トルコの時差は日本と何時間差?サマータイムの実施状況や飛行時間もチェック!

2019年7月24日 (2019年7月25日最終更新)

日本人から人気のある観光地「トルコ」。トルコは日本との時差があり、初めて海外旅行をする方は時差に苦しむ方も多くいます。しかし、時差は事前に対策をしておくだけで気にならなくなり、トルコ観光を充実したものにすることができます。

目次

  1. 人気の観光地「トルコ」の時差をご紹介
  2. トルコの基本情報
  3. トルコの時差情報
  4. 日本からトルコの各都市への飛行時間
  5. 時差ボケ防止のおすすめ対策
  6. トルコのおすすめ観光スポット5選
  7. 時差や飛行時間を確認してトルコ旅行を楽しもう!

人気の観光地「トルコ」の時差をご紹介

大自然が広がり、歴史の深い観光名所「トルコ」。トルコには日本人から人気のある観光地が点在しており、多くの観光客が訪れています。観光する際に気になるのが時差です。今回はそんなトルコと日本の時差をはじめ、飛行時間、サマータイムのずれなど基本情報をご紹介します。

トルコの基本情報

トルコは日本人からも人気のある観光地になります。時差もありますが、美しい景色、そして大自然に囲まれた国になります。行きたい地域によって飛行時間が変わります。

トルコは独自の文化を歩んできた国でもあり、世界三大料理であるトルコ料理を堪能することができます。日本人が旅行してよかったと思える理想的な国でもあります。

トルコの位置・場所

トルコはさまざまな種族や民族が生活していることでも知られる国になります。トルコは西アジアのアナトリア半島、そして東ヨーロッパのバルカン半島と2つの大州にまたがる共和国になります。

トルコの北は黒海、南は地中海に位置しています。海に囲まれている国でもあり、日本では見られない自然や海の絶景を楽しめることでも人気があります。

トルコの気候

トルコはとにかく国土が広いことでも知られています。そのため、観光する地域によって気候や飛行時間にずれが生じるので、予め地域ごとに確認しておくのがおすすめです。

トルコの地中海沿いでは冬でも温暖な気候になりますが、山岳地域の冬は日本よりも厳しい寒さになります。トルコは日本と同じように春、夏、秋、冬とあるので行く時期によって調べておきましょう。

トルコの人種構成

トルコには多くの民族が暮らしていますが、大半はトルコ人になります。トルコ人とはトルコ語を話しているテュルク系の民族として知られており、トルコの首都であるイスタンブールを中心に生活しています。

トルコに住んでいるアゼルバイジャン人、トルクメン人はトルコ人であるテュルク系の民族と親族関係にあると言われています。ホテルなどでは英語も通じるので安心して宿泊できます。

トルコの言語

トルコの言語は、基本的にトルコ語が使用されています。ですが、最近ではトルコでもトルコ語を使用している人が少なくなってきており、イスタンブールでは他の言語も見られます。

トルコ語以外では、ギリシャ語やアルメニア語なども都市部で使用されています。トルコとシリアの国境付近ではアラビア語も話されています。田舎の地域に行けば行くほど、トルコ語が言語となっています。

トルコの治安

トルコの治安は日本に比べると、あまり良いとは言えません。大都市では観光客を狙ったスリ、置き引きが多発しており、パスポートの紛失も目立ちます。街に設置されているゴミ箱や不審な荷物には近づかないようにしましょう。

トルコは基本的にイスラム教徒の国になります。自由な思考なのであまり目立ったマナーはありませんが、トルコでは女性があまり肌を露出している傾向がありません。そのため、観光客も服装のマナーには気を付けましょう。

Originalトルコの物価についてご紹介!食事・ホテル代などを日本と比較してみよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ブルーモスクやカッパドキアなどが有名なトルコ。親日国として有名で、旅行先としても大変人気の国...

トルコの時差情報

トルコは日本と時差が発生する国になります。初めての海外旅行の方は、時差を知っておかないと現地で時差ボケに合い、観光に集中できることができません。

今回はそんなトルコと日本の時差情報をご紹介していきます。トルコは国土の広い場所になるので、地域によって飛行時間や時差も少しずつ変わる傾向があります。トルコの時差をきちんと調べておきましょう。

日本とトルコの時差は6時間

トルコと日本の時差は6時間となっています。トルコよりも日本のほうが時差が進んでいるので、トルコの時間よりも6時間マイナスしていくのがおすすめです。

トルコの時差を調べるには日本の時間から6時間を引いて計算しておきましょう。日本が18時の頃、トルコの現地時間は12時になっています。時差をきちんと把握しておくのがおすすめです。

トルコは国内に時差がある?

トルコは国内で時差があるわけではありません。しかし、場所によって日本からの飛行時間にずれが生じるため、時差が違っていると思う方も多くいます。事前に飛行時間も確認しておきましょう。

トルコの時差は基本的に日本と6時間差と考えておけば大丈夫です。計算方法も簡単になり、飛行時間によっては時差ボケせずに観光を楽しむことができます。

トルコにサマータイムはある?時差のずれは?

トルコには他の国と同じように、サマータイムが存在しています。時差のずれもありましたが、今ではサマータイムとのずれが今では生じていません。サマータイムは時差が6時間、冬時間は7時間と指定されています。

サマータイムは夏の時期に変わっていく時差のずれになり、日本にはありませんが他の国ではサマータイムの設定されている国が多いので事前に確認しておきましょう。

冬時間の廃止で日本との時差は通年6時間に

トルコは以前、サマータイムと冬時間が設定されていました。サマータイムでは時差が6時間、冬時間の時差は7時間と設定されており、観光する時期によってサマータイムとの時差をわける必要がありました。

ですが、2016年にトルコの冬時間が廃止され、サマータイムの設定になっていた時差6時間で統一されています。そのため、サマータイムの時期も、冬でもトルコと日本の時差は6時間で統一されました。

日本からトルコの各都市への飛行時間

日本からトルコへの飛行時間は、土地によって変わっていきます。そのため、行きたい観光地によって飛行時間が変わっていくので、乗り換え時間など事前に確認しておきましょう。

飛行時間によって時差ボケも解消できる可能性があり、飛行機内での過ごし方も事前に用意しておくことができます。今回はトルコの観光名所への日本からの飛行時間をご紹介していきます。

東京からイスタンブールまでの飛行時間

トルコの首都であり、観光名所でもあるイスタンブールです。日本から直行便が出ているので、乗り換えなどのずれ時間が発生せずにアクセスしやすいです。日本からトルコまでは行きが13時間、帰りが11時間の飛行時間です。

イスタンブールへの飛行時間は約半日かかるので注意しましょう。時差とのずれも考えながら飛行時間を確認しておき、乗車時間を計算しながら決めるのがおすすめです。

東京からアンカラまでの飛行時間

イスタンブールの近くに位置する街「アンカラ」。トルコでも人気のある観光地になり、日本からの直行便も手配されているのでずれ時間がありません。飛行時間が大幅にずれる心配もなくなります。

アンカラへの飛行時間は14時間前後となっており、首都イスタンブールよりも少し長い時間となっています。1番安い時期で購入できるチケットもあり、アンカラには空港が設置されているのでそのまま観光を楽しめます。

東京からイズミールまでの飛行時間

トルコの歴史がわかる観光名所「イズミール」。世界中から多くの観光客が訪れる観光地になり、毎年多くの人々で賑わっています。イズミールには日本からの直行便がなく、経由していく必要があります。

イズミールの飛行時間は15時間、もしくは16時間となっています。トルコ国内で乗り換える必要があるので、乗り換えの時間帯によっては時間がずれる可能性があります。乗り継ぎの良い便を調べておきましょう。

時差を考慮してトルコへの飛行時間を計算しよう!

トルコは日本との時差が発生するので、時差を考慮しながら飛行時間を計算しておくのがおすすめです。トルコとの時差は6時間になるので、トルコに到着したときには日本から6時間遅れながら時間が進んでいきます。

日本からトルコへの飛行時間が13時間の場合、トルコに到着する時間は日本から7時間後となります。そのため、トルコへの出発は深夜がおすすめになり、深夜であれば飛行機内で寝ても時差ボケも解消できるので多くの観光客が利用しています。

時差ボケ防止のおすすめ対策

トルコをはじめ、海外旅行には時差ボケが発生してしまう可能性があります。日本との時差が5時間以上空くと時差ボケが発生しやすいと言われており、時差が6時間のトルコでも時差ボケを発生する可能性が高いです。

時差ボケは世界の時間で生じるものなので、仕方のない症状になります。しかし、時差ボケは事前に時差を確認しておき、対処しておけば時差ボケを発生させることなくトルコ観光を堪能することができます。

出発の2、3日前から現地時間に合わせた生活リズムで過ごす

時差ボケの対処法として、出発の2、3日前から現地の時間に身体を慣らしておく必要があります。急には対応できないので、2、3日前など無理のない程度で遅く寝たり、遅く起きたりと調整していくのがおすすめです。

現地の時間で過ごす場合は、トルコに向かう前に会社を休むなど自分だけの時間が必要になる方法です。時間がかかってしまいますが、身体に無理なく時差ボケが1番起こりにくい対処法です。ぜひ、時間のある方は試してみて下さい。

夜間のフライトで映画を観て徹夜をしない

トルコの場合、時差は6時間になるので夜中のフライトがおすすめです。23時の便の場合、トルコに到着したら朝6時ころの到着になるので、7時間たっぷりと寝ても時差ボケを起こさずに体調を整えることができます。

海外旅行のフライトで1つの楽しみとして映画があります。夜に映画を見て、最後まで見てしまい、頭が冴えてしまう方が多いので、なるべく映画を見るのは避けましょう。どうしても見たい方は、夕方のフライトがおすすめです。

食事のコントロールで体内時計を調整する

時差ボケでつらいのは睡眠と食事になります。6時間も時差があると食事の時間帯がずれてしまうため、事前に現地の時間帯で食事をとるのもおすすめです。身体の内側から時差ボケを解消できる方法になります。

飛行機内で提供されている機内食は、トルコの時間に合わせて提供されているのでしっかりと機内食を食べておくのがおすすめです。最後まで食べることによって、体内の時計をトルコに合わせていくことができます。

スマホの時計を現地時間と合わせる

時差ボケ対処として、誰もが1台は持っているスマホを対処するのがおすすめです。スマホの時計をトルコの時間に合わせておくことによって、トルコ以外でもトルコの時間で生活することができます。

トルコでは時差ボケでどれだけ眠くても時間を確認し、寝ないように努力しておくのがおすすめです。しっかりとスマホ時計を合わせておくことによって、トルコでも過ごしやすくなります。

トルコのおすすめ観光スポット5選

日本人からも人気を集めている観光地「トルコ」。トルコは国土の広い国になり、国全体に観光名所と呼ばれる場所が多く点在しています。トルコの歴史はもちろん、文化や日本にはない絶景を楽しむことができます。

今回はそんなトルコのおすすめ観光地をご紹介していきます。どこもトルコを代表する観光地となり、日本では過ごせない貴重な時間を過ごすことができます。初めてトルコに訪れる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ヨーロッパとアジアにまたがる大都市【イスタンブール】

トルコの観光名所、そして首都でもある街がイスタンブールになります。ヨーロッパとアジアをまたがるトルコでも大都市として知られており、長い間世界の中心地として栄えていた街並みの名残を楽しむことができます。

ブルーモスクやトプカプ宮殿などトルコでも人気のある観光地が多く点在しており、ホテルやレストランも充実しています。日本から直行便が出ているので、アクセスもしやすい街です。

妖精の煙突と呼ばれる世界遺産【カッパドキア】

トルコでも妖精の煙突とも呼ばれている美しい光景が楽しめる名所「カッパドキア」です。トルコの世界遺産を楽しむことができ、奇岩のパノラマは圧巻の景色を生み出しています。

カッパドキアでは気球ツアーが人気を集めており、空からの絶景を楽しめます。100機ほどの気球が一気に上空に舞い上がる光景は、幻想的な世界を生み出しています。

エーゲ海沿岸の古代都市【エフェソス】

トルコで歴史ある光景を楽しみたい方はエフェソスがおすすめです。エフェソスには紀元前11世紀のイオニア人によって建設された都市国家の遺跡が今でも綺麗に残されています。

当時使用されていた図書館や大劇場、神殿などが当時のまま残されており、散策しながら楽しむことができます。トルコでも広大な観光地なので、1日中トルコの古代都市を散策することができます。

トルコ屈指の景勝地【パムッカレ】

綿の宮殿を意味するパムッカレは、大自然の絶景を楽しめる観光地です。純白の棚田のような幻想的な光景を楽しめ、大小100以上の棚には温水が流れていることが特徴的です。

かつて地熱によって温泉ができ、今では足湯のできる場所も設置されています。足湯しながらのんびりと景色を楽しむことができるので、身も心も癒される観光地です。

トロイの木馬伝説で有名【トロイ遺跡】

トロイ遺跡はトルコでも有名な観光名所になり、ギリシャ神話に登場する有名な都市でもあります。トルコで発掘された遺跡は今でも多くの人々を魅了しており、綺麗に残された遺跡内を散策することができます。

トロイ戦争の木馬でも有名な観光地になり、古代エーゲ海文明を辿るのに重要な場所でもあります。日本とは全く違う文化を歩んだトルコならではの観光地です。

時差や飛行時間を確認してトルコ旅行を楽しもう!

大自然に囲まれ、独特の文化を歩んできた国「トルコ」。そんな魅力あるトルコでは時差が発生するため、時差ボケしないように予めフライトの時間を調べておくのがおすすめです。初めて海外旅行を試みる方は、時差に気を付けましょう。ぜひ、トルコ観光を予定している方は、この記事を参考に時差ボケを解消しましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する