地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

BooBoo太郎。は二郎系ラーメンが味わえる千葉の名店!メニューや頼み方は?

千葉県千葉市の中央区にある『BooBoo太郎。』は二郎系ラーメンが大人気のお店です。ここ『BooBoo太郎。』は無料トッピングでいろいろなものをマシマシにでき、またカレーやトマトソースといった限定トッピングも充実しています。

BooBoo太郎。は二郎系ラーメンが大人気の名店見出し

Photo by Tak H.

ラーメンには数多くのジャンルがありますが、そのなかでも特に人気なのが二郎系ラーメンです。二郎系ラーメンはボリュームたっぷりなので男性にも人気ですし、野菜も多くてインスタ映えもするので女性にもおすすめです。そんな二郎系ラーメンの名店が今回ご紹介する千葉の『BooBoo太郎。』です。

BooBoo太郎。とは?見出し

Photo by rail02000

千葉『BooBoo太郎。』にがあるのは千葉県千葉市の中央区です。千葉市の中央区は高層ビルが立ち並ぶ大都会です。

いろいろな機関が揃っているので千葉だけでも完結しますし、東京までもすぐに出られるので人気の高い場所でもあります。

千葉市中央区中央にあるラーメン店

Photo by keyaki

多くの人が行き交うエリアなので飲食店が数多く軒を連ねており、特にラーメン屋さんは美味しいお店の多い超激戦区です。

千葉市は全国的にも有名なラーメン屋さんがたくさんありますが、そのなかのひとつが『BooBoo太郎。』です。

千葉市のラーメン人気店ランキングTOP21!深夜営業の店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
千葉市のラーメン人気店ランキングTOP21!深夜営業の店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉市には数多くのラーメン店があり、どこへ行こうか迷ってしまいそうですね。そんなときにおすすめの人気店から新店、深夜までやってるお店など、21店舗厳選してランキングにしてみました。千葉市でラーメンを食べるときには、ぜひお役立てください。

BooBoo太郎。の特徴見出し

Photo by kenken5959

日本には数多くのラーメン屋さんがあり、そのそれぞれに個性を持っています。そして千葉『BooBoo太郎。』は二郎系ラーメンが看板商品です。

いまでこそ二郎系ラーメンを食べられるお店は決して珍しくありませんが、そんななかでも千葉『BooBoo太郎。』は飛び抜けた人気です。

カウンターだけのお店

Photo by やまある

千葉『BooBoo太郎。』はカウンター席だけの非常に小ぢんまりとしたお店で、さらに座席の数も11席しかありません。

地元の人だけでなく県外からも多くの人が食べに来る千葉『BooBoo太郎。』は基本満席で、並ばずに食べるのは不可能に近いです。

二郎系ラーメンで人気

Photo by takeshikj

ここ千葉『BooBoo太郎。』はいろいろあるラーメンのなかでも二郎系ラーメンを得意としているお店になります。

ちなみに千葉『BooBoo太郎。』のオーナーは二郎系ラーメンの名店である『関内二郎』で修業を積んだ経験をお持ちです。

食券でオーダーするシステム

Photo by takeshikj

ラーメン屋さんごとにメニューの頼み方は違いますが、ここ千葉『BooBoo太郎。』の頼み方は券売機システムとなっています。

千葉『BooBoo太郎。』の店舗に入るとすぐ横に券売機が置かれており、そこで自分の食べたいラーメンを選びます。

麺の量や硬さをリクエストできる

Photo by takeshikj

ちなみに千葉『BooBoo太郎。』のラーメンは麺の量や硬さを自分好みにリクエストすることができます。

例えば「あまりボリュームたっぷりなのは困る」という女性向けに麺の少な目にも千葉『BooBoo太郎。』は対応しています。

カレートッピングも話題に

Photo by ttanabe

千葉『BooBoo太郎。』には時折季節限定のトッピングが登場します。過去に話題になったトッピングで言うとカレーです。

そのままでも美味しい千葉『BooBoo太郎。』の二郎系ラーメンにカレーがプラスできるとあって当時はかなり話題になりました。

BooBoo太郎。おすすめメニューと頼み方見出し

Photo by Tak H.

千葉『BooBoo太郎。』の券売機にあるメニューは基本的には「小ラーメン」と「大ラーメン」の2つだけです。

ただし「小ラーメン」という名前から「小盛りなのかな?」と思う人もいるでしょうが、実はこれが千葉『BooBoo太郎。』の並盛りになります。

小ブタラーメン(豚5枚)

Photo by takeshikj

例えば千葉『BooBoo太郎。』の「小ブタラーメン」は麺の量が300gほどあり、チャーシューは5枚も乗っています。

普通の「小ラーメン」でもチャーシューが2枚入っているので「大ラーメン」は相当ガッツリ食べたい人にのみおすすめです。

希望がある場合の頼み方

Photo by Shinichi Haramizu

千葉『BooBoo太郎。』は無料トッピングが充実しています。ちなみに無料トッピングの頼み方は食券を渡す時にスタッフさんに伝えるだけです。

何もトッピングをしない場合の頼み方は「そのままで」と言えばOKです。ちなみに無料トッピング以外の頼み方はラーメンと同じで食券です。

BooBoo太郎。の食レポ見出し

Photo by takeshikj

千葉『BooBoo太郎。』は頼み方が少し独特なので初めて来訪する方などは戸惑ってしまう部分もあるでしょう。

しかしいざ知ってしまえばそこまで複雑なルールはないので臆することなく千葉『BooBoo太郎。』へ行ってみましょう。

水はセルフサービス

Photo by takeshikj

千葉『BooBoo太郎。』ではお冷はセルフサービスとなっています。ちょうど券売機の向かい側あたりにお冷コーナーが用意されています。

先客の方が退出して座席が空いたらコップにお冷を注いで、それを持って自分の席に着席するのが大まかな流れです。

卓上調味料

Photo by takeshikj

千葉『BooBoo太郎。』の二郎系ラーメンはそのままでも美味しいですが、卓上調味料を上手に活用すると味変できるのでおすすめです。

卓上調味料はホワイトペッパーと唐辛子の2つで、これらを少しずつ加えることでボリューミーな二郎系ラーメンを最後まで飽きずに食べ進められます。

無料トッピングの説明

Photo by takeshikj

無料トッピングはヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメの4つです。ヤサイとニンニクとアブラは少し増やしたい時の頼み方が「マシ」です。

またたっぷり増やしたい時の頼み方が「マシマシ」です。ただしカラメ(味を濃くすること)は「マシ」の1段階だけです。

小ブタラーメン

Photo by hazuijunpei

千葉『BooBoo太郎。』の「子ブタラーメン」でまず目を引くのが分厚い5枚ものチャーシューです。イメージとしてはホロホロで角煮に近いです。

また麺は中太の縮れ麺で、普段二郎系のラーメンを食べ慣れている人からすると少し細めに感じるでしょう。

スープは乳化系の一般的な二郎系ラーメンのものですが、少しあっさり目なのでパンチの効いた一杯がお好みなら無料トッピングで濃くするのもありです。

粉チーズ

Photo by kobakou

数あるトッピングのなかでも特に人気が高いのは「粉チーズ」です。「粉チーズ」をプラスしたい時の頼み方は食券を買うだけでOKです。

一般的なラーメンに粉チーズを入れることはまずないですが、これがガッツリ系の二郎系ラーメンと相性抜群です。

なまたまご

Photo bystevepb

また「なまたまご」も千葉『BooBoo太郎。』では人気のトッピングのひとつです。この「なまたまご」は2つの楽しみ方があります。

1つ目がといてどんぶりのなかに入れる方法で、2つ目がすき焼きの要領でなまたまごの方に麺等を付けて食べる方法です。

BooBoo太郎。の基本情報見出し

Photo by rail02000

千葉『BooBoo太郎。』にはお客様専用の駐車場が用意されていないのでアクセスする時は公共の交通機関を使うのがおすすめです。

ただし『BooBoo太郎。』のある千葉市はかなり大きな都市なのでコインパーキングを探すこと自体は難しくないです。

アクセス

Photo by rail02000

『BooBoo太郎。』の最寄り駅は千葉モノレールの県庁前駅で、店舗までの距離はだいたい300mほどです。

ただし千葉駅からも『BooBoo太郎。』までは十分に徒歩圏内で、所要時間は15分ほどなのでいい時刻に電車がない場合は歩いてアクセスするのもおすすめです。

住所 千葉県千葉市中央区中央4-13-21(小川ビル1F)
電話番号 非公開

電話番号・営業時間&定休日

Photo bytigerlily713

千葉『BooBoo太郎。』の営業時間はランチが午前11時から午後14時までで、ディナーが午後17時30分から午後21時30分までです。

ただし日曜日はランチのみの営業となるので注意してください。また千葉『BooBoo太郎。』は毎週水曜日が定休日です。

Photo byJESHOOTS-com

千葉『BooBoo太郎。』の電話番号は非公開となっており、事前に問い合わせて予約をするといったことはできません。

ちなみに千葉『BooBoo太郎。』には公式のツイッターアカウントがありますので、定休日やカレーなどの限定トッピングはそこでチェックできます。

千葉でおすすめのグルメスポット情報見出し

Photo by Kossy@FINEDAYS

千葉の『BooBoo太郎。』は遠方から時間をかけて食べに行くだけの価値があるお店ですが、せっかく千葉に行くのならほかのお店を巡ってみるのもおすすめです。

特に千葉駅の周辺はラーメンやカレーなど美味しいお店が目白押しで、食べ歩きをするのにももってこいです。

千葉でおすすめのグルメスポット情報1:ビンディ

Photo by akira yamada

千葉駅から歩いてすぐの場所にある『ビンディ』は気軽に美味しいカレーを食べられる老舗のカレー屋さんです。

特に人気なのがマイルドな「バターチキンカレー」で、夜にはカレーと一緒にワイン等のお酒を飲むこともできます。

住所 千葉市中央区中央港1-1-8
電話番号 043-248-5978

千葉でおすすめのグルメスポット情報2:Kitchen POT

Photo by ttanabe

千葉は美味しいカレーがいっぱいあることでも有名で、千葉駅の目と鼻の先にあるカレー屋さんが『Kitchen POT』です。

ここ『Kitchen POT』はグレイビーポッドに入った本格的なカレーが5リーズナブルに味わえ、コストパフォーマンスも最高です。

住所 千葉県千葉市中央区中央4-3-1 
電話番号 043-225-3051

千葉でおすすめのグルメスポット情報3:松戸富田麺業

Photo by yto

千葉駅の周辺はラーメンの激戦区であり、そんなかで行列の絶えない人気店が駅ナカにある『松戸富田麺業』です。

千葉県松戸市にある超有名店の『とみ田』の系列店で、魚介豚骨ベースのつけ麺を求めて連日多くの人でにぎわいます。

住所 千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1(ペリエ千葉エキナカ3F)
電話番号 043-216-2100

千葉でおすすめのグルメスポット情報4:麺屋一男

Photo by Richard, enjoy my life!

千葉駅そばでガッツリ系の食事をしたい時におすすめなのがラーメン屋さんの『麺屋一男』です。ここ『麺屋一男』は「肉そば」が看板メニューです。

この「肉そば」は麺が見えないほどたっぷりの豚肉が乗っていて、その上にある卵の黄身を割りながら食べます。白いご飯が欲しくなる一杯です。

住所 千葉県千葉市中央区富士見2-16-26(マルエイビル1F)
電話番号 043-221-1518

千葉でおすすめのグルメスポット情報5:頑々坊子

Photo by jeff~

濃厚な豚骨ラーメンで地元の人たちの胃袋をガッツリ掴んでいるお店が『頑々坊子』です。ここ『頑々坊子』は粘度の高いいわゆる「ドロ系」のお店です。

背脂がたっぷりのった豚骨ラーメンは非常にパンチ力がありますが、その一方で丁寧な調理で臭みがほとんどないマイルドな仕上がりなので女性にもおすすめです。

住所 千葉県千葉市中央区新千葉2-3-12
電話番号 043-248-0205

千葉でラーメンを食べるならばBooBoo太郎。!見出し

Photo by gatta_m

千葉には美味しい食べ物がたくさんあって「どこで食事をしよう?」と少し迷ってしまう場所ですが、そんな時にはぜひ千葉『BooBoo太郎。』をおすすめします。千葉『BooBoo太郎。』の二郎系ラーメンは一度食べると病みつきになり、そうなったら最後で何度もリピートしてしまうこと間違いなしです。

関連キーワード

投稿日: 2019年5月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote