地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

トロントの人気お土産まとめ!買い物におすすめのショッピングスポットも紹介

トロントの人気お土産まとめ!買い物におすすめのショッピングスポットも紹介
投稿日: 2017年11月22日最終更新日: 2020年10月8日

「トロントのお土産は何がいいのか?」そんな疑問の声が聞こえてきそうですが、今回はトロントでの人気お土産や、買い物におすすめしたいショッピングスポットを調査しました。旅行者だけでなく、トロント在住の方にも役立つショッピングモール情報や買い物事情をお届けします。

トロントで買い物するならどんなお土産?見出し

Toronto(トロント)はカナダ最大の都市で、留学や世界有数の住みたい街としても人気です。せっかくトロントを訪れたのであれば「Made in Canada」はもちろん、ここでしか買えないお土産がおすすめです。そんなトロントの魅力と合わせながら、トロントを訪れたら買うべきお土産をご紹介します。

トロントでの買い物・基本情報見出し

トロントはオンタリオ湖西側に位置しカナダ最大の都市として知られていますが、先住民の言葉で「出会いの場所」を意味するそうです。その名のとおり多くの移住者が移り住み、英語だけでなくフランス語も入り混じっています。紅葉で有名な「メープル街道」はトロントが起点です。

トロントで買い物をする際の注意点

カナダで買い物をする際に注意する点は、税金です。カナダには3タイプの消費税があり、大抵の州ではGST(国税)とPST(州税)の二つがかかり、また特定の州ではGSTとPSTを合わせたHST(Harmonized Sales Tax)のみの州もあります。トロントはオンタリオ州ですが、オンタリオ州は2010年7月よりHST(13%)となっています。

トロントショッピング事情

トロントにはショッピングモール、アウトレット、セレクトショップなど様々なお店が軒を連ねています。流行の最先端をいく買い物好きも満足する街、それがトロントの魅力の一つです。ショッピングするのはお土産のみ、とは言わずトロントを訪れたならモールめぐりもしてみては?

カナダお土産おすすめはコレ!雑貨やコスメに人気のお菓子も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カナダお土産おすすめはコレ!雑貨やコスメに人気のお菓子も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカ北部にあるカナダには、人気観光スポットがたくさん集まっており、日本だけでなく世界的にも人気。そんなカナダに旅行に行く際、お土産は何にしようか考えていますか。まだ考えていない人の為に雑貨やコスメなどのお土産特集をお届けします。

買い物に外せないトロントのお土産No.1「Maple syrup」見出し

Maple syrup(メープルシロップ)は、カナダを代表する旅行お土産です。カナダ国内では、シロップの透明度により3つのグレード(CanadaNo.1からNo.3)とカテゴリー(エキストラライト、ライト、ミディアム、アンバー、ダーク)に分けられ、透明度が高く繊細なものほど高価な値がつくそうです。

買い物時に注意しなければならないのは、Maple Flavored Syrup(メープル風味)やCake Syrup(ケーキシロップ)という単語です。これらは本来のメープルシロップではないので、100% Pure Maple Syrup(100%メープルシロップ)を選ぶといいでしょう。お土産にはCanada No.1-Midiumの「H.T.Emicott」がおすすめです。

トロントで買うべきショッピングアイテム「Ice Wine」見出し

ワインの生産地と言えば世界中にたくさんありますが、トロントから少し離れたオンタリオ州ナイアガラはカナダが世界に誇るIce Wine(アイスワイン)の産地です。通常のブドウは秋に収穫されますが、アイスワインに使用するブドウは自然に凍るのを待つため-8℃以下の気温が絶対条件です。

アイスワインは凍ったブドウを使用するため、1割程度しか果汁が絞れません。厳しい自然環境の中で甘みが凝縮されたブドウは希少価値で、「甘口ワインの最高峰」とも呼ばれています。中でもInniskillin Wines(イニスキリンワイン)は、カナダ国内でも古いワイナリーで芳醇な甘さが好評です。

お土産にぴったり!トロント発お茶専門店「DAVIDsTEA」見出し

DAVIDsTEA(デイビッドティー)は、2008年にトロントで始まったお茶専門店。季節限定品から伝統的な香りや味を楽しめるお茶が、常時150種類以上もあるというから驚きです。現在ではカナダ・アメリカを中心に200店舗以上が展開され、パッケージはカナダらしく英語と仏語表記でおしゃれです。

DAVIDsTEAがお土産にぴったりな理由の一つは、パッケージのおしゃれさとギフト用ボックスの充実さでしょう。お茶だけでなく、茶器の種類も充実しているので店内を見るだけでも楽しさがあります。ブレンドした茶葉をそのまま陳列するといった斬新な方法は、日本では見られない光景です。

お土産用の買い物ならこのブランドでショッピング「Roots」見出し

Roots(ルーツ)は、カナダ人が愛してやまないカジュアルアパレルブランドです。ビーバーのロゴが特徴で、「CANADA」や「TORONTO」の文字が入ったTシャツやパーカーはお土産にもぴったり。ベビーからキッズはもちろん、メンズ・ウィメンズも種類が豊富なので自分用にも一枚ほしいアイテムです。

Rootsはもともと革製品がメインだったため、カバンや靴・ベルト商品も人気があります。皮本来の良さを生かしたつくりは好評で、大手百貨店にも店舗を構えるなどショッピングの際には目にすることが多いブランドの一つ。トロントだけでなく、カナダ全土に店舗は拡大しています。

トロントお土産におすすめ「SOMA chocolate maker」見出し

トロント観光スポットとしても人気のSOMA chocolate maker(ソーマチョコレートメーカー)は、店舗兼工場の形態で見学もできます。原料はオーガニックにこだわり、一つ一つが手作業。カカオ豆は直接仕入れ、パッケージにはカカオ豆の品種と原産地が明記されているので贅沢なセレクトができます。

SOMA chocolate makerの定番は、オーソドックスな板チョコのMicrobatch(マイクロバッチ)シリーズ。チョコレートの表面にはトロントのメインストリートが刻まれていて遊び心があり、女性にも男性にも気軽に贈れるお土産です。チョコレート以外にも、クッキーやジェラート、ホットチョコレートも人気です。

ショッピングリストに入れたい「トロント大学グッズ」見出し

University of Toronto(トロント大学)は、カナダ屈指の名門大学として有名です。学内には日本の生協のような「U of T Bookstore」もあり、オリジナルグッズがそろっています。まさにトロントでしか手に入らないお土産は、ショッピングリストに入れたいところ。トロント観光でも人気スポットです。

トロント大学でオリジナルグッズを買うなら、文房具はおすすめです。クオリティー面では日本のものと比べると劣りますが、デザインがとても斬新的。また有名ブランドとのコラボ商品も人気でRoots・アディダスのTシャツや、ドーモ君・キティちゃんのぬいぐるみも要チェックです。

トロントおすすめショッピングスポット見出し

おしゃれな買い物なら「Eaton Centre」

Eaton Centre(イートンセンター)は、トロント最大のショッピングモールです。駅から直結しているので、雨の日でも安心でおしゃれアイテムが勢ぞろい。日常生活の買い物はもちろん、カナダのオリジナルブランドの店舗も入っているので、お土産を買うのにもぴったりです。

ばらまき用のお土産に便利「Blue Banana Market」

「Blue Banana Market」は、おしゃれなカフェや古着のお店が多いKensington Market内にあります。世界中から集められたクラフト、ギフト、ファッションなどがそろい、ばらまき用のお土産にぴったりな雑貨類も多数あります。おしゃれスポットを散策しながら、ショッピングを楽しんでみては?

意外なお土産が見つかる「Whole Foods (Square One)」

Whole Foods Marketは、オーガニック食品を扱うスーパーマーケット。本社は米テキサス州オースティンですが、地産地消をかかげたスーパーのためカナダ独自の自然食品がメインとなっています。ここでの意外なお土産はエコバック。オンタリオ州花のトリリアムの絵柄はとてもおしゃれで人気です。

お土産の宝庫でショッピング「St. Lawrence Market」

St. Lawrence Market(セントローレンス・マーケット)は、トロント市民の台所として200年以上も親しまれているショッピングスポットです。ここでのおすすめお土産は「Anton Kozlik's Canadian Mustard」というお店のホームメイドマスタード。世界有数のマスタード生産国・カナダならではの味を堪能してみてはいかがです?

おしゃれエリアでショッピング「Distillery District」

Distillery District(ディスティラリー地区)は、ビクトリア時代の建築物が残る北米で最も有名なエリアです。エリア内は車の走行はなく歩行者専用となっていて、貴重な建築物やアートを眺めながらショッピングを楽しむことができるおしゃれなスポットです。散策だけでも十分堪能できます。

安く上手に買い物を「Dufferin mall」

Dufferin mall(ダファリンモール)は、トロント西部に位置するショッピングモールです。周辺は住宅街ですが、モール内はいたって庶民的。トイザラスやウォルマートをはじめとしたお財布に優しいお店ばかりで、良いものを安く購入するのに最適です。ちょっとした買い物に便利なスポットです。

買い物に困らないショッピングセンター「Yorkdale Shopping Centre」

Yorkdale Shopping Centre(ヨークデール・ショッピングセンター)は、グッチ、フェラガモ、シャネル、ルイ・ヴィトンなどハイブランドがそろうショッピングモールです。お土産はもちろん自分用にも欲しいアイテムばかりなので、ブランド好きには満足できるショッピングスポットです。

トロントお土産はこれで決まり!見出し

トロントで買うお土産事情はいかがでしたか?定番のものから、自分用にも購入したいアイテムなどさまざまです。旅行の醍醐味の一つでもある買い物は、見ているだけでも楽しいもの。トロントのショッピングモールでお気に入りのお土産を購入し、旅の記念にしてみてはいかがです?

関連キーワード

投稿日: 2017年11月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote