豊洲市場へのアクセスを調査!バスや電車の所要時間・利用方法もチェック!

2019年6月13日 (2019年9月1日最終更新)

2018年10月にようやく開場した豊洲市場です。豊洲市場の開設を待ちわびていたように、市場関係者を始め一般の見学者などが押し寄せています。そんな豊洲市場には、様々な交通手段でアクセスできます。そこで豊洲市場へのアクセス方法を調査しました。詳細紹介します。

目次

  1. 豊洲市場とは
  2. 豊洲市場へのアクセス【電車の場合】
  3. 市場前駅から豊洲市場へのアクセス
  4. 豊洲市場へのアクセス【バスの場合】
  5. 豊洲市場へのアクセス【車の場合】
  6. 豊洲市場の駐車場情報
  7. 豊洲市場の雑学
  8. アクセス情報をチェックして豊洲市場へ出かけよう!

豊洲市場とは

築地市場の老朽化に伴う豊洲市場への移転が、直前の環境問題などがあり2018年10月にようやく完了しました。移転後の豊洲市場は、近代化された市場機能の中で活発な取引がされています。そんな豊洲市場には連絡通路でつながる4つの建物があります。

東京都や市場関係事務所などの管理施設棟と国内外の青果の取引を行う青果棟と街の魚店や寿司店などが仕入れにくる水産仲卸売場棟と国内外の水産物のセリなどを行う水産卸売場棟があります。水産卸売場棟ではマグロの競りの見学ができます。

豊洲市場の場所

豊洲市場は、東京駅から5km位の距離感の場所で比較的アクセスしやすい場所にあります。豊洲市場の周辺には有明やお台場などがあり、モノレールゆりかもめ東京臨海新交通が走っています。

そんな豊洲市場は、東京江東区豊洲6丁目にあります。ゆりかもめ市場前駅から約2分の場所にある豊洲市場はには、連日のように多くの市場関係者や観光客などが訪れています。

アクセスはしやすい?

豊洲市場は、アクセスしやすい環境の場所にあります。バス・電車・車など様々な交通手段が使えて、豊洲市場へのアクセスは苦にならないようです。

バスは、都バスを利用するアクセス。電車は、JRや地下鉄を利用するアクセス。そして車では、首都高速や都道を利用するアクセスなどができます。そして、東京近県などからのアクセスも鉄道網や道路網が整備されていてアクセスしやすい場所に豊洲市場はあります。

豊洲市場へのアクセス【電車の場合】

豊洲市場へのアクセスは、電車・バス・車など様々な手段でアクセスができます。その中でも豊洲市場アクセスで便利な方法は、電車を利用するアクセスが一般的です。

JRや地下鉄の電車を利用するアクセスは、乗り換えなどのこともありますが比較的便利なアクセスができます。そこで、電車を利用した豊洲市場へのアクセス方法を紹介します。

最寄り駅はゆりかもめの市場前駅

豊洲市場へのアクセスに電車を利用する場合は、様々な方面や路線を使ったアクセス方法がありますが、最終的にはモノレールゆりかもめを利用するアクセスになります。

豊洲市場へのアクセスで、モノレールゆりかもめの最寄り駅は「豊洲市場前駅」です。ここからは、歩いて2分程度で豊洲市場にアクセスできます。電車を利用するアクセスは、豊洲市場前駅が最寄り駅です。

都内の主要駅から市場前駅へのアクセス

豊洲市場へのアクセスは、電車を利用するとJRと地下鉄の連絡やモノレールへの連絡など、何回かの乗り換えが必要です。

東京・新宿など都内主要駅からのアクセスでも、乗り換えは必ずあります。共通する乗り換えは、最寄り下車駅からモノレールゆりかもめへのアクセスです。そこで、都内主要駅からゆりかもめ最寄り駅豊洲市場前駅までのアクセス方法を紹介します。

東京駅からのアクセスと所要時間

豊洲市場へのアクセスで、東京駅から最寄り駅の豊洲市場前駅までのアクセス方法は、東京駅からJR山手線で有楽町駅までアクセスします。有楽町駅から地下鉄東京メトロに乗り換える有楽町駅では、京橋口(東京国際フォーラム口)に進みます。

京橋口からいったん外に出て、東京メトロ乗車口に向かいます。東京メトロ銀座一丁目駅から新木場行きに乗車します。3駅目の豊洲駅で下車します。ここで、モノレールゆりかもめに乗り換えて、豊洲市場前駅までのアクセスです。東京からの所要時間は約30分です。

新宿駅からのアクセスと所要時間

豊洲市場へのアクセスで、新宿駅から最寄り駅の豊洲市場前駅までのアクセス方法は、新宿駅からJR総武線が便利です。総武線御茶ノ水・千葉方面の電車で、市谷駅で下車します。ここから、地下鉄東京メトロに乗り換えます。

市谷駅では、地下鉄のりかえ専用口から東京メトロ有楽町線に進みます。東京メトロ市谷駅から新木場行きに乗り換えます。約15分で豊洲駅にアクセスします。ここからは、モノレールゆりかもめに乗り換えて豊洲市場前駅にアクセスします。所要時間は約35分です。

池袋駅からのアクセスと所要時間

豊洲市場へのアクセスで、池袋駅から最寄り駅の豊洲市場前駅までのアクセス方法は、地下鉄東京メトロ有楽町線からのアクセスが便利です。東京メトロ有楽町線ホームから新木場行きに乗車します。

池袋駅から豊洲駅まで約25分のアクセスです。そして、豊洲駅からモノレールゆりかもめに乗り換えます。豊洲駅からは約2分で、豊洲市場の最寄り駅豊洲市場前駅にアクセスします。池袋駅からの所要時間は約35分です。

品川駅からのアクセスと所要時間

豊洲市場へのアクセスで、品川駅から最寄り駅の豊洲市場前駅までのアクセス方法は、JR東海道線又は山手線で新橋駅からのアクセスが便利です。品川駅からJR東海道線で約4分で新橋駅にアクセスできます。

新橋駅からは、烏丸口改札を出て汐留口の先がモノレールゆりかもめ乗り場になります。ゆりかもめ新橋駅から約30分で、豊洲市場最寄り駅豊洲市場前駅にアクセスできます。品川駅からの所要時間は約35分です。

渋谷駅からのアクセスと所要時間

豊洲市場へのアクセスで、渋谷駅から最寄り駅の豊洲市場前駅までのアクセス方法は、東京メトロ半蔵門線からのアクセスが便利です。渋谷駅から地下鉄半蔵門線で、永田町までアクセスします。ここで、東京メトロ有楽町線に乗り換えます。

東京メトロ有楽町線永田町駅から約10分で豊洲駅にアクセスできます。豊洲駅からは、ゆりかもめに乗り換えて豊洲市場最寄り駅豊洲市場前駅にアクセスします。渋谷駅からの所要時間は約35分です。

市場前駅から豊洲市場へのアクセス

豊洲市場へのアクセスは、電車を利用することが一般的なアクセス方法です。それは、JR在来線や地下鉄などを利用して下車する鉄道駅から、更にモノレールゆりかもめに乗り換えるというアクセス方法です。

そして、モノレールゆりかもめの豊洲市場前駅が、JR在来線や地下鉄などの下車駅からの共通する最寄り駅です。そんな豊洲市場前駅から、東京都中央卸売市場「豊洲市場」までの距離は、歩いて3分程度250m位の近い距離です。

徒歩ルート

豊洲市場前駅から東京都中央卸売市場「豊洲市場」までは、歩いていける距離の場所です。実際250mという距離は、ぶらぶら歩きしてもいつの間にか着いていしまうという豊洲市場との距離感です。

ゆりかもめ豊洲市場前駅に降りると、東京湾と大都会東京の風景が見えます。そんな豊洲市場前駅から豊洲市場には、駅前を走る都道484号線の交差点を渡って、道なりに30m位歩くと東京都中央卸売市場豊洲市場に着くという簡単な徒歩ルートです。

所要時間

豊洲市場前駅と東京都中央卸売市場豊洲市場は、大変近い距離関係があります。普通に目と鼻の先と言っても言い過ぎにならない程の近さです。豊洲市場前駅からの所要時間は、歩いて3分という時間距離です。

豊洲市場前駅からは、連絡通路も整備されるなどして豊洲市場までの所要時間は、ますます短縮されています。雨の日でもこのように近い距離で、所要時間3分という近さは電車・モノレールを利用するアクセスが便利です。

Original豊洲市場を見学しよう!見どころやアクセス方法まで徹底ガイド! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは今話題のオープンしたての豊洲市場を大特集。豊洲市場へのアクセス方法、営業時間、...

豊洲市場へのアクセス【バスの場合】

豊洲市場へのアクセスで、バスを利用してアクセスする方法があります。バスを利用するアクセスは、豊洲市場内のバス停に停車します。電車でのアクセスでは、モノレールを利用するアクセスになりますが、バスでは豊洲市場まで行くことができます。

豊洲市場へのバスは、JR新橋駅前と東京メトロ東陽町駅前から出ています。JR新橋駅前からは、都営バス市01と市01急行。東京メトロ東陽町駅前からは、都営バス陽12-2と陽12-3。このバスに乗ると豊洲市場あるいは近くまでのアクセスができます。

豊洲エリアの都営バスの停留所4つ

豊洲市場へのバスを利用したアクセスで、豊洲市場又はその周辺4か所にバス停があります。2018年10月から「豊洲市場」と「水産仲卸棟」と「市場前駅」と「新豊洲駅前」の4か所にバス停ができました。

これで豊洲市場への公共交通機関(電車・バス)からのアクセス方法の選択肢が増えて、ますます行きやすい豊洲市場になりました。そんなバスでのアクセス方法を紹介します。

豊洲市場

豊洲市場にバスでアクセスするには、バス停の場所を確認することが大切です。4つのバス停の一つに「豊洲市場」バス停があります。豊洲市場バス停の場所は、7街区敷地内 事務管理棟の裏あたりにあります。

豊洲市場バス停には、新橋駅前から出る市01系統バスと東陽町駅前から出る陽12-2系統バスが停車します。また、新橋駅前から出る市01系統特急バスも豊洲市場バス停に停車します。

水産仲卸棟

豊洲市場へのアクセスでバスを利用するアクセス方法で、水産仲卸棟バス停があります。このバス停は豊洲市場内6街区敷地内 水産仲卸売場棟の近くにあります。

水産仲卸棟バス停には、新橋駅前から出る市01系統バスと東陽町駅前から出る陽12-2系統バスが停車します。水産仲卸棟バス停は、市場前駅バス停の次で、豊洲市場バス停の前のバス停です。

市場前駅

豊洲市場へのアクセスでバスを利用するアクセス方法で、市場前駅前バス停があります。このバス停は、モノレールゆりかもめ豊洲市場前駅前にあります。市場駅前バス停は、豊洲市場 青果卸棟前近くです。

市場駅前バス停には、東陽町駅前から出る陽12-2・陽12-3系統バスが停車します。陽12-2・陽12-3系統バスは、新豊洲駅前バス停の次です。因みに、新橋駅前からの市01系統バスは、運行経路が異なります。

新豊洲駅前

豊洲市場へのアクセスでバスを利用するアクセス方法で、新豊洲駅前バス停があります。このバス停は、モノレールゆりかもめ新豊洲駅前に停車します。

新豊洲駅前バス停には、東陽町駅前から出る陽12-2・陽12-3系統バスが停車します。陽12-2・陽12-3系統バスの新豊洲駅前バス停は、豊洲駅前バス停の次のバス停です。

豊洲市場へ便利なバスルート

豊洲市場へのアクセス方法で、バスを利用するアクセスは豊洲市場まで行けるので便利です。JR新橋駅前或いは東京メトロ東陽町駅前から出るバスは、豊洲市場まで行ける便利なバスルートです。

そして、この2つの路線は経路が異なり市01系統は、浜離宮・晴海などを経由するルートです。また陽12-2系統バスは、豊洲駅などを経由するルートです。そして陽12-3系統バスは、市場駅前バス停から東京テレポート駅前までのルートのバスです。

新橋駅からのバスルートと所要時間

豊洲市場へのアクセスにバスを利用する方法は、新橋駅前に豊洲市場行きのバス乗り場があります。都バス市01系統(1番乗り場)バスです。この市01系統には、急行も運行されています。豊洲市場には水産仲卸売場を経由するルートです。

市01系統バスは、新橋駅前を出ると浜離宮前・築地五丁目から晴海三丁目を経由して市場前駅前から水産仲卸棟を回り豊洲市場が終点のルートです。新橋駅前から豊洲市場までには8つバス停があります。豊洲市場までの所要時間は約40分です。

東陽町駅からのバスルートと所要時間

豊洲市場へのアクセスにバスを利用する方法は、東京メトロ東陽町駅前に豊洲市場行きのバス乗り場があります。都バス陽12-2系統バスです。豊洲市場には水産仲卸売場を経由するルートです。

陽12-2系統バスは、東陽町駅前を出ると塩浜東・ゆりかもめ豊洲駅前・新豊洲駅前を経由して市場前駅前から水産仲卸棟を回り豊洲市場が終点のルートです。東陽町前から豊洲市場までには12のバス停があります。豊洲市場までの所要時間は約35分です。

東京駅からのバスルートと所要時間

豊洲市場へのアクセスにバスを利用する方法は、東京駅丸の内南口から都05-2系統バス東京ビッグサイト行きバスに乗車します。東京国際フォーラム前から有楽町駅前・築地・勝どき駅前を経由してモノレール新豊洲駅前で下車します。

この系統のバスは、新豊洲駅前バス停から更に、東京ビッグサイトまで行きます。所要時間約40分で新豊洲駅前バス停に着きます。系統的には、豊洲市場を中心にその周辺バス停がありますが、東京駅からは、この都05-2系統バスが利用されます。

豊洲市場へのアクセス【車の場合】

豊洲市場へのアクセスで、車を利用する方法があります。豊洲周辺の道路事情や駐車場事情などの関係もありますが、マイカーで豊洲市場へのアクセスの便利さはあります。

豊洲市場周辺には、都道50号線や473号線や304号線などが走っています。都内からのアクセスや都外近県からのアクセスなど、車でのアクセスは比較的しやすい場所にあります。

都心部からのおすすめルート

豊洲市場に都心部から車でアクセスするには、首都高速・首都高速都心環状線と一般道などからのアクセスができます。新宿方面からは、首都高速4号新宿線から首都高速都心環状線汐留JCTを下りて、一般道からのアクセス方法があります。

そして東京駅方面からのアクセスは、都道316号線から50号線又は都道50号線から473号線と304号線を経由するアクセス方法などがあります。都心部からの車でのアクセスは、渋滞など問題もありますが渋滞回避さえできればスムーズなアクセスができます。

横浜方面からのおすすめルート

豊洲市場に横浜方面から車でアクセスするには、首都高速神奈川1号横羽線または首都高速湾岸線を利用するアクセス方法があります。首都高速横羽線からのアクセスは、途中首都高速湾岸線に乗り有明ICから都道304号線を経由して豊洲市場にアクセスします。

横浜方面からのおすすめのアクセスは、本牧ふ頭の湾岸道路からベイブリッジを越える首都高速湾岸線を羽田空港・お台場などを通る抜けて有明ICから都道304号線にアクセスする方法です。横浜方面からの所要時間は、約40分のアクセスです。

千葉方面からのおすすめルート

豊洲市場に千葉方面から車でアクセスするには、関東自動車度や湾岸道路を利用するアクセスがあります。千葉方面からのアクセスは、湾岸道路を東京に向かって走るアクセスが一般的です。

千葉方面から豊洲市場にアクセスするには、湾岸線から首都高速7号小松川ルートから首都高速都心環状線を経由するアクセスもありますが、浦安や葛西臨海公園などを越えて有明ICから都道304号線からのアクセスがおすすめです。所要時間1時間前後のアクセスです。

Original豊洲市場の海鮮丼おすすめまとめ!朝食やランチなどにも人気の店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
築地市場から移転してきたばかりの「豊洲市場」は、東京でおすすめのスポットです。今回はそんな豊...

豊洲市場の駐車場情報

豊洲市場へのアクセスは、電車・バスなどの公共交通機関を利用する方法と車でアクセスする方法があります。その中でも、車でアクセスする方法は、多方面からのアクセスができる便利な場所ですが、駐車場の心配がついて回ります

実際、都心に近い広大な敷地の中にある豊洲市場ですから、普通に考えても駐車場のスペースは確保されていても良いのではないかと思うところですが、豊洲市場には一般の人が使える駐車場はありません。豊洲市場周辺の駐車場を利用するようになります。

一般客専用の駐車場はある?

豊洲市場に車でアクセスしても、豊洲市場には一般客専用の駐車場はありません。したがって、周辺の有料駐車場から歩いて豊洲市場にアクセスすることになります。

豊洲市場には、そのように一般客用の専用駐車場の設備はないのですが、周辺にはおすすめの有料駐車場がたくさんあります。豊洲市場から5分10分と言った時間距離の場所にはコインパークなどがあります。

豊洲市場周辺のおすすめの有料駐車場

豊洲市場には、一般客専用の駐車場がないため周辺の有料駐車場を利用することになります。しかし、有料駐車場の利用は良いのですが、駐車料金や営業時間などが気にかかります。

一般的に豊洲市場周辺の有料駐車場の駐車料金は高いと、もっぱらの情報があります。そんな中でも、利用の仕方などでお得な有料駐車場はあります。豊洲市場周辺にはおすすめの有料駐車場があります。

NPC24H新豊洲Brilliaランニングスタジアムパーキング

豊洲市場周辺のおすすめの有料駐車場「NPC24H新豊洲Brilliaランニングスタジアムパーキング」があります。24時間営業・収容台数34台のコインパーキングです。豊洲市場との距離感は、約350mの場所です。

市場前駅や新豊洲駅の近くのNPC24H新豊洲Brilliaランニングスタジアムパーキングは、30分200円の基本料金で、12時間毎最大料金1200円で一区切りという様に効率的に利用できるおすすめのコインパーキングです。

リパーク豊洲6丁目

豊洲市場周辺のおすすめの有料駐車場「リパーク豊洲6丁目」があります。24時間営業・収容台数107台の有料駐車場です。豊洲市場との距離感は、約300mの場所です。

新豊洲駅や市場前駅近くのリパーク豊洲6丁目は、20分200円の基本料金で、24時間以内最大3000円の最大料金が設定されています。料金的に少々高めの印象がありますが、時間区分の上手な使い方でお得感もあるおすすめの有料駐車場です。

リパーク新豊洲駅前

豊洲市場周辺のおすすめの有料駐車場「リパーク新豊洲駅前」があります。24時間営業・収容台数42台の有料駐車場です。豊洲市場との距離感は、約500mの場所です。

新豊洲駅や市場前駅近くのリパーク新豊は、15分200円の基本料金の有料コインパーキングです。15分200円という料金設定は、料金的にやや高めの印象があります。2時間とか短時間駐車などには、効率的に利用できておすすめの有料駐車場です。

豊洲市場周辺の無料で利用できる穴場の駐車場

豊洲市場へのアクセスで、車でのアクセスは周辺の有料駐車場を利用するようになります。豊洲市場の周辺には、コインパーキングなど有料駐車場はあるのですが、時には無料で駐車できる穴場駐車場があるのかなどの気持ちがわいてきます。

果たして、豊洲市場周辺には穴場と言われる無料で車を駐車できる場所があるのかというところです。確かに近隣の商業施設などの駐車場に駐車する方法もあります。施設利用で制限時間内駐車料金無料などの場所があります。1か所紹介します。

イオン東雲店の駐車場

豊洲市場へのアクセスで、駐車場の問題があります。豊洲市場周辺の有料駐車場を利用するアクセス方法ですが、豊洲市場から2km位離れた場所にイオン東雲店の駐車場が意外に穴場駐車場です。

イオン東雲店の駐車場は、24時間営業で1階駐車場に160台・屋上駐車場に500台の駐車スペースがあります。ここの駐車場は、買い物の有無にかかわらず2時間30分まで無料(以降30分毎250円)です。多少の距離感は無視しても、2時間半無料は穴場駐車場です。

Original豊洲市場のおすすめグルメ・飲食店まとめ!人気の食事処やお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
築地から移動してきた豊洲市場は、東京の新たな人気スポット。今回はそんな豊洲市場でおすすめのグ...

豊洲市場の雑学

豊洲市場は、2018年に築地市場から移転した東京都中央卸売市場です。そこでは、水産物や青果物をセリなどして取引をしています。そして、市場の中にはそんな取引をする卸売業者や仲卸業者や売買参加者や買出し人など多くの職種の人たちがいます。

それぞれに役割を持ち、毎日に様に取引が成立して全国の物販店や料理店などに流通していきます。卸売業者がセリ落として、仲卸業者がセリ落とした商品を市場内店舗に小分けして、商店や料理店などの買出し人が購入して、市場に出回るという仕組みで動いています。

豊洲市場は、水産物や青果物の取引ばかりでなく一般の人も楽しめる場所があります。マグロの競りの状況など見学コースなどがあります。そして、グルメです。築地場外でもそうですが、新鮮な魚介など豊洲で仕入れた具材の美味しいグルメが楽しめます。

豊洲市場には、市場関係者や料理人などプロが認めるグルメがあります。築地市場のグルメスポットは3か所に分かれています。青果棟1階に4店舗・管理棟3階に13店舗・水産仲卸棟3階に22店舗の飲食店があります。豊洲のグルメは、ここでしか楽しめません。

アクセス情報をチェックして豊洲市場へ出かけよう!

東京の台所は、日本を代表する台所です。国内外の水産物が毎日のように集まり、競り落とされて全国に流通しています。東京都中央卸売市場「豊洲市場」です。水産物の競りなどが見学できて、美味しい新鮮な魚介のグルメが楽しめます。

そんな豊洲市場には、電車・バスなどの公共交通機関からのアクセスや車でのアクセスができて、とても楽しい場所です。アクセス情報をチェックして豊洲市場に出かけませんか。様々なアクセス情報を紹介しました。参考になれば幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
柄目木036

築地・月島・豊洲・八丁堀の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

築地・月島・豊洲・八丁堀の新着のまとめ