地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「INN THE PARK」泊まれる公園ご紹介!沼津の新感覚の複合施設とは?

2017年10月に新しくオープンした、静岡県沼津市にある泊まれる公園「INN THE PARK」。今話題のグランピングと呼ばれる贅沢なキャンプが楽しめる新感覚の宿泊施設「INN THE PARK」での過ごし方やアクセス方法、宿泊料金などの情報をまとめました。

沼津の泊まれる公園「INN THE PARK」見出し

Photo by 和椛山水

広々とした森の中にあるレストランと球体のテント。いつもとは一味違ったプチ贅沢なキャンプが楽しめる沼津の泊まれる公園「INN THE PARK」が、2017年10月のオープン以来話題を集めています。今回は、沼津にある泊まれる公園INN THE PARKの楽しみ方をたっぷりご紹介します。アクセス方法や利用料金などのお役立ち情報も!

泊まれる公園「INN THE PARK」とは?見出し

泊まれる公園と銘打った「INN THE PARK」は、富士山の裾野、静岡県沼津市にある宿泊施設です。学生たちの林間学校や合宿に利用されていた「足高少年自然の家」が2017年3月に閉鎖となり、その跡地をリノベーションして造られました。既存のコテージともキャンプ場とも少し違うINN THE PARKは、最近ブームとなっているグランピングと呼ばれるプチ贅沢キャンプが楽しめる場所です。

INN THE PARKの注目ポイントは、代々木公園に匹敵する広大な森の中のテントです。テントの形はドーム型に球体と、泊まってみたくなる非日常が味わえそうな雰囲気。INN THE PARKは普通のキャンプ場とは違い、自分のテントは持ち込まずにこれらの設置されたテントに宿泊します。食事も持ち込みの手作りではなく、施設内のレストランでいただきます。

「INN THE PARK」の自然とふれ合うアクティビティ見出し

INN THE PARKは敷地の大部分が森となっており自然がいっぱい。野鳥の声とおいしい空気を楽しみながらの森林散策はもちろん、夏は昆虫採集などが楽しめそうです。子供たちは木のブランコや小川の生き物探しなど、自然の中でたっぷり遊べます。また、屋外で行う朝ヨガワークショップなどのINN THE PARK主催のアクティビティにも参加してみては。室内で楽しむボードゲームなどの貸し出しもあるそうです。

INN THE PARKの隣には、こちらも広々とした愛鷹運動公園があります。野球場やテニスコートがある大きな公園で、子供たちは広い芝生で走り回ったり長いローラー滑り台を滑ったりと思い切り遊べます。また、愛鷹運動公園の小川にはホタルが生息しており、毎年6月上旬にはホタルを鑑賞する沼津ホタル祭りが開催されているそうです。

「INN THE PARK」のプチ贅沢なバーベキュー見出し

キャンプで楽しみなのは何と言っても食事です。INN THE PARKには通常のキャンプ場のような炊事場がなく、食材や器材を持ち込んでの料理はできません。INN THE PARKで楽しむ食事は、まるで高級レストランのような贅沢なフルコース。静岡の各地から届いた新鮮な食材を堪能できます。夕食までに森林や公園でたくさん遊んで、お腹を空かせておきましょう。

とはいえ、ただテーブルに座って料理が運ばれてくるのを待つのではありません。贅沢なフルコースの食事とキャンプの醍醐味を同時に味わえるのがINN THE PARKの魅力です。テラスのテーブル席の横にはバーベキュー台が用意されていて、ライブ感溢れる食事が楽しめます。宿泊客がコック帽をかぶってシェフに変身し、野菜や肉をグリルする機会もあるのだとか。

グリルはキャンプらしく炭火。特製のソースがじっくり染み込んだ豚のスペアリブは、焼き上がるにつれて良い香りが漂います。大勢でワイワイつつき合い、たまには焦がしてしまうのもご愛敬なバーベキューとは一味違うグランピングディナー。季節によって食材やメニューが変わる所も、また訪れたくなるポイントです。

「INN THE PARK」で球体テントに泊まろう見出し

ディナーの後はいよいよテントで過ごす夜の始まり。INN THE PARKのメインとも言うべき、球体テントの出番です。周囲の木にワイヤーで固定され、中で動くたびにゆらゆらと揺れるハンモックのような吊りテントは大人気。暗くなってテントに灯りがつくと、ランタンのように森を美しく照らします。なお、INN THE PARKではテントの持ち込みはできないそうです。

球体テントの内部は清潔感溢れる白で統一されており、ふかふかのベッドも2台置かれて快適に過ごせそう。天井が丸いので圧迫感もなく、狭さを感じさせないグッドデザイン。地面に接していないので若干揺れるものの、それもまた楽しい非日常体験です。寒い夜にはベッドに電気毛布が入るので、暖かく眠ることができます。なお、球体テントは1棟のみなので予約はお早目に。定員は大人2名です。

一晩宙に浮かんでいるのは心配という人には、ウッドデッキに設営されたドームテントがおすすめです。球体テントと同様、中にはベッドが2台置かれています。珍しい丸い形のテントは、子供の頃に憧れた秘密基地のようでワクワクすると大人気。INN THE PARKにはドームテントが3棟用意されており、定員はそれぞれ大人2名です。

「INN THE PARK」の快適な1棟貸切客室見出し

球体テントもドームテントも定員は2名ですが、ファミリーや大きなグループなら宿泊棟を利用するのがおすすめです。宿泊は贅沢な1棟貸切。1棟の中には寝室が4部屋、寛げる和室が1部屋、トイレと洗面所があり、まるで別荘のような広さです。各寝室にはダブルベッドが2台ずつ設置されており、定員は大人8名となっています。宿泊棟は全部で4棟用意されています。

各部屋にはアメニティも充実しています。歯ブラシやシャンプー類を始め、ドライヤーやタオル、スマホの充電コードまで用意されていて至れり尽くせり。キャンプに欠かせない虫よけやライトもあり、かさばりがちなキャンプの荷物もコンパクトに収まります。また、お風呂は大浴場が利用できるので汗をかく季節も安心です。

「INN THE PARK」の朝食は広々サロンで見出し

INN THE PARKの拠点となっている建物には、サロンと呼ばれる大部屋があります。イベントが開かれたり、雨の日はここで遊んだりすることもできる多目的なスペースで、テーブル席やソファー席が置かれてカフェのような雰囲気。テントや宿泊棟でぐっすり眠った翌朝は、サロンに集まって朝食をいただきます。

朝食は近隣のパン屋さんから届いたパンに、ヘルシーな野菜や豆のデリ、ジャムのセットです。デリはそれぞれカップに入っているので、お弁当のように外に持って出かけることもできます。おしゃれなカフェのモーニングのようで、1日のスタートにはうれしい朝食です。しっかり食べてたくさん遊びましょう!

泊まれる公園「INN THE PARK」の利用料金見出し

INN THE PARKの利用料金は宿泊棟によって異なります。球体の吊りテントの宿泊料金は1棟21600円、ドームテントは1棟17280円、宿泊棟は1棟54000円となっています。INN THE PARKでは素泊まりができないため、夕食と朝食の料金が1人5400円プラスされます。また、夕食時に飲み物を注文した場合は別料金となります。

INN THE PARKに宿泊を申し込むには、INN THE PARKホームページの予約カレンダーで空室状況を確認し、希望の宿泊棟と日程などをメールで連絡します。日程による宿泊料金の変動はありません。人気の球体テントは1棟しかないため、日程が決まったら早めに申し込みましょう。なお、2018年は1月8日から2月28日までは冬季休業となっています。

泊まれる公園「INN THE PARK」へのアクセス見出し

泊まれる公園INN THE PARKへのアクセスは車が便利です。東名高速道路の沼津ICから県道405号線で富士山方面へ約3.5kmです。ETCを利用している場合は、愛鷹パーキングエリア(上り)直結の愛鷹スマートICからも出ることができます。また、新東名高速道路の長泉沼津IC、伊豆縦貫自動車道の沼津岡宮ICからもアクセスが便利です。

公共交通機関でのアクセスの場合INN THE PARKまでの直通バスは運行していませんが、JR沼津駅から「あしたか運動公園」行きのバスに乗り、終点まで行くとINN THE PARKの手前までアクセスできます。バスは沼津駅の南口から発車し北口を経由するルートなので、沼津駅のどちらの出口から乗車しても大丈夫です。タクシーでアクセスするなら料金は2500円前後となりそうです。

住所:静岡県沼津市足高220-4 電話番号:055-939-8366

泊まれる公園「INN THE PARK」で自然を満喫!見出し

Photo byFree-Photos

沼津の注目スポット、泊まれる公園「INN THE PARK」をご紹介しました。珍しい球体の吊りテントや趣向を凝らした食事など、贅沢なキャンプが楽しめるINN THE PARK。いつもと違った旅行を楽しみたい人は、INN THE PARKのグランピングを体験してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2018年1月9日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote