地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

千石台オートキャンプ場は海&川が楽しめる人気施設!自然を満喫できるスポットも

千葉の千石台オートキャンプ場は、海も川も満喫できる大自然が魅力的なキャンプ場です。千葉に数あるキャンプ場の中でも、千石台オートキャンプ場はサイトの種類も豊富にある珍しいタイプのキャンプ場なのでおすすめです。都内からも近い、千石台オートキャンプ場を特集します。

海も川も!千石台オートキャンプ場で大自然を満喫しよう見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

千葉県の南房総エリアにある千石台オートキャンプ場は、海遊びも川遊びもできる、大自然に囲まれた場所にあるキャンプ場です。

それだけでなく、山の中にあるので山遊びもできますし、夜になると綺麗な星空を眺めるのもおすすめです。そんな大自然たっぷりの環境にある千葉の千石台オートキャンプ場についてご紹介していきましょう。

千石台オートキャンプ場は千葉の人気施設!見出し

Photo by Go Imai

千葉県内には、沢山のキャンプ場がありますが、山も海も川も一か所で堪能できる場所はそう多くはありません。そのため、千石台オートキャンプ場は、千葉にあるキャンプ場の中でもとても人気がありキャンプ初心者の方にもおすすめです。

千葉の千石台オートキャンプ場には、色々なタイプのサイトもあり、入浴施設や炊事場なども完備されているので、はじめてキャンプされる場合でも、安心して訪れることができます。

海や川など自然を満喫できる人気サイトをご紹介!

Photo by Go Imai

また、自然豊かなエリアにあるキャンプ場のため、海と川と山遊びを楽しむことができます。自然を満喫できる人気サイトばかりですので、どのサイトを選んでも飽きることがありません。

そのため、家族連れにも人気があり、新緑の季節や紅葉の季節などはとてもおすすめです。都心からもアクセスしやすい千葉県にあるので、ぜひ一度千石台オートキャンプ場に訪れてみませんか。

千葉のおすすめオートキャンプ場ランキング!海?温泉?人気スポットは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
千葉のおすすめオートキャンプ場ランキング!海?温泉?人気スポットは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海に囲まれた千葉県には、海水浴やマリンスポーツの拠点におすすめのオートキャンプ場がたくさんあります。思いっきり遊んだ後には、疲れを癒す温泉があれば、なお最高。そんな千葉県でおすすめのオートキャンプ場を、ランキングにしてみました。

千石台オートキャンプ場の魅力・おすすめポイント見出し

Photo by nidate

まずは、千葉のおすすめキャンプ場である千石台オートキャンプ場の魅力を見ていきましょう。おすすめポイントが沢山あるキャンプ場ですので、行きなくなること間違いなしです。

千石台オートキャンプ場は、都会では体験できないような自然を肌で感じられる経験が色々と出来るサイトです。自然が豊富にあるキャンプ場ではありますが、不便さがないように工夫されているのもおすすめなポイントです。

少人数制で静かにのんびり過ごせるキャンプ場

Photo by ColdSleeper

大型のキャンプ場は、人が多くて少々苦手という方も多いはずです。そんな方には、千葉の千石台オートキャンプ場は、とてもおすすめな場所です。

少人数制で静かにのんびり過ごせるキャンプ場でもある千石台オートキャンプ場には、サイトで快適に過ごせるように色々なルールが設けられています。少人数なだけでなく、きちっとルールもありますので、不快な思いをせずに済みます。

川遊びや山遊び・海水浴も楽しめる

Photo by jinkemoole

千石台オートキャンプ場は、山の中にあるキャンプ場です。そのため、山遊びを気軽に楽しむことができます。

周囲は気に囲まれているサイトもあるので、地形を生かしてテントを張ることもできます。他にも、川や海にも近いので、山と川と海とで色々な遊びを体験することが可能で、家族でキャンプをしたい場合にもおすすめです。

近くに露天風呂や食事処も

キャンプ場によっては、お風呂やレストランがないので、そういった不自由さが苦手という方も少なくないでしょう。

しかしながら、千石台オートキャンプ場では、近くに露天風呂や食事処も完備されているので、困ってしまう事はありません。便利な部分は残しつつも、自然を満喫できるようなサイト作りをしているキャンプ場ですので、初心者の方にもおすすめとなっています。

本州で最も遅い紅葉狩りが楽しめる

Photo by t.shigesa

千石台オートキャンプ場は、山の中にあるので、新緑や紅葉の季節に訪れるのも美しい自然が楽しめておすすめです。

また、千石台オートキャンプ場から車で15分の所には、本州で最も遅い紅葉狩りが楽しめるとも言われている養老渓谷や粟又の滝などの観光スポットもありますので、昼間はそちらにドライブに出かけても楽しいでしょう。

珍しいクワガタに遭遇するチャンスも

Photo byBergadder

千石台オートキャンプ場には、木々に囲まれたサイトもあるため、珍しいクワガタを見つけられることもあります。

クワガタ以外にも、季節によって色々な昆虫を採集できることもありますので、虫採りに興味がある方は、虫かごや虫網を持参して行かれるといいでしょう。併せて、虫以外にも野鳥を観察したりもできますので、ぜひお気に入りのカメラなども持っていくのがおすすめです。

千石台オートキャンプ場の宿泊サイト見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ではここからは、千石台オートキャンプ場の宿泊サイトや設備面についてもご紹介していきます。千石台オートキャンプ場には、色々なタイプのサイトがありますので、ぜひ用途によって使い分けてみてください。

また千石台オートキャンプ場に訪れてみて気に入った場合は、各サイトに泊まって比べてみるのも楽しいようです。キャンプの経験度や熟練度によっても使い勝手が違いますし、森林の中がいいのか、川遊びなどが好きなのか、またバンガローなどの方が快適なのか、泊まり比べてみるのもいいでしょう。

広場サイト(9区画)

テントを簡単に設置したいなら、広場サイトがいいでしょう。全9区画ほどあり、広々としているので面倒くさい下準備なくテントが張れます。

また通路が広く取ってあるので、車で乗り入れることも可能です。バーベキューなどもしやすいので、平らな広い場所がお好みなら広場サイトがおすすめです。

林間サイト(9区画)

森の木陰にテントを張りたい場合は、林間サイトもあります。特に夏場は木陰の方が涼しいので、こちらのサイトが人気となります。

全部で9区画ほどあり、木々に囲まれているので、タープやハンモックなどの設営も可能です。ツリーテントや今人気のスラックラインなども楽しめますので、キャンプ上級者には、こちらのサイトがおすすめとなっています。

野原サイト(7区画)

他にも、期間限定ではありますが、野原サイトがオープンになることもあります。全7区画ほどで、地面は草地です。

ただし、草の下は土になるので、ペグが少々打ちにくいのが難点です。他にも管理室からは100メートルほど離れているので、少々遠いと感じる方もいるでしょう。しかしながら、石などは転がっていないので、座ったり寝た際に、ぼこぼこすることがないのはメリットです。

バンガロ(3人用・4人用)

キャンプ初心者で、大型テントなどは持っていない方には、気軽にキャンプが楽しめるバンガローもおすすめです。

3人用と4人用の2棟あります。こちらのバンガローは、寝る事だけを目的としていますので、余計な家具や設備などはありません。寝る時のみ利用し、あとは外で存分にキャンプを楽しんでみてください。その分料金もリーズナブルなので、家族での利用も人気があります。

千石台オートキャンプ場の施設・設備見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

次に、千石台オートキャンプ場の気になる施設や設備面についてもチェックしていきましょう。キャンプ場にいって、まず気になるのはこのポイントでしょう。

どんな設備が揃っていて、水回りなどは綺麗かどうか、そしてある程度の施設が揃っているのか、ご自身に必要なものがあるのか事前にチェックしてみてください。

お風呂(有料)

キャンプ場にはお風呂がないことも多く、近隣の日帰り温泉に行かなければならなかったり、シャワーしかないことも多々あります。

海や川で遊んだりすると、意外とお風呂のない不便さに困ることも多いので、お風呂が完備されている千石台オートキャンプ場は人気があります。有料にはなりますが、大人が一度に3人ぐらい入れるサイズのジャグジーがあります。家族やカップルで一緒に入れますので、楽しい時間となるでしょう。しかし、シャンプーやボディーソープはありません。

シャワー室(有料)

Photo by BAKOKO

お風呂は入らずとも、海遊びや川遊びで流した汗だけではシャワーで綺麗にしておきたいという場合には、シャワー室も完備されています。こちらも有料になり、予約制となっています。

シャワーは2台ほどあるので、回転率もいいです。ただし、シャワー室にもシャンプーやボディーソープなどはありません。最低限のアメニティはご自身で持参されてください。

無料Wi-Fi

Photo by mista stagga lee

山の中のキャンプ場に出かけた際、電波の悪さに困ったことはありませんか。千石台オートキャンプ場なら、携帯が繋がりにくいという事もありませんし、無料Wi-Fiもちゃんとありますので、キャンプ場で動画や映画などを楽しむこともできます。

無料Wi-Fiは、広場サイトと林間サイトで使用できます。そのため、Wi-Fi利用を検討している場合は、どちらかのサイトに宿泊されたほうがいいでしょう。

洋式トイレ

Photo by くーさん

キャンプ場では、トイレに不便さを感じることも多いですが、千石台オートキャンプ場なら心配無用です。キャンプ場の真ん中にトイレがあり、洋式トイレもちゃんとあります。

野原サイトにも水洗トイレが完備されていますので、どのサイトに泊まってもトイレが極端に離れてしまう事はありません。

お湯が出る炊事棟

千石台オートキャンプ場の炊事場は、各サイトに1か所ずつ完備されています。そのため、どのサイトにテントを張っても、炊事場が遠くなってしまう事はなく、ちゃんとお湯が出るようにもなっています。

また少々小さめではありますが、冷蔵庫も置いてありますので、夏場などは肉類などもしまっておくことが可能です。

管理棟

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

何か困った際には、管理棟に足を運んでみてください。広場サイトの近くに売店と一緒に管理棟があります。

すぐ脇には炊事場もありますので、使い方などが分からない際にも、こちらで聞いてみてください。入り口入ってすぐの正面にありますので、管理棟はすぐにみつかるでしょう。

千石台オートキャンプ場の料金・基本情報見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

では最後に、千石台オートキャンプ場の料金や施設の基本情報についても取り纏めておきます。利用されるサイトやサービスによっても料金が変わってきますので、ぜひ見比べてみてください。

また千石台オートキャンプ場でどんな体験がしたいか、どんな風に時間を過ごしたいのかによっても、おすすめのサイトは違ってきます。ぜひ公式ホームページなどでも確認されてみてください。

サイト利用料金

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

まずは、千石台オートキャンプ場のサイト利用料金ですが、車1台の利用料込みで、オートキャンプなら5000円で、ハイシーズンは7000円になります。

デイキャンプのみなら、大人が500円、子供が300円、車1台に1000円が別途かかります。ただし、ハイシーズンになると車台は1台2000円に変わります。

バンガローは、4人用が10000円ですが、ハイシーズンになると12000円となります。3人用なら7000円で、ハイシーズンは9000円です。

お風呂・シャワー利用料金

千石台オートキャンプ場のお風呂とシャワー利用料金ですが、お風呂は大人が500円、子供が300円です。

シャワー室の利用のみの場合は、大人が300円、子供が200円となっています。どちらも予約は、当日に受付にて前払いで手続きしてください。現金のみ可能です。

販売・レンタル用品

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

千石台オートキャンプ場ではテントも借りることができます。大人4人用で、3000円となります。他にもタープは2000円、シュラフは500円です。

バーベキューをする場合は、コンロが1000円、鉄板セットが500円、包丁とまな板セットが500円です。炭と薪もそれぞれ500円です。

アクセス

Photo by : : Ys [waiz] : :

千石台オートキャンプ場へのアクセス方法ですが、車の場合は、圏央道の木更津東ICでおり、国道410号鴨川方面に進んでください。約20分ぐらいの所に、名殿信号がありますので左折します。

国道465号を亀山湖方面へ進み、約15分ぐらいで右折し、県道81号の清澄養老ラインを清澄方面へ5分ほど進みましょう。木更津東ICから約30kmほど離れています。  

住所 千葉県君津市蔵玉2245−16
電話番号 0439-39-2743

千石台オートキャンプ場で自然を満喫しよう!見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

千葉にある千石台オートキャンプ場は、とても自然を感じられる環境が整ったキャンプ場です。山、川、海遊びも出来ますし、観光スポットも周辺に沢山あります。

ぜひ千葉県まで足を運んだなら、千石台オートキャンプ場で貴重な体験をされてみてください。思い出深い旅になること間違いなしです。

投稿日: 2020年10月5日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote