地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の穴場観覧スポットを調査!駐車場は?

千葉県勝浦市で毎年開催されるかつうら若潮まつり花火大会は、勝浦漁港で開催される花火大会です。勝浦の若潮まつり花火大会の見どころ、場所取りや穴場の観覧スポット、アクセス情報、駐車場情報と勝浦の若潮まつり花火大会の混雑状況についてご紹介します。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会に行ってみよう見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は、千葉県勝浦市の勝浦港で毎年開催される花火大会です。勝浦市は千葉県の外房にあってなかなか人が集まりにくいので、その分穴場の花火大会となっています。かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の見どころや、開催概要に加えて、場所取りや穴場の観覧スポット、アクセス、駐車場情報と花火大会当日の混雑状況についてご紹介します。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会はどんな花火大会?見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は千葉県勝浦市の勝浦港を使った花火大会で、勝浦の夏の風物詩とも言われています。打ち上げ数は2000発、例年の人では4万5000人と少ないですが、その分ゆったりとした雰囲気で花火鑑賞を楽しむことができます。外房の勝浦は海の幸が美味しいので、勝浦へバケーションと合わせて花火大会来る人も多いようです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の魅力見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の魅力は、音楽とコラボレーションした音楽花火と、勝浦港を使った水中花火です。2017年はフランスの作曲家ビゼーの「ファランドール」を使った音楽花火がフィナーレを飾りました。毎年異なる音楽とのコラボレーションが見られるのも楽しみの一つです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は打ち上げ場所が勝浦漁港でメイン会場から近いため、目の前で音楽花火と水中花火を体感できるのがこの花火大会の大きな見どころと言えます。また、かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は人出が4万5000人とそこまで多くないので、ゆったりとした勝浦の海の雰囲気を感じながら鑑賞できるのもポイントです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の開催日程見出し

2017年のかつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は、8月12日の金曜日に開催されました。近年は曜日にかかわらず8月12日の開催でしたが、8月15日に開催した年もあるので、その年によって日程は変化するようです。かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は、8月のお盆周辺に開催されると考えておけば良いでしょう。打ち上げ開始時間は19時15分、時間にして1時間弱です。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会当日が荒天の場合は、翌日に順延となります。また、翌日には車で20分ほどのところにある勝浦市の興津湾で灯籠流しが開催されます。これも勝浦の若潮まつりの一環のイベントです。千葉県外房の勝浦に宿泊して、かつうら(勝浦)若潮まつりの2つのイベントに足を運んでみるのもおすすめです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の会場見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の会場は勝浦漁港付近となっていますが、実際は勝浦中央海水浴場が王道の鑑賞スポットになると思われます。打ち上げ場所となる勝浦漁港はすぐ近くで、夜空の打ち上がる花火と水中に打ち上がる花火をとてもきれいに見ることができるスポットです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会には有料観覧席はありません。かつうら(勝浦)の若潮まつり花火大会の場所取り開始時間は当日16時以降となっています。かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は人出がそこまで多くない花火大会なので、花火開始前でも問題なく場所取りをすることができます。場所取り時間を気にしなくていいのは嬉しいです。この花火大会自体が穴場と言えるでしょう。

最近は花火大会でドローンを使って撮影する人がいるようですが、かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会ではラジコンヘリやドローンなどの無線を使った航空機の飛行は禁止されています。せっかく千葉県勝浦の地でゆったり花火を見られる機会なので、勝浦の海の雰囲気を感じながら花火大会を満喫してください。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は漁港周辺及び、勝浦中央海水浴場周辺が観覧スポットとなりますが、海の近くは夜に冷えることが予想されます。千葉県の外房は暖かい場所と言われていますが、それでも夕方以降は気温が下がるので、花火鑑賞の際にはシャツやストールなどの防寒着を持参することをおすすめします。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の穴場鑑賞スポット見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の魅力である水中花火をきれいに見るには、メイン会場となる勝浦中央海水浴場で見るのが一番です。それ以外の穴場となる観覧スポットは、勝浦漁港近くの浜勝浦区民館周辺や、遠見岬神社となります。メイン会場に比べると人出も少なく穴場の観覧スポットとなりますが、水中花火をきれいに見られない可能性がありますのでやはりメイン会場をおすすめします。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の屋台見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会では約60から90ほどの屋台が出ます。数はそこまで多くありませんが、焼きそばやたこ焼き、ラムネのような昔ながらの屋台が並びますので、お祭り気分を味わいながら屋台飯を楽しむのがおすすめです。海沿いと屋台という組み合わせは、夏の夜を楽しむのにぴったりです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会へのアクセス見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の最寄り駅は千葉県を走るJR外房線の勝浦駅です。勝浦駅から勝浦中央海水浴場まで徒歩5分程度で近いです。周辺には勝浦の旅館やホテルが立ち並んでいますので、夏のバケーションで勝浦を訪れるのもおすすめです。千葉県の外房は海の幸が美味しく、自慢の磯料理を食べることができます。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は駐車場の数が少ないため公共交通機関で来場することを推奨していますが、車でアクセスする場合は圏央市原鶴舞インターチェンジから50分程度で、勝浦の若潮まつり花火大会の会場付近まで到着することができます。周辺のホテルや旅館に宿泊する場合は、そこに駐車場がついているので便利です。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の駐車場見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会に際して勝浦市が用意している駐車場は、勝浦市役所にあります。勝浦市役所は花火大会会場まで徒歩15分程度のところにありますが、台数はとても少ないのですぐ埋まるでしょう。同じく徒歩15分程度の日本武道館研修センターの駐車場も利用可能ですが、こちらも数は多くないのですぐ埋まる可能性が高いです。

勝浦市が用意している2つの駐車場から勝浦中央海水浴場などの会場周辺へは、各自徒歩でアクセスする必要があります。シャトルバスの運行などはありませんので、ご注意ください。かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会当日は勝浦市街地が混雑するので、できる限り公共交通機関を使ってアクセスするのがおすすめです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の交通規制見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会当日は勝浦周辺の道路が混雑するので、車両通行止めの交通規制が行われます。勝浦駅入り口から港橋までは18時30分から花火打ち上げ終了時間後の20時30分まで、港橋から浜勝浦橋は18時30分から打ち上げ終了時間後の21時まで、港橋から小柳橋と浜勝浦橋から植村記念公園までは、19時15分から打ち上げ終了時間後の20時15分まで交通規制となります。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の混雑状況見出し

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会の当日に一番混雑するのは、JR外房線勝浦駅の周辺です。特に、駐車場がある勝浦市役所や日本武道館研修センター側から会場となる勝浦中央海水浴場までの道路は、大変混雑します。勝浦市に入るための周辺道路も混雑となるので、かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会に来る場合は、早めに勝浦市に着いておくのがおすすめです。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会に来たら海の幸も楽しもう見出し

千葉県外房の海に面している勝浦市は、海の幸が美味しいことでも有名です。せっかく勝浦に来たのなら、千葉県外房の海の幸を堪能していきたいものです。勝浦市といえば実はカツオやマグロが有名です。勝浦漁港周辺では、勝浦や外房の海の幸が食べられるお店が並ぶので、勝浦に一泊して外房の地をとことん楽しんでみってはいかがでしょうか。

勝浦の朝市でおすすめの食事は海鮮丼?名物を紹介!駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
勝浦の朝市でおすすめの食事は海鮮丼?名物を紹介!駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
歴史ある千葉県勝浦市の朝市は勝浦を代表する名所。港で水揚げされた新鮮な魚介類を使った海鮮丼は特におすすめ!美味しいもの目当てにいつもたくさんのお客さんで賑わって賑わっています。今回はそんな千葉県勝浦朝市の名物グルメをご紹介。駐車場情報もあります。

また、勝浦は「勝浦タンタンメン」が有名な土地でもあります。勝浦タンタンメンは勝浦の漁師や海女さんなど、勝浦の海で働く人を支えた勝浦のご当地B級グルメです。勝浦の海で働く人の体を温め続けてきたとされる辛い勝浦タンタンメンを勝浦の地で食べてみるのもおすすめの勝浦の過ごし方です。

勝浦タンタンメンとは?おすすめ人気店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
勝浦タンタンメンとは?おすすめ人気店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県勝浦の有名なグルメのタンタンメンは、勝浦の漁師や海女の人達が仕事の後に食べてたご当地フードです。B級グルメランキングなどで勝浦タンタンメンは全国的にも有名になり、ラーメン以外の商品化なども増えています。そんな勝浦タンタンメンのおすすめのお店を紹介します。

かつうら(勝浦)若潮まつり花火大会はおすすめ!見出し

打ち上げ会場から近い距離で、音楽とコラボレーションした音楽花火や、勝浦漁港に打ち上がる水中花火が見られるかつうら(勝浦)若潮まつり花火大会は、千葉県外房の地であまり混雑せずにゆったりと花火鑑賞ができるおすすめの花火大会です。花火大会の前後には外房の海の幸や、外房の海を楽しみつつ、夏の思い出を作ってみてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月13日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote