地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ツェルマット観光の魅力とは?スキー場やレストランなど山岳リゾートを調査!

ツェルマットは、スイスの山岳リゾート地です。ツェルマット観光のため1年を通して観光客が押し寄せます。ツェルマット観光、夏は山歩きでエーデルワイスに出会い、冬はスキー場でスキー三昧、夜はレストランで舌鼓と楽しみましょう。アルプスの雰囲気満載の素敵な場所です。

ツェルマットってどんなとこ?見出し

ツェルマットはスイスのアルプス地方において、最も名高い観光地の一つです。アルプスや氷河、牧草地などの景観を見ていると、壮大なアルプスの世界に誘い込まれます。観光にもこと欠きませんし、年中スキーもできます。古い町並みや駅前通りを散策しながら、のんびりと可愛いカフェでの休憩も素敵です。

ツェルマットへのアクセス見出し

スイスに行くのなら、絶対に訪れたいおすすめの観光リゾート地がツェルマットです。あまりのスケールの大きさに圧倒されるヨーロッパアルプスを代表する観光地です。夏季には、ハイカーや登山客が、冬季には、スキーヤーやスノーボーダーが、世界中からの集まってきます。スイスのリゾート地ツェルマットは、観光客を魅了する街です。

各地の空港からツェルマットへは、列車(スイス国鉄)の利用がおすすめです。スイスの公共交通機関は、時間も正確で、空港からすぐに列車に乗れます。ジュネーブ・チューリッヒ・バーゼルいずれの国際空港からも、所要時間は3時間半〜4時間程度です。乗換回数は、ジュネーブ発の列車が一番少ないです。

小さな街ツェルマット観光のメインスポット見出し

マッターホルンの麓の街、ツェルマットです。多くの観光客は、スイスアルプスを始めとしたツェルマット周辺の有名観光地に向かいます。しかしツェルマットは、スイスアルプルでの最も美しい街と称されるところ、街の中にも素敵なおすすめスポットがたくさんあります。

おすすめの観光スポットは古民家保存地区から

ネズミ返しの小屋として有名な、黒いカラマツ材で造られた高床式の穀物倉庫などが集まり、保存されている地区があります。ツェルマットの、昔ながらの風景を残す古い地区で、とても趣があって素敵なところです。カトリック教会の近くに数軒、マッターフィスパ川沿いの通りの左右にも十数軒が集まっています。

聖マウリシウス・ローマカトリック教会

聖マウリシウス・ローマカトリック教会は、なんと1285年もの古い文献にその名があるのです。とても、歴史のある教会です。教会の傍らには、マッターホルンで命を落とした登山家の方々が眠る墓地があります。夏季には、教会前にある、キルヒプラッツ(教会広場)で、ヨーデルやアルプホルンのコンサートなどのイベントが開催されます。

マッターホルン博物館

マッターホルン博物館は、キルヒプラッツにある、ドーム型の外観をした建物です。マッターホルンの成り立ちや登頂の歴史が紹介されています。その他、昔のツェルマットの生活の様子を再現した模型などが展示されていて、結構楽しめます。日本語のパンフレットがある上に展示の説明でも日本語が、日本人の来館者も多いのでしょう。

ツェルマット観光のお土産探しにバーンホフ通りへ

バーンホフ通りは、ツェルマット駅前から南北に延びるメインストリートです。駅から歩いていくと、南の教会前広場の辺りまでは、道の両側にホテルやレストランが軒を連ねています。マッタホルンの麓のリゾート感の雰囲気満点です。夏季の夕方には、登山者や観光客で溢れ、冬季も世界中のスキーヤーで賑わいます。

欠かせない観光スポットのスネガ

ツェルマットから地下を走るケーブルカーで約3分、標高2288mの展望台に着きます。美しいマッターホルンの姿を見るポイントとして知られています。スネガの周囲では、牧草地が広がるアルプスらしい景色を見ることができます。済み切った水で有名なライ湖は、スネガから、5分ほどの近さにあり、立ち寄りたいスポットです。

雄大なアルペン・フォーサウザンダーズ見出し

ツェルマットの周囲に聳え立つ山々は、アルペン・フォーサウザンダーズと呼ばれ、スイス最高峰のモンテローザは、標高4,634メートルです。これに続いて、ドーム山 (4,545m)、リスカム (4,527m)、ヴァイスホルン (4,505m)及びマッターホルン (4,478m) が連なります。

ツェルマット観光に忘れちゃいけないマッターホルン 見出し

マッターホルンは標高4478m、スイスとイタリアの国境にそびえる美しい山です。世界のアルピニストの憧れの名峰です。ツェルマットからも綺麗ですが、ゴルナーグラートやクライン・マッターホルン、スネガなどの展望台から見るマッターホルンの美しい姿は格別です。特に、リッフェル湖の湖面に写る、逆さマッターホルンは最高です。

最高峰モンテ・ローザもツェルマット観光には不可欠見出し

スイス最高峰(標高4634m)の山がモンテ・ローザです。イタリアとスイスの国境にあって、イタリア語で「バラの山」の意味があるそうです。夕陽で赤く染まる姿がバラのようだったのでしょうか。マッターホルンとは対照的な姿で、柔らかな丸いシルエットの山頂に夕陽が当たる姿は、まさにバラのように美しい女性美が感じられます。

ツェルマット観光に来たのならロートホルンにも見出し

ロートホルンは、マッターホルンを見られる、標高3103mの位置にある展望台&レストランです。ツェルマットからケーブルカーとゴンドラ、そしてロープウェーを乗り継いで行きます。観光客の皆さんは、ロートホルン周辺で、冬季はスキー、夏季にはハイキングを楽しみます。更に、展望台からオーバーロートホルン(標高3415m)にも登れます。

ツェルマット観光絶対行きたいゴルナーグラート見出し

おすすめスポットのゴルナーグラートは、ツェルマットからゴルナーグラート登山鉄道を利用して向います。標高3089m地点にある展望台です。マッターホルン・モンテローザ・リスカムなど、29ヶ所の4000m級の名峰が連なる姿は、息を飲む絶景です。ゴルナー氷河の姿が、すぐ近くに眺められるのですが、これもまた大迫力です。

氷河の真上にそびえる絶景のリスカム 見出し

モンテ・ローザの横に位置して、ゴルナー氷河の真上にそびえる力強い山がリスカムです。ゴルナーグラート展望台から見て、目の前に大きくそびえています。リスカムは、2つの山頂を持っていて、東側が4527m、西側は4480mあります。ゴルナーグラート展望台から見える、ヴァリス・アルプス36峰のひとつです。

リッフェル湖の逆さマッターホルンは観光の最高の思い出見出し

リッフェル湖は、逆さマッターホルンで知られる湖です。最寄駅のゴルナーグラート鉄道ローテンボーデン駅(2815m)から、徒歩5分ほどで行けます。夏季において、この周辺はよいハイキングコースになります。7月頃は、たくさんの高山植物の花が咲き誇ります。逆さマッターホルンは、風がない時だけに見ることができます。

ツェルマット観光で心癒される場所の黒い湖シュヴァルツ湖見出し

マッターホルン北壁の真下にある湖です。チャペル「雪のマリア」が、湖畔に建っています。夏季は、周辺でハイキングが楽しめます。ツェルマットからロープウェーでフーリへ向い、そこからゴンドラに乗り換えて行く、クライン・マッターホルン展望台に来た時の帰りに、寄ってみてはいかがでしょうか。

ツェルマットの夏を楽しむ見出し

夏の絶景広がるツェルマット。峠越えをしたり湖畔をめぐるハイキングや氷河トレッキングなどは、夏の楽しみのメインです。青い空に白い氷河そして緑色の牧草地と、その自然美に圧倒されてしまいます。夏の気候はとても過ごし易すく、澄んだ空気の中にいると気分も爽快になります。心身共にリラックスしましょう。

なんと言っても夏のおすすめはハイキング

マッターホルンを眺めながらするハイキング、最高の贅沢です。アルプスの絶景の中を歩いていると、野生動物に遭遇したり可愛らしい高山植物に出会えるのも、アルプスのハイキングの醍醐味です。山小屋のレストランで、休憩したり、ランチをゆっくりと取っていると、ツェルマットの贅沢な時間の流れを感じます。

ツェルマットでは、アルプスや湖・河川・氷河などの変化に富んだ風景に恵まれ、ハイキングコースも歩きやすく整備されています。分かりやすい標識に使いやすい山岳交通など、ハイキングに必要な条件が、全て揃っています。様々な難易度のコースがあるので、初心者から上級者まで、存分にハイキングを楽しめます。

最高の時間を過ごせる山小屋

壮大なスイスアルプスが連なる中での、綺麗で快適な山小屋に宿泊してみませんか。おすすめのアクテビティーですです。朝日に夕日、星空も満足いくまで存分に堪能できます。宿泊ができないのでしたら、中のレストランでランチやデザートを食べに行くだけでも、思い出に残るような、贅沢な時間を味わうことができます。

登山家の皆さんが御用達にする山小屋ですが、近年では、最新の建築技術で山小屋も改築されています。まるで山岳ホテルのような山小屋に、アルプスの絶景を楽しみたいと一般の方の宿泊希望も増えています。ただ、小屋までは3時間から5時間の険しいトレッキングになるので、利用者は山歩きに慣れた方に限られます。

めぐり合いたい高山植物とエーデルワイス

ツェルマットでは、たくさんの美しく珍しい高山植物が咲きます。中でも、エーデルワイスは「アルプスの女王・高貴な白」とも呼ばれていて、スイスのシンボルとなっています。「エーデルワイス」は、歌でも有名です。それと、大切な注意事項ですが、高山植物は絶対に踏まないようにして、離れたところから鑑賞をしましょう。

古くからエーデルワイスは、高い薬効で知られていました。そのため、多量に摘み取られ、自然種の数が激減してしまったのです。今では、野生のエーデルワイスは、厳しく保護指定されています。なかなか見られない希少種なのですが、7から9月頃に標高1800から3000m、急勾配の山にある石灰岩の周辺や岩影で、小さな花を咲かせます。

ツェルマットの冬を楽しむ見出し

ツェルマットの冬は1年で最も美しく、雪化粧した山々は絶景となります。冬は、壮大な絶景やウィンタースポーツを楽しみましょう。ツェルマットでは、スキーをはじめスノーボードなどの、様々なアクティビティーが盛んにになります。ツェルマットのスキー場は、囲まれた範囲ではなく、そのエリア一体がスキー場になっています。

スキー場で、スキーにスノボもいいですが、氷河スキーやウィンターハイキング、クロスカントリーなど。雪と戯れたり、雄大な山並みや静かな森の散策も満喫できます。遊んだ後はスパで体を休めたり、暖炉の前ではゆっくりと語り合ったりなど、冬の楽しみも尽きることがないです。夏とは違った表情の、ツェルマットを堪能しましょう。

冬の定番おすすめのウィンターハイキング

ウィンターハイキングは、スイス人にとっては、一般的な冬の楽しみ方です。大人も子供も銀世界を散策しています。日本の雪道とは全く違い、圧雪されたコースが整備されているので、歩きやすく初心者でも気軽に楽しめます。雪化粧したマッターホルンを眺めながら歩くなど、冬の絶景は、素晴らしいものがあります。

最近人気中の上昇中スノーシュー

柔らかな新雪に足を踏み入れて歩きましょう。自分の足跡を残しながら歩くのが、スノーシュー・ウォークです。雪の世界を体感できる新しいアクティビティとして、人気が出ています。かつて、かんじきを使って雪上を歩いた時代とは違い、現代のかんじきこそが、スノーシューなんです。かんじきを軽量にして、歩きやすく改良したものです。

なんと言っても冬はスキー

ツェルマットのスキー場は、大きく分けて3つのエリアに分かれます。ゴルナーグラートのスキー場(標高3089メートル)、マッターホルン・グレッシャー・パラダイスのスキー場(標高3883メートル)、ロートホルンのスキー場(標高3103メートル)です。おすすめはスキー場を飛び出して、イタリア側に国境越えスキーをしてみませんか。

ツェルマットのレストランでスイス料理を堪能見出し

山からトレッキングで戻ってきた後やスキー場でスポーツをした後のお楽しみは、レストランでのディナーです。せっかくにツェルマット観光に来たのですから、ヴァレー州ツェルマットのスイス伝統料理を味わってください。素朴で濃厚な料理がお腹を満たしてくれます。

ヴァリサーカンネ

スイスの伝統料理のレストランです。ピザやパスタなども豊富に揃っていますので、気軽に利用できます。たくさんの種類のチーズフォンデュが楽しめます。定番のオリジナルのチーズフォンデュの他に、トマト入りやポルチーニ茸入りなどの、特別なフォンデュもおすすめします。このレストランでは、日本語のメニューが嬉しいです。

ヘルヴェティア

ヘルヴェティアは、ヴァリス州の素朴に溢れたツェルマットの穴場的レストランです。スイス産のチーズと肉を使った料理が自慢です。名物料理のコルドン・ブルーやチーズとハム入りの肉のフライは、超おすすめのメニューです。日替わりの平日ランチもあります。レストランは建物の2階にあります。

ロス・シュタール

店名のロス・シュタールは、馬舎というの意味です。名前の通りに、店内のインテリアとして、アンティークの馬具が飾られいて、とても良い雰囲気のレストランです。新鮮な食材を使った典型的なスイス料理が楽しめます。おすすめのメニューは、ラクレットや何種類もあるチーズフォンデュです。

代表的なヴァレー州ツェルマットのスイス伝統料理見出し

レシュティ

ジャガイモの細切りをフライパンで炒めて、パンケーキのような形にして、表面がカリカリになるまでこんがりと焼いたものです。目玉焼きやチーズを上にのせたり、ベーコンや玉葱を混ぜたりなど、様々なバリエーションも楽しめます。ハッシュドポテトの豪華版でしょうか。

ラクレット

直径40センチもある大型のハードチーズが、ラクレットです。そのラクレットを半分に切って、切り口が溶けたらトロトロのチーズをそぎ落として皿にのせて、茹でたジャガイモにからめて食べる料理です。いかにもスイス料理といった感じですね。ピクルスやパールオニオンが付け合せの定番です。

チーズフォンデュ

日本でも良く知られているのがチーズフォンデュです。2~3種類のチーズを白ワインで溶かして,細長い串の先に小さくちぎったパンを刺し、チーズ絡めて食べる料理です。白ワインと一緒に食べると、チーズの消化を助けてくれます。その他オイルフォンデュなどの、フォンデュ鍋を使ったメニューはたくさんあります。

ツェルマット観光に行きましょう!見出し

いかがでしたか?ツェルマットの魅力を、ご紹介しました。でも、まだまだ書き切れないくらい、たくさんの魅力的なスポットがあります。ツェルマットでのスキー、日本のスキー場とは、かなりスケールが違います。ハイキングやトレッキングなどのスポーツも満喫できます。名峰に囲まれた山また山そして氷河のツェルマットでした。

サンモリッツ人気観光スポット紹介!スイス屈指の高級リゾートを徹底網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
サンモリッツ人気観光スポット紹介!スイス屈指の高級リゾートを徹底網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
サンモリッツは、スイスの魅力溢れる高級リゾート地で、毎年多くの人々が、人気観光スポットへ訪れます。スイスの豊かな自然に恵まれ、夏はハイキング、冬はスキーがおすすめです。ここではサンモリッツの魅力とあわせて、おすすめ観光スポットをご紹介いたします。
投稿日: 2017年10月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote