でも訪れてみてはいかがでしょうか!

関連キーワード

投稿日: 2019年4月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote