地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

下北沢のクレープ店アンドレアは納豆クレープが名物!行き方も紹介!

下北沢のクレープ店アンドレアは独特のインテリアも目を引きますが、名物の納豆クレープが人気。クレープ生地や生クリームと納豆の相性は意外といいと評判です。ここではそんな下北沢のクレープ店アンドレアについてお店への行き方やおすすめメニューなどについてまとめました。

アイコンこの記事の目次

      1下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」で納豆クレープを食べよう!
      2下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」行き方
      3下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」営業時間と定休日
      4下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」独特のユニークなインテリア
      5下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」数えきれないぐらいの豊富なメニュー
      6下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」組み合わせは無限大!
      7下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」ボリュームたっぷりのクレープ
      8下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」名物の納豆クレープ
      9下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」迷った時のとりあえずこの辺からメニュー
      10下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」お店の人気トップ5メニュー
      11下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」こだわりの抹茶クレープメニュー
      12下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」クリームチーズたっぷりのメニュー
      13下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」カリカリサクサクのコーンフレークメニュー
      14下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」これを食べればウルトラ珍人メニュー
      15下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」甘くないクレープメニュー
      16下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」楽しめるのはあと数年?
      17「アンドレア」のクレープで幸せな気分を

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」で納豆クレープを食べよう!見出し

下北沢にあるクレープ屋「アンドレア」はそのユニークな外観や数えきれないほどあるメニューも話題ですが、なんといっても名物の納豆クレープが有名です。納豆に生クリームやコーヒーゼリーを合わせたクレープなど、他では見たことのないクレープばかり。ここではそんな「アンドレア」について行き方なども含めてご紹介します。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」行き方見出し

Photo by ume-y

下北沢にあるユニーククレープで有名なアンドレアですが、気になるのはその行き方です。といっても行き方はとっても簡単、しかも途中で行き方が分からなくなってもお店の前にはいつも行列が出来ているのでそれが目印になります。アンドレアの最寄り駅は小田急線、井の頭線の「下北沢駅」です。

Photo by くーさん

今現在「下北沢駅」は大規模改装中とあって、工事の状況によっては少し行き方が分かりにくいこともありますが、ポイントは井の頭線「下北沢駅」の西口です。この西口改札の場所には変更が出ないので、ここからの行き方を把握しておくと改装のどの段階でも迷わずにアンドレアに行くことができます。

Photo by Ryosuke Yagi

具体的な行き方ですが、まずは西口改札を出て、西口1へと進んでください。そして地上に出ると左手に「白洋舎」が見えますので、その道を約130メートルほど進みます。すると左側にぬいぐるみなどで飾られたお店が見えてきます。それがアンドレアです。「下北沢駅」からこの行き方で行くと、約5分ぐらいで到着できます。

住所:東京都世田谷区代田6-5-25 電話番号:03-3468-2597

下北沢デート特集!人気のコースやおすすめプランもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下北沢デート特集!人気のコースやおすすめプランもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
デートスポットとして人気の下北沢。動物カフェや劇場、ミニシアターなど下北沢ならではのデートスポットがあります。カフェやバーも工夫をこらしたおしゃれなお店が多いです。おすすめのカフェやバーを盛り込んだ下北沢デートコースをご紹介します。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」営業時間と定休日見出し

名物クレープのたくさんあるアンドレア、営業時間は平日は午後2時ごろから深夜12時ごろまで、土日祝日は午後1時ごろから深夜12時ごろまでとなっています。定休日はなく不定休ですが、夏季と年末年始以外はほぼ営業をしています。深夜遅くまで営業しているクレープ屋ということで、お酒を飲んだ後などに立ち寄る人も多いようです。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」独特のユニークなインテリア見出し

「下北沢駅」からアンドレアへの道を歩いていくとまず目に入るのはお店の前に出来ている行列です。そしてさらに近づいていくとピンクの縁取りがされたカウンターが見えてきます。そこにはディズニー系などのぬいぐるみが所せましと並んでいるほか、干支の置物やなぜかアンパンマンまで。

そんな何でもかわいいものを集めたようなカウンターにはテレビが置いてあり、ディズニー映画がエンドレスで流れています。さらにあちらこちらには造花が飾ってあったり、クリスマスのリースがあったり、極めつけはおかめのお面。独特なインテリアとしか言いようがない店頭です。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」数えきれないぐらいの豊富なメニュー見出し

そしてそんな独特なインテリアに囲まれた注文カウンターを見るとあちらこちらにメニューが置いてあるのが分かります。これは複数の人が同時にメニューを手に取って見られるようにコピーが複数あるのではなく、それぞれが別のメニューです。つまり、クレープメニューの数が数えきれないほど多いのです。

どのメニューの紙にも上から下まで隙間なくぎっしりとクレープ名や値段などが書かれているほか、壁に貼られているメニューもあります。これだけメニューがあれば、食べたいクレープが見つかること間違いなさそうですが、メニューが豊富過ぎて選べないといったこともありそうです。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」組み合わせは無限大!見出し

そんな下北沢駅からの行き方も簡単なアンドレア、圧倒される量のメニューに驚いていてはいけません。ここからアレンジして自分好みのクレープを作り上げることも可能なのです。例えば、もともとたっぷりと使用されている生クリームですが、増量することもできます。1増し、2増し、3増しと選べ、どれぐらいまで増すかはお客さん次第。

例えば「シナモン、チョコ、カスタード」にバナナを足してみたり、バニラアイスを入れてみたり、コーヒーゼリーを入れてみたりと本当に自分の思い付き次第で自由にクレープをアレンジができます。新しい味の開発にチャレンジするもよし、定番の組み合わせにして安心の味を食べるのもよし。友達と食べ比べするのもおすすめです。

さらにさらに、クレープに加えることができるのはお店にあるトッピングだけではありません。なんと自分で持ち込んだものをクレープに加えてもらうことも可能です。過去にはマグロを持ち込んだ人がいるとかいないとか。もし自宅で美味しいクレープのアイデアが浮かんだらぜひアンドレアに持ち込んでみてください。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」ボリュームたっぷりのクレープ見出し

メニューの豊富さに圧倒されつつやっと注文をし、受け取る段階になるとまた驚くことになるアンドレアのクレープ。それはそのボリュームです。クレープは一般的には折りたたまれた薄いクレープを想像しますが、アンドレアのクレープは具が本当にたっぷりと挟まれています。

ぱっと見た感じはそんなにボリュームがありそうなクレープには見えないのですが、食べ始めるとそのずっしりとした重量感に驚くこと間違いなしです。さらに先ほどから紹介しているように生クリームを増量したり、トッピングを加えたりと自分好みにボリュームアップすることも可能です。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」名物の納豆クレープ見出し

ではそんなユニークなクレープ屋アンドレア、実際にどんなメニューがあるのでしょうか。ここからはおすすめメニューをご紹介していきましょう。まずはアンドレアの名物といってもいいほどの納豆クレープです。納豆好きの方もそうでない方もぜひ試してもらいたいおすすめクレープ。納豆と甘いものって意外とよく合うと評判です。

納豆とのコンビネーションにはどんなものがあるかというと、「納豆、チョコソース、生クリーム」、「納豆、コーヒーゼリー、生クリーム」、「納豆、チョコソース、コーヒーゼリー、生クリーム」、「納豆、チョコソース、バニラアイス、生クリーム」といったスイーツ系の納豆クレープが揃っています。

そして甘いものと納豆はさすがに勇気がという方におすすめなのが甘くないタイプの納豆クレープです。種類はたくさんあって「納豆、野菜」、「納豆、キムチ、マヨネーズ」、「納豆、キムチ、野菜」、「納豆、キムチ、スライスチーズ」、「納豆、キムチ、ツナ、マヨネーズ」などなど。どれもなかなか興味深い組み合わせです。

下北沢おすすめスポットはココ!古着屋や雑貨屋に人気のカフェなど一挙ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下北沢おすすめスポットはココ!古着屋や雑貨屋に人気のカフェなど一挙ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京のおしゃれスポットの1つ下北沢は若い世代から大変注目されています。古着好きにはとてもおすすめの場所でもある下北沢は素敵なお店がたくさんあります。今回注目してみたいおすすめのお店を古着屋やカフェ、雑貨等を一挙ご紹介したいと思います。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」迷った時のとりあえずこの辺からメニュー見出し

店頭に山になるほどメニューが置いてあるアンドレア。「今日はおすすめの納豆クレープを食べる!」のようにどれを食べるか決まっている時はいいですが、「お店に行ってから決めよう」なんて思っていたらメニューの多さに圧倒されてしいます。そんな時にはお店にあるその名も「迷った時のとりあえずこの辺からメニュー」をチェックしてみるのもおすすめ。

といってもそのメニュー自体もかなり数が多いのですがいくつかご紹介しましょう。まずは定番のバナナ系「バナナ、生クリーム」、「バナナ、チョコ、生クリーム」、「バナナ、いちご、チョコ、生クリーム」、「ブルーベリー、バナナ、生クリーム」、「シナモン、バナナ、チョコ、生クリーム」です。

チョコが好きな人には「いちご、チョコ、生クリーム」、「チョコ、生クリーム」、「シナモン、チョコ、生クリーム」、「シナモン、チョコ、カスタード」、「クリームチーズ、チョコ、生クリーム」なんていうメニューもそろっています。中には意外と他では見ない「アーモンド、チョコ」という組みあわせも。

他には「ブルーベリー、アイス、生クリーム」、「シナモン、アップル、生クリーム」、「クリームチーズ、生クリーム」、「いちご、生クリーム」などといったメニューがあります。こうやってご紹介してみると「とりあえずこの辺から」という名前がついていますが、このメニューから選ぶだけでも一苦労しそうな数です。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」お店の人気トップ5メニュー見出し

メニューがとにかく多いアンドレア。とりあえずこの辺からメニューからお決められない時はお店の人気メニューから挑戦してみるのもおすすめです。アンドレアの店頭に張り出してあるお店の人気メニューをここでご紹介しましょう。どのメニューにもアーモンドやプリン、カスタード、バニラアイス、コーヒーゼリーなどのトッピングが可能です。

そして人気メニューは「バナナ、いちご、チョコ、生クリーム」、「カスタード、バナナ、チョコ、生クリーム」、「シナモン、チョコ、生クリーム」、「ニューヨークチーズケーキ、ブルーベリー、生クリーム」そして「黒ゴマ、アイス、バニラアイス、生クリーム」です。値段は安いものが350円、一番高いものでも600円です。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」こだわりの抹茶クレープメニュー見出し

納豆クレープなどちょっと変わったクレープが話題になりがちなアンドレアですが、定番クレープもたくさんあり、その中でも生地に抹茶を加えた抹茶生地クレープも大人気です。「あずき、バニラアイス、生クリーム」、「ブルーベリー、生クリーム、バニラアイス」、「コーヒーゼリー、バニラアイス、生クリーム」などといった組み合わせがあります。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」クリームチーズたっぷりのメニュー見出し

クレープにガブリとかぶりついた時にクリームがはみ出るほど入っているととっても嬉しくなるものですが、アンドレアにはクリームチーズがたっぷり入ったクレープもたくさん揃っています。さらにクリームチーズ好きの人にはプラス50円でクリームチーズの量をさらに増やすことも可能です。

クリームチーズ入りのメニューとしては「黒ゴマ、クリームチーズ、生クリーム」、「シナモン、クリームチーズ、チョコ、生クリーム」、「プリン、クリームチーズ、チョコ、生クリーム」、「カスタード、クリームチーズ、チョコ、生クリーム」、「あずき、クリームチーズ、生クリーム」などがあります。

また、甘くないクレープが食べたい人には「ロースハム、クリームチーズ」という組み合わせのクレープがおすすめですし、フルーツとの組み合わせて食べたいという人には「カスタード、クリームチーズ、いちご」や「カスタード、クリームチーズ、ピーチ」といったクレープもあります。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」カリカリサクサクのコーンフレークメニュー見出し

他では見つからない珍しいクレープと言えば納豆クレープですが、実は他にもめずらしいクレープがあります。それが体にやさしいオーガニックのコーンフレークを使ったもの。クレープといえばしっとりした食感が普通ですが、このクレープはカリカリサクサクの食感が楽しいコーンフレーク入りのクレープです。

メニューには、「コーンフレーク、チョコソース、生クリーム」、「コーンフレーク、シナモン、チョコソース、生クリーム」、「コーンフレーク、アイス、チョコソース、生クリーム」、「コーンフレーク、黒ゴマ、生クリーム」そして「コーンフレーク、カスタード、チョコソース」があります。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」これを食べればウルトラ珍人メニュー見出し

アンドレアにあるメニューをじっくり見ていくと、先に紹介した納豆やクリームチーズなどのメニューにまじって「これを食べればウルトラ珍人!」と書いてあるメニューがあります。この不思議な組み合わせのメニューも納豆クレープと並んでここアンドレアの名物なのです。いくつかご紹介しましょう。

まずは先ほども紹介した名物の納豆系ですが「納豆、コーヒーゼリー、生クリーム」や「納豆、チョコソース、生クリーム」、「納豆、バニラアイス、チョコソース、生クリーム」といったメニューが紹介されています。値段は350円から400円ほど。そして納豆以外になんとキムチを使ったクレープもあります。

シンプルに「キムチ、マヨネーズ」や「キムチ、生クリーム」というメニューがあるかと思えば、「キムチ、納豆、コーヒーゼリー、生クリーム」や「キムチ、納豆、チョコソース、生クリーム」といったキムチに名物の納豆が組み合わされたものも。新しい味にチャレンジしてみたい人におすすめです。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」甘くないクレープメニュー見出し

クレープと聞くと甘いデザートクレープを想像する人が多いかもしれませんが、どんなクレープでも揃っているかと思えるほどメニューの多いアンドレアには甘くないクレープも!甘いのが苦手な人や軽い食事の代わりにクレープを食べようとお考えの方におすすめです。まずはシンプルな「ロースハム、スライスチーズ」や「ロースハム、クリームチーズ」。

他には、「ロースハム、スライスチーズ、野菜」、「ツナ、スライスチーズ、野菜」、「納豆、ツナ、野菜」、「ツナ、コーン、野菜」、「ロースハム、コーン、野菜」などがあります。ちなみに野菜はレタスかサニーレタスになり、当日の入荷状況によってどちらかが提供されます。

下北沢の名物クレープ屋「アンドレア」楽しめるのはあと数年?見出し

おすすめクレープもたくさんあるアンドレア。実は店長のお知らせということで、「1年、2年そんなに遠くない未来にお店を閉める」という予定がすでに発表されています。そんなに遠くない未来が具体的にいつになるのかは分かりませんが、アンドレアがなくなってしまう前にぜひ名物クレープを食べに行ってみてください。

「アンドレア」のクレープで幸せな気分を見出し

下北沢駅からほど近いところにある名物クレープ店アンドレア。メニューがとにかく豊富なので何度通っても新しいメニューを試すことができ、ついついリピーターになってしまうのも納得です。下北沢という場所にとってもマッチしているアンドレア。ぜひ美味しいクレープを食べにお出かけください。

投稿日: 2018年3月6日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote