前橋花火大会2018の日程や時間は?穴場の観覧場所などおすすめ情報もあり

前橋花火大会2018の日程や時間は?穴場の観覧場所などおすすめ情報もあり

群馬県の前橋市で行われる「前橋花火大会」を体感したことはありますか?今では一般的となった「空中ナイアガラ」の発祥の地であるこの花火大会は北関東でも指折りの花火大会です。では今回は前橋花火大会2018についてご紹介していきます!

記事の目次

  1. 1.群馬の前橋花火大会とは?
  2. 2.群馬の前橋花火大会は人気花火の発祥地!
  3. 3.群馬の前橋花火大会2018の日程は?
  4. 4.群馬の前橋花火大会2018の見どころ1:スターマイン
  5. 5.群馬の前橋花火大会2018の見どころ2:空中ナイアガラ
  6. 6.群馬の前橋花火大会2018の見どころ3:屋台
  7. 7.群馬の前橋花火大会2018の有料観覧席はある?
  8. 8.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット1:県庁展望台
  9. 9.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット2:リリカ屋上駐車場
  10. 10.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット3:正田醤油スタジアム
  11. 11.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット4:上毛橋周辺
  12. 12.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット5:グリーンドーム前橋
  13. 13.群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット6:新坂東橋の上
  14. 14.群馬の前橋花火大会2018へのアクセスは?
  15. 15.群馬の前橋花火大会2018を体感しに行こう!

群馬の前橋花火大会とは?

Photo by cinz

前橋花火大会は群馬県で人気なのはもちろん、北関東の中でも代表的な人気の花火大会です。前橋市を流れる利根川の河川敷で行われるこの花火大会は、開始早々目を奪われる花火で夜空が美しく染まります。毎年多くの人たちの心をつかんで離さない群馬の前橋花火大会2018の開催日程はいつでしょうか?今回はその日程や時間、穴場などをご紹介します!

前橋の観光スポット!おすすめの名所まとめ!子供にも人気の場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
前橋の観光スポット!おすすめの名所まとめ!子供にも人気の場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
群馬県の県庁所在地がある前橋市。古くから行政の中心として発展してきた前橋には歴史にまつわる名所や観光スポットがいっぱいあります。また、大自然を生かした子育て世代に嬉しい観光スポットも多いそうです。今回は前橋の観光スポットをまとめました!早速ご覧ください。

群馬の前橋花火大会は人気花火の発祥地!

Photo by y_uno

群馬の前橋花火大会は、戦後直後に街を復興するお祭りとして昭和23年に開催されたことが始まりでした。毎年地元の人たちに愛されていた花火大会でしたが、昭和48年のオイルショックが起きた後何年かの間は、花火大会が開催されることはありませんでした。しかし昭和56年になると市民から復活を希望する声が多数上がり、めでたく復活したのです。

Photo by hktang

現在花火大会で欠かせないものとなった「空中ナイアガラ」ですがこの花火の発祥の地はこちら群馬の「前橋花火大会」だと言われています。ナイアガラの滝をイメージして作られたこちらの花火は、花火大会に行ったことのある方なら皆見たことがあるほど知名度の高い花火となっています。空中から滝のように流れる花火の美しさは見るものの心を魅了します。

群馬の前橋花火大会2018の日程は?

Photo byrawpixel

毎年8月の第2土曜日に開催される前橋花火大会ですが、今年2018年の開催日程は8月11日を予定しています。万が一荒天などでこちらの日程で開催できない場合は、翌日の8月12日に持ち越されます。開始時間はまだ発表されていませんが、こちらも通年通りなら19時からセレモニーなどが始まり、花火が打ち上げられる開始時間が19時20分頃になるでしょう。

Photo by akira yamada

19時からセレモニーが始まり花火が打ち上がってから21時までの約2時間、前橋花火大会に訪れた人々の心を魅了します。近隣に住んでいる方以外にもたくさんの人たちが日程を合わせて遊びに来る花火大会です。夏の思い出にもおすすめですし屋台もグルメな人の下を満足させる屋台がたくさん揃っています。もし夏の予定が未定の場合は行ってみてください。

群馬の前橋花火大会2018の見どころ1:スターマイン

最近の花火大会に行くとよく耳にするこの「スターマイン」ですが、この花火が一体どんな種類の花火だかご存知ですか?スターマインとは「速射連続花火」という種類の花火をさします。日本語で聞くとなんとなく「あれかな?」というイメージが湧くのではないでしょうか。大量の筒をずらっと並べて、その筒に2つの玉を入れて火をつけるという仕組みです。

かつ素早く連続で打ち上げることができるように導火線をつないでいるそうです。間近で見たら視界に収まりきらないほどの広範囲に渡って打ち上げられるこのスターマインには、花火職人も様々な趣向を凝らして独自のスターマインを見せてくれます。前橋花火大会2018では一体どのようなスターマインを見ることができるのか、今から楽しみでなりません。

群馬の前橋花火大会2018の見どころ2:空中ナイアガラ

そして何と言ってもこちらの群馬県前橋花火大会発祥と言われている「空中ナイアガラ」は外すことのできない花火の1つでしょう。空中ナイアガラの「ナイアガラ」はもちろんあの有名な滝「ナイアガラの滝」からとられています。空高く打ち上げられた花火の火花が空中から地上に向かって落ちていく様子はとても美しく壮大なナイアガラの滝にぴったりです。

Photo by penpenpen

また空中ナイアガラには虹のナイアガラと呼ばれる種類の仕掛け花火もあるのでそちらも見流さないようにしてください。全長400mに仕掛けられた花火が七色に輝きながら夜空を照らします。打ち上げ花火ではなく仕掛け花火ですので、有料観覧席などの会場に近い場所が一番美しく見ることができるポイントです。会場から離れるとそれだけ見づらくなります。

群馬の前橋花火大会2018の見どころ3:屋台

Photo by t-mizo

群馬の前橋花火大会2018の見どころは、花火だけに限りません。前橋花火大会の屋台では「Tー1グランプリ」といわれる前橋の豚料理No.1をけ決める戦いで上位に輝いた店舗が一堂に集結して、花火大会に訪れた人たちの胃袋を満たしてくれるのです。どのお店も厳選したメニューを販売していますので、前橋のグルメを屋台でたくさん楽しむことができます。

Photo by hirotomo

こちらの屋台で楽しむことができるメニューは屋台メニューとは思えないような内容になっています。ハンバーガーやステーキとんかつやソースカツ丼、カレーライスなどのボリューム満点のメニューから、豚串やメンチカツなどの手軽に食べることができるものまで種類豊富です。そして美味しいスイーツも用意されていますので、屋台が心ゆくまで楽しめます。

前橋「パンプキン」のデカ盛りが規格外!人気メニューや量を徹底リサーチ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
前橋「パンプキン」のデカ盛りが規格外!人気メニューや量を徹底リサーチ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
群馬県の前橋市は「デカ盛り」の聖地です!その中でも人気の「パンプキン」はどのメニューもデカ盛り具合が半端ではありません!頼んでは見たものの、本当に食べきれるのかが心配になってしまうレベルです。ではそんな前橋のパンプキンのメニューや営業時間などをご紹介します。

群馬の前橋花火大会2018の有料観覧席はある?

Photo by Kentaro Ohno

花火をぎゅうぎゅうの人ごみの中ではなくゆっくりと楽しみたい方におすすめなのがこちらの有料観覧席です。有料観覧席のチケットを購入すればゆっくりとしたスペースで花火を楽しむことができますし、テーブルがついている有料観覧席なら食事や飲み物も楽に摂ることができます。席には幾つかの種類がありますので、お好みの観覧有料席を選んでください。

Photo by khf_fjs

2018年の前橋花火大会の有料観覧席の詳細はまだ発表されていませんが、例年を参考にすると、テーブル付きの有料観覧席6名用には駐車場も1台分ついてきます。価格は2万円ですが、6人で利用するなら手頃な金額でとても人気のある席です。そしてもう一つ人気なのが有料観覧席で個人用のテーブル席です。定員は3名で駐車場はついていません。

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

こちらの有料観覧席は1〜2名の利用ですと相席になりますが、それでも一人頭3000円で利用できるのはお得ではないでしょうか。その他に団体有料観覧席として定員50名のブルーシート席が駐車場5台付きで10万円というお得なタイプ、そして25名が利用できるタイプは駐車場2台付きで5万円ととてもリーズナブルで団体にはとても嬉しい席になっています。

Photo by ysishikawa

有料観覧席のいいところは、何と言っても場所取りのために早い時間から会場にいなくてはいけないという心配がないことでしょう。とは言っても交通規制などで駐車場までたどり着くのに時間がかかってしまう場合があるでしょうから、そこまでのんびりはしていられませんが、席を確保する必要がないということは気持ち的にとても楽なものです。

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット1:県庁展望台

Photo by Joshua Rappeneker

有料観覧席はとても人気がありますし、数に限りがありますので発売からあまり時間が経たないうちに売り切れてしまうこともあります。河川敷の近くで屋台でご飯を買って、人ごみの中場所を探して見る花火も悪くありませんが、屋台から離れてしまってお祭り気分が味わえなくても構わない、という方は穴場スポットでゆっくり眺めるのはいかかでしょうか。

Photo by : : Ys [waiz] : :

まずおすすめな穴場スポットが群馬県の県庁の展望台です。県庁の上の展望台に登ると前橋の市内を一望できるのです。そのため、花火を観覧するにはベストな穴場スポットではないでしょうか。しかしこちらは穴場とは言ってもとても人気のある場所なので、時間ぴったりに行くと入場できないでしょう。17時会場なので、早めの時間に並ぶのがおすすめです。

住所:群馬県前橋市大手町1-1-1
電話番号:027-223-1111

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット2:リリカ屋上駐車場

続いての穴場スポットですが、前橋市内にある前橋リリカという商業施設は、花火が開催される日程に合わせて屋上の駐車場を無料で解放して花火を観覧する人が楽しめるようにしてくれるのです。これだけでもとても嬉しいサービスですが、屋台がなくても店内には飲食物を購入できる場所もトイレもありますので、非常に便利で快適なスポットと言えます。

Photo bynidan

そして何より屋上から眺める花火は、周りに邪魔な障害物もなくとても綺麗に見ることができます。花火会場の人ごみに比べればとても快適ですし、小さなお子さんがいる方にもおすすめの観覧穴場スポットではないでしょうか。花火にあまりにも近いと大きな音に怖がってしまうお子さんもいるでしょうから、適度な距離で見ることができておすすめです。

住所:群馬県前橋市国領町2-14-1
電話番号:027-231-4180

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット3:正田醤油スタジアム

Photo by muo1417

続いては花火会場から近い正田醤油スタジアムをご紹介します。こちらは緑に囲まれた自然豊かなスタジアムです。花火会場からほど近いため花火を間近に感じることができて、臨場感がたっぷりです。有料観覧席を取ることができなかった方はこちらの穴場スポットで花火を観覧してはいかがでしょうか。せっかく日程を合わせたなら花火の迫力を感じましょう。

Photo by freeheelskiing_2

こちらのスタジアムは県内で随一の陸上競技場です。コートなどは整備されていますが、周りに緑の木々が生いしげり、とてもリラックスできる素晴らしい場所です。しかし花火を見る時間帯には虫刺されなどの可能性もありますので、虫除けなどを持参していくといいでしょう。花火を楽しむために長時間いることを考えると、虫除けは必要不可欠です。

住所:群馬県前橋市敷島町66番地
電話番号:027-234-9338

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット4:上毛橋周辺

Photo by akira yamada

続いては花火会場に行くまでの道にある上毛橋の周辺で見る穴場スポットです。こちらの橋は花火大会の日程に合わせて交通規制されてしまいますが、徒歩で行くなら問題なく花火を楽しめる場所になっています。会場まで近づくのは少しめんどくさい、人ごみにわざわざ向かって行きたくないという方は、会場途中の橋の上から観覧してみてはいかがでしょうか。

Photo by Kentaro Ohno

最寄駅からは多少距離がありますが、他の会場周辺に比べると比較的人ごみが緩和されますので、人ごみが苦手な方にもおすすめです。余裕を持って花火を鑑賞できる場所なので、お子様連れにもおすすめです。立ち見で見ていても、花火の美しさと迫力にあっという間に時間が経ってしまうでしょう。のんびり花火を楽しむ方は、ぜひ候補に入れてみてください。

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット5:グリーンドーム前橋

こちらの穴場スポットは打ち上げ花火は特に障害がなく見ることができるのですが、ナイアガラのような仕掛け花火を見たい方には不向きな場所になってしまいます。ナイアガラの仕掛け花火は割と下の方に仕掛けられているので、障害物があって見ることができないのです。もしもナイアガラをメインに考えている方にはおすすめはできません。

Photo by ume-y

しかし、打ち上げ花火はとてもクリーンに見ることができますので、もしもナイアガラが見られなくても問題ないという方にはおすすめです。トイレもありますし、ゆっくりと楽しむことができます。屋台などはありませんが持参していけば問題ないですし、友達同士の会話も楽しみながら見ることができるので、騒音が苦手な方にもぴったりの場所でしょう。

住所:群馬県前橋市岩神町1-2-1
電話番号:027-235-2000

群馬の前橋花火大会2018の穴場スポット6:新坂東橋の上

Photo by Keiichiro Shikano

こちらは地元の人たちがよく利用する、穴場の花火鑑賞スポットです。会場から離れてはいますが、打ち上がる花火を遮る建物もないために、とても綺麗に花火を鑑賞することが可能です。近隣の人たちは時こちらで花火を鑑賞する人が多いのではないでしょうか。間近で見ることはできませんが、全体を見ることができますし何よりゆっくり花火を鑑賞できます。

また、こちらの橋の近くには温泉施設の「よしおか温泉」があります。もしも観光がてら前橋に訪れた方は、温泉を楽しむことも可能です。こちらは道の駅になっていて、温泉の他にも物産館やレストラン、まんじゅう屋さんなどがありますので、前橋を楽しむことができるおすすめの場所です。花火を観に行く前に前橋の温泉を楽しんでみてください。

住所:群馬県北群馬郡吉岡町漆原2004番地
電話番号:0279-54-1221

群馬の前橋花火大会2018へのアクセスは?

Photo by yuyama's photo

花火大会が開催される日程で、会場周辺は交通規制が行われます。しかし駐車場が6200台分も無料でとめることができ、もしもそこが満車になってしまった場合は有料で1100台とめることができる駐車場が用意されています。しかしとても人気があるのですぐに満車になってしまうそうなので、車で行く場合は早めの時間から向かうといいかもしれません。

Photo by wtnb75t

車で向かう場合は―関越道前橋インターを降りて、車で20分ぐらいで会場に到着します。そして公共交通機関で向かう場合はJR前橋駅から渋川駅行きに乗って、群大病院入り口で下車すると会場まで徒歩で10分ほどで到着します。当日は臨時バスなども出ているようなので、そちらに乗ると歩く時間がもう少し短くなって少しだけ楽かもしれません。

群馬の前橋花火大会2018を体感しに行こう!

Photo by kushii

空中ナイアガラの発祥の地と言われる前橋花火大会は、屋台のグルメと美しくダイナミックな花火を楽しむことができる素晴らしい花火大会です。間近でゆっくり楽しめる有料観覧席も、1度味わってしまうと病みつきになってしまうでしょう。日程を今のうちに合わせて、有料観覧席のチケットを購入してみてください。時間を忘れて大人も子供も楽しめます!

小鉄
ライター

小鉄

関東出身の旅行好き。おしゃれな物も好きだけど、面白いものや面白い事がもっと好き。食べるのが大好きで海が好き。動物が好き。私の大好きな事や面白い事を皆さんにご紹介していきたいです

関連記事

人気記事ランキング