カナダと日本の時差はどのくらい?都市ごとの比較とサマータイムをチェック!

2019年6月23日 (2019年6月25日最終更新)

カナダはロシアに次いで世界で2番目に広い国土を持ち、6つのタイムゾーンに分かれています。カナダ国内のみの時差も東と西では4時間半もあり、日本との時差は都市ごとに比較する必要があります。また、カナダではサマータイムを実施している地域としていない地域があります。

目次

  1. カナダと日本の時差を比較しよう!
  2. カナダってどんな国?
  3. カナダにサマータイムはある?
  4. カナダの時差は6つある!
  5. カナダの時差の計算方法
  6. カナダ旅行の時差ボケ防止のおすすめ対策
  7. 時差ボケを克服してカナダ旅行を満喫しよう!

カナダと日本の時差を比較しよう!

カナダは雄大な自然に囲まれた大きな国土を誇る国で、カナダの西から東まで行くのに飛行機でさえ何時間もかかります。カナダ国内の時差だけでも西端と東端では4時間半もあります。ここではそんなカナダと日本の時差について、トロントやバンクーバーはじめ各都市の時差情報やサマータイム、旅行などの情報を織り交ぜながら紹介します。

Originalカナダの自然や動物に触れる観光スポット特集!文化や歴史を感じる壮大な旅へ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カナダには自然遺産と文化遺産を合わせて18もの世界遺産に登録されてるスポットがあります。自然...
4622 1カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雄大な自然がたっぷりのカナダ。北米大陸で比較的治安の良いカナダへは、日本からも留学や観光で訪...

カナダってどんな国?

カナダは、北は北極圏と交わり、南はアメリカ合衆国と接する大きな国で、主要都市としては商業都市トロント、西海岸の中心地域・バンクーバー、モントリオールのあるフランス語圏のケベック、首都オタワなどが知られています。

その他にも、ロッキー山脈に囲まれ美しい湖が点在するバンフ国立公園や、トロント南部に位置する雄大なナイアガラの滝など、旅行時には是非訪れてみたい見どころの多いスポットに溢れています。

世界で2番目に大きな国

カナダの国土は、意外に思われるかも知れませんが、ロシアに次いで世界で2番目の広さを誇ります。

カナダの起源は、17世紀初頭にフランス人が北アメリカ大陸北東部のセントローレンス川流域に入植したのが始まりと言われており、1763年にイギリス領となり、フランス系住民及び先住民たちはイギリス帝国の支配下に置かれました。そして、1867年には英連邦の自治領となり、1931年に事実上の独立を果たしています。

カナダの気候や気温

カナダは、一般的には温暖な気候を有する暮らしやすい国ですが、国土が広大なため、南西部のバンクーバーと南東部のトロントでは気温や気候に大きな差があります。特に冬の気温は、地域によっては氷点下20度程度まで下がる地域があり、日本と比べても寒い気温となります。

オンタリオ州では、夏は暑く湿度も高いですが、秋は快適で過ごしやすくすっきりとした晴天が続きます。フランス語圏のケベック州は、冬は寒さが厳しく、逆に夏は湿度が高く蒸し暑い気候です。

アトランティック・カナダ(大西洋4州)の沿岸部は、冬は温暖で夏が涼しいという恵まれた気候の地域です。これに対して内陸部は、一般的に冬が寒く夏は暑い気候となります。

バンクーバーなどの太平洋沿岸地域は、降水量が多く雨林が広がります。カナディアン・ロッキーは寒さが厳しく、夏でも上着が要るほどです。カルガリーなどの平原地帯では寒暖の差が大きいことで知られています。

多くの旅行客が訪れる五大湖一帯では四季がはっきりしており、夏は涼しく冬は温暖です。また、北極圏の極北地方は、1年を通して寒さの厳しい地域です。

カナダの人口

カナダでは面積998.5万平米という、日本の約27倍に当たる広大な土地に約3720万人の人が住んでいます。政体はイギリス型議院内閣制と連邦主義に基づく立憲君主制が実施されており、エリザベス二世女王が元首です。通貨はカナダ・ドルで、2019年6月24日時点の日本円に対する為替レートは、1ドルが81.19円となっています。

カナダの公用語

カナダの公用語は英語とフランス語です。カナダの大部分の都市や地域では英語が主流です。

これに対し、カナダ東部のケベック州やオンタリオ州など、一部の地域ではフランス語を話す人が多く住んでいます。カナダでは、16世紀にはフランスの植民地時代が続き、17世紀にはイギリスの植民地時代が続いたため、公用語が英語とフランス語になっています。

カナダにサマータイムはある?

カナダには6つのタイムゾーンがあり、そのほとんどはアメリカ合衆国のタイムゾーンと類似しています。また、カナダの大部分の地域ではサマータイムが実施されており、その時期には通常の時間帯より1時間時計を進める必要があります。

ただ、サスカチュワン州やケベック州のいくつかの地域では夏時間を実施していない地域があり、旅行時には注意が必要です。

サマータイムとは

サマータイムというのは日の出の時刻が早くなる春から秋の時期に、時計を1時間進めて太陽の出ている時間帯を有効に利用することを主な目的とし、ヨーロッパやアメリカを中心に導入されている時間調整スタイルです。ヨーロッパではサマータイムと呼ばれていますが、アメリカではデイライト・セービング・タイムと呼ばれています。

カナダのサマータイムの期間

カナダにおけるサマータイムの実施期間は、アメリカやメキシコ同様、3月の第2日曜日・午前2時から始まり、11月の第1日曜日・午前2時まで続きます。開始日には、午前2時を1時間進めて午前3時に調整し、終了日には、午前2時を1時間戻して午前1時になるように調整します。

このサマータイムの調整により、開始日には1日が23時間となり、終了日には1日が25時間となります。

カナダの時差は6つある!

カナダには時差が6つあります。西から、バンクーバーなどの太平洋岸標準時、カルガリーなどの山岳部標準時、ウィニペグなどの中部標準時、トロントを含む東部標準時、ハリファックスを含む大西洋岸標準時、セントジョンズを含むニューファンドランド標準時の6つです。
 

バンクーバーなどの【太平洋岸標準時】

太平洋岸標準時のタイムゾーンに当てはまる地域には、バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州の一部、ユーコン準州などが入ります。

太平洋岸は日本から最も近い地域ですが、日本との時差はー17時間もあります。日付変更線を通るため一見複雑そうですが、分かりやすい方法で計算することができます。この地域は、太平洋側から飛べば日本から最も近い地域となります。

日本との時差

カナダ・太平洋岸標準時のタイムゾーンでは、日本との時差が通常17時間あり、サマータイム実施時は16時間となります。

17時間と言うと日本との時差が最も大きく感じますが、これは日本より17時間遅れていることを示します。そのままでは計算しにくいため、次のように24-17=7と計算し、7時間進めた時差で考えた方が分かりやすい方法になりますが、実際には1日前の時間となります。

この方法だと、日本との時差が最も少ないという風にも考えられます。同様に、サマータイム時は、24-16=8となり、+8時間の時差となりますが、実際には1日前の時間となります。

カルガリーなどの【山岳部標準時】

山岳部標準時に当てはまる州は、カナダ中西部に位置しカナダの穀倉地帯と呼ばれるサスカチュワン州、カナディアンロッキーやプレーリーと呼ばれる温帯草原のあるカルガリーを含むアルバータ州、ブリティッシュコロンビア州の一部、オーロラ観測でも知られるノースウエスト準州です。

日本との時差

山岳部標準時と日本との時差は、通常時は-16時間、サマータイム実施時は-15時間となります。わかりやすい計算方法では、24-16=8、つまり8時間後となりますが、日本より1日前の時間となります。同様にサマータイム時は9時間後となります。具体的には、日本が午前10時なら山岳部標準時は通常時は1日前の18時、サマータイム時は1日前の19時です。

ウィニペグなどの【中部標準時】

カナダの中部標準時に属する州には、英語とフランス語のバイリンガルが多いことでも知られる州都ウィニペグを含むマニトバ州、カナダ北部に位置し先住民イヌイットの住むヌナブト準州、オンタリオ州の一部が該当します。これらの地域はカナダ中央部のゾーンとなります。

日本との時差

カナダ中部標準時と日本の時差は、通常時が-15時間、サマータイム時が-14時間となります。このゾーンも分かりやすいように、24-15=9、と計算すると、日本との時差は通常時で+9時間、サマータイム時で+10時間となります。例えば日本が午前10時の場合は、通常時が19時、サマータイム時が20時で、どちらも1日前の時間となります。

トロントなどの【東部標準時】

カナダ・東部標準時のゾーンに入る地域は、トロントや首都オタワのあるオンタリオ州の一部とモントリオール、ケベック・シティーのあるケベック州西部、イヌイットのあるヌナブト準州東部となります。これらの地域はカナダの東側に位置するエリアで、日本とは通常時で-14時間の時差があります。

日本との時差

カナダ・東部標準時の地域と日本の時差は、通常時で-14時間、サマータイム時で-13時間となります。分かりやすい方法で計算すると、24-14=10となり、日本時間に10時間を足した前日となり、同様にサマータイムは11時間を足した前日となります。具体的には、日本時間が午前10時なら、この地域は、前日の20時と21時となります。

ハリファックスなどの【大西洋岸標準時】

カナダ・大西洋岸標準時のゾーンに当てはまる地域は、ケベック州東部、セント・ジョンを中心としたニューブランズウィック州、ハリファックスのあるノバスコシア州、シャーロットタウンを含むプリンスエドワードアイランド州、ラブラドール・シティーを含むニューファンドランド州の一部となります。

日本との時差

カナダ・大西洋岸標準時と日本との時差は通常時で-13時間、サマータイム時で-12時間となります。同様に分かりやすく計算すると、24-13=11、24-12=12となり、この数字を日本時間に加算します。具体的には、日本時間が午前10時なら、大西洋岸標準時は通常時で前日の21時、サマータイム時で前日の22時となります。

セントジョンズなどの【ニューファンドランド標準時】

カナダ東岸のニューファンドランド標準時に該当する地域は、ラブラドールシティーとニューファンドランド島を含むニューファンドランド州の一部となります。この地域はグロス・モーン国立公園に広がる自然や海岸線の絶景、鯨のブリーチング、氷山など、旅行時にはこの地域でしか得られないような貴重な体験ができます。

日本との時差

日本との時差は通常時が-12時間半、サマータイム時が-11時間半となります。例えば日本が午前10時の場合は、通常時は24-12.5=11.5、となり、1日前の21時30分となります。また、サマータイム時間は1時間加えて22時30分です。30分単位の時差と言うのは計算しにくい数字ですが仕方ありません。

カナダの時差の計算方法

日本とカナダの時差の計算方法については、既に各タイムゾーンで説明しと通りですが、別の計算方法もあります。それは、時差から12時間を引いて出た数字を前の日の昼夜逆に置き換えて換算する方法です。

具体的に日本との時差16時間の山岳部標準時を例に取って計算してみると、16-12=4、となり、日本時間で午前10時なら、10-4=6、つまり午前6時となりますが、これを昼夜逆にすると午後6時となります。一見複雑そうに見えますが、慣れればこの方法も分かりやすい方法と言えます。

バンクーバーと日本の時差の計算方法

バンクーバーはブリティッシュコロンビア州に属し、太平洋岸標準時が適用されるため、日本との時差は通常時で-17時間あります。

同様のやり方でバンクーバーと日本の時差を計算してみると、17-12=5、つまり5時間となります。例えば日本時間で午前10時なら、10-5=5、つまり午前5時となり、これを昼夜逆転させると午後5時になります。そしてサマータイム時間は1時間進めた午後6時となります。

バンクーバーと日本の時差の早見表

バンクーバーと日本の時差を早見表で見れば簡単に比較することができます。早見表では、通常時は、バンクーバーが午前零時の時、日本は17時、バンクーバーが午前1時なら日本は18時というようにグラフを見ればすぐ時差がわかるようになっています。

日本時間は、バンクーバーに限らずカナダのどの地域よりも早く1日が終わる、つまり早く日が暮れる時間帯となります。

トロントと日本の時差の計算方法

トロントはオンタリオ州に属し、タイムゾーンは東部標準時となるため、日本との時差は通常時で14時間です。

同様のやり方でトロントと日本の時差を計算してみると、14-12=2時間となり、例えば日本時間で午前10時なら、10-2=8、つまり午前8時となり、これを昼夜逆転させると午後8時になります。また、サマータイム時間は1時間進めた午後9時となります。

トロントと日本の時差の早見表

ー14時間時差のあるトロントと日本の時差の早見表を見ると、通常時は、トロントが午前零時の時に日本が14時、トロントが昼の12時の時には日本は午前2時となり、すぐに対比ができ便利です。早見表が無い場合でも、日本時間は常にトロントの時間より早く進んでいることを頭に入れておくとスムーズに計算できます。

カナダ旅行の時差ボケ防止のおすすめ対策

カナダの現地時間と日本の時差はかなりあるため、カナダ旅行時にはどうしても時差ボケで悩むことになりますが、少しでも時差ボケを少なくするには、飛行機に乗り込んだ時から、現地時間に合わせた行動を取るやり方が最良の方法です。現地時間に時計を合わせたり、映画や食事、睡眠などは現地時間を考慮しながら見たり楽しんだりする方法がおすすめです。

夜間のフライトで映画を観て徹夜をしない

フライト中に映画を見るのはリラックス効果があっておすすめですが、深夜の時間帯にあまり見過ぎると、現地に着いてから変な時間に眠くなったり、逆に夜眠れなくなることがあります。いわゆる旅行時の時差ボケですが、時差ボケを少なくするには、現地時間の夜に睡眠を取り、現地時間の日中はできるだけ眠らないようにすると効果があります。

食事のコントロールで体内時計を調整する

フライト中に食事が出される時間帯は飛行機会社によって違いがありますが、できれば、現地時間の朝、昼、夜に合わせた時間帯に食事を摂ると体内時計の調節がうまく行きます。もし機内食の出される時間が現地時間とずれが生じる場合など、パンなどを少し残しておき、現地の食事時間に合わせて食べたり飲んだりするなどの調整をすると効果があります。

スマホの時計を現地時間と合わせる

飛行機に搭乗したら、すぐにカナダ当地の時間にスマホの時計を合わせることをおすすめします。そうすることにより、現地の生活リズムに合わせた睡眠のタイミングが掴めます。また、コーヒーなどカフェインの摂り過ぎやスマートフォン、パソコンなどの光はフライト中の睡眠の妨げとなることが多々あるため控えた方が良いでしょう。

フライト中のアルコール摂取は、人にもよりますが、適量なら神経をリラックスさせる効果がありますが、深酒をして飛行中に睡眠を取り過ぎると時差ボケが強まる恐れがありますので注意が必要です。

時差ボケを克服してカナダ旅行を満喫しよう!

日本とカナダの時差を調べる時、何種類もの時差が表示される場合があります。これはカナダの国土が広大で、西側から東側までの間にタイムゾーンが6か所もあるためです。ここではそんな日本とカナダの時差について、サマータイムやバンクーバー、トロントなどの各地を旅行した際の時差情報などを交えながら説明してみました。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
南真州

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する