地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

鵜原理想郷は心霊スポット?ハイキングに釣りや絶景も楽しめる!!

首都圏からのアクセスも便利な千葉県勝浦の人気観光スポット、鵜原理想郷。そのリアス式海岸はまさに絶景!景勝地としての他、ハイキングや釣りなどのレジャーも楽しめます。そして実は、心霊スポットとしても知られているのです!そんな勝浦と鵜原理想郷の魅力をご紹介します。

千葉県勝浦市といえば?見出し

東京からわずか2時間弱でアクセスできる千葉県勝浦市。勝浦と言えば、400年以上の歴史を持つ朝市とカツオ漁が有名です。漁港のイメージが強い勝浦市ですが、他にも稀にみる美しい景勝地などの観光スポットもあるのです。まだまだ知られていない千葉県勝浦市の魅力をお届けします。

リアス式海岸の絶景地である「鵜原理想郷」見出し

千葉県勝浦市にある鵜原理想郷。太平洋の荒波に浸食され生まれたリアス式海岸は野趣に富み、絶景ポイントとして人気です。大正時代にはここを別荘地とする計画があり、そこから「鵜原理想郷」と呼ばれるようになったとか。迫力ある自然の造形美に魅了された文豪、文化人も多く訪れている景勝地です。

鵜原理想郷へのアクセスは?見出し

【鉄道】鵜原理想郷へのアクセス情報

東京駅からJR特急わかしおで勝浦駅へ。勝浦駅までは約1時間半、のんびり鉄道の旅を楽しみましょう。勝浦駅からはJR外房線でひと駅の鵜原駅で降車し、鵜原理想郷へは徒歩15分。勝浦・鵜原駅間はダイヤが少ないので、事前に時刻表をチェックしておいた方がおすすめです。

【車】鵜原理想郷へのアクセス情報

首都圏中央連絡自動車道を市原舞鶴ICで降り大多喜街道(国道297号線)に入ります。勝浦駅付近からは、外房黒潮ライン(国道128号線)で鵜原駅付近まで走ります。外房黒潮ラインは海沿いを走るルートで間近に望む太平洋の景色が素晴らしく、ドライブも楽しめます。

鵜原理想郷の景色を楽しみながらハイキング見出し

鵜原駅から徒歩7分ほどのところに鵜原理想郷ハイキングコースの出発地点があります。鵜原理想郷の景観を楽しむため、一周2.3kmのハイキングコースが整備されています。爽やかな潮風を感じながら、複雑に入り組んだリアス式海岸の崖、紺碧の海などの美しい景観や四季折々の花々や植物を楽しみながら歩きましょう。

数々の名勝ポイントを楽しめる鵜原理想郷見出し

のんびり歩いて1時間半ほどのハイキングコースのスタートは、なんとも言えない趣を感じさせる手掘りのトンネルです。また途中には19ケ所に道標が設置されています。他にも名勝ポイントがいくつかあり、これもハイキングの楽しみのひとつです。写真撮影にはかかせない絶景ポイントや名勝地の歴史、由来などをご紹介します。

ごとがえり

ごとがえりは、入り江になっていて、砂浜を歩くこともできます。この海岸の崖を見ると、これも太平洋の荒波によってできた海食目洞がいくつかあります。この洞は崖が形成され、岩質の弱い部分が波の浸食によって自然に作られたものです。長い年月をかけて作られた自然の神秘を感じます。浅瀬の海水の色も透明度が高く綺麗です。

かつうら海中展望塔

山道の遊歩道を歩いていくと、かつうら海中展望台が見えてきます。海の沖合60mのところに立つ高さ24.4m、水深8mの白い展望塔は、切り立った崖と紺碧の海に一際映えてまるで絵葉書のようです。展望塔内部のらせん階段を下りれば、24の海中窓があり、窓から海の生き物が観察できます。

篠田悌三郎の句碑

大正から明治にかけて活躍した俳人、篠田悌三郎の句碑があります。碑には彼がこの地を訪れて詠んだ「崎山に 千原の平ら 虫の原」という唄が刻まれています。句碑の周りは囲いがありますが、土台となっている岩肌のユニークな形のアーチの中に入って写真を撮る人が多くみられます。

手弱女平(たおやめだいら)

岩肌が露出した小高い丘のような場所が手弱女平と呼ばれる岬です。鐘つきのデザインベンチが人気で鵜原理想郷の中でも一番の撮影スポットです。東に突き出した岬からは海中展望塔や八幡岬も見渡すことができ、最高の眺めです。近くに東屋もあるので、ここで一息休憩するのもいいですね。

黄昏の丘

黄昏の丘からは、鵜原海岸一帯が見渡せます。まさに風光明媚という言葉がぴったりのパノラマ風景が広がっていて、この場所に感化され唄を詠んだ歌人たちの気持ちがわかります。また、その名の通り、ここから見る黄昏時の夕日はとても美しく、日没前の時間に合わせて訪れる方も多い場所です。

黄昏の丘から見る夕焼け

遮るものがなにもない、綺麗な夕焼けと夕日に照らされた海の絶景。同じ太陽でも、夕日には癒しの効果があると言われています。心が浄化され、穏やかな気分になるというのは科学的にも証明されています。日常では、夕方は誰もが忙しい時間帯で夕焼け空を見る余裕がありませんが、理想郷ならではの癒し効果を実感したいものです。

ひとつやま

手弱女平から見えるひとつやまと呼ばれる小島です。木々や海岸性の植物が生い茂っていて、自然の造形美に圧倒されます。ひとつの独立した小島になっていますが、はるか昔は手弱女平とつながっていたようです。長い年月、荒波によって削られ、小島が出来上がったのです。きっとこれからも地形は変わっていくのでしょうね。

白鳳岬

白鳳岬から望む毛戸岬は、雄々しい断崖が魅力の絶景ポイントです。この地を愛した俳人、与謝野晶子は「しら波が 輪を繋ぎつつ鵜原崎 毛戸の小島をめぐるなりけれ」をはじめ、計76首の唄を詠んだと言われています。文豪、三島由紀夫もその著書の中で鵜原理想郷の景観美を絶賛しています。

勝場漁港

最後の名勝ポイント勝場漁港です。ここでも浸食された崖が見える秘境ならでは雰囲気を持つ港です。また少しですが、釣りができるポイントもあります。ご紹介した以外にもスポットによって、さまざまな絶景を見ることができます。時間をかけていろんな景観を楽しむのがおすすめです。お問い合わせは、千葉県勝浦市観光商工課(電話:0470-78-6641)まで。

勝浦を満喫できる散策コース見出し

鵜原理想郷のハイキングコースの他にも、電動アシスト付きレンタルサイクルで勝浦灯台や八幡岬公園など勝浦、鵜原を満喫できる散策コースいくつかあります。時間に余裕のある方は、是非勝浦をまるごと満喫しましょう。お問い合わせは、カッピービジターセンター(電話:0470-73-2500)まで。

夏は勝浦屈指のビーチ!鵜原海水浴場へ見出し

鵜原湾に面した場所に位置する鵜原海水浴場は、大人気のスポットです。南に鵜原理想郷の美しい景観を望むその砂浜は、遠浅で泳ぎやすく、海水の透明度も高く「日本の渚・百選」に選ばれているほど。交通アクセスもJR鵜原駅から徒歩5分、有料駐車場(1日1000円)も300台が完備されており、利用しやすいのも魅力です。

勝浦と言えば釣り!見出し

勝浦は首都圏からのアクセスも便利で、釣り人たちに人気です。釣りスポットが近在しているため、場所を変えたい時にもすぐ移動できるのも利点のひとつ。海水の透明度が高いため魚影が見えやすく、魚のいるポイントが分かりやすいので、初心者や家族連れにおすすめです。では勝浦の釣りスポットをご紹介します。

大人気!勝浦漁港

千葉県で釣り好きに人気NO.1のスポットと言えば、勝浦漁港です。一年中アジが釣れるので、釣り初心者の方にもおすすめです。また釣ったアジを生き餌にして、ヒラメ釣りを狙う人もいるとか。現在、4時から16時までは、釣りが全面的に禁止ということですので、それ以外の時間帯にチャレンジしてみてください。

マイペースに釣りを楽しめる鵜原港

鵜原港は勝浦漁港に比べると小さな漁港ですが、それほど混雑しておらず、のんびり釣りを楽しめるのでおすすめです。鵜原港も一年中アジが釣れ、夏場はキス、それ以外の時期はメジナやクロダイが狙えるようです。よく釣れるポイントを地元の漁師さんに教えてもらうのもいいかもしれませんね。

大型のアジが釣れる守谷海岸

夏は海水浴客で賑わう守谷海岸も釣りスポットです。大型のアジが狙えることで有名で、釣り人たちに愛されています。海岸の左右に堤防があり、そこで釣りを楽しめます。交通アクセスは、国道128号線の鵜原交差点を曲がり、守谷海岸交差点を左折して南下します。

鵜原理想郷は心霊スポット?見出し

SNS上で話題になっている「鵜原理想郷は心霊スポット説」。確かに鵜原理想郷には、薄暗いトンネルが多く存在し、ハイキングコースの途中には神社もあり、スピリチュアルな雰囲気があります。本当のところはどうなのでしょう?心霊スポットについて調べてみました。

勝浦にある心霊スポット「おせんころがし」

千葉県の数ある心霊スポットの中で有名なのが「おせんころがし」です。正式には勝浦市から鴨川市にまたがる約4kmの崖の通称です。名前の由来は諸説ありますが、昔この地に住んでいた豪族の娘おせんが村人を苦しめる父親を改心させようとつとめましたが、聞き入れられず崖から身を投げたというのが有力な説です。

おせんころがしの慰霊碑

勝浦市大沢地区におせんころがしの慰霊碑があります。立派な慰霊碑ですが、夜ライトアップした佇まいは、心霊スポットらしい雰囲気が漂っていますね。碑には「孝女お仙之碑」と刻まれています。また昭和初期には、この地で事件があったことも関連して、心霊スポットとして有名なようです。

勝浦のもうひとつの心霊スポット「官軍塚」

勝浦市川津地区にも心霊スポットがあります。戊辰戦争時、熊本藩の船が川津沖で難破して亡くなった200名もの犠牲者を埋葬供養した場所です。男性の幽霊が出る、という噂があり、心霊スポットとして知られています。勝浦市の市指定史跡になっており、散策コースなども作られています。

勝浦には魅力がたくさん!見出し

以上、首都圏から日帰りでも行ける勝浦、鵜原理想郷の情報をお届けしましたが、いかがでしたか?これからの季節は、旅行やレジャー、デートにぴったりのシーズンです。ハイキングに釣り、海水浴、心霊スポットめぐりまでできる勝浦には、まだまだ魅力がたくさんです。是非、今度のお休みにはお出かけください。

もっと勝浦や鵜原理想郷の情報を知りたいアナタへ!

勝浦の観光おすすめスポットランキングTOP15!人気の穴場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
勝浦の観光おすすめスポットランキングTOP15!人気の穴場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県にある勝浦市といえば、房総半島に位置し、東京からも割りと近い場所にあるため、観光地として注目を集めています。勝浦は海の透明度も高く、マリンスポーツなども楽しめる海水浴場も多いです。恋人や家族と一緒に行ってみたい勝浦のおすすめ観光スポットをご紹介します!
勝浦の朝市でおすすめの食事は海鮮丼?名物を紹介!駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
勝浦の朝市でおすすめの食事は海鮮丼?名物を紹介!駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
歴史ある千葉県勝浦市の朝市は勝浦を代表する名所。港で水揚げされた新鮮な魚介類を使った海鮮丼は特におすすめ!美味しいもの目当てにいつもたくさんのお客さんで賑わって賑わっています。今回はそんな千葉県勝浦朝市の名物グルメをご紹介。駐車場情報もあります。
勝浦タンタンメンとは?おすすめ人気店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
勝浦タンタンメンとは?おすすめ人気店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県勝浦の有名なグルメのタンタンメンは、勝浦の漁師や海女の人達が仕事の後に食べてたご当地フードです。B級グルメランキングなどで勝浦タンタンメンは全国的にも有名になり、ラーメン以外の商品化なども増えています。そんな勝浦タンタンメンのおすすめのお店を紹介します。
投稿日: 2017年4月9日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote