地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

西蔵王公園を徹底紹介!バーベキューに展望広場やキャンプ場など様々な設備あり!

山形市の西蔵王公園は、東京ドームがなんと15個分も入るという広大な敷地にアスレチックや巨大滑り台など子供が大喜びのアトラクションから、家族や友達と楽しめるバーベキューやキャンプ場、夜景の美しい展望広場まであります。この記事ではそんな西蔵王公園を徹底解説します。

西蔵王公園は子供から大人まで楽しめる施設がたくさん!見出し

山形市の中心地からもアクセスのいい西蔵王公園は、自然の地形を活かした巨大な敷地に様々なアトラクションがあるほか、バーベキューができる場所やキャンプ場、美しい夜景が眺められるスポットまであります。この記事では、そんな楽しみ盛りだくさんの西蔵王公園についてアクセス情報なども含めてご紹介します。

西蔵王公園の基本情報とアクセス見出し

西蔵王公園があるのは山形県の山形市。敷地面積はなんと72.5ヘクタールもあるとても大きな公園です。72.5ヘクタールといってもピンと来ないかもしれませんが、よく使われる例えで言うと東京ドームが15個分も入る大きさです。そしてその大きな敷地の中に、アスレチックやバーベキュー場、キャンプ場などがあります。

大自然の中、子供から大人まで元気に遊ぶことができるとして人気ですが、山形市の市街地からは約20分ほどでアクセスできるとあって常に多くの人で賑わっています。1日ではとうてい周り切れないほどの敷地に数多くのアトラクションがあるので、ポイントは下調べを念入りにしておくこと!

西蔵王公園にあるアトラクションや施設を事前に調べて、どれで遊びたいのかをしっかり計画を立ててから公園に出かけると時間のロスが少ないのでおすすめです。また、西蔵王公園内にはレストランや売店等はありませんので、公園でランチを食べたい人は事前に購入しておきましょう。飲み物の自動販売機は公園内にあります。

西蔵王公園のアクセス

西蔵王公園にアクセスする方法は、バスでアクセスする方法と車でアクセスする方法があります。バスでアクセスする場合は、JRの山形駅から山形交通路線バスに乗ってください。行先は「西蔵王」(野草園)で、終点まで乗ります。山形駅から西蔵王公園までは約30分の道のりです。

車でアクセスをする場合は、JR山形駅周辺からの時は西蔵王高原ラインを通って約20分でアクセスが可能です。遠方から高速道路を使ってアクセスする場合は、山形自動車道山形蔵王ICから西蔵王高原ラインを経由するのが便利です。ICから西蔵王公園までは約15分でアクセスができます。

車でアクセスをする際に気になるのは駐車場情報ですが、西蔵王公園には無料の駐車場が複数整備されています。停めることができる台数も多くなんと629台も駐車が可能です。北駐車場から南駐車場までの距離が1600メートルと、とにかく広大な公園ですので、予めどの施設で遊ぶかを決めておいて、その近くの駐車場に停めるのがおすすめです。

西蔵王公園の冬季閉鎖

また、残念ですが西蔵王公園は利用する人の安全を確保するために冬の間は閉鎖をされます。閉鎖されるのは通常12月から4月となっており、2017年の場合は2017年12月1日(金)から2018年4月下旬となっています。再開は天気によって前後しますので、時期が近くなったら西蔵王公園の公式ウェブサイトで確認をしてください。 住所:山形県山形市大字岩波から上桜田 電話番号:023-655-5900

山形駅周辺でご当地グルメ!絶対食べたい人気名物料理まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山形駅周辺でご当地グルメ!絶対食べたい人気名物料理まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新幹線も停車する山形駅は山形県の交通の中心地です。豊かな自然に恵まれた山形には、おいしい名物がたくさんあります。山形駅の近くで人気の名物グルメを味わえば時間を有効に使えます。出張や観光の際に役立つ、山形駅周辺のご当地グルメ情報です。

西蔵王公園のおすすめポイント1:ぼうけん広場見出し

西蔵王公園の一番北、北駐車場にほど近いところにあるのが小さい子供さんを中心に大人気のぼうけん広場です。ぼうけん広場は斜面に位置しているのでそれを活かしたアトラクションが設置されています。一番人気は「ビックウェーブ」という幅の広い滑り台。見た目よりスピ―ドが出るのでスリル満点で、大人も思わず夢中になるレベル!

「ミツバチのぼうけん」と呼ばれる立体的な迷路のようになったアトラクションや「こねずみのぼうけん」と呼ばれる土管のようなものを組み合わせたものもあります。どれも下にはふかふかのウッドチップが敷いてあるので、少し転んだぐらいではけがをしないようにクッションの役割を果たしてくれています。

西蔵王公園のおすすめポイント2:アスレチック見出し

ぼうけん広場は小さい子供さん向けのアトラクションですが、少し大きな子供さんに大人気なのがアスレチックです。様々な難易度のアスレチックがありますので、体の大きさや体力に合わせて挑戦することができます。2017年11月現在は、アスレチックは整備のため残念ながら使用することができません。再開が待ち遠しいところです。

西蔵王公園のおすすめポイント3:森の遊び場見出し

アスレチックやぼうけん広場で遊んだだけではまだまだ体力が残っているという子供さんにおすすめなのが森の遊び場です。ターザンロープ、クリフクライマー、丸太のぼり、にんじゃ渡り、サルのトリデ、坂のぼりなど、全身を使って遊べるアトラクションが盛りだくさんです。動きやすい服装でどうぞ。

西蔵王公園のおすすめポイント4:キャンプ場見出し

敷地の広い西蔵王公園では、キャンプをすることも可能です。キャンプ場があるのは、公園の南側、尻沼と大谷地沼に挟まれたエリアです。近くにはキャンプ場駐車場も整備されています。西蔵王公園でキャンプをしたい場合は、予め所定の手続きをする必要がありますが、キャンプは無料ですることができます。

申し込みは株式会社モンテディオ山形(住所:山形県天童市山王1番1号、電話番号:023-655-5900)までどうぞ。受付は先着順です。キャンプ場には、テントサイトが25基、炊事棟、キャンプファイヤーサークル、水洗トイレがあります。利用期間は4月下旬から11月下旬までとなっています。

注意事項としては、テントはキャンプ場の決められた場所でしか張ることができないという点、ゴミ箱は設置してありませんので各自持ち帰らなければならないという点です。西蔵王公園でテントを張って宿泊し、食事は次に紹介するバーベキュー広場でバーベキューをする休日なんて面白そうですね。

西蔵王公園のおすすめポイント5:バーベキュー広場見出し

子供達に大人気のぼうけん広場や芝生広場に挟まれるような場所にあるのがバーベキュー広場です。レストラン等のない西蔵王公園では、気候のいい時はここでバーベキューランチやディナーをする人で大にぎわいです。バーベキュー広場には、バーベキューテーブルが16基あり、誰でも無料で使用ができます。

また、バーベキューテーブルの近くにはベンチが32基あるので、そこでゆっくり座って食べることも可能です。バーベキューをしたい場合には特に予約をしなくてもいいかわりに、先着順で使用することになりますので、気候のいい時期の週末や祝日にバーベキューをしたい場合には念のために少し早い目に到着するのがおすすめです。

西蔵王公園のおすすめポイント6:芝生広場見出し

西蔵王公園の中央駐車場を中心に南北に広がっているのが芝生広場です。見渡す限りに広々とした芝生でボールを使うなどして元気に走り回って遊ぶことができます。ピクニックテーブルが10基もありますし、ベンチも数多くあるのでお弁当などを持っていって食べることもできます。

もちろん芝生の上に直接ピクニックシートを敷いて足を伸ばしてお弁当を食べるのも可能です。自宅からバトミントンセットを持っていって遊んでいる家族連れや、凧あげをしている子供達、フリスビーをしている若者など、それぞれ思い思いの使い方ができる自由な芝生広場です。

西蔵王公園のおすすめポイント7:展望広場からの夜景見出し

西蔵王公園へ山形市内からアクセスする時に一番近くにあるのが展望広場です。アスレチックやバーベキュー施設のある西蔵王公園のメイン部分からは少し離れたところにあり、山形市内が良く見えるような場所に展望広場があります。展望広場のすぐそばには駐車場がありますし、トイレも整備されています。

山形市内が一望できる昼間の景色も素晴らしいのですが、おすすめは夜景。その美しさは山形県内でもトップクラスと言われているほどです。視界を遮るものがほとんどないので、180度のパノラマビューが楽しめます。家族で訪れている人も多いですが、一番多いのはカップル!デートスポットとしてもおすすめです。

西蔵王公園のおすすめポイント8:日本の花園見出し

西蔵王公園にあるのは子供が元気に遊べるようなアスレチックや遊具だけではありません、四季折々の花を眺めながら癒される日本の花園というエリアもあります。場所は西蔵王公園の南側、キャンプ場の横です。また、この日本の花園エリア以外に西蔵王公園には桜も多数植えてあり、春になるとお花見をする人で賑わいます。

西蔵王公園で元気に楽しい休日を!見出し

西蔵王公園にはこの記事で紹介した以外にも、森の広場、自由広場、社のプロムナードなどの面白いエリアもありますし、おむつ替えもできるお手洗いも複数あります。また、歩道もしっかり整備してあるのでベビーカーでも安心。小さい子供さんから大人まで夢中になって自然の中で楽しい時間を過ごせる広大な公園です。

投稿日: 2017年11月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote