地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

丸星ラーメンは24時間営業の有名店!人気メニューやアクセス方法は?

丸星ラーメンは24時間営業の有名店!人気メニューやアクセス方法は?

九州のラーメンどころ、久留米。人気のラーメン屋さんが多く、遠方から訪れる人も多いです。そんな久留米でおすすめされる丸星ラーメンというラーメン店があります。いつでも営業中、破格の値段でラーメンが食べられると人気の丸星ラーメンをご紹介します。

九州のラーメンどころ久留米見出し

Photo by Kossy@FINEDAYS

ラーメンといえば九州。九州にはおいしいラーメン店が多く、ラーメン愛好家のメッカと言われています。中でも久留米は博多に並ぶラーメン激戦区。値段も安く人気のラーメン店や、地元民がおすすめするラーメン店が多くあり、新幹線駅や空港からも遠い場所でも車でやってくる人も多くいます。

福岡で人気の久留米ラーメン見出し

Photo by Shinichi Haramizu

ラーメンの味として人気の味は、しょうゆ、塩、味噌、そして豚骨です。しかし、この豚骨ラーメンにもただ豚の骨から出汁をとっただけでなく、九州にはその地名を冠したラーメンがあり、さらに福岡では博多ラーメン、久留米ラーメンと二大豚骨ラーメンが存在しています。そして、久留米ラーメンにはさらに二種類あるのです。

Photo by hirotomo

久留米ラーメンはあっさりとしたやや淡白な味わいの「食堂系」ラーメン、そしてこってりとした「国道系」ラーメンの二種類に分かれます。食堂系の久留米ラーメンは、豚骨だけでなく、鶏ガラも使用しているため、あっさりした中にもコクを感じる味になっています。取り扱うお店には、「食堂」の文字が入っていることが多いです。

Photo by Shinichi Haramizu

「国道系」と呼ばれる久留米ラーメンは、こってり系の味を主流としています。名前の由来は国道3号線にお店をかまえている店舗が多いためです。国道3号線は山口県から小倉、福岡、熊本をつなぐ主要な道路で多くのドライバーが利用します。こってり系のラーメンはドライバーの疲れを癒し、アクセスもしやすく、爆発的に人気になりました。

久留米ラーメン人気店ランキングTOP21!本場福岡のおすすめ店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
久留米ラーメン人気店ランキングTOP21!本場福岡のおすすめ店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
久留米ラーメンは、白濁豚骨ラーメンの発祥である久留米で味わうことのできるご当地グルメと言えます。長い歴史を誇る老舗ラーメン店も多数あります。お店それぞれに特徴があり、様々なテイストが楽しめます。お気に入りの店を見つけて出かけてみましょう。

地元でおすすめされる丸星ラーメン見出し

九州ではラーメンに対して並みならぬ愛情を持っている人は多いです。その情熱はまさしくソウルフードというにふさわしく、ご当地メーカーが生み出した豚骨インスタントラーメンは人気のあるロングセラー商品。地元を離れた人が実家に頼んで送ってもらうことの多い味です。そんな地元の人たちがおすすめするラーメンがおいしくないはずありません。

久留米で人気のラーメン店、家族でいくことも多いラーメン店、それだけでなくドライバーにも大人気のラーメン店、それが「丸星ラーメン」です。看板には「丸星中華そばセンター」とも書かれています。ラーメンは男の食べ物、というくらい男性客の多いイメージが根強いですが、丸星ラーメンでは老若男女和気あいあいと楽しく食事をしています。

ラーメンは豚骨のみ!丸星ラーメン見出し

九州といえどもラーメン店の中には、チャーシューメンや、同じ豚骨でも辛めなど、味に変化球を付けてくる店舗があります。丸星ラーメンでは味に変化球はありません。50年以上愛され続ける人気メニューは「ラーメン」一種類のみ。それも豚骨だけ。他のラーメンはありません。

しかし、このラーメンが何度でも食べたくなるおいしさ。地元の人が胸をはっておすすめする豚骨スープのラーメンは食べて損なし。ドライブがてらにいってみれば、運転の疲れがじわりとほぐれていく染み渡るおいしさなのです。豚骨ラーメン好きには食べずには帰れない味です。

24時間いつでも営業中!丸星ラーメン見出し

Photo by Macro Monster

丸星ラーメンの名前の由来は、丸が太陽、星はそのまま星で、昼夜を表し、24時間営業しているという意味です。看板には星を丸で囲んだラーメンで書かれているため、星ラーメンと思っている人もいますが、丸星と読むのが正しい読み方です。朝、昼、夜、いつでも食べたい時に行ける営業時間になっています。

Photo by sqm

地元からもおすすめされ、車でのアクセスもしやすいため近隣の市や県からも行きやすいお店ですが24時間営業のラーメン店はチェーン店以外では珍しいです。お酒のしめでラーメンを食べる人が多いので深夜まで営業しているお店はありますが、24時間営業をしている店舗は少なく、丸星ラーメンは深夜に働く人たちの癒しになっています。

Photo by hans-johnson

久留米は近隣の県からもドライブでアクセスしやすい場所。なにより国道3号線は最も主要な道路です。駐車場も広く、トラック用の駐車スペースもあります。そのため多くの人が立ち寄りますが、メニューに迷わないこと、回転率が高いことから、混み合ってもあまり待たずに食べられるお店でもあり、人気の理由の一つになっています。

一見さんも大歓迎!丸星ラーメン見出し

丸星ラーメンの外見は、こじんまりとした庶民的な雰囲気を感じるたたずまいです。その雰囲気は、味を知らずに眺めていると、通り過ぎてしまいそうな外見をしています。地元になじんだ佇まいのラーメン店なのですが、ラーメン店に感じる印象の中には「不愛想で、何か独自の厳しいルールがあるのではないか」というものがあるのです。

古めかしい看板や、手書きの看板は、ラーメン初心者には敷居が高く感じ、なかなか入りにくいのです。お金を払って食事をしに行ったのに、独自ルールで怒鳴られることはできれば避けたいと通り過ぎてしまう人もいます。しかし、丸星ラーメンは常連さんも一見さんも誰でも温かく迎え入れてくれます。

すぐに、温かい挨拶が聞こえてきます。お店が愛されていることがわかる、たくさんの写真が見えてます。そしておでんが目に入ります。ラーメンとおでんという他の店ではなかなか見ない組み合わせに、懐の深さを感じてすぐにほっとします。一見さんでも、一度食べれば病みつきになる濃厚な豚骨ラーメンに、最後は大満足で帰っていきます。

丸星ラーメンにまつわる紅ショウガの話見出し

豚骨ラーメンに乗る紅ショウガは、白いスープのアクセントとして重要、という説があります。また、脂っこい味をさっぱりさせてくれるので必要、という説もあります。丸星ラーメンにはこの紅ショウガにまつわる物語があります。丸星ラーメンでは、ラーメンに乗っていたのは最初は漬物でした。

しかし、昭和33年に漬物不足が起き、紅ショウガに変更になりました。当時野菜を切る機械はなく、丸星ラーメンでは店主の娘さんが小学校に行く前にネギと紅ショウガを切ってくれていたそうです。まだ12歳だった娘さんが一生懸命切ってくれたおかげで、丸星ラーメンの紅ショウガが守られているのです。

迷わない!丸星ラーメン注文システム見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

一時期、味よりも店長の独自ルールの厳しさのほうが有名になり、ラーメン店への敷居の高さを感じてラーメン屋に行けないという人もいました。スープよりも先に麺を食べたら追い出された、ラーメンが届く前に高菜を食べたら追い出された、スマホで写真を撮ったら怒鳴られたなどなど、注文の厳しいラーメン店が話題になりました。

おいしいラーメン店ほど注文が厳しいという噂もあり、丸星ラーメンも独自のルールがあるのでは?食事をしに行って怒られるのは嫌だな、と不安に思っている人もいるかと思います。しかし、丸星ラーメンはそんな厳しい独自ルールもなく、お子さんにも大人気のラーメン店。家族連れでも気軽に味わえるラーメン店です。

ラーメンの注文方法が難しいと噂の場所や、呪文のような長い注文の仕方だったらどうしよう、と思っている人の前に現れるのはシンプルなメニューの食券販売機です。初めての人でも迷うことがありません。食券を購入後はスタッフさんの見える位置に置いて待つだけです。

50年以上愛される丸星ラーメン見出し

丸星ラーメンではラーメンは運ばれてきますが、おでんや水はセルフサービスです。そのせいか、お店の店内は自宅でラーメンを食べているような温かみのある雰囲気に包まれています。常連さんが多いのもそうですが、かしこまらず食事を楽しめるお店作りになっています。

手書きのメニューや、壁に貼られた写真にも温かみがあり、模様が少し剥げかかったお椀にも趣があります。気取らず気軽に食事ができるその雰囲気や、看板にもある「皆様の店 丸星中華そばセンター」という文字にも感じ取れるように、お店側だけでなく、お客側も気持ちの良い雰囲気ですごそうという空気を感じます。

安い値段でラーメンを提供し、24時間営業をしている丸星ラーメンは、高級な料理店では味わえない、趣と温かさのある味がします。開店から50年以上、少ないメニューでも多くの人がまた食べたいと思える味と雰囲気を提供してきた丸星ラーメンだからこそ、出せる味があるのです。

破格の値段で食べられる丸星ラーメン見出し

ラーメンの値段と言えば、平均的にみても700円くらいです。丸星ラーメンのラーメンは一杯400円。とんでもない破格の値段です。それでもラーメンとしての具材もきちんと乗っていて、けっして安っぽい見た目をしているわけではないのです。そのため、高校生や中学生にも大人気です。

替え玉は100円でできるので、少し物足りないなという人でも、ワンコインでお腹いっぱいになってしまいます。こんなに安い値段なのにその味は手抜きなしの豚骨ラーメン。こってり系の染み渡るスープと食べ応えのある麺がたまらない、何度でも食べたくなる味なのです。

丸星ラーメンの人気メニュー「ラーメン」見出し

丸星ラーメンのメインメニュー「ラーメン」は、こってり系の豚骨ラーメンです。中太の麺に海苔、きくらげ、焼き豚、ネギが乗って出てきます。紅ショウガや漬物はテーブルにセットされているので、自分で好きなものを選んでトッピングできます。これでも値段が400円というのは驚きの安さです。

豚骨スープの味はとにかくまろやか。程よい塩味と甘さも感じる味。豚肉の旨味とほのかな脂身の甘味が溶けだしていて、こってり系のスタンダードな味がします。それでいて奥深いまろやかさには、他の風味も感じて複雑な旨みを感じます。ストレートの麺は徐々にスープが絡んでいき、すすりやすくスープの味もしっかり感じます。

久留米ラーメンはスープをつぎ足しで作られるのが主流で、前のスープに新しいスープを足して作っていきます。この作り方は、新しいスープでも熟成された旨味を醸し出し、うまみ成分が新しく作ったものよりも多いのです。丸星ラーメンのスープは創業から火を絶やさずかき混ぜ続けている手間暇かけた味。奥深くコクのある旨味を感じます。

チャーシューも程よく甘みがあり、ラーメンの邪魔をしないスープによく合う味です。単品の値段が270円で提供されています。ご飯も値段120円で頼めるので、物足りない人は一緒に注文するのもおすすめです。メニューが少なくとも、ラーメン一杯で十分魅力をもっているので、多くの人が訪れる理由がわかります。

お土産にもおすすめ!持ち帰りメニュー

丸星ラーメンには生麺も3個入りのものが販売されています。スープも一緒に入っているので、自宅で食べたい人、辛味などの自分好みの味を足したい人、お土産にしたい人にもおすすめです。その値段は380円。気軽に購入できる値段なので、アクセスしづらい場所に住んでいる人へのプレゼントにもおすすめです。

ラーメンだけじゃない人気メニュー!丸星ラーメンの「おでん」見出し

丸星ラーメンでおすすめされるメニューはラーメンだけではなく、おでんもあります。値段は一個90円で購入でき、温かい汁に浸かった好きなおでんを選ぶことができます。定番の大根やこんにゃく、人気の卵やスジ、巾着や練り物も豊富にあり、迷ってしまうほどどれもおいしそうに見えます。

味ももちろん、出汁のおいしさをしっかりしみ込んだ具材は絶品。大根も大きく切られていて、かぶりつくとじゅわっと出汁があふれだします。あっさり目の出汁の味に、ラーメンと同じくらい人気のおすすめメニュー。ラーメンが届く前にお腹いっぱいになりそうなほどの誘惑です。

ドライバーに愛される丸星ラーメン見出し

丸星ラーメンのラーメンはおいしいだけでなく、そのどんぶりにも温かさを感じます。食べ進んでいくと出てくるどんぶりに書かれた文字は、「祈る 安全運転」。多くのドライバーがやってくる丸星ラーメンは、ラーメンでお腹を満たした後も仕事に戻って行くドライバーを気づかってくれます。

丸星ラーメンの駐車場は広く、お店の向かい側にもあります。お店よりも広い駐車場は、土地柄もありますが、なにより多くのドライバーに休んでいってほしいという丸星ラーメンの心づかいを感じます。車でのアクセスがしやすいだけでなく、この先の運転のことも考えてくれる、ドライバーのオアシスのようなラーメン店です。

車でのアクセスがおすすめ!丸星ラーメン見出し

Photo by Steve Nagata

丸星ラーメンのアクセス方法は車がおすすめです。国道3号線沿いにあり、熊本からも福岡市からもアクセスしやすい場所にあります。電車でのアクセスなら、西鉄天神大牟田線「宮の陣駅」からは徒歩約11分で到着します。「天神駅」からは約1時間ほどでアクセスできます。

国道3号線の目立つ場所にあるため、観光やドライブでのアクセスもおすすめです。付近には鳥栖プレミアム・アウトレットなどもあり、ドライブであちこち回ってみるのもおすすめです。車でのアクセスを生かして、いろんな場所にも行くことができます。丸星ラーメンは第2、第4木曜を除いて24時間営業しているので、時間を気にする必要もありません。

住所 福岡県久留米市高野2丁目7-27
電話番号 0942-33-6440

久留米では丸星ラーメンに行こう!見出し

Photo by gtknj

アクセスしやすく、値段も安く人気のラーメン「丸星ラーメン」。地元の人にも支えられるほどの人気は、そのたたずまいからも味からも伝わってきます。久留米に行ったら是非とも丸星ラーメンを味わってみてください。本場の豚骨にして、地元で愛され続ける味に、また食べたくなってしまうこと間違いなしです。

投稿日: 2018年9月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote