地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

芦ノ湖スカイラインの料金は?富士山も一望できる人気のスポット!

人気の観光地・箱根へ行く場合、電車を使って向かう方が多いのではないでしょうか。でもせっかくなら、景色や自然をより楽しめる「芦ノ湖スカイライン」でドライブをしてみませんか?今回は「芦ノ湖スカイライン」の料金や富士山が見えるおすすめ絶景ポイントなどをご紹介します。

箱根観光ならぜひ「芦ノ湖スカイライン」でドライブを!見出し

箱根観光の拠点となる箱根湯本駅までは、新宿から約1時間半で行くことができます。しかしそこから箱根の観光地を回るには、バスなどの公共交通機関を使わなければいけません。時間を気にしながら各地を回るより、せっかくなら車やバイクに乗って、箱根の景色や自然をより楽しめる「芦ノ湖スカイライン」でドライブをしてみませんか?

箱根フリーパスを購入して格安で観光しよう!使い方や割引施設も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
箱根フリーパスを購入して格安で観光しよう!使い方や割引施設も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
箱根フリーパスは、箱根エリアを走る交通機関を乗り放題で利用できるお得なチケットです。それだけでなく、実に多くの施設で割引の特典が受けられる、箱根観光には無くてはならないアイテムなのです。今回は箱根フリーパスと、利用できる施設などについてお伝えします。

箱根の自然を楽しめる「芦ノ湖スカイライン」見出し

箱根観光の中心の1つとなっている芦ノ湖は、約3000年前に箱根火山の活動によって生まれた、湧き水が主な水源の湖です。ひょうたん型で南の方が広くなっていて、芦ノ湖から眺める逆さ富士は箱根を代表する景色だと言われています。芦ノ湖へは箱根湯本駅から箱根登山バスに乗って40分ほどかけて向かうのが定番です。

芦ノ湖では釣りやモーターボートも楽しめますが、観光の定番は遊覧船です。こちらの遊覧船は海賊船の姿をしていて、カップルから親子連れまで観光客に大人気となっております。30分、40分、70分の片道・往復コースがあるので、スケジュールや行先に合わせて楽しむことができるのもうれしいポイントです。

そんな芦ノ湖の西の尾根沿いを走る観光有料道路が「芦ノ湖スカイライン」です。神奈川県箱根町と静岡県御殿場市、裾野市、三島市にまたがる全長10.7キロメートルに渡る自然豊かな観光有料道路です。富士山や相模湾を望める景色の美しいレストハウスや峠が点在していて、車やバイクでのドライブにはとてもおすすめのコースとなっています。

箱根・芦ノ湖の観光おすすめスポット特集!遊覧船やロープウェイも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
箱根・芦ノ湖の観光おすすめスポット特集!遊覧船やロープウェイも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
箱根の芦ノ湖周辺は人気の観光スポットがたくさんあり、カフェやレストランなども点在しています。有名な芦ノ湖の箱根海賊船や、パワースポットの名所となっている芦ノ湖畔の神社の他にも、人気の観光名所が並びます。芦ノ湖周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

「芦ノ湖スカイライン」の料金見出し

「芦ノ湖スカイライン」は箱根峠から湖尻峠までの一般区間と、湖尻峠から湖尻水門までの特別区間の2つに分けられて、それぞれ通行料金がかかります。一般区間では普通自動車は620円、バイクは260円で通行できます。特別区間は普通自動車100円、バイクは50円です。片道1回の料金なので、往復する場合は再度料金の支払いが必要です。

「芦ノ湖スカイライン」の営業時間は7時か19時となっております。営業時間外になると箱根峠から湖尻峠までをつなぐ一般区間は閉鎖されてしまうので、通行する場合はご注意下さい。湖尻峠から湖尻水門までの特別区間は、営業時間外になると料金は無料で開放されるので、「箱根スカイライン」や県道への接続は1日中可能となっています。

箱根でドライブ!一人旅にもデートにも使えるおすすめスポット紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
箱根でドライブ!一人旅にもデートにも使えるおすすめスポット紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
箱根は、東京からドライブをしながら1時間強で行けるデートでも、一人旅でも楽しめる、最高の観光スポットです。見どころのスポットも集中していて、ドライブの計画も立てやすので人気があります。箱根のドライブで、一人旅でもデートにもおすすめできるスポットをご紹介します。

おすすめレストハウス1:レストハウス フジビュー見出し

ドライブには適度な休憩が必須です。そんなときにお立ち寄りいただきたいレストハウスをご紹介します。山伏峠にある「レストハウス フジビュー」は、駿河湾を一望できる景色の良いレストハウスです。道路西側に大きな無料の駐車場が設けてあるので、こちらに車を停めて一息つきましょう。営業時間は9時から17時となっております。

レストランでは定食やお蕎麦などがいただけて、季節限定のメニューも登場します。「レストハウス フジビュー」のおすすめポイントは、なんとヘリポートがあるんです。こちらからヘリコプターに乗って箱根の山々を上空から眺める遊覧飛行が体験できるようになっています。期間限定なので、最新情報をチェックしてからお出かけください。

箱根峠側から「芦ノ湖スカイライン」に入った場合、最初に登場するのがこちらの「レストハウス フジビュー」で、車を停めて尾根沿いに5分ほど歩くと山伏峠の山頂まで行くこともできます。こちらからは芦ノ湖と駒ケ岳を望む雄大な景色を楽しむことができます。海・山・湖の3つを楽しめる「レストハウス フジビュー」は大変おすすめです。

おすすめレストハウス2:レストハウス レイクビュー見出し

「芦ノ湖スカイライン」のもう1つのレストハウス、「レストハウス レイクビュー」をご紹介します。こちらはその名の通り、芦ノ湖を眺めることができるレストハウスなんです。レストランのすぐ横に展望台が併設されていて、こちらからは芦ノ湖と駒ケ岳が一望できるようになっています。車やバイクから降りてぜひお立ち寄り下さい。

レストランはお土産屋さんにカフェが併設されたような作りになっていて、「高原ソフトクリーム」や「大名うどん・そば」、「高原特濃乳」などのメニューがいただけます。営業時間は9時から17時で、無料駐車場も備えられています。お店の外をヤギが歩いていることもあるそうで、雄大な自然を味わえるレストハウスとなっております。

箱根のグルメおすすめ21選!旅行中にランチで行きたい人気の名物料理あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
箱根のグルメおすすめ21選!旅行中にランチで行きたい人気の名物料理あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
箱根といえばどんなイメージをみなさんは想像しますか?自然が豊富?山岳地帯?温泉リゾート地?箱根はそれらに加えさらにグルメも堪能できる宝庫です。ご当地の昔ながらのグルメから新しいご当地の味まであらゆる角度からチェックしてみましょう。

「芦ノ湖スカイライン」絶景ポイント1:三国峠見出し

「芦ノ湖スカイライン」の中にはいくつか峠がありますが、その中でも景色が美しいおすすめの峠をご紹介します。1つ目の「三国峠」は、富士山を望むことができる展望峠です。「三国峠 標高1070メートル」と書かれた大きな石碑が目印です。駐車スペースがしっかり設けられており、大型バスが立ち寄ることもあるくらいの絶景ポイントです。

かつては相模・駿河。伊豆の三国の堺だったことから「三国峠」という名前になったようですが、現在は神奈川県と静岡県の2つの県境となっております。富士山の裾野から駿河湾までの大パノラマを楽しむことができる絶景ポイントです。車やバイクから降りて、ぜひ景色を堪能していただきたい場所の1つとなっています。

「芦ノ湖スカイライン」絶景ポイント2:杓子峠見出し

「芦ノ湖スカイライン」内で1番裾野市側に突き出している「杓子峠」も、景色のすばらしいおすすめの峠です。駐車スペースが2つあり、それぞれから違った景色を楽しむことができます。南側の駐車スペースからは裾野市街を見下ろすことができます。夜になると裾野の街の灯を眺めることができる、遠方からでも訪れる価値のある夜景スポットです。

北側の駐車スペースからは雄大な富士山を望むことができます。「杓子峠」と書かれた柱が立っているのが目印で、柱と富士山をバックに写真を撮っている人も多いそうです。季節によっては雲海が見られることもあるそうで、「芦ノ湖スカイライン」で最も景色が美しいポイントとも言われており、ぜひ立ち寄ってほしいおすすめスポットです。

「芦ノ湖スカイライン」おすすめポイント1:命の泉見出し

「命の泉(みことのいずみ)」は、「芦ノ湖スカイライン」沿いにある湧き水です。道路の東側にある赤い鳥居が目印です。ヤマトタケルノミコトがこちらの湧き水を飲んだところ、足の痛みが治ったという伝説があることから、この名がついているそうです。現在では飲み水用ではないそうで、飲む場合には煮沸処理が必要なのでご注意下さい。

鳥居の向かいに駐車スペースがあり、こちらからは静岡県沼津市と三島市方面を望むことができて、夜になると夜景が楽しめるスポットになっていて、なかなかのスケールを味わうことができます。箱根峠と三国峠の間にありますが、ちょっと分かりにくいところにあるので、訪れる際は見逃さないよう気をつけて下さい。

「芦ノ湖スカイライン」おすすめポイント2:メロディーペープ見出し

こちらの「メロディーペープ」は「東京から一番近いメロディが聞こえる道路」だそうで、310メートルの区間を窓を閉めて時速40キロメートルで走行すると音楽が聞こえる仕組みになっています。「ここからはじまり メロディーペープ」という看板が目印です。上り線では童謡「ふじの山」が、下り線では「残酷な天使のテーゼ」が聞こえるんです。

下り線の曲は「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマで、物語の舞台となる架空都市が芦ノ湖北岸にあったことから採用されているそうで、エヴァファンにもぜひおすすめポイントです。残念ながらバイクではメロディを聞くことができないので、「メロディーペープ」を訪れる場合にはぜひ車でドライブすることをおすすめします。

芦ノ湖スカイラインでドライブを楽しもう!見出し

今回は「芦ノ湖スカイライン」の料金とおすすめポイントをご紹介しました。箱根は今まさに紅葉シーズンを迎えているようなので、ぜひ車やバイクで「芦ノ湖スカイライン」をドライブして、美しい景色を楽しんでいただけたらと思います。ご紹介したレストハウスや絶景ポイントで休憩をとりながら、安全運転で箱根観光を楽しんで下さい!

関連キーワード

投稿日: 2017年11月11日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote