地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

姫路市立水族館!子連れに嬉しい公園内にある地元密着の楽しいスポット!

姫路市立水族館!子連れに嬉しい公園内にある地元密着の楽しいスポット!

兵庫県姫路市にある姫路市立水族館をご存知ですか。兵庫県在住の人なら誰でも一度はいったことがある地元のための水族館です。小さな水族館ですが、レトロな雰囲気にハマる人続出のレアな水族館として人気のスポットです。姫路市立水族館の見どころと周辺情報をご紹介いたします。

姫路市立水族館へ出かけよう!見出し

兵庫県の最西端、姫路市には「手柄山中央公園」という総面積38ヘクタールの大きな市民公園があります。広大な公園の敷地内には、どこかノスタルジックな雰囲気の「姫路市立水族館」があります。今回は、地元・姫路の人たちに長年愛され続けている姫路市立水族館の魅力と見どころをご紹介いたします。

姫路市立水族館はアットホームな水族館です!見出し

大規模な水族館には、大きな水槽で大きな魚たちが展示されています。大阪の海遊館や神戸の須磨水族館にはジンベエザメがいます。ここ姫路市立水族館には、そのような大きな水槽や大きな魚たちは飼育されていません。播磨地方に生息する生き物を大切に展示している、リーズナブルな料金も魅力の小さな水族館です。

姫路市立水族館の周辺には、植物園や遊園地や公園があります。水族館と合わせて公園を散歩したり、植物園へ向かう人の姿が多くみられます。水族館で生き物と触れ合った後は、家族みんなで周辺を散策してみましょう。人ごみや騒がしいスポットが苦手という人にもおすすめのスポットです。

住所:兵庫県姫路市西延末440 電話番号:079-297-0321

姫路でおすすめの公園は?子供に人気の遊具がいっぱい!お外で遊ぼう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
姫路でおすすめの公園は?子供に人気の遊具がいっぱい!お外で遊ぼう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
姫路市でおすすめの公園を15選形式で紹介します。アスレチックや滑り台などといった子供たちに人気の遊具がある公園です。緑豊かな公園や歴史に触れることができる公園もあり、人それぞれの楽しみ方ができるところが魅力です。そんな姫路の公園にご家族などと出かけましょう。

播磨地方の身近な生き物に出会えます!見出し

播磨地方に生息している、私たちに身近な生き物をメインにした展示が魅力の水族館です。子どもの頃、周辺に生息していたカエルやメダカなどにもう一度会いたい、そんな大人たちのための水族館だと言えるでしょう。もちろんお子さまにも楽しめる工夫がいっぱいです。生き物と触れ合える「タッチプール」はお子さまに人気のスポットです。

姫路市立水族館に行かれた方のもっとも多いのは、「アットホームな雰囲気が素晴らしかった」というクチコミです。水族館に初めて行く、水族館デビューのお子さまにも親しんでもらえる温かみのある展示がもっとも大きな見どころです。お子さまの好奇心を上手にかきたてる、飼育員さんたち手作りの展示に感動される方がとても多いです。

姫路のおすすめデートスポットは?プラネタリウムや個室ディナーが人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
姫路のおすすめデートスポットは?プラネタリウムや個室ディナーが人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
兵庫県の南西部に位置する姫路市で、気になる異性やカップルでのデートを楽しむことができるおすすめのスポットはどこなのでしょうか。今回は姫路で人気のおすすめデートスポットをご紹介します。プラネタリウムや個室ディナーの情報もございます。

姫路市立水族館の見どころ1: 播磨地方の生き物たち見出し

姫路市立水族館は、新館と本館、屋上ビオトープの3つに分けられています。建物それぞれに見どころがあり、新館には播磨周辺の生き物を中心にした「はりまの里池」があります。淡水魚やカエル、オオサンショウオが展示されています。カエルの種類も豊富なので、生き物が大好きなお子さまに人気のスペースです。

新館3階には、人気者のケヅメリクガメのリク君がいます。リク君たちにエサを与えるところも見ることができます。首を伸ばしてエサを食べるリク君は子どもたちに大人気です。リク君たちが館内をお散歩する姿も見どころの1つです。大きなカメが大きな口を開けてエサを食べる愛らしい表情をご覧下さい。

姫路市立水族館の見どころ2:ウミガメの餌やり見出し

姫路市立水族館では、ウミガメのお食事タイムも公開されています。水槽の中を悠々と泳ぐウミガメの姿はよく目にする光景ですが、飼育員さんにエサをねだるウミガメの姿はとても珍しいです。ウミガメがもつコミュニケーション能力の高さなど、新しい発見と驚きがいっぱいの見どころです。

ウミガメの大好きなエサは海藻ですが、海藻がないときは飼育員さんからキャベツをもらいます。慣れているベテランのウミガメは、飼育員さんの姿を見ると我先にと水面から体を出してエサをおねだりします。他の水族館では見ることのできない、陸地に上がったウミガメはカメファンならずとも必見の姿です。

姫路市立水族館にはリクガメやウミガメといったカメの仲間がたくさんいます。大きなカメだけではなく、可愛いタマゴから子ガメ専用のブースもあり、そこはまるで「カメの幼稚園」のようです。生きているカメだけではなく骨格標本や剥製まで展示されています。カメ好きの方には見どころ盛りだくさんのスポットです。

姫路市立水族館の見どころ3:屋上ビオトープ見出し

屋上ビオトープには、播磨地方の自然の池が再現されています。メダカが棲むため池ビオトープには、子どもの頃に見たなつかしい光景が広がっています。入って遊べる「じゃぶじゃぶ小川」にはサワガニやメダカなどの小さな生き物たちが生息しています。メダカを踏まないようにゆっくり歩くお子さまの姿に目を細める方もいらっしゃいます。

屋上ビオトープにいるのはサワガニやメダカだけではありません。毎年かわいい仲間が誕生しています。トンボの仲間やオタマジャクシなどがおり、2月中旬頃まではカエルたちの産卵時期が続きます。生まれたタマゴや親ガエルたちは新館2階の展示水槽で公開されています。

姫路市立水族館の見どころ4:タッチプール見出し

ヒトデやナマコなどの海の小さな生物や、サメやエイたちと触れ合えるのが「タッチプール」です。もちろんみんな生きています。「噛まれないかな?」と怖がりながらサメの背中を撫でる子や、ヒトデを掴んで持ち上げる子など、お子さまたちの歓声が飛び交う、人気のスポットです。

姫路市立水族館を訪れる人たちの中には、このタッチプールをお目当てに来る方も多いです。生きた魚に触れられる貴重な体験ができる水族館として注目を集めています。タッチプールとは別に「ドクターフィッシュ」という人間の角質を食べてくれる珍しい魚の水槽もお子さまたちに人気のスペースです。

姫路市立水族館の見どころ5:モノレール展示室見出し

姫路市水族館の中にはモノレールが展示されています。一見何の関係があるのか不思議に思われる方も多いですが姫路市水族館のある場所は、水族館が創立される以前モノレールの駅舎だったことが理由です。展示室には2両のモノレールがあり、中に入ることもできる鉄道ファンに人気の展示、料金は無料です。

このモノレールは1966年に開催された「姫路代博覧会」の開催時に手柄山公園に登場しました。昭和初期の姫路の華やかな時代を語る貴重な展示物として長年地元の人たちに愛されてきました。展示されている車両はロッキード式物テールとしては世界でたった1つの現存車両です。歴史を語る貴重な展示をご覧下さい。

姫路市立水族館の見どころ6:飼育員さんの楽しいお話見出し

1時間ごとに予定されているエサやり時間に、ふだんお話する機会がない飼育員さんの楽しいお話を聞くことができます。質問も受け付けてくれますので、生き物に関する知識が増えると人気の時間です。ペンギンやウミガメのエサやり時間だけではなく、飼育員さんが巡回する「お話ガイド」の時間もあります。

毎日10時からペンギンのエサやりの時間が始まります。飼育員さんがかわいいペンギンにエサをやりながらお話を聞かせてくれます。11時からはお魚のエサやり、14時からはウミガメのエサやりが始まります。飼育員さんが施設内を巡回するお話ガイドは13時からと15時30分から始まります。

姫路市立水族館の詳細情報見出し

ここからは、姫路市立水族館の利用料金や、駐車場の料金などをご紹介いたします。水族館だけではなく、公園など周辺施設を散策される場合は、歩きやすい靴や帽子持参で行くことをおすすめいたします。また、スポットごとに料金や休業日が異なりますので行かれる場合はご注意ください。

開館時間と料金

姫路市立水族館の開館時間は9時から17時です。入館は16時30分までとなっていますので時間に余裕をもってお入りください。定休日は毎週火曜日ですが当日が祝日の場合は開館され、翌日がお休みとなります。12月29日から翌年1月1日までの年末年始もお休みです。料金は、高校生以上500円、小中学生200円です。

駐車場は「手柄山第1立体駐車場」がおすすめです!

姫路市立水族館に行くなら「手柄山第1立体駐車場」が便利です。料金は1回200円で駐車することができます。利用時間は8時30分から22時まで駐車できます。立体式で498台の駐車スペースがあります。駐車場の3階に駐車すると手柄山山頂への連絡通路があります。水族館へ行くなら3階に駐車することをおすすめします。

姫路市立水族館にはお弁当持参がおすすめです!

姫路市立水族館にはお食事スペースがありません。お弁当が買える売店もないので、お弁当持参で行くことをおすすめします。ベンチなどの休憩スペースはたくさんありますのでお弁当を食べる場所には困りません。飲み物やお弁当を持ってピクニック気分もお楽しみください。

姫路市立水族館へのアクセス方法見出し

姫路市立水族館は電車やバスなどの交通機関の利用でも、マイカー利用のどちらでも便利に行くことができます。大きくてリーズナブルな料金の駐車場も完備されています。電車は山陽電鉄もしくはJRが利用できます。バスで行くと最寄のバス停から水族館までは徒歩5分なのでバスの利用をおすすめします。

電車でアクセスする場合

電車でアクセスする場合は、山陽電鉄線を利用するのが便利です。山陽電鉄は姫路から神戸、大阪を結ぶ鉄道です。大阪や神戸からは阪神電車姫路行きに乗れば途中自然に山陽電鉄に切り替えられます。手柄駅で下車し徒歩約10分です。JR線を利用する場合は姫路駅で下車し、神姫バスに乗ると便利です。

バスでアクセスする場合

JR姫路駅から、姫路市立水族館方面へ向かうバスが運行しています。JR姫路駅南口の神姫バス95、96、97番路線のいずれかに乗車してください。97番線は土日祝日のみの運行です。いずれの路線も「姫路市文化センター前」で下車してください。姫路市立水族館までは徒歩約5分です。

マイカーでアクセスする場合

マイカーでアクセスする場合は、姫路バイパスを利用すると便利です。「中地」インターチェンジで降りて北方向に水族館はあります。途中「手柄山温室植物園」を通過し、手柄山中央公園を半周する形で進みます。「姫路市総合文化センター」の前の道を左折すると駐車料金1日200円の「手柄山第1立体駐車場」に到着します。

姫路市立水族館と一緒に楽しめる!周辺施設情報見出し

手柄山は1966年に開催された「姫路代博覧会」の跡地です。現在は公園や遊園地などの施設になっていますが、当時建設されたパビリオンの建物が現在も残されており、昭和初期の懐かしい風情を味わうことができます。姫路市立水族館周辺の、いろいろな見どころをご紹介いたします。

姫路市立水族館の周辺スポット1:手柄山遊園見出し

手柄山遊園は、ファミリーサイクルやお子さまむけのコイン遊具、エア遊具などがある遊園地です。かつてはジェットコースターや観覧車がある遊園地でしたが、残念ながら2016年に撤去されてしまいました。現在残されている遊具ではちょっと怖い「ミラーハウス・スリラー館」が人気です。料金は大人1100円、4歳以上中学生まで500円です。

夏に公開される手柄山遊園のプールはかなり本格的なプールです。造波プールや流水プールや泡プールまで楽しむことができます。子どもから大人まで楽しめるウォータースライダーもあります。プールの料金は100円、定休日は毎週水曜日です。毎年7月第1土曜日から9月第1日曜日の夏季限定のプールです。

姫路市立水族館の周辺スポット2:手柄山温室植物園見出し

サボテンや食虫植物、洋ランやベゴニアなど熱帯・砂漠地方の植物が展示されている温室植物園です。展示項目は120科1500種もあり総数25000株の植物たちがここで育てられています。展示会の歴史も古く企画展も人気です。日本庭園やバラ園、ロックガーデンなど世界のお花が好きな方におすすめの施設です。

手柄山温室植物園の開園時間は9時から5時までです。休園日は毎週金曜日で年末年始はお休みです。祝日が重なった場合は前日がお休みになります。料金は大人200円、子どもは100円、6歳以下のお子さまは無料です。植物園から手柄山中央公園までは「ちぎり橋」という橋で繋がっているのでアクセスにも便利な植物園です。

姫路市立水族館の周辺スポット3:手柄山ポート見出し

築50年の歴史のあるレトロさが自慢の喫茶店です。「手柄ポート」は展望台の中にあります。この手柄ポートは「回る展望喫茶店」です。展望台を軸におよそ14分をかけて1周します。晴れた日には姫路市周辺から姫路城、小豆島まで見渡せるそうです。昭和初期を思い起こさせるメニューとお店の雰囲気にハマる人も多い喫茶店です。

手柄山ポートの営業時間は10時から17時です。ラストオーダーは16時30分です。定休日は毎週火曜日です。コーヒーやジュースなどの喫茶から、カレーやピラフ、サンドイッチの軽食、パフェなどのデザートまでが用意されています。平成30年3月25日に閉店が決定していますので、興味のある方はお急ぎください!

姫路動物園の見所特集!駐車場の情報や無料で入園できる日を調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
姫路動物園の見所特集!駐車場の情報や無料で入園できる日を調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪に隣接し、神戸市が県庁所在地である兵庫県の市区町村の中で、2番目に人口が多い都市が姫路市です。その目玉スポットはなんといっても姫路動物園です。本記事では、その姫路動物園の見所を、駐車場情報や無料入園日などを含めて紹介していきます。

姫路市立水族館は懐かしさが味わえる水族館です!見出し

近代的で大きな水族館には大規模ならではの素晴らしさがあります。しかし、人ごみの中を急ぎ足で歩くのが残念という人もいます。自然の素晴らしさや生き物の愛らしさをお子さまに伝えたい、という人には、姫路市立水族館がおすすめです。飼育員さんが愛情をかけて飼育している生き物の姿を見つめ、考えさせられる貴重な水族館です。

関連キーワード

投稿日: 2017年10月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote