地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

柳川観光おすすめスポットをご紹介!水都ならではの名所やコースも

柳川観光おすすめスポットをご紹介!水都ならではの名所やコースも

柳川市は「水の都」とも呼ばれるように、多くの水路が街中を巡っています。柳川の川下りは観光名所としても人気ですね。柳川城を元に広がる水路と城下町の景色は、タイムスリップしたかのようなノスタルジィな気分にさせてくれます。今回はそんな柳川の観光をご紹介していきます。

水郷・柳川市ってどんな街?見出し

Photo by DJ Quietstorm

福岡県の南側・筑後地方にある柳川市。街中に多くの水路が流れており、「水の都(水郷)」とも言われています。もともとは戦国時代、柳川城の水の防壁として造られた水路ですが、現在は貯水路や農業用水路としての役割をになっており、柳川の代名詞・観光名所の一つになっています。

この街中に巡っている水路を利用した、柳川の川下りは観光には人気のコースです。柳川市は他にうなぎが有名で、シーズンになると、福岡や久留米など近隣都市からも、大勢の人が柳川のうなぎ料理を食べに訪れます。福岡市から柳川へのアクセスは、西鉄天神大牟田線で約45分ほど。久留米市や大牟田市からは、同線で約15分ほどで到着します。

柳川ひまわり園の見頃やアクセス方法は?周辺観光情報もあわせてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
柳川ひまわり園の見頃やアクセス方法は?周辺観光情報もあわせてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福岡にある、柳川ひまわり園のご紹介をいたします。とても広大なひまわり畑も見たり、ひまわり畑の中を歩いたりすることができます。今年も綺麗なひまわりをたくさん咲かしてくれるであろう柳川ひまわり園の情報をたっぷりとお届けいたします!

水郷・柳川おすすめ観光名所1:柳川城・堀水門見出し

戦国時代に当時の領主・蒲池治久(かまちはるひせ)によって建設された柳川城。ツルが舞うような美しい城ということから舞鶴城とも呼ばれています。水路に囲まれた柳川城は、屈強な城としても有名で、「柳川三年肥後三月、肥前・久留米は朝茶の子」と詠われるほどに、落とすには三年かかるという、難攻不落の城として名を馳せていました。

Photo by kobakou

総延長470キロメートルも広がっているというお堀の水路。たくさんある水門の中でも柳川城の堀水門は観光の際、見ておきたい名所の一つです。唯一城内に入ることのできる柳川城の堀水門は、高さの低いトンネルのような作りになっています。防壁の役割をしていたことと、先人たちの知恵・歴史が感じられます。

【住所】〒832-0061 福岡県柳川市本城町 【電話】0944-73-8111

水郷・柳川おすすめ観光名2:中山大藤見出し

春に見頃を迎える柳川の中山大藤。大阪・野田の藤をもらい受け、植えたのが柳川大藤の起源と言われています。水路の天井に広がる藤棚いっぱいに咲き乱れる大藤は、美しいの一言!少しくすんだパープル色の天井を見上げると、甘い香りとともに幻想的な世界を訪れた気分になりますね。

藤棚からは130センチほどの大藤が咲き、満開の時には、大藤の甘い香りで一帯が包まれています。例年、4月初旬から4月下旬(5月初旬まで延期の場合もあり)に「中山大藤まつり」も開催されていて、まつりの時は、藤棚の下でお食事やお酒など酒宴を楽しむこともできます。

【住所】〒832-0811 福岡県柳川市三橋町中山538-1 【電話】0944-73-8111

水郷・柳川おすすめ観光名3:柳川ひまわり園見出し

7月の中旬から7月下旬にかけて開園される「柳川ひまわり園」。有明海に面した干拓地に40万本から50万本近いひまわりが咲き乱れます。地平一面に咲き誇るひまわりと青い空は、まさに快活さの象徴といった風景!太陽に照らされたひまわりも綺麗ですが、夜のライトアップされたひまわりも、いつもとは一味違う景色でおすすめです。

入園は無料で、近くに無料駐車場もあります。車で観光巡りされたい方にも便利で、おすすめコースです。夜のひまわりライトアップは、夕方(暗くなって)から21時まで。夏の夜風で涼みながら、ひまわりを楽しむのも乙でいいですね。

【住所】〒832-0025 福岡県柳川市橋本町 【電話】0944-73-8111

水郷・柳川おすすめ観光名所4:三柱神社見出し

水郷柳川の名所の一つ三柱神社。立花宗茂公・妻の誾千代(ぎんちよ)・戸次道雪公の三神が祀られていることから「三柱神社」と呼ばれています。水路にかかる朱色の橋と、境内に広がる緑のコントラストが美しく、静かな神社内では心が洗われる思いがします。柳川駅から徒歩でいける立地にあるので、アクセスも抜群です。

【住所】〒832-0826 福岡県柳川市三橋町高畑323-1 【電話】0944-72-3883

水郷・柳川おすすめ観光名所5:柳川川下り見出し

「柳川城」築城の際の防壁、また城下町の運営のために作られたお堀の水路。そんな水路を「どんこ舟」でゆっくりと進みながら、柳川の街を巡る川下りは、人気観光コースとなっています。船頭の話を聞きながら、柳川の歴史と風情ある町並みを堪能できる川下りでは、日常から離れた贅沢な時間を満喫できますね。

柳川観光開発株式会社

柳川の川下り観光コースは、いろいろな会社がありますが、今回は、松月文人館前の「松月乗船場」から乗船できる、柳川観光開発株式会社をご紹介します。昭和36年から創業し、以来柳川観光の代名詞ともなっている、柳川の川下り。「どんこ舟」に乗り、水路をゆったりと巡りながら、柳川の街中を見て回ることができます。

こちらの「川下りコース」では、柳川城堀水門から入り、城内の掘割(水路)を下り、立花邸御花を終点に迎える内堀コース。全長4.5キロメートルを約70分かけてゆっくりと進んでいきます。船頭の説明を聞きながら、風情ある城下町の名所を眺められるおすすめコースです。乗合のほか、貸切船もあり、大人数での観光の場合は、お得に貸切船を満喫できます。

【住所】〒832-0826 福岡県柳川市三橋町高畑329 【電話】0944-72-6177

水郷・柳川おすすめ観光名所6:北原白秋生家・記念館見出し

詩人・北原白秋の生まれ故郷、柳川には白秋の生家・記念館が残っています。明治時代から続く白州の生家は海産物・酒造問屋として栄え、「油屋」や「古問屋」と呼ばれていました。城下町の趣がそのまま残っており、タイムスリップしたかのような、どこか懐かしい感覚におちいる白秋生家は柳川名所の一つ。

記念館の1階展示室には、柳川の伝統と歴史に関する資料が並べられています。2階展示室には、明治・大正・昭和の3代を生きた北原白秋に関する資料が、時代ごとに展示されています。昭和18年に刊行された「水の構図」は、北原白秋の詩と写真家・田中善徳の写真が融合した写真集で、生まれ故郷・柳川のことを記した貴重な作品集。

【住所】〒832-0065 福岡県柳川市沖端町55-1 【電話】0944-72-6773

水郷・柳川おすすめ観光名所7:御花・松濤園(しょうとうえん)見出し

国指定名勝の立花氏庭園「松濤園」。クロマツに囲まれた大きな池と荘厳な建築に、日本庭園の繊細な美しさが表現されています。大広間の座敷から庭園を眺めると、時間の流れがゆっくりとなったかのように錯覚してしまいます。明治時代に建造された迎賓館「西洋館」もハイカラな佇まいで伝統を感じさせてくれます。

立花邸・御花の広い敷地内には、料亭やレストランのほかカフェもあり、地元・有明の郷土料理がいただけます。中でも、柳川名物うなぎのセイロ蒸しは大人気!宿泊ができるプランもあるので、歴史ある邸で一泊して、柳川市をゆっくりと観光するのもおすすめです。

【住所】〒832-0069 福岡県柳川市新外町1(立花氏庭園内) 【電話】0944-73-2189

水郷・柳川おすすめ観光名所8:若松屋見出し

うな丼・うな重・ひつまぶしなど、うなぎ料理はたくさんありますが、柳川の名物は「うなぎのセイロ蒸し」。うなぎのタレを十分染み込ませたご飯の上に、蒲焼のうなぎをのせ、セイロと言われる木枠で蒸して仕上げるセイロ蒸しは、ふっくらとあつあつに出来上がりまさに絶品!船着場の横にある若松屋は、柳川川下りの後のお食事にも抜群のアクセスで、訪れやすいですね。

【住所】〒832-0065 福岡県柳川市沖端町26 【電話】0944-72-3163

本吉屋

1681年より、300年以上その味を守り続けている老舗の料理店「本吉屋」。うなぎの有名な柳川の中でも特に美味しいと人気のお店です。柳川の名所の一つとも言われるくらい、有名なうなぎ店。蒲焼の香ばしい香りに、蒸してふっくらと仕上げられたセイロ蒸しはいくらでも食べられますね。贅沢に食べ比べもしてみたいものです。

【住所】〒832-0022 福岡県柳川市旭町69 【電話】0944-72-6155

柳川うなぎおすすめランキング!女子に人気の安いお店もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
柳川うなぎおすすめランキング!女子に人気の安いお店もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北原白秋を育んだ水郷柳川。柳川藩の城下町として栄えた歴史溢れる水の都で、どんこ舟でお堀を巡る川下りが人気の観光地です。明治ロマン満載の和洋館「御花」と周辺のお堀端は外せない観光名所。また、柳川はうなぎのせいろ蒸しの発祥の地です。本場のうなぎは試す価値ありです!

柳川には人気の観光スポットがたくさん!見出し

Photo by alberth2

水郷・柳川は、柳川城を中心に水路が広がり、風情ある城下町の佇まいの残しています。その風景はどこかノスタルジィを彷彿させるほど。当時の建造物を修繕しながら残している街の景色の眺めると、日本の伝統と積み重ねてきた歴史の重みを感じさせてくれます。

また、都市から程よく離れた場所にある柳川は、美しい自然も多く残っており、都会の喧騒を忘れさせてくれるところでもあります。歴史ある柳川にはたくさんの名所があるので、観光で訪れた際は、この町独特のゆっくりと流れる時間を堪能しながら、散策してみてくださいね。

投稿日: 2017年5月5日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote