ルルパンブルーは大垣の人気パン屋!おすすめメニューやアクセスは?

ルルパンブルーは大垣の人気パン屋!おすすめメニューやアクセスは?

岐阜県大垣市はモーニング合戦の激しい地域。今回は「ルルパンブルー」というパン屋さんについてご紹介します。モーニングやランチが美味しくてお得と地元っ子に大人気の「ルルパンブルー」。TVで紹介されていからは県外のお客さんも増えたので、予約していくのがおすすめです。

記事の目次

  1. 1.「ルルパンブルー」が女性を中心に人気
  2. 2.ルルパンブルーのある“水都”大垣市
  3. 3.ルルパンブルーってどんなお店
  4. 4.ルルパンブルーが人気の理由
  5. 5.ルルパンブルーのモーニングの種類
  6. 6.名物の“ふわふわちぎりパン” モーニング
  7. 7.コーヒーに合うルルパンブルー“フレンチトースト” モーニング
  8. 8.ルルパンブルーの“カスクルート”モーニングも人気
  9. 9.ルルパンブルーはランチも人気
  10. 10.ルルパンブルーのランチはパン食べ放題
  11. 11.食べきれなかったパンはお持ち帰りOK
  12. 12.ルルパンブルーのランチは予約していくのがおすすめ
  13. 13.ルルパンブルーの基本情報
  14. 14.ルルパンブルーのある大垣市のおすすめスポット
  15. 15.「ルルパンブルー」の美味しいパンで幸せになろう

「ルルパンブルー」が女性を中心に人気

Photo by BONGURI

岐阜県大垣市にある「ルルパンブルー」は、オープン前からお店の外で待っている人でいっぱいになるほど人気のお店。特に女性を中心に人気のパン屋さんです。そんな「ルルパンブルー」を訪れるお客さんの多くは、モーニングやランチ目当て。今回は、朝も昼も超人気の「ルルパンブルー」の人気の秘密やおすすめのメニューをご紹介します。

ルルパンブルーのある“水都”大垣市

Photo byHeungSoon

大垣市は、濃尾平野の北西部にある町です。濃尾平野は、木曽川・揖斐川・長良川といった三大河川によって運ばれてきた堆積物によってできあがりました。そのため、大垣市のある辺りの地層はすき間が多く、地下水が充満しやすくなっています。つまり、地下水がとても豊富。

昔は、各家庭に井戸舟と呼ばれるものがあり、こんこんと湧き出る地下水を活用していたようです。大垣は、“水都”(すいと)とも呼ばれるほど緑と水資源が豊かな清らかな都市です。

聲の形の聖地「大垣」のおすすめ観光スポットや名物を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
聲の形の聖地「大垣」のおすすめ観光スポットや名物を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
2016年9月17日に公開された映画「聲の形(こえのかたち)」の聖地・舞台となった岐阜県大垣市。大垣市は原作の作者である大今良時の出身地でもあります。「聲の形」の聖地巡礼で訪れる人が多い大垣市のおすすめ観光スポットや名物を紹介していきます。

ルルパンブルーってどんなお店

Photo by avinashbhat

ロッジ風の特徴的な屋根がとてもかわいい建物のルルパンブルーは、パン屋さんを併設したベーカリーカフェ。大垣の地元っ子人気のカフェです。オープン前から、お店の駐車場には車がいっぱい。外で開店をまだかまだかと待ちわびるお客さんで溢れるほどの人気店です。

お店に入ると、焼き立てのパンのいい香りが漂っていてほっこりとした気分に。入口ではパンを販売。

Photo byPexels

定番の菓子パン・惣菜パン・食パン、その他こだわり抜かれたお店オリジナルの珍しいパンなどたくさんの種類のパンを販売しています。店内は、全体的にナチュラルな雰囲気。加えて、天井が高いのでとても開放的です。

お客さんの多くは、家族連れや女性同士のお客さんがほとんど。男性だけで行くとなるとちょっと勇気がいるかもしれません。でも、ルルルパンブルーの噂に惹かれて訪れる男性客が少なくないのも事実。グルメな男性は、遠慮なく訪れてみると良いでしょう。

ルルパンブルーが人気の理由

Photo by visualpun.ch

家族連れや女性に人気のルルパンブルーは、朝も昼も店内はいつも満席状態です。しかも、オープン前から並ばなければならいほどの人気ぶり。いったい、ルルパンブルーの何に惹かれて沢山のお客さんがお店を訪れるのか気になるところです。ここでは、そんなルルパンブルーの人気の秘密を探っていきます。

人気の理由1:アクセスしやすい

Photo by v~971!13

ルルパンブルーは、大垣の地元っ子に愛されているお店ですが県外など遠方の方にも人気。その理由は、名神高速道路の大垣IC.からとても近いということがあげられます。アクセスがとても良いため、県外の方でも気軽にルルパンブルーを訪れやすいということなのでしょう。

どんなに評判の良いお店でも、アクセスが良くなければそこまでの人気店とはなりにくいです。人気店となるにはアクセスの良さはとても重要。

人気の理由2:SNS映えするおしゃれな空間

Photo by Tim Evanson

丸い形の屋根が特徴的なルルパンブルー。カナディアンログハウスの建物は、かわいくてSNS映えする外観と人気です。また、店内もカントリー調で女性好みの雑貨でまとめられており、キレイでおしゃれな空間もまた写真映えします。SNS映えする非日常的な空間で、ゆっくりと過ごせるというのが女性たちに人気の理由かもしれません。

人気の理由3:モーニングとランチが美味しい

Photo by norio_nomura

ルルパンブルーは、パン屋さんを併設しているカフェ。そのため、自家製パンを使ったモーニングメニューやランチメニューが、美味しいと評判です。特にパンは、パン屋さんだけあっていくらでも食べれてしまうほどの美味しさと人気です。

ルルパンブルーを訪れるほとんどお客さんが、モーニングメニューやランチメニュー目当て。つまり、美味しいモーニングやランチが食べられるというのが、ルルパンブルー人気の最大の理由といっても良いでしょう。

人気の理由4:パンのおかわり自由

Photo by davidstewartgets

ランチメニューでは、パンが食べ放題。パンが大好きという人たちの中には、ランチメニューのおかわり自由のパンを狙ってきている人もいるほどです。それもそのはず、店頭に並んでいるパンが食べ放題なのですから。しかも出来立て。美味しくないはずがありません。美味しいパンを求める人にとって、ルルパンブルーは理想のお店。人気があるのも頷けます。

ルルパンブルーのモーニングの種類

Photo by norio_nomura

TVでも紹介されたことのあるルルパンブルーのモーニング。どんなモーニングなのか気になる人も多いのではないでしょうか。ルルパンブルーのモーニングには、2種類の注文パターンがあります。

ドリンク代のみでパンを選ぶコースと、ドリンク代に200円プラスしてパンを選ぶコースです。初めてルルパンブルーを訪れる人は、ドリンク代のみのコースを選ぶことが多いようです。

ドリンク代のみのモーニングコース

Photo by kfred

ドリンクメニューは、コーヒーや紅茶、ミルク、ラテ系、ソーダー系などがあります。お値段は、概ね400円前後。喫茶店のドリンク代の相場に比べると若干お安いといった感じです。パンのメニューは、テレビ番組でも紹介されたことのある“ふわふわちぎりパン”、“フレンチトースト”、“日替わりサンドイッチ”の3種類。この中から一品選ぶ形となります。

ドリンク代プラス200円のモーニングコース

Photo by Bohman

プラス200円のモーニングコースのドリンクメニューは、ドリンク代のみのモーニングコースと同様。違うのはパンの種類です。パンは、ベーグルサンドかカスクルートの2種類から選びます。こちらのコースは、ドリンク代のみのモーニングコースのパンは全部制覇したという方が頼まれることが多いようです。

名物の“ふわふわちぎりパン” モーニング

Photo by stu_spivack

モーニングの種類で一番人気は“ふわふわちぎりパン”。モーニング限定で食べることができるパンということで、モーニングを注文するお客さんのほとんどが“ふわふわちぎりパン”を頼みます。

“ふわふわちぎりパン”のモーニングは、熱々のスキレットに乗ったふわふわなパンとポテトサラダのついたセットです。パンにつけるソース類は、メープル・小倉・マーマレードの中から一つ選びます。

Photo by Pauline Mak

“ふわふわちぎりパン”の上には、今にも溶けそうなバターが鎮座。ヤケドに注意しながら、焼き立てフワフワのパンを手で割ると、その感触が手に伝わってきます。口に含むと、フワフワ過ぎて口の中で溶けるような柔らかい食感に驚きます。

フライパンが熱々なので、パンを食べ終わるまで焼き立ての味を楽しめるのが嬉しいところ。パンの甘味をじっくりと味わってみて。“ふわふわちぎりパン”の虜になること間違いなしです。

コーヒーに合うルルパンブルー“フレンチトースト” モーニング

Photo by adactio

朝は甘いもので目覚めたいという方におすすめなのが、“フレンチトースト”です。少し噛み応えのあるフレンチトーストに、サラダ、ヨーグルト、添えにメープルシロップが付いているセット。

フレンチトーストは、外はカリッと中はしっかりと玉子染みていてジュワっととても美味しいと評判です。メープルシロップをかけて食べれば甘さが増して、ビターなコーヒーとの相性も抜群。

一緒に添えられたサラダとドレッシングのコラボレーションも素晴らしいです。甘いフレンチトーストと塩気のあるサラダの甘いしょっぱいの繰り返しに、エンドレスで食が進んでしまいます。

ルルパンブルーの“カスクルート”モーニングも人気

Photo by monoooki

ハード系のパンが好みの方に人気のモーニングが、フランスパンを使ったサンドイッチ“カスクルート”。パンは、パリッパリで噛み応えが小気味いいです。具は、ベーコン・レタス・トマトのBLT、生ハムとポテト、生ハムとチーズ、スモークサーモンの4種類。どれを注文しても具がたっぷりです。そのボリューム感にビックリしてしまうかも。

ルルパンブルーはランチも人気

Photo byrawpixel

ルルパンブルーのランチメニューは、とってもお得。しっかりとしたメイン料理にパンが山盛りついてきます。しかもパンはおかわり自由。ランチの種類は2種類です。大垣でランチに迷ったら、ルルパンブルーで食べるとよいのではないでしょうか。

お得感満載のランチなので、お店は非常に混みます。女性客が多いお店でも男性が行きたくなってしまうのも理解でます。混雑を想定して、12時前には到着しておくのおすすめします。

ボリュームたっぷり“煮込みハンバーグ”ランチ

Photo by klipsch_soundman

丸ごとの玉ねぎがドーンと盛り付けられた、ハンバーグよりも玉ねぎの存在感がスゴイ“煮込みハンバーグ”は、ボリュームがあって人気のメニューです。しかし、見た目のボリューム感とは裏腹に味は意外とあっさりとしていて食べやすいと評判。なので、女性でもペロリと食べれてしまいます。

写真映えする“彩り野菜のカンパニュー”ランチ

Photo byPexels

見た目が華やかで思わず写真を撮りたくなるメニューが、ランチタイムに提供される“彩り野菜のカンパニュー”です。たっぷりの彩り華やかな野菜に、生ハム、スモークサーモン、卵、アボカド、そこに食べ放題のパンとは別にカンパニューが器にてんこ盛りで出てきます。

こんなにボリュームのあるメニューなのに、さらにスープとドリンク付き。これだけ量があって1,000円以下で食べられるととても人気です。

カンパニューにサラダを挟んでいただきます。サーモンの塩気とカンパニューの甘味がぴったりで美味しい。サラダメインだから、とてもヘルシー。女性には嬉しいメニューです。

大垣のランチおすすめは?おしゃれなカフェや和食のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大垣のランチおすすめは?おしゃれなカフェや和食のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県の「水の都」と呼ばれている大垣。情緒あふれる水門川沿いを散策したら、おいしいランチはいかがでしょうか。大垣には和食から洋食、おしゃれなカフェまでこだわりのランチを出すお店がいっぱいです!なかでもぜひおすすめしたい10店をご紹介します。

ルルパンブルーのランチはパン食べ放題

Photo by t-mizo

ランチに提供されるパンの食べ放題のパンは、テイクアウト用に販売されているのと同じものです。それらが試食サイズにカットされ、どっさりとバスケットカゴに盛られてテーブルに運ばれてきます。ちゃんとトーストされて出てくるので、焼き立て状態のパンを食べることができます。

パンの種類は、バケット・ちぎりパン・レーズンパン・ミルクパンなど計8種類ほどを日替わりで出してくれます。

食事と一緒に提供されるパンのためか、素朴な味のパンが多めなのが特徴かもしれません。いずれにせよ、小さくカットされているので、いろんな種類のパンをパクパクと食べることができます。パン好きには嬉しいサービス。

食べきれなかったパンはお持ち帰りOK

Photo byOrnaW

ルルパンブルーのオリジナルの珍しいパンが、好きなだけ食べられるランチ。あれもこれも食べたくて、パンのお替わりをし過ぎて食べきれなくなってしまったという時でもご安心を。

ルルパンブルーでは、食べきりなかったパンを持ち帰ることができます。お店の方が、ビニール袋を持ってきてくれるので、それに入れて帰ればOK。だから、安心して美味しいパンを好きなだけ追加オーダーできます。こんな心配りもリピーターが多い理由のひとつかもしれません。

ルルパンブルーのランチは予約していくのがおすすめ

Photo by Images_of_Money

オープン前からお客さんが並ぶルルパンブルー。モーニングの混雑ぶりもスゴイですが、ランチはもっと混みます。待ち行列ができるなんてことは頻繁にあります。ペコペコのお腹を抱えて行列で何分も並ぶのを避けるため、ランチは予約していくのが断然おすすめ。

スムーズに店内に入れ、座席の心配することなく美味しいランチにありつけます。ぜひ、ランチ目当ての方は、予約をしてからお店に行きましょう。

ルルパンブルーの基本情報

Photo byKai_NITEandDAY

お得で美味しいモーニングメニューとランチメニューが食べられる「ルルパンブルー」。行きたくなってきた方もいるのではないでしょうか。ここからはルルパンブルーの営業時間やアクセス方法をご案内いたします。ルルパンブルーを訪れる際に、ぜひ参考にしてみてください。

営業時間

Photo byO12

ルルパンブルーの営業時間は、8:30から18:00までです。モーニングの時間は、8:30から11:00まで。ランチの時間は、11:00から14:00までです。定休日は、火曜日、そして第1と第3水曜日となっています。

一般的なカフェだとランチは、日曜日はやっていないことが多いですが、ルルパンブルーのランチは日曜日もやっているので安心して行くことができます。

アクセス方法

Photo by Got Credit

ルルパンブルーへ電車で行く場合は、近鉄養老線を利用します。そして、「大羽」駅で下車します。そこからは徒歩で約25分。距離にしておよそ1.7kmです。

車を使ってルルパンブルーへ行く場合、国道258号線から一本西側に入った場所にあります。名神高速道路「大垣」IC.のすぐ南になります。ルルパンブルーには駐車場があるので、電車を利用するよりも車を利用した方が便利かもしれません。

Le lupin bleu ル ルパン ブルー

ジャンル:
大外羽 / カフェ・スイーツ
住所:
岐阜県大垣市浅草2-99
営業時間:
月、水~日、祝日、祝前日: 08:30~17:30 (料理L.O. 17:00 ドリンクL.O. 17:00)
平均予算:
1,501〜2,000円
提供:

ルルパンブルーのある大垣市のおすすめスポット

Photo by Dakiny

大垣市は、小京都と呼ばれる“飛騨高山”や温泉地として名高い“下呂”などに比べ岐阜県内の都市として目立つことが少ない市です。ところが、大垣という場所は、歴史的に重要な合戦である関ヶ原の戦いがあった土地。

豊かな自然を体感できる緑地や公園も多く、意外と観光資源が豊富な市です。ここからは「ルルパンブルー」のある大垣市のおすすめ観光スポットをご紹介します。

おすすめスポット1:奥の細道むすびの地

大垣の新しい観光スポット人気の「奥の細道むすびの地」は、のんびりとした大垣観光を楽しみたいという方におすすめの場所。江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉は、江戸から出発した旅を大垣で終えています。江戸から大垣までの約2,400kmの旅の紀行文『奥の細道』はあまりにも有名。

「奥の細道むすびの地」では、『奥の細道』に関する解説や松尾芭蕉の人柄・人生を紹介している「芭蕉館」や、恋のパワースポットとして人気の「むすびの泉」、大垣市の観光情報の発信基地の「観光交流館」があります。大垣市を知るのに持ってこいの場所といえるでしょう。

おすすめスポット2:加賀野八幡神社

Photo bywerner22brigitte

加賀野城址に鎮座する大垣の名水スポット。安産の神として地域の信仰を集めてきた神社には、良質な地下水が自噴する『加賀野八幡社自噴井』があります。1988年に掘られたこの井戸は、深さ136m、水温14度、無色透明のとても美味しい水と評判。岐阜県の名水や環境省の“平成の名水百選”にも選定されています。

湧水を利用して造られた『加賀野名水園』には、岐阜県と滋賀県の極一部にしか生息しない絶滅危惧種の淡水魚“針魚”(ハリヨ)を見ることができるので、ぜひ訪れてみてください。

おすすめスポット3:大垣城

Photo by keyaki

大垣市のシンボルで、大垣観光では外せないスポットのひとつ。第二次世界大戦後で天守閣は焼失してしまったので、現在見ることのできるのは復元したものです。全国的にも珍しい4層の天守閣。関ヶ原の合戦で、西軍の石田三成が本拠地にしたお城だと思うと感慨深いものがあります。

天守閣の展望室から大垣市の町並み、遠くに伊吹山や岐阜城を見ることができます。火縄銃や槍の体験コーナーなどもあり城ガールに人気のお城です。

大垣城の駐車場や入場料は?大垣城周辺の観光スポットも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大垣城の駐車場や入場料は?大垣城周辺の観光スポットも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県大垣市のシンボルとして市民み親しまれている大垣城。1600年の関ケ原の戦いで、石田三成の本拠地となったことで有名ですが、観光してみたいけど入場料はいくら?駐車場はあるの?そんな気になる大垣城の情報をまとめてみました。
大垣のおすすめ観光スポットは?美味しいグルメやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大垣のおすすめ観光スポットは?美味しいグルメやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県は小京都と呼ばれる飛騨高山や、温泉地の下呂といった観光地の多い所です。その岐阜県の中で、どうしても隠れがちになってしまう大垣市。今回はその大垣にスポットを当ててみました。観光スポットだけでなくおいしいグルメや人気のお土産もご紹介いたします。

「ルルパンブルー」の美味しいパンで幸せになろう

Photo by jreifegerste

岐阜県は、モーニング発祥地の愛知県と同様にモーニング合戦の激しい地域。そんな中で、ルルパンブルーのモーニングは、お得で美味しいとても人気です。ルルパンブルーでモーニングを食べてみてはいかかでしょうか。あまりの美味しさに幸せな気分になれるはず。時間的余裕があれば、ランチでも幸せになってしまいましょう。

おはらん
ライター

おはらん

ミラーレスカメラ片手に旅やおでかけをするのが好きです。日本各地を車でキャンプや車中泊をしながら、ほぼ日本全国を巡りました。各地の自然や観光スポットを巡るのはもちろん、地元のスーパーを巡って、美味しい食べものを発見するのを楽しんでいます。最近は、LCCで行く気軽に行ける海外の旅も楽しんでいます。

関連記事

人気記事ランキング