地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

敦賀の花火大会の日程や時間は?楽しむ為の情報を徹底調査!

敦賀の花火大会は、海上で約13000発の花火が打ち上げられる人気イベントです!約20万人もの観客が来場するため、楽しむには事前の準備が必須です。そこで、日程や時間などの基本情報とともに、敦賀の花火大会の楽しみ方や注意点などを調べてみました。

敦賀の夏の風物詩!とうろう流しと大花火大会見出し

毎年8月に行われるとうろう流しと大花火大会は、敦賀の夏の風物詩となっています。本記事では、花火大会を楽しむための情報をまとめてみました。日程や時間などの基本情報をはじめ、花火大会観覧の人気スポットや穴場スポット、おすすめホテルや注意点など、ぜひチェックしてみて下さい。

敦賀の大花火大会の特徴見出し

気比の松原でおこなわれる盛大な花火大会!

敦賀の大花火大会は、2017年で68回目を迎える歴史あるイベントです。年々大型化しており、今では約20万人もの観客が訪れる人気イベントになりました。主催は敦賀観光協会、メイン会場は、気比の松原海岸です。

気比の松原は、虹の松原、三保の松原と合わせて日本三大松原と呼ばれ、観光地としても有名です。『万葉集』や『日本書紀』にも記載が見られる、歴史ある土地です。海岸線に沿って、約1.5 kmにわたって松原が広がっています。普段は海水浴場としても人気ですが、大花火大会の時は17時以降遊泳禁止になり、花火に備えられます。

ダイナミックでバリエーション豊かなプログラム!

敦賀の大花火大会では、海岸沿いの敦賀湾の海上から、約13,000発の花火が打ち上げられます。気比の松原から見上げると、海と夜空をバックに、色とりどりの花火がきらめき、とてもダイナミックですよ!花火の種類も、スターマイン、2尺玉、尺玉、水上花火などバリエーション豊かです。花火の光と音、そしてBGMが織りなすスペクタクルに引き込まれます。

2016年敦賀の大花火大会の様子見出し

2016年も、例年通り8月16日に開催されました!2016年のテーマは大河ドラマ『真田丸』でも有名になった敦賀の城主・大谷吉継でした。大谷吉継の戦や友情をイメージした6部構成となっており、それぞれの部で違った趣になっていました。このように、毎年テーマが決まっており、テーマにそってプログラムが構成されているので、最後までドキドキしながら見ることができますよ。

2016年のグランドフィナーレは「契り~関ヶ原の大合戦~」。夜空一杯に広がる2尺玉の3連発打ち上げや、尺玉の100発同時打ち上げが組み込まれた豪華なプログラムでした。また、音楽に合わせて色とりどりの花火が夜空を染め上げていくのは、まるで映画をみているようです。歴史ファンの方なら、大谷吉継や関ヶ原の合戦に思いを馳せるのもまた一興ですね。

敦賀の大花火大会の日程と時間は?見出し

敦賀の大花火大会の日程は、毎年8月16日です。時間は、18時30分からとうろう流しが始まり、19時30分から花火が始まります。今後も変更がなければ、8月16日の18時30分から開催されると思われます。ただし、日程の変更や天候による中止も考えられるので、日程が近くなったら敦賀観光協会に問い合わせるか、公式HPをチェックした方が良いでしょう。

◇敦賀観光協会 住所:敦賀市本町2丁目1番20号 南公民館3F 電話番号:0770-22-8167

県外から敦賀へ向かう場合見出し

敦賀へのアクセス

電車を利用の場合、東京・名古屋方面からは米原駅で特急「しらさぎ」に乗り換え、大阪方面からは 特急「サンダーバード」か新快速「敦賀」行きに乗車します。車の場合は、北陸自動車道を通って敦賀ICで降ります。飛行機だと、最寄りが小松空港になるので、電車か車が便利だと思います。

敦賀で人気のホテル・旅館は?

ビジネスホテルだと、ルートイン敦賀駅前や、東横イン敦賀駅前は敦賀駅にも近く、部屋数が多くて便利です。「せっかくなのでゆっくりお風呂につかったり、海の幸を楽しんだりしたい!」という場合は、光明石でできた大浴場があるニューサンピア敦賀や、源泉掛け流しの温泉が自慢のホテルつるやが人気です。

ツアーや有料観覧券つき宿泊パックもある

「自分でホテルなどを手配する時間がない!」という人は、各旅行社で催行されている団体ツアーに参加するのもいいですね。ツアーの団体バスで来た人向けの観覧席もあります。また、過去にはルートイン敦賀駅前や、東横イン敦賀駅前で花火の観覧券つき宿泊プランもありました。各ホテルか、敦賀観光協会に問い合わせてみると良いでしょう。

◇ルートイン敦賀駅前 住所:福井県敦賀市鉄輪町1丁目6-2 電話番号:0770-21-2232 ◇東横イン敦賀駅前 住所:福井県敦賀市白銀町5−20 電話番号:0770-20-1045

メイン会場・気比の松原が一番人気の観覧スポット!見出し

敦賀の花火の観覧で一番人気なのは、やっぱりメイン会場の気比の松原です。真正面の空いっぱいに花火が広がるのは圧巻の一言です。人気スポットのため、人も一番多いですが、苦労して見る価値はあると思います。ぜひ一度行ってみて下さい!

公共交通機関でメイン会場へ向かう場合見出し

公共交通機関で行く場合、電車ならJR北陸本線敦賀駅を降りると、無料シャトルバスが出ています。無料シャトルバス「川崎岸壁行き」で約10分、終点で降りて徒歩15分程度で到着します。当日は案内が出ていますし、人の流れに沿って行けば迷わないので、まずはJR敦賀駅を目指し、そこから無料シャトルバスに乗るのが確実ですね。

車でメイン会場へ向かう場合見出し

アクセス

車の場合、通常だと敦賀ICを降りたら国道27号と県道33号を通って松原海水浴場方面へ向かうと、15分程で会場付近に到着します。ただし、会場付近に車を止めると、交通規制が敷かれるため解除されるまで帰れなくなってしまいます。そこで、敦賀ICを降りたら臨時の無料駐車場へ向かい、そこから無料のシャトルバスで会場に行くのがおすすめです。

無料駐車場情報

敦賀の大花火大会では、毎年臨時の無料駐車場が開放されます。2016年は、敦賀市総合運動公園、敦賀市立看護大学、蓬莱岸壁駐車場、金ヶ崎緑地駐車場、プラザ万象が開放されました。「敦賀観光案内サイト」では大会前に臨時の駐車場やシャトルバスのマップがアップされるので、出発前にチェックしてみて下さい。

有料観覧席で花火を楽しむには?見出し

敦賀の花火大会の有料観覧席は、あまり多くありません。まずは、市民向けの観覧席が7月頃から販売されます。過去の例だと、300席限定で、1席1000円でした。次に、敦賀市内のホテルで有料観覧券つき宿泊パックです。早めに日程が決められるなら、宿泊パックがおすすめです。最後に、団体バスツアー向けの有料観覧席があります。これが一番確実ですね。

敦賀の花火大会おすすめ穴場スポット見出し

天筒山展望台

混雑を避けて花火が見られる穴場スポットとしては、天筒山展望台が人気です!会場から離れていますが、高台にあるので意外と眺めがいいんですよ。ただし、駐車場から展望台まで20分ほど上らなければならないので、足下には十分注意して下さい。

若狭湾エネルギー研究センター

敦賀の大花火大会の日は、若狭湾エネルギー研究センターも夜まで開放しています。会場から離れているため、混雑が避けられます。敦賀駅からタクシーで約20分で、アクセスの面では天筒山展望台より便利です。地元の方に人気の穴場スポットみたいですよ。

楽しむための注意点見出し

ホテルは早めに確保したい

敦賀の花火大会は約20万人が参加する人気イベントです。決して大きな都市ではない敦賀では、当然ホテルの予約がとりにくくなります。敦賀行きの日程が決まったら、できるだけ早くホテルを確保しましょう。宿泊すれば、花火大会のついでに敦賀観光をすることもできますよ。

場所取り・トイレは時間に余裕をもって

花火の開始は19時30分ですが、メイン会場の気比の松原海岸では、夕方5時位には場所取りの人がいっぱいになっています。花火をベストポジションで観覧するには、時間に余裕をもって、当日の午後から夕方には場所取りをしておいた方が良さそうです。また、トイレも混むので、早めにすませておくのがおすすめです。

渋滞と交通規制に注意

車で会場に向かう場合、行き帰りも渋滞になる可能性が高いので注意して下さい。また、会場付近では歩行者優先のため、交通規制が敷かれているところもあります。駐車場に限りもありますし、時間に余裕をもって行く必要があります。公共交通機関が利用できる方は、そちらも検討してみるといいかもしれません。

花火と一緒にとうろう流しも楽しもう!見出し

18時半からおこなわれるとうろう流しもおすすめです。とうろう流しは、日本のお盆の伝統的な行事。死者の魂を弔って、海や川にとうろうを流します。僧侶の読経に続いて、海に赤・青・黄色のとうろうが流される様子は幻想的で美しいです。松原公園では1個500円でとうろうを買うこともできます。

早めの準備で敦賀の花火を満喫しよう見出し

ダイナミックな花火が楽しめることで人気の敦賀の花火大会。来場者は年々増えているので、事前に楽しむための情報をおさえておくのが必要です。日程や時間は例年決まっているので、早めに計画を立てて、ホテルをおさえたり、アクセス方法を調べたりしておいて、当日は思いっきり花火を楽しみましょう!

もっと敦賀について知りたい方におすすめ!

敦賀の温泉で日帰りOKなところは?おすすめの宿や旅館も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
敦賀の温泉で日帰りOKなところは?おすすめの宿や旅館も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福井県の南西部・敦賀湾に面する敦賀市。小浜や若狭と同エリアにくくられ人気の観光スポットがいっぱいあります。観光と合わせて楽しみたいのが温泉ですが、敦賀にも日帰りで利用できるおすすめの温泉があるのはご存知でしたか?まとめておりますので早速ご覧ください。

関連キーワード

投稿日: 2017年4月5日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote