地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

桐生の観光スポットおすすめまとめ!名所・古い町並みが人気と話題!

古くから織物の町として栄えてきた織物の町・桐生市。千年以上の伝統に裏打ちされ、伝統的工芸品に認定された桐生織と、それにまつわる歴史・文化は、訪れる人を魅了してやみません。数々の映画やドラマの撮影に使われた美しい建物や町並み等、魅力あふれる観光名所をご紹介します。

桐生の観光スポット巡りへ!見出し

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

桐生の昔から続く歴史や文化に惹かれて、毎年多くの方が桐生を訪れます。昔から続く趣ある街並みや、歴史・文化のスポットを巡りに行ってみましょう。桐生観光の参考に少しスポットをご紹介いたします。

桐生ってどんなところ?見出し

かつては西の西陣、東の桐生といわれ、桐生川の水質と養蚕業の新興により織物産業が発展した地域です。江戸時代末期から昭和20年代(終戦時期)までの間に、近代手法によって建設された「近代化遺産」の建造物が多く見られ、歴史的な町並みが特徴的です。

基幹産業であった織物業を中心とする諸産業が発達し、経済的な豊かさを背景に「日本の近代化を支えた町」として発展しました。そして第二次大戦中、戦災を免れたことから、現代でも建造物をはじめとする多くの近代化遺産が残っており、織都の景観が町の至る所に息づいています。

とりわけ「桐生新町重要伝統的建造物群保存地区」は産業遺産の名所の宝庫で、レトロな佇まいの町並みが人気の観光スポットです。現在でも約230棟が残るノコギリ屋根の旧織物工場は、カフェやショップのほか、クリエーターのアトリエとして活用されています。

また、毎年8月には、夏の一大イベントである桐生八木節まつりが開催されます。開催中の3日間は、県内外から多くの観光客が訪れます。特にフィナーレの盛り上がりはすさまじく、町全体が熱気と興奮に包まれます。

桐生市のおすすめ観光スポット1【西桐生駅】見出し

昭和初期のモダンな洋風建築で、当時の施設をそのまま利用しています。多部未華子さん、三浦春馬さん主演の映画「君に届け」のロケ地としても有名な観光名所です。入り口の正面に見えるピンク色の格子は、当時の発券所です。建設時の面影を色濃く伝えています。

【西桐生駅】 住所:群馬県桐生市宮前2-1-33 電話:027-231-3597(上毛電気鉄道本社)

桐生市のおすすめ観光スポット2【ベーカリーカフェレンガ】見出し

ノコギリ屋根の建物がリノベーションされたパン工房&カフェです。レンガ造りのレトロな雰囲気が人気です。常時70種類以上の焼きたてパンを楽しむことができ、観光客だけでなく地元の人にもファンが多いです。

売れ行きNo.1の「のこぎり屋根のフレンチトースト」(170円税別)は桐生のシンボルであるのこぎり屋根の形をしています。食パンを屋根の形に切り、卵液をたっぷり染み込ませて焼くことで、外はサクッと、中はもちっとした食感が楽しめるフレンチトーストです。

桐生市・桐生駅周辺ランチおすすめ人気店紹介!個室もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
桐生市・桐生駅周辺ランチおすすめ人気店紹介!個室もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
機業都市としても知られる桐生市。多くの歴史的建造物などが立ち並びます。そんな桐生市には古民家を利用した情緒あるランチ処からスタイリッシュな現代風のランチ処まで幅広い飲食店があります。今回はそんな桐生市のランチ情報をお伝え致します。

桐生市のおすすめ観光スポット3【桐生倶楽部】見出し

織物業で財を成した名士達の社交の場として使用された観光名所。日本で初めてのスパニッシュ・コロニアル様式のモダンな建築です。玄関ポーチの列柱や玄関扉上部の半円の欄間など華麗なしつらえが特徴的です。

【桐生倶楽部会館】 住所:群馬県桐生市仲町2-9-36 電話:0277-45-2755

桐生市のおすすめ観光スポット4【矢野園】見出し

大正5年に建造された江戸風商家の建物は、レトロな雰囲気が楽しめる観光名所。店内では、お茶、日本酒、醤油を販売しています。店内には、古民家風のカフェ「喫茶有鄰」を併設しています。食事はもちろんのことスイーツも充実しているので、町並みの散策に疲れたら、お茶と甘味でほっと一息つけてみては。

人気の矢野園パフェ(600円税別)は、底に抹茶の寒天に小豆、上には抹茶アイスに甘露煮の栗、白玉にカステラと生クリームが載った贅沢な一品。ほろ苦い抹茶アイスとモチモチの白玉の食感のコラボレーションがやみつきになり、リピートするお客さんも多いとか。

桐生市のおすすめスポット5【桐生天満宮】見出し

関東五代天神に数えられる神社。学業成就のご利益も有名な観光名所で、受験シーズンは賑わいを見せます。桐生駅から徒歩30分ほどの距離ですが、道中には上記ベーカリーカフェレンガなど、休憩&食事処がありますので、町並みを楽しみながらの散策がおすすめです。

本殿・幣殿は、外壁の全面に極彩色の精巧な彫刻が施されていて、見応えのあるしつらえの観光名所です。また、毎月第1土曜日(1・8・11月は要確認)には古民家具骨董市が開催されています。東京東郷神社、川越骨董市と並び関東三大骨董市と言われています。同日に市内で開催される「買場紗綾市」と「桐生楽市」とあわせて「桐生三大市」と呼ばれています。

毎回約80以上の出店があり、陳列品は鉄瓶、火箸などの生活道具から古書、カメラ、陶磁器、版画、刀剣といったものまで幅広い品揃えで、幅広い年齢層の人が足を運びます。思わぬ掘り出し物に出会えるかも。

【桐生天満宮】 住所:群馬県桐生市天神町1-3-4 電話:0277-22-3628

桐生市のおすすめ観光スポット6【群馬大学工学部同窓記念会館】見出し

大正5年に桐生高等染織学校講堂として建築された建物です。当時では珍しいゴシックスタイルのモダンな講堂です。桐生天満宮の北側に位置した淡いグリーンの建物で、教会のような雰囲気が印象的です。講堂が吹き抜け2階になっています。平日であれば予約なしでも見学可能です。古い建築物が好きなら、一見の価値ありな観光名所です。

【群馬大学工学部同窓記念会館】 住所:群馬県桐生市天神町1-5-1 電話:0277-30-1111

桐生市のおすすめ観光スポット7【有鄰館】見出し

桐生の重要伝統的建造物群保存地区内にあり、かつては酒・味噌・醤油を醸造し保管するために使用されていた土蔵・煉瓦蔵など蔵群11棟の近代化遺産です。同じ敷地内には「からくり人形記念館」があり、毎月第一土曜日に曽我の仇討ち・忠臣蔵などの演目を楽しむことができます。

現在では、多目的のイベントスペースとして活用されています。季節ごとの催しやコンサート、ダンス、作品展など多彩なイベントが開催されているので、桐生観光の際には事前にスケジュールをチェックしてみるとよいかも。

【有鄰館】 住所:群馬県桐生市本町2-6-32 電話: 0277-46-4144

桐生市のおすすめ観光スポット8【後藤織物】見出し

日本遺産、国登録有形文化財、経済産業省近代化産業遺産として登録され、文化財的価値を持つ帯メーカー。洋式染色技術を導入し、桐生織物業の発展に貢献してきました。また、ハリウッド映画に衣装を提供するなど世界的な活躍もされています。NHKドラマ「マッサン」にも衣装が使用されました。

【後藤織物】 住所:群馬県桐生市東1丁目11−35 電話:0277-45-2406

桐生市のおすすめ観光スポット9【桐生織物記念館】見出し

桐生織物協同組合の事務所として建築された建物です。2階は手織り機などの道具類や織物の展示があり、無料で見学できます。桐生織の歴史を感じることができます。1階は織物の小物の販売スペースです。織物の体験もできるので、観光の際には時間に余裕をもって訪問してみるとよいかも。

【桐生織物記念館】 住所:群馬県桐生市永楽町6-6 電話番号: 0277-43-7272

桐生市のおすすめ観光スポット10【桐生明治館】見出し

群馬県の衛生所や医学校として利用された建物を移築。典型的な議事風建造物で、国指定重要文化財に指定されている観光名所です。大正時代に横浜の専門店で造られたピアノが展示されています。

【桐生明治館】 住所: 群馬県桐生市相生町2-414-6 電話: 0277-52-3445

桐生市のおすすめ観光スポット11【織物参考館・紫】見出し

織物工場の一部が織物参考館として開放されている観光名所。工場は現在でも稼働しています。事前に予約すれば気軽に藍染め・手織り体験をすることができ、ファミリー客に人気です。見学だけでなくお土産も充実していて、タペストリーのグッズは価格もお手頃でおすすめです。

【織物参考館・紫】 住所: 群馬県桐生市東4-2-24 電話: 0277-45-3111

桐生市のおすすめ観光スポット12【彦部屋住宅】見出し

室町時代に建造された城館跡。広大な敷地内には主屋、長屋門、穀屋が立ち、また裏手は山、堀と石垣に囲まれ、武家屋敷の面影を現代に伝えています。非常に趣のあるしつらえで、国の重要文化財に指定されています。四季折々の風情を楽しむことができる名所です。

【彦部屋住宅】 住所:群馬県桐生市広沢町6-877 電話:0277-52-6596

桐生市のおすすめ観光スポット13【大川美術館】見出し

平成元年に桐生市を一望する水道山の中腹にオープンし、桐生市出身の大川栄二さんが蒐集した個人コレクションを展示した美術館です。日本近代洋画史に大きな影響を与えた松本俊介、野田英夫を中心に、名画の数々に出会えます。更に、ピカソ、ミロ、ベン・シャーン、サム・フランシスなどの作品を常設展示しています。

【大川美術館】 住所:群馬県桐生市小曽根町3-69 電話:0277-46-3300

桐生市の観光スポットまとめ見出し

明治から昭和にかけての古き良き町並みと、織物産業の歴史を五感で感じられる観光名所が点在する桐生市。あたかもタイムスリップしたかような極上の休日を満喫することができるでしょう。JR桐生駅構内で無料の電動自転車を借りることができるので、町並みの散策の際にはぜひ利用してみてください。

投稿日: 2017年3月27日最終更新日: 2021年1月25日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote