地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

福島で人気のお土産TOP17!買うものに困った時におすすめ!

福島で人気のお土産TOP17!買うものに困った時におすすめ!

福島県には、いわき・郡山・会津・相馬など、見どころがいっぱい。東北新幹線で東京から80分で郡山へ。そこから乗換えて各方面に行け、お土産もいろいろあります。今日はそんな福島で人気のお土産TOP17を地域別にご紹介します。迷った時にはこちらをどうぞ。

アイコンこの記事の目次

      1福島ってどんなところですか?
      2【相馬でおすすめはこちら】
      3福島でおすすめのお土産TOP17.黒潮海苔店「凍みもち」
      4福島でおすすめのお土産TOP16.大堀相馬焼
      5【会津で人気のお土産はこちら】
      6福島でおすすめのお土産TOP15.福島といったら「赤ベコ」
      7福島でおすすめのお土産TOP14.会津ほまれ「純米大吟醸」
      8福島でおすすめのお土産TOP13.会津ほまれ「化粧水」
      9福島でおすすめのお土産TOP12.会津路菓子処白虎堂「あいづじょっこ」
      10福島でおすすめのお土産TOP11.お菓子蔵太郎庵「会津天神さま」
      11福島でおすすめのお土産TOP10.小池菓子舗「あわまんじゅう」
      12【いわきで人気のお土産はこちら】
      13福島でおすすめのお土産TOP9.ゼリーのイエ
      14福島でおすすめのお土産TOP8.みよし「じゃんがら」
      15福島でおすすめのお土産TOP7.みよし「ロッサージュ」
      16【郡山で人気のお土産はこちら】
      17福島でおすすめのお土産TOP6.酪王乳業「酪王カフェオレアイスクリーム」
      18福島でおすすめのお土産TOP5.郡山銘菓庵大黒屋「くるみゆべし」
      19福島でおすすめのお土産TOP4.柏屋「檸檬(れも)」
      20福島でおすすめのお土産TOP3.柏屋「薄皮饅頭」
      21福島でおすすめのお土産TOP2.三万石「ままどおる」
      22福島でおすすめのお土産TOP1.かんのや「家伝ゆべし」
      23福島でお土産を買うなら

福島ってどんなところですか?見出し

福島といえば、スパリゾートハワイアンズ、鶴ヶ城、あぶくま鍾乳洞、磐梯吾妻スカイラインや白河、大内宿など観光名所がたくさんありますよね。今日はそんな福島の魅力がたっぷりつまった人気のお土産を地域別にTOP17までご紹介いたします。地域別なので普段とはちょっと違ったランキングかもしれません。ぜひ見て下さいね。

【相馬でおすすめはこちら】見出し

福島から国道115号を1時間くらいで相馬に着きます。常磐線の竜田駅から原ノ町駅までの全線開通は平成30年を予定しているとのことで、再開が待ちどおしいですね。南相馬には「相馬野馬追い」祭りの中でも、野馬懸の祭場がある「相馬小高神社」もあり、風光明媚な観光スポットとしても有名です。

福島でおすすめのお土産TOP17.黒潮海苔店「凍みもち」見出し

福島の伝統的な保存食の「凍みもち(しみもち)」。よもぎやヤマゴボウの葉など、山の草が入った草もちを水で濡らし、一つずつ形作った後、寒い時期に軒先に吊るして乾燥させます。食べる時は、水でもどして、お醤油と砂糖であまじょっぱくして食べるとおやつにもなり、子どもたちにも人気の商品です。お店は、原町区旭町にあります。

福島でおすすめのお土産TOP16.大堀相馬焼見出し

双葉郡浪江町大字大堀で生産される焼物の総称を「大堀相馬焼」といいます。登録されている23の窯元は、現在福島市、白河市、二本松市、いわき市などに分かれて再開しているところもあります。この品物の特徴は、熱膨張の異なる二種類以上の釉薬をかけて生まれた「青ひび」、外と内と二つの器を重ねる「二重焼き」、そして走る馬が必ず描かれていることです。通産産業大臣指定の伝統的工芸品をお土産にぜひいかがでしょうか。

【会津で人気のお土産はこちら】見出し

会津には、会津若松市にある鶴ヶ城や会津武家屋敷、猪苗代湖、北塩原の裏磐梯、喜多方市など多くの観光スポットがあります。特に会津若松は、郡山からバスで約1時間の人気の観光スポットです。

会津若松観光のおすすめスポットは?名物グルメやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
会津若松観光のおすすめスポットは?名物グルメやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
会津若松といえば戊辰戦争と会津藩の白虎隊のイメージが強いですが、実際に調べてみると"こんなに観光スポットがあったの?"と驚くほど、会津若松にはたくさんの観光地があることがわかります。そこで会津若松の観光情報をご当地グルメやお土産の情報と一緒に紹介していきます。

福島でおすすめのお土産TOP15.福島といったら「赤ベコ」見出し

福島の郷土玩具として有名な「赤べこ」。和紙でできた張子の赤い牛は、厄除けや子供を守るお守りとして、地元の方に愛されてきました。会津若松市和田にある「民芸処番匠」では、赤べこの絵付け体験ができます。伝統の技を知り、自分だけのオリジナルの赤べこを作れると人気です。手作りの赤べこをお土産にというのも素敵ですよね。(1時間840円)

福島でおすすめのお土産TOP14.会津ほまれ「純米大吟醸」見出し

喜多方市にある「ほまれ酒造株式会社」。福島の清酒といえば「会津ほまれ」と言われるほど有名なお酒です。受賞歴は数々あり、伊勢志摩サミットでお土産品として採用されたこのお酒は、大人の辛口。播州産山田錦と喜多方の名水で仕込んだ純米大吟醸酒は、高級桐箱入り。お世話になった方やお父さんにぜひおすすめです。720mlで3240円。この他にも「しぼりたて生」や「にごり酒」などあります。

福島でおすすめのお土産TOP13.会津ほまれ「化粧水」見出し

無着色で合成香料を使用せず、鉱物油や動物油は無配合、パラベンフリーの化粧水。保湿美容成分として、日本酒とユズセラミドなどが含まれているさっぱりした使用感の化粧水です。200mlで1080円。ラベンダーの香りに癒される化粧水は、女性のお土産にぴったりかもしれませんね。

福島でおすすめのお土産TOP12.会津路菓子処白虎堂「あいづじょっこ」見出し

会津若松市馬場にある「白虎堂」。会津弁で「じょっこ」とはお嬢さんのことだそうです。このお菓子は、バターをしっかり練り上げた焼き菓子で、サブレとクッキーの両方に似た食感。スライスしたアーモンドもたっぷり入っています。10枚入り800円。この他に「塩大福」も人気のお店です。

福島でおすすめのお土産TOP11.お菓子蔵太郎庵「会津天神さま」見出し

会津若松駅から徒歩5分にある「お菓子の蔵太郎庵会津総本店」。他にも会津地方に11店舗あるそうです。こちらのお店でおすすめするのは「会津の天神さま」。ふんわりしたブッセ生地にチーズの塩味がきいたお菓子です。天神さま、菅原道真公のように頭がよくなりますようにと願いを込めて、節句に「会津天神」を飾る風習があるのだそうです。このお菓子は受験生の必勝祈願に人気なのだとか。5個入り750円。

福島でおすすめのお土産TOP10.小池菓子舗「あわまんじゅう」見出し

小池菓子舗は、柳津にある福満虚空蔵尊圓蔵寺の近くにあります。昔その界隈が大火災にあった時、二度と災難にアワないようにと饅頭を作って配ったところから柳津の名物になったと言われているそうです。こちらの「あわまんじゅう」は、もち米とあわが原材料の素朴な味わいが人気の饅頭です。10個入り970円。固めになったらもう一度蒸かして食べると出来立ての味わいに。

【いわきで人気のお土産はこちら】見出し

常磐線特急で品川から約2時間半で行けるいわき。スパリゾートハワイアンズやアクアマリンふくしま、湯本温泉郷などの娯楽施設や、国宝白水阿弥陀堂、他には四倉や小名浜など綺麗な海もあり、海の幸にも恵まれたところです。

いわき市のおすすめ観光スポットは?定番名所や温泉・グルメ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
いわき市のおすすめ観光スポットは?定番名所や温泉・グルメ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福島県の南部、太平洋に面した広範な地域がいわき市です。面積は1231km²、人口は約34.6万人です。面積も人口も福島県でNo1です。観光にレジャー、温泉にグルメ、お楽しみ観光スポットがたくさんあります。そんないわき市の観光名所やグルメスポットの紹介です。

福島でおすすめのお土産TOP9.ゼリーのイエ見出し

いわき市小名浜にある小さなお店「ゼリーのイエ」。一つ一つ手作りの色鮮やかなゼリーはまるで宝石のようですね。特に女子に人気のお店です。大人気の品はネット注文もできますよ。8個詰め合わせセット2240円です。

「ゼリーのイエ」は福島の名物店!おすすめ商品やお取り寄せ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「ゼリーのイエ」は福島の名物店!おすすめ商品やお取り寄せ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福島県いわき市小名浜のゼリー専門店「ゼリーのイエ」は、ゼリー専門というだけでも珍しいのに、煌くような可愛い花型をしたゼリーは、他にマネの出来ない人気スイーツです。「ゼリーのイエ」へ直接来店して購入するか全国通販のオンラインショップからお取り寄せで購入できます。

福島でおすすめのお土産TOP8.みよし「じゃんがら」見出し

じゃんがら念仏踊りは、じゃぐわらじゃぐわらと鉦をたたき念仏を唱えて新盆の家をまわるという磐城に伝わる風習です。その郷土芸能の名のついたお菓子「じゃんがら」。水を使わずに焼き上げた独特の皮と北海道大納言小豆を練り上げた餡は、昔ながらの変わらぬ味で、地元の人にも人気のお菓子です。三個入り560円から。

福島でおすすめのお土産TOP7.みよし「ロッサージュ」見出し

福島県の花は「しゃくなげ」。この花をテーマにしたお菓子がこの「ロッサージュ」です。こし餡ときざんだ栗が入った白あんの二種類あり、しっとりしたちょっと洋風の味わいです。みよしは浜通りに17店舗ありますので、いわきに行ったら、人気のお菓子をゲットしてみてくださいね。10個入り1320円です。

【郡山で人気のお土産はこちら】見出し

Photo by さかどん

東北自動車道で都心から約2時間30分の郡山。JR東北新幹線だと東京駅から約1時間20分です。磐梯熱海温泉や郡山市ふれあい科学館スペースパークなどがあります。また笹原川の千本桜や上石の不動桜など桜の名所も多いところです。

郡山市でおすすめのお土産は?人気のお菓子や雑貨などをまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
郡山市でおすすめのお土産は?人気のお菓子や雑貨などをまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
郡山市は福島市、いわき市に次ぐ福島県第三の都市。新幹線が郡山駅に停まり、近くには高原や温泉などが多く観光地としても人気がありお土産も多い。お菓子の名店も多く、市内には民芸品を創るデコ屋敷もあり、お菓子や雑貨のお土産にこと欠かない。

福島でおすすめのお土産TOP6.酪王乳業「酪王カフェオレアイスクリーム」見出し

郡山市に本社工場がある酪王乳業。こちらのカフェオレは、地元の人に愛された人気の商品です。そのカフェオレに牛乳を10%加えた濃厚なアイス。後味がさっぱりしているのはコーヒーが絶妙な割合で入っているからなんでしょうね。香料不使用のアイスをぜひ食べてみてくださいね。東北自動車道安達太良サービスエリアやお菓子のさかい新さくら通り店では、ソフトクリームもありますよ。

福島でおすすめのお土産TOP5.郡山銘菓庵大黒屋「くるみゆべし」見出し

JR郡山駅から徒歩5分の位置にある「大黒屋」。こちらの「くるみゆべし」は、第23回全国菓子大博覧会で最高賞を受賞した有名なお菓子です。「くるみゆべし」には良質のくるみがぎっしり入っていて、とても食べごたえがありますよ。「黒ごまゆべし」もおすすめです。両方を味わえる詰め合わせは5個540円です。

福島でおすすめのお土産TOP4.柏屋「檸檬(れも)」見出し

こちらはクリームチーズとほんのりレモンの香りが美味しい、洋菓子「檸檬(れも)」。常温で食べてもいいし、夏場は冷やして食べるのがおすすめですよ。1個162円です。柏屋は福島県内に店舗も多く、手作り体験や菓祖神「萬寿神社」など縁結びにご利益がある神社もあります。うすかわくんというキャラクターもいるそうです。

福島でおすすめのお土産TOP3.柏屋「薄皮饅頭」見出し

日本三大饅頭の一つ、「薄皮饅頭」。2017年の日本ギフト大賞の話題賞にもなった人気のお土産です。十勝産小豆を使った自家製あんは、こしあんとつぶあんがあります。こしは上品で滑らかな舌触りで、甘さを抑えたつぶあんは素朴な味わいです。二つの味わいが楽しめるのも人気の秘密かもしれませんね。1個97円です。あなたはつぶとこしとどちらがお好きですか?

福島でおすすめのお土産TOP2.三万石「ままどおる」見出し

福島を代表する人気のお土産といえば「ままどおる」。バターを使った生地でミルクあんを包んだしっとりとしたお菓子です。「ミルクを飲む子」というスペイン語の由来どおり、ずっと変わらない優しい味は、ぜひおすすめのお土産ですよ。店舗は郡山中心に、福島市、二本松市、会津若松市、喜多方市、いわき市とあります。5個入り袋が432円というのも嬉しいですよね。

福島でおすすめのお土産TOP1.かんのや「家伝ゆべし」見出し

1860年創業のかんのや。その家伝「ゆべし」は、福島を代表する人気のお土産の定番ですね。その独特の形は、鶴が羽を広げた姿だそうです。こしあんの味には、ほんの少しだけ醤油の香りがあり、もっちりした歯ごたえが特徴的です。ケシの実がまぶしてあり、その風味もやみつきになるかもしれません。6個入り袋648円です。郡山市を中心に直営店があります。

福島でお土産を買うなら見出し

地域別にみた福島でおすすめのお土産TOP17をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?ぶらりと遊びに行ったら、復興のシンボル「きびたん」が優しく出迎えてくれるかもしれません。「福が満開、福のしま」で観光を楽しんだ後、ご当地ならではのお土産をゲットして、みんなに福を渡すのもいいかもしれませんね。

関連キーワード

投稿日: 2017年4月16日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote