地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

花山うどんは館林にある名店!日本一に3度輝いた鬼ひも川など絶品メニュー揃い

花山うどんは、群馬県館林市駅前通りに明治27年に始まり、代々引き継がれ現在5代目店主となる鬼ひも川麺で有名なうどんの名店です。花山うどんは、うどん日本一決定戦で3度の優勝を果たした鬼ひも川をはじめとする絶品人気メニューが揃っており、地元館林で愛されています。

館林にある名店花山うどん見出し

Photo by Dai44

群馬県館林市の駅前通りにある花山うどんは、明治27年に創業以来、代々引き継がれ現在で5代目店主となる地元館林で人気のうどん店です。その花山うどんの看板人気メニューが幅5cmもある鬼ひも川うどんです。ここでは、その名物鬼ひも川うどんをはじめ、花山うどんの絶品メニューの数々など、各店舗の限定商品も交えながら紹介していきます。

由緒ある花山うどんの歴史見出し

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

館林をはじめとする群馬県東部は、地形的に利根川と渡良瀬川という二本の大きな河川にはさまれ、赤城山から流れる良質な伏流水が豊富だったことに加え、夏に多発する河川の氾濫の被害により稲作には向かず、二毛作によって初夏に収穫を迎える小麦の生産が発展したといわれています。日照時間が長いことも良質の小麦の産地として最適地でした。

Photo by haru__q

明治以降には西欧の製粉技術が導入されたことで、小麦の生産量が一気に増大しました。明治33年には、今日の株式会社日清製粉の前身である館林製粉株式会社が誕生しています。そして、現在館林で最も老舗といわれる製麺所として始まった花山うどんは、これと前後する明治27年に創業をはじめ館林の街とともに今日に至っています。

明治27年に創業した花山うどんは、二代目の時に鬼ひも川うどんが開発されました。その後四代目の時に、伝統の製法を科学的に分析し、花山うどん独自の乾燥工程設備を設計することによりパニッシュループという製法を開発しました。そして五代目になり鬼ひも川を復刻させ日本一に三度輝くなど、人気の郷土名物鬼ひも川の普及に努めています。

花山うどんは、うどんの全国大会「うどん天下一決定戦」の2013年に評価部門1位、売上部門2位でしたが、翌2014年に両部門で完全優勝を果たし一躍その名を広めました。そして迎えた2015年、2大会連続優勝のプレッシャーの中、更なる試行錯誤を重ね挑んだ結果、2015年も完全優勝で見事三連覇達成という偉業を成し遂げています。

2015年8月30日に東京代々木公園で開催された「うどん天下一決定戦2015」の様子を納めた動画です。2015年8月30日当日にYoutube上に公開されています。全国から15のチームが出場しました。ベストスリーの結果は、3位東京の備中手延べうどんの味の民芸、2位が岡山の倉敷うどんぶっかけのふるいち、1位が群馬の鬼ひも川の花山うどんです。

群馬名物「ひもかわうどん」の食べ方は?おすすめ店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
群馬名物「ひもかわうどん」の食べ方は?おすすめ店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
群馬名物「ひもかわうどん」。群馬県では、変わったスタイルのうどんを楽しむことができるんです。お土産にも喜ばれること間違いなし。ひもかわうどんとはなにか、そして気になる食べ方、またそんなひもかわうどんを味わえる有名人気店を、ランキングでご紹介します。

花山うどんの材料から製法へのこだわり見出し

Photo by Infomastern

花山うどんの原材料は、群馬県産小麦を使用しています。食の基本はその土地で採れた素材を使うといういたってシンプルな考えのもと、余計なことはせずに、その土地の素材を活かすことにしています。群馬の小麦を群馬の水で練り上げ仕込みます。その結果、もっちりとしてコシのある最高の花山うどんの麺が出来上がります。

Photo by rabble

花山うどんでは、これまで伝承されて来た乾燥方法を室内で再現するパニッシュループ製法により、安定した品質の完熟麺を提供しています。天候に左右されず乾燥させては生麺に戻すといった工程を繰り返しながら、麺にストレスを与えずにゆっくり乾燥させ熟成させながら干し上げていくことにより、麺本来のコシを引き出すことができます。

Photo by Freshly Diced

花山うどんは、小麦粉、塩、水を混ぜ合わせた塊を丈夫なポリ袋に入れ、300回以上、繰り返し足踏みすることで生地が滑らかになり、コシが生まれます。それを丸めて一晩熟成させ、麺を鍛えては休ませるといった作業を繰り返しながら、少しずつ均一の厚さに伸ばしていき、均一幅に切り揃え提供されます。熟練の技術がおいしさの秘訣です。

花山うどんofflinesmallと題された写真構成によるオフィシャル動画です。2012年10月30日にYoutube上に公開されています。かなり以前に撮影されているため店舗に関しては、現在の店舗と内装がかなり異なっています。ひも川うどんの製造工程や商品、花山うどん創業からの歩みなどは、この動画で一通り理解することができます。

花山うどんの御食事処見出し

花山うどん本店お食事処

明治27年に館林市の地に生まれた花山うどんは、代々引き継がれ、以来ずっとこの地で営業を続け、地元館林市の顔としてしっかりと地域に密着しています。花山うどん本店店舗へのアクセスは、東武鉄道伊勢崎線の館林駅を出て駅前通りの約140m先へアクセスしたところです。店舗内は50席ありますがランチタイムは待ち時間が出る人気ぶりです。

住所:群馬県館林市本町2-3-48
電話番号:0276-74-0178

五代目花山うどん銀座店

五代目花山うどん銀座店店舗へのアクセスは、歌舞伎座の真裏にあり、歌舞伎座での観劇前のランチや帰りにアクセスする人も大勢います。店舗内は、館林のシンボルであるツツジの花が壁一面に描かれており、しっとりと落ち着いた雰囲気の中でランチなど食事ができます。ここ銀座店でしか食べられない限定やランチメニューなどがあり人気です。

五代目花山うどん銀座店へのアクセスは、東京メトロ日比谷線東銀座駅A5出口を出てすぐ、歌舞伎座裏の松屋通りに面したビルの1階にアクセスします。テーブル席のほか、奥に掘りごたつの座敷もあり宴会利用も可能です。また、お酒も群馬県産にこだわっており、人気の群馬の銘酒、龍神酒造の尾瀬の雪どけ純米大吟醸酒を置いています。

住所:東京都中央区銀座3-14-13
電話番号:03-6264-7336

館林・館林駅前ランチ!カフェ・個室ありの店紹介!子連れもOK! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
館林・館林駅前ランチ!カフェ・個室ありの店紹介!子連れもOK! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
猛暑で有名な群馬県館林市。館林は、小麦粉産業で発展したまちで「うどんの里」です。館林には、うどんをはじめとした、おいしくてお得なランチが楽しめるカフェやお店があります。今回は館林・館林駅前のお子さま連れランチOKな、個室ありのお店やカフェを中心にご紹介します。

花山うどん贈答用直売所見出し

花山うどん本社直売所

花山うどん本店横に併設された本社直売所の店舗では、花山うどんの商品が販売されておりお土産、贈答用として購入することができます。店舗内には、館林のシンボルでもあるツツジの花が壁一面に描かれており、和やかな雰囲気の中、買物を楽しむことができます。名物鬼ひも川のギフトセットや花山うどんギフトセットなど贈り物にも人気です。

花山うどんアゼリアモール店

花山うどんアゼリアモール店店舗へのアクセスは、館林の複合商業施設アゼリアモールA館1階の店内のアクセスしやすい場所にあり、贈答用、自宅用うどんを販売する店舗です。うどん天下一決定戦で3年連続日本一に輝いた鬼ひも川をはじめ、花山うどんの代表的なうどんの数々を販売しています。営業時間は10時オープンから20時までです。

住所:群馬県館林市楠町3648-1アゼリアモール内A館1階
電話番号:0276-55-3975

五代目花山うどん銀座店内直売所

五代目花山うどん銀座店の店舗内にも販売コーナーがあり、こちらで贈答用や自宅用として花山うどんの商品を購入することができます。東京でも銀座にアクセスすると館林名物のひも川うどんが自宅で食べられるのは嬉しい限りです。また麺だけではなく、めんつゆも販売しているので、本格的な花山うどんの味を楽しむことができます。

花山うどん両店舗共通メニューの釜玉うどん見出し

うどん日本一を決めるうどん天下一決定戦で15万人の来場者に選ばれ、3年連続で優勝した花山うどん人気の看板メニュー「鬼ひも川の釜玉うどん」です。幅約5cmの麺「鬼ひも川」に、群馬県産の麦豚、温泉たまご、カマボコ、ネギ、海苔のトッピング。だし醤油をかけ、好みでワサビを添えていただきます。可愛いたぬきの器は信楽焼の特注品です。 

一般的なひも川麺の幅が1cmなのに対して、この鬼ひも川の麺幅は5cmというかなりインパクト大な麺幅になっています。これが箸でつかんで食べてみると、ぴったりと口に合うサイズになっていてしっくりきます。しかも箸でつかむのも非常につかみやすいのが分かります。厚みは1mm程度の薄さで、つるっとしてもちもちの食感が人気です。

鬼ひも川の食べ方は3段階あります。まずはそのまま麺だけを味わいます。群馬県産小麦の甘みが広がり独特の風味です。次に麺と具材を混ぜ合わせ特製だし醤油をかけます。麺に温玉と醤油が絡み合い具材とともに絶妙のおいしさです。そして半分ぐらい食べたところで、本わさびを投入します。わさびのピリッとした辛みがアクセントになります。

花山うどん本店限定メニュー1:おっきりこみ見出し

本店限定のおっきりこみは、とろっと甘い下仁田ねぎ、やわらかな食感と旨みが滲み出る上州麦豚、抜群の歯ごたえと香り豊かな群馬県産肉厚の椎茸などに加え、群馬県産野菜をたっぷりと入っています。伝統的館林のほっとするふるさとの味です。上州の誇りと銘々された逸品は、小鉢が付いて1650円です。数量、期間限定です。

群馬県産の椎茸は、実は知る人ぞ知る群馬の名産品です。香り、味、歯ごたえの三拍子揃った群馬の椎茸は、大きくて肉厚で、口の中でその芳醇な香りが広がります。花山うどんでは、この椎茸をはじめ徹底した県産の農産物にこだわっており、その土地の土壌と水に育まれた農産物が一番おいしいという信念のもと、おいしいうどんを提供しています。

おっきりこみは群馬名物!有名店やお土産におすすめの店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
おっきりこみは群馬名物!有名店やお土産におすすめの店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
地域ごとに名物などありますが、群馬にもおっきりこみという伝統食があります。幅広の麺で、生地を麺棒に巻いたまま切り込みを入れて作られることからおっきりこみと呼ばれています。醤油や味噌味など味付けは様々で、有名店やお土産としてもおすすめのお店をご紹介していきます。

花山うどん本店限定メニュー2:分福茶釜の釜玉見出し

こちらは本店限定、分福茶釜の釜玉うどんです。館林にある茂林寺が舞台の昔話、分福茶釜にちなんで、市内各店では、それぞれの趣向を凝らした釜玉うどんを出しています。花山うどんでは、温泉たまごや油揚げ、海老、カマボコ、ネギ、海苔、揚げ玉など色とりどりの具材の釜玉うどんが、分福茶釜の可愛いたぬきの器で出てきます。

分福茶釜にゆかりがあるのが館林にある茂林寺というお寺です。1426年に開山した曹洞宗のお寺で、山門をくぐり境内へアクセスすると、タヌキの像が計22体も左右に並んでいます。茶釜も現存しており拝観も可能です。茂林寺へのアクセスは、館林駅から茂林寺前駅まで電車で3分、茂林寺前駅から東へ約650m徒歩8分でアクセスできます。

花山うどん本店限定メニュー3:かぶら雪うどん見出し

本店の冬限定メニューのひとつ、かぶら雪うどん柚子仕立ては、1日限定たったの5食しか提供されない稀少な人気の限定メニューです。季節の野菜かぶの旨みと、椎茸、三つ葉、柚子の旨みと香りが混ざり合い口いっぱいに広がります。また、つゆはあんかけにしていあるので、寒い日には体が温まる冬ならではの限定メニューです。

花山うどん銀座店限定メニュー1:おっきりこみ見出し

五代目花山うどん銀座店限定の人気メニューのひとつ、おっ切りこみは、脂ののった赤城鶏モモ肉と、冬の上州野菜をたっぷり使用した群馬県館林の郷土料理です。 昆布だしとユズの香りを楽しみながら体が温まる一品です。ランチとディナーで種類が分かれ、醤油と白味噌豆乳はランチ限定、柚子塩はディナー限定となっています。

花山うどん銀座店限定メニュー2:ランチおっきりこみ見出し

五代目花山うどん銀座店ランチ限定の冬メニュー、上州の郷土料理おっきりこみです。上州赤城鶏と冬の旬野菜で仕上げた逸品は、1250円のお得なランチとなっています。醤油仕立てとバターの香りが食欲をそそる白味噌豆乳仕立ての2種類のランチになります。どちらも群馬県産野菜をたっぷり使用した、体が温まるランチメニューです。

花山うどん銀座店限定メニュー3:鬼ボナーラ見出し

銀座店の人気メニュー鬼ボナーラは、銀座店限定、ディナータイム限定のメニューとなっています。幅5cmのもちもち麺「鬼ひも川」を、うどん専門店ならではのカルボナーラ仕立てにしています。カツオ節と宗田節で丁寧にとっただしに、群馬県産のベーコン、卵、生クリーム、チーズを加え、カルピスバターでまろやかな口当たりに仕上げています。

花山うどん銀座店限定メニュー4:胡麻しゃぶ香味見出し

五代目花山うどん銀座店ディナー限定の胡麻しゃぶ香味辛みそ仕立ては、野菜を食べる群馬県の郷土料理おっきりこみに、上州麦豚と夏野菜をふんだんに使用しています。胡麻のまろやかさと、辛みと旨みが幅の広い麺によく絡んでいます。代謝を促す辛みそで、冷房で冷えてしまった身体に、夏バテ防止に、よく合います。

花山うどんの風変わりメニュー「さくさく花鈴」見出し

さくさく花鈴は、スタッフのまかないおやつから誕生した新食感かりんとうです。少しだけ余ったうどん用の小麦粉で、五代目女将がおやつを作ったのが始まりです。女将が試行錯誤を重ね、スタッフが試食を重ねた、今までにないほど軽いサクサク食感のかりんとうです。フレーバーは、甘いだし醤油味、黒糖きな粉味、焼きまんじゅう味の3種類です。

麺の本場館林の花山うどんを食べよう見出し

Photo by is_kyoto_jp

群馬県館林という麺づくりに最適な地で生まれた花山うどんは、創業以来伝統の味を受け継ぎながら地元館林で愛され続けている老舗のうどん店です。東京銀座でもその館林ブランドの名物鬼ひも川が身近に食べられるのは嬉しい限りです。五代目が復刻させたご当地うどん「鬼ひも川」、ぜひ一度、ご賞味されてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年6月11日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote