地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

キンタマーニ高原の見どころは?絶景スポットなどおすすめ観光地をご紹介!

キンタマーニ高原は、絶景が広がるバリ島の人気観光スポットです。キンタマーニ高原は、標高1500m以上に位置し、バリの水源であるバトゥール湖を中心に、西に地球の第一チャクラと称されるバトゥール山、東に絶景パノラマが美しいアバン山など、見どころ満載です。

キンタマーニ高原はバリ島の人気観光地!見出し

Kintamani
Photo by Ali Sabbagh

バリ島北東部の高地にあるキンタマーニ高原は、鮮緑の山々やコバルトブルーの湖などの絶景の大自然が広がり、神聖な癒しのパワーを感じる見どころ満載のバリ島おすすめの人気観光地です。

キンタマーニ高原は、バトゥール火山の活動によって生まれた大きなカルデラの山体です。カルデラの中にバトゥール火山の中央火口丘とバトゥール湖があり、外輪山にバリ島最高峰のアグン山、東縁にアグン山、低地から南縁にかけて、観光スポットとなる飲食店などが集まっています。

キンタマーニ高原の絶景スポットなど見どころをご紹介!

Kintamani
Photo byinnokurnia

キンタマーニ高原の周辺には、バトゥール湖やトヤ・デヴァシャ温泉など、数多くの絶景スポットがあります。普段お目にかかれない壮大な大自然のパノラマを前に、日常の煩雑さも忘れます。

また、キンタマーニ高原の耕作地帯に広がる棚田は、どこかしら日本の田舎を連想させ、心安らぐ美しさを備えています。ここでは、キンタマーニ高原の絶景スポットなど、見どころとおすすめのアクティビティ、さらにはキンタマーニ高原までのアクセス方法などを紹介していきます。

キンタマーニ高原の観光情報見出し

Kintamani
Photo by DavideGorla

一年を通して蒸し暑い気候のバリ島ですが、高地にあるキンタマーニ高原は、平地よりも気温が低く過ぎしやすい天候です。実際に観光で訪れる際には、やはり気候の件が気になります。

一年を通して気温の変化がどうなのか、服装などはどういった点に注意すればいいのか、ここではキンタマーニ高原の場所や気温、雨季と乾季の時期など、観光で訪れる際に事前に知っておきたい情報をまとめました。快適に観光巡りをするために、ぜひ参考にしてください。

キンタマーニ高原の場所・標高

kintamani
Photo by tropicaLiving - Jessy Eykendorp

キンタマーニ高原は、バリ島の北東部に位置し、バリ島の国際空港ングラライ空港からは約74km、車で約2時間、ホテルなどがある市街地中心部からは約66km、車で約1時間45分の距離です。

キンタマーニ高原は、標高が約1500mの高地にあるため、一年中暑いバリ島の中でも比較的涼しい環境にあり、長期滞在者などの避暑地としても人気を集めています。カルデラの中にあるバトゥール湖が標高1031m、最高地点が外輪山の東縁に位置する標高2151mのアバン山になります。

キンタマーニ高原の気温

kintamani
Photo by Artem Beliaikin

バリ島はモンスーン気候に属し、年間通しての平均気温は28度と非常に暑い気候です。一方、標高1500mにあるキンタマーニ高原は、クタ、ヌサドゥアなどのビーチエリアよりも気温は低めです。

市街地が晴れていて猛暑の天候でも、キンタマーニ高原は移動距離も2時間近くかかるため、天候に関しては全くの別と考えた方が無難です。またキンタマーニ高原では、突然のスコールなどもあるので当日の現地情報を確認ください。基本的には上から羽織る長袖ウエアは必須です。

キンタマーニ高原の雨季と乾季

kintamani
Photo by beccafrog

バリ島は雨季と乾季の2シーズンに分かれ、日本の冬場の11月から3月が雨季、夏場の4月から10月が乾季になります。キンタマーニ高原の観光に適しているのは、比較的カラっとした乾季です。

雨季は、ほぼ毎日のように雨が降りますが、夕方に激しいスコールが降り、それ以外は晴れ渡っています。一方乾季は、連日晴れ間の日が多く、1ヶ月以上雨が降らないことも珍しくありません。特にキンタマーニ高原は、湿度も低く日陰は涼しく快適に過ごせます。

バリ島の天気・気温の情報を知りたい!訪れる時期に合った服装とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バリ島の天気・気温の情報を知りたい!訪れる時期に合った服装とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本から気軽に行けるリゾートとして人気のバリ島は年間通して日中晴れていることも多いため観光地として毎年多くの人が訪れています。バリ島の天気や季節ごとのおすすめの服装の目安やおすすめの過ごし方、服装の注意点などバリ島の天気情報をご紹介します。

キンタマーニ高原のおすすめスポット・見どころ見出し

kintamani
Photo by Jan Alonzo

バトゥール火山によってできたカルデラを中心に広がるキンタマーニ高原は、自然の営みが作りだしたおすすめの絶景スポットです。見るものすべてが素晴らしい景観を携えています。

特に、その中心となるバトゥール山とバトゥール湖には、雄大な大自然が広がり、トレッキングや温泉スパなど自然との一体化を楽しめる環境が整っています。ここではキンタマーニ高原のおすすめスポットと見どころ、合わせておすすめの人気あるアクティビティなどを紹介します。

キンタマーニ高原の見どころ①:バトゥール湖

Kintamani
Photo by sektordua

バトゥール湖は、バトゥール火山の噴火によってできたカルデラの一部です。標高1031mにあり、美しいコバルトブルーの水面を眺めていると、心身ともに深い安らぎを覚えます。

バトゥール湖は、川や泉を生み出した女神の住み家といわれ、バリ島文化の象徴的存在として、2012年にバリ島初の世界遺産に登録されています。バトゥール山の森林と青色に広がる湖とのコントラストが非常に美しい、キンタマーニ高原おすすめの人気観光スポットです。

バトゥール湖のおすすめアクティビティ

batur lake
Photo by diasUndKompott

バトゥール湖でのおすすめアクティビティのひとつにカヌー体験があります。一人乗りのカヤックを漕いで静かな湖面に舟をゆっくりと出していきます。櫂の使い方も慣れてしまえば簡単です。

カヤックはバトゥール湖で貸し出ししていますが、一人で不安な場合には、キンタマーニのホテルにある体験ツアーを利用するのもありです。英語のガイド員が付いて送迎サービスもあるので安心して利用できます。料金は日本円で3千円ぐらいが相場ですが、現地で確認ください。

キンタマーニ高原の見どころ②:バトゥール山

mt,batur
Photo by Aussie Assault

バトゥール山は、標高1717mの活火山で、1804年から2000年までに26回の噴火が記録されています。地球に13あるチャクラのうちの1つといわれ、パワースポットとしても有名な山です。

山頂は、火山の爆発によって双耳峰になっており、いくつかある火口からは噴煙が上がる様子が見て取れます。最後に起きた噴火は2000年ですが、小規模の噴火だったようです。崩れ落ちた山肌と溶岩が流れ出して固まった景観を見ると、壮大な大自然の営みに言葉を失ってしまいます。

バトゥール山のトレッキング体験

Kintamani
Photo by Henrik Sommerfeld

バトゥール山の山頂までは、登山道が整備されていて、登山初心者でも簡単にトレッキングを楽しみながら登頂することができます。足場はザレ石が多いので、下山時などは注意が必要です。

入山するには、現地にあるバトゥール山の登山ガイド協会で、申込書の記入と入山料、ガイド料の支払いが必要となります。日本円で合計約2400円です。ツアー会社を通さず予約なしでも、すぐに出発の準備をしてもらえます。山頂からは、雄大なキンタマーニ高原が見れます。

キンタマーニ高原の見どころ③:バトゥール温泉(スパ)

batur hot spring
Photo by williamcho

活火山であるバトゥール山の噴火によってできたバトゥール湖の西側、バトゥール山の麓付近には、火山の火口から湧き出る天然温泉の施設が数ヶ所あり、ゆったりとした時間を過ごせます。

温水プールのような天然温泉に浸かりながら、バトゥール山を中心とするキンタマーニ高原の雄大な景色を眺めることができます。施設には、地元の人々も利用するリーズナブルなものから、観光客を対象とした高級感漂う施設まであり、レストランやレジャー施設なども整っています。

バトゥール・ナチュラル・ホットスプリング

batur spring
Photo by Ya, saya inBaliTimur

バトゥールの温泉施設バトゥール・ナチュラル・ホットスプリングは、バトゥール村の地元民も利用しており、庶民感覚で楽しめる天然温泉施設です。いくつかの温泉プールに分かれています。

入場料は、日本円にして約1250円ぐらいで、着替え用のロッカー代とタオル、それにちょっとしたウエルカムドリンクとスナックが付いています。温泉といってもバリ島の温泉施設は日本と違い、何処も水着着用なのでご注意ください。海側の天然水プールからの眺めは抜群です。

住所 Desa Pekraman Batur、Toya Bungkah Kintamani Bangli Bali-Indonesia
電話番号 +61-8133-8633-519

トヤ・デヴァシャ

Toya Devasya
Photo by Dex Eny

トヤ・デヴァシャは、天然温泉とキャンプリゾートが楽しめるキンタマーニおすすめの人気スポットです。バリ島屈指のヒーリング温泉として有名で、多くの観光客に人気の温泉施設です。

広大な敷地の中は、いくつかのプールに分かれており、絶景を眺めながらのんびりと温泉を楽しむことができます。他にもレストランやキャンプが楽しめるテントでの宿泊施設やヴィラタイプのホテルなどもあります。料金は、温泉のみ利用で日本円にして約1600円ぐらいです。

住所 Toya Bungkah、Batur、Kintamani、Bali-Indonesia
電話番号 +62-819-3309-4796

キンタマーニ高原で伝統文化に触れよう!見出し

Barong Dance
Photo by pcambraf

バリ島で舞踏といえば、ケチャックダンスとともに有名なのがバロンダンスです。ショーとして披露されていますが、元々はバリヒンズー教の神聖な儀式として行われていたものです。

バロンダンスは、善の象徴である聖獣バロンが悪の象徴である魔女ランダと終わりのない戦い繰り広げるストーリーを描いたバリの伝統舞踊です。キンタマーニ高原の大自然とともに、ぜひとも本場のバリ伝統文化に触れてください。キンタマーニ高原の観光もより一層楽しくなります。

キンタマーニ高原のアクセス見出し

Ngurah Rai International Airport
Photo by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

バリ島はインドネシア全体から見ると小さな島ですが、実際は東京都の2.5倍もの広さがあり、公共の交通機関がないため移動手段を考えておかないと、蒸し暑い気候の中歩き回るのは大変です。

実際の移動は、車両が中心になります。カーチャーターやタクシー、シャトルバスなど、いろんな種類の交通手段がありますが、目的や予算、随行する人数などに応じて検討が必要です。ここでは、キンタマーニ高原までの移動手段を、それぞれの車両スタイル別に紹介します。

カーチャーターで行く

BALI CAR
Photo by Aero7MY

バリ島でのカーチャーターは、運転手付きの車をチャーターすることで、慣れない道路でも現地の道路事情に詳しいドライバーに運転してもらえるため、安心して利用することができます。

カーチャーターを予約するには、日本で予約していく方法と現地で予約する方法があります。日本からの予約は、ツアー会社に申し込むか、現地ツアーのWEBサイトで直接申し込みます。また現地で申し込む場合は、現地のツアー会社へ直接予約する方法があります。

タクシーで行く

BALI TAXI
Photo by Aero7MY

バリには、エアポートタクシー、個人タクシー、ブルーバードと呼ばれるメータータクシーの3種類のタクシーがあります。おすすめは料金も安く明朗会計で良心的なブルーバードです。

ブルーバードは、利権関係から空港内に入ることができません。空港でお客さんを降ろすことはできても空港内でお客さんを拾う権利を持っておらず、空港の敷地の外に待機しています。ブルーバードは全てメーターで料金が決まるので、多くの観光客が安心して利用しています。
 

シャトルバスで行く

BALI BUS
Photo by D-Stanley

キンタマーニ高原までシャトルバスで行く方法もありますが、本数が限られていて1日1本だけしか運行されていません。バックパッカー向けのプラマ社が運行する小さなバスです。

キンタマーニ高原に向かうシャトルバスは、ウブド、クタ、サヌールなどの市街地から出ています。できるだけ費用を抑えたいという方におすすめの方法です。ただし狭い車内で2時間以上の長時間過ごすことになるので、快適性はあまり期待しない方がいいかも知れません。

ツアーに参加する

bali tour
Photo by chudsy

ツアー会社にキンタマーニ高原ツアーを申し込むと必然的にツアー会社所有の専用バスを使って移動することになります。料金もツアー料金に含まれるため追加が発生する心配はありません。

またツアー会社には、随行のガイドも付いているので案内もしてもらえ、安心してキンタマーニ観光巡りができます。ツアー会社を利用してキンタマーニ高原まで行く方法は、料金面や移動の際に楽なことなど、バリ島が初めての方には、おすすめの移動方法のひとつです。

バリ島のカーチャーターで観光やショッピングを楽しもう!料金や予約方法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バリ島のカーチャーターで観光やショッピングを楽しもう!料金や予約方法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
交通手段が限られているバリ島では、ショッピングや観光スポット等へ行くのにもカーチャーターはおすすめの交通手段の1つです。そこでこのページでは、バリ島のカーチャーターに注目し、予約の仕方、料金等、バリ島でカーチャーターの利用時に役立つ色々な情報をご案内します。

見どころいっぱいのキンタマーニ高原で観光を満喫しよう!見出し

kintamani
Photo by dex_krisna

バリ島の市街地から車で約2時間で行けるキンタマーニ高原は、日常では味わうことのできない、壮大な大自然の営みが眼前に広がるおすすめの観光スポットです。バトゥール山やバトゥール湖をはじめ、見どころ満載のキンタマーニ高原は、一生の思い出として深く心に残ります。

投稿日: 2019年12月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote