シングルバーナーおすすめランキングTOP21!焼肉・料理が簡単に作れる!

2019年8月2日 (2019年9月1日最終更新)

キャンプで大活躍してくれるおすすめのアイテムシングルバーナーがとても便利です。野外シーンで風が吹いても消えにくいシングルバーナーで料理が作れます。おすすめのメーカーや初心者にも簡単なアイテムをランキングでご紹介しますのでチェックしてみましょう。

目次

  1. シングルバーナーがあるとキャンプでも簡単に料理や焼肉を楽しめる!
  2. シングルバーナーのガス缶の種類
  3. シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第21位〜第16位
  4. シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第15位〜第11位
  5. シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第10位〜第6位
  6. シングルバーナーおすすめ人気ランキング第5位【SOTO レギュレーターストーブ ST310】
  7. シングルバーナーおすすめ人気ランキング第4位【スノーピーク ギガパワーストーブ地】
  8. シングルバーナーおすすめ人気ランキング第3位【イーピーアイ APSA−IIIストーブ S-1020】
  9. シングルバーナーおすすめ人気ランキング第2位【SOTO ウインドマスター SOD-310】
  10. シングルバーナーおすすめ人気ランキング第1位【SOTO G’Z シングルバーナー】
  11. シングルバーナーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介

シングルバーナーがあるとキャンプでも簡単に料理や焼肉を楽しめる!

キャンプで料理を作る際にたくさんのアウトドアアイテムが販売されています。ソロキャンプや登山シーンでも大活躍してくれるおすすめのシングルバーナーをご紹介します。

バーベキューコンロやカセットコンロや焚き火セット等、火を使って料理を作る調理器具が登場しています。

たくさんの料理器具がある中でも最も軽量でコンパクトに収納して持ち運ぶ事が出来るおすすめアイテムがシングルバーナーとなります。

キャンプスポットによっては焚き火禁止場所等もあり、木炭に火を起こす工程が面倒な方にはシングルバーナーが大活躍してくれます。

各メーカーから販売されているシングルバーナーもタイプがそれぞれあり、分離型や一体型等で販売されているのでチェックしてみましょう。

シングルバーナーの本体は分離型と一体型がある

キャンプにおすすめのシングルバーナーはコンパクトさや軽量なアイテムとなります。また野外では風が吹いても問題なく利用できる火力使えるのがおすすめポイントとなります。

更にシングルバーナーは大きく分けてタイプが2パターンあり、一体型と分離型があります。シチュエーションやお好みに合わせてタイプを選んでみましょう。

一体型のシングルバーナーはガストレージに直接付けて使用するタイプとなっています。一体型シングルバーナーはワンセットで収納できるのがおすすめポイントとなっています。

分離型のシングルバーナーは本体と燃料タンクが別になっています。ホースで燃料を送り込むタイプとなっていて、ガス使用の場合も簡単に使用する事が出来のでおすすめです。

Originalソロキャンプ料理おすすめメニュー9選!必要な準備や簡単に使える道具は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
誰にも邪魔されない癒しの時間を過ごせる「ソロキャンプ」。1人でも簡単な料理でお腹を満たすこと...

シングルバーナーのガス缶の種類

シングルバーナーのガス缶についてご紹介しますシングルバーナーを選ぶ際にガス缶の種類での選び方も参考にしてみましょう。

ガス缶はCB缶とOD缶で大きく分けて2パターンがあります。CB缶はごく一般的な家庭でも利用するガス缶となります。

メリットは低価格でスーパーやコンビニでも購入しやすいです。デメリット点は室内向けのガス缶なので、野外での利用は火力が不安定になる事も多いです。

次にOD缶はアウトドアの使用目的で作られているガス缶となります。メリット点は野外での利用も安定した火力で利用できるのがおすすめポイントとなります。更にシングルバーナーを購入する時もOD缶専用のアイテムが多く販売されています。

OD缶のデメリット点はCB缶よりはお値段が高くなる点と、OD缶は販売されているお店が限られています。購入の際には予備も含めて購入するのがおすすめです。

ガス缶の他にもガソリン(液体)での燃料も販売されています。ガス缶以外のガソリンの燃料のメリットは低温に強く、更に高い出力で持続性があるのがポイントとなります。

ガソリンの場合はのデメリットはガス缶はCB缶とOD缶よりは使い方が難しい点となります。着火の際にも少し時間がかかるので利用の際には使用上の注意をしっかり守って注意しながらシングルバーナーを使用しましょう。

Originalアウトドア用ガスコンロおすすめ17選!キャンプ料理に役立つおしゃれアイテムも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、キャンプ料理などに役立つおすすめの人気アウトドア用ガスコンロをおしゃれなアイ...

シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第21位〜第16位

おすすめのシングルバーナーをランキング形式でご紹介します。アウトドアで焼肉や料理を楽しめるおすすめのシングルバーナーを購入してみましょう。


シングルバーナーの中でも一体型や分離型のタイプが販売されています。シングルバーナーの使用シーンによってもおすすめのタイプがあります。

ガス缶はCB缶とOD缶それぞれのタイプのシングルバーナーも販売されていますので、ガス缶を選んでからシングルバーナーを購入してみるのもおすすめです。

第21位の人気シングルバーナー【プリムス エクスプレス スパイダーストーブ2】

まず初めにご紹介するのはプリムスから販売しているおすすめのシングルバーナーのエクスプレス スパイダーストーブ2をチェックしてみましょう。

こちらのシングルバーナーは分離型となっています。燃料は専用のOD缶を使用するようにしましょう。低い重心をキープしてくれるゴトクに、とても軽量で持ち運びやすいのがおすすめポイントとなります。

こちらのシングルバーナーの重量は195グラム程で、持ち運び用の専用バッグが付属で付いているのでキャンプに気軽に持ち出す事が出来ます。

フライパンや鍋を別で持っていけば、現地でも料理やコンパクト焼肉も楽しむ事が出来ます。初心者にもおすすめで、とても簡単に利用できるで注目してみましょう。

第20位の人気シングルバーナー【SOTO シングルバーナー SOD-301】

続いておすすめのシングルバーナーはSOTOから販売されているシングルバーナー SOD-301はとても人気となっています。

シングルバーナーのSOD-301ステンレス製で通常3本ゴトクとなっています。料理によっては4権のゴトクが別売りで販売されています。

寒い冬キャンプでも、風の吹く登山シーンでもこちらのシングルバーナーはとても役立ちます。OD缶専用となっていますので、SOTO専用のガス缶を使用してみましょう。

長年でも利用できるおすすめアイテムとなります。持ち運びの際にも専用袋がセットで付いてきます。気になるお値段は8000円前後で購入が出来ます。

第19位の人気シングルバーナー【イーピーアイ REVO-3700】

続いておすすめランキングにランクインしたのは国内メーカーのイーピーアイから販売されているREVO-3700に注目してみましょう。

こちらのシングルバーナーは専用ケースの他にもスタッフサックもセットで販売されています。別売りでイーピーアイガスを購入しましょう。

3700キロカロリーの高出力で、料理や焼肉でも利用する事が出来ます。REVO-3700の重量は111グラムととても軽量で持ち運びが出来ます。

ソロキャンプでも登山やツーリングにもおすすめとなります。一体型でとても便利でお値段も7000円前後で購入できるので注目してみましょう。

第18位の人気シングルバーナー【プリムス P-115 フェムトストーブ】

続いてプリムスから販売されているおすすめのシングルバーナーのP-115 フェムトストーブはコンパクトで軽量な人気のシングルバーナーとなります。

P-115フェムトストーブは一体型シングルバーナーとなります。重さは57グラムと軽量で、収納サイズも手のひらサイズになるので持ち運びもとても便利です。

小型タイプのシングルバーナーとなりますが、火力も高くて風が吹いている野外でも問題なく使用する事ができます。極力荷物を減らしたい登山やツーリングにおすすめです。

第17位の人気シングルバーナー【エムエスアール ウィスパーライト インターナショナル】

続いてシングルバーナーの人気ランキングで注目のエムエスアールから販売されているウィスパーライト インターナショナルは分離型のシングルバーナーです。

更にこちらのシングルバーナーの燃料はガソリンとなります。燃料ボトルは別で購入しましょう。ボトルは3000円前後、分離型シングルバーナーは16000円前後で購入ができます。

燃焼時間も長くホワイトガソリンの場合は110分、灯油の場合は160分連続で使用する事ができます。料理も問題なく利用出来て、ソロキャンプであれば一人焼肉も快適に楽しむ事が出来ます。

第16位の人気シングルバーナー【イーピーアイ QUO STOVE ストーブ 日本製 S-1032】

続いておすすめのシングルバーナーのイーピーアイの人気QUOSTOVE ストーブ 日本製 S-1032をご紹介します。

イーピーアイ専用のケースが付属としてついていて、重量は98グラムでとても軽いのでバックパックにも簡単に収納する事が出来ます。

こちらのシングルバーナーは一体型でイーピーアイ専用のOD缶も販売されています。お湯を沸かしたり、簡単な料理も気軽に利用する事が出来ます。お値段もとても安く6000円前後で購入する事が出来ます。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第15位〜第11位

続いてシングルバーナーのおすすめランキング15位から11位までをまとめてチェックしてみましょう。アウトドアメーカーから販売されている人気のアイテムをチェックしてみましょう。

シングルバーナーがあればソロキャンプでも簡単な焼肉を楽しむ事もできます。また簡単なカップラーメンやレトルト系の料理もその場ですぐに作る事も出来ます。気になるシングルバーナーはチェックしてみましょう。

第15位の人気シングルバーナー【イワタニプリムス IP-2243PA】

まず初めにおすすめのシングルバーナーはイワタニプリムスから販売しているIP-2243PAをチェックしてみましょう。

一体型でとても軽量なシングルバーナーとなります。安定のある火力が実現できる288個の炎口となり、ゴトクの安定感もあるので初心者にもおすすめです。焼肉などの料理にも、また湯沸かし用にも活用する事ができます。

風にも強くて丈夫なシングルバーナーなのでキャンパーにも大人気です。お値段も7000円前後で購入できるので注目してみましょう。

第14位の人気シングルバーナー【スノーピーク ギガパワープレートバーナーLI GS-400】

続いて他のシングルバーナーとは形状が異なるスノーピークから販売しているギガパワープレートバーナーをご紹介します。

一体型や分離型の形状が多く販売されているシングルバーナーですが、こちらのアイテムはプレートバーナーとなっています。

卓上用に開発された大型のシングルバーナーとなっています。料理がしやすく、焼肉も楽しめるおすすめアイテムとなっています。お値段は少々お高めで20000全前後で販売されています。

第13位の人気シングルバーナー【SOTO MUKAストーブ SOD-371】

続いてSOTOから販売しているおすすめの分離型MUKAストーブ SOD-371に注目してみましょう。こちらのシングルバーナーは自動車用のガソリンでも使用可能となっています。

分離型シングルバーナーとなりますので本体とホースだけでも重量は160グラムで持ち運びがとても便利でおすすめです。専用ケースも付属で付いていますので、火力が必要な焼肉や料理にも最適なアイテムです。

第12位の人気シングルバーナー【SOTO マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S】

続いておすすめのシングルバーナーの大人気のSOTOのマイクロレギュレーターストーブ SOD-300Sは一体型シングルバーナーとなります。

折り畳み式でコンパクトに収納できるおすすめのアイテムとなります。OD缶専用で利用できて、火力が落ちずにとても耐衝撃性でキャンプに最適です。お値段もお手頃価格で購入できるので是非ゲットしてみましょう。

第11位の人気シングルバーナー【プリムス ウルトラ・スパイダーストーブ2 P-155S】

続いておすすめのシングルバーナープリムスのウルトラ・スパイダーストーブ2P-155Sは分離型となっています。

4本のしっかりとしたゴトク付きで安定した料理ができます。燃料はOD缶を使用してキャンプシーンでも火力安心に使用する事が出来ます。

250ガスを使用した場合燃焼時間は70分使用可能となります。分離型で重量は195グラムで持ち運べて専用収納ケースもセットで付いていきます。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング:第10位〜第6位

続いてシングルバーナーおすすめランキング10位から6位までを一挙ご紹介します。キャンパーからも愛用される人気のシングルバーナーは、点火しやすくてどんなシーンでも活躍してくれます。

また耐久性にすぐれたシングルバーナーとなっていますので、長い期間を見越しても利用できるとても優秀なアイテムとなっています。

第10位の人気シングルバーナー【PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー】

まず初めにプリムスから販売されているおすすめのP-153 ウルトラバーナーはどんなシーンでも活躍してくれる最新テクノロジーを搭載されたシングルバーナーとなります。

頑丈な4本足のゴトクに3600カロリーの火力で利用できます。パワー力もあり、更にチタン素材を採用されているので、とても軽量で持ち運びも快適です。

第9位の人気シングルバーナー【イーピーアイ NEO STOVE ストーブ 日本製 S-1030】

続いておすすめのシングルバーナーのーピーアイから販売されているNEO STOVE ストーブ 日本製 S-1030は一体型タイプとなります。

大きめの20.5センチ程のゴトクを搭載されているので、少し大きい調理器具でも使用する事が可能となっています。

耐久性もあり、コンパクトに収納できるので専用カバーを使用して持ち運びましょう。ソロキャンプの焼肉も楽しめるのでチェックしてみましょう。

第8位の人気シングルバーナー【スノーピーク ヤエンストーブ レギ】

次に注目のスノーピークから販売されているおすすめのヤエンストーブ レギのシングルバーナーをご紹介します。

こちらは分離型のシングルバーナーで、ゴツゴツとした岩場でも利用する事ができるおすすめの構造となっています。

安定性を更に考慮した分離型シングルバーナーとなりますので、登山シーン等でも活躍してくれます。専用のギガパワーガスも別売りで販売されているので、セットで購入しましょう。

第7位の人気シングルバーナー【SOTO アミカス クッカーコンボ SOD-320CC】

シングルバーナーで人気のSOTOから登場しているアミカス クッカーコンボ SOD-320CCがおすすめです。こちらは初心者の方でシングルバーナーの他にもアミカスとクッカーのセットで購入する事ができます。

これから道具を揃えたいとお考えの方は、こちらのセットがお買い得となっています。更にクッカーは2種類あり、1000mlと500mlがセットになっています。

専用の収納袋も付いてくるので、キャンプやツーリング等のシーンで利用してみましょう。ゴトクも4本足で安定性があります。お値段も6000円台とリーズナブルな価格で販売されています。

第6位の人気シングルバーナー【SOTO アミカス SOD-320】

続いて同じくSOTOから販売されているアミカス SOD-320の一体型シングルバーナーをチェックしてみましょう。

こちらのシングルバーナーはバーナーヘッドがすり鉢状の構造となっていますので、防風等でも火が消えにくいのがポイントです。4本足のゴトクに、大きな調理器具でも使用可能なので焼肉料理にも湯沸かしでも活躍してくれます。

コンパクトに収納出来て、本体重量も81グラムと軽量な面に特化されています。お値段も5000円台から販売されているので寒いキャンプで利用してみましょう。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング第5位【SOTO レギュレーターストーブ ST310】

続いて気になるシングルバーナーのランキングトップ5を順にご紹介します。人気のSOTOから登場している分離型のレギュレーターストーブ ST310をチェックしてみましょう。

とてもシンプルなデザインで、注目はガス缶を除くシングルバーナーのみの重量が驚きの350グラムとなります。コンパクトに収納できるの大きなメリット点です。

おすすめポイント:このシングルバーナーの魅力

レギュレーターストーブ ST310のシングルバーナーの人気のポイントはCB缶で利用できる事です。通常キャンプ用のシングルバーナーの多くはOD缶がほとんどです。

CB缶であれば気軽に購入できて、更にお値段もとてもリーズナブルに利用する事ができます。購入する際にもCB缶は1本セットで付いてくるのもおすすめポイントとなっています。

CB缶専用のシングルバーナーをお探しの方はSOTOのレギュレーターストーブ ST310に注目してみましょう。

基本スペック:シングルバーナーのサイズや重量

SOTOのレギュレーターストーブ ST310のサイズは幅17センチ×奥行15センチ×高さ11センチのシングルバーナーとなっています。

重量は350グラムととても軽量で持ち運びにもとても便利でおすすめです。ツーリングやソロキャンプに初心者の方にもおすすめで、簡単に利用する事ができるのでチェックしてみましょう。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング第4位【スノーピーク ギガパワーストーブ地】

続いて大人気アウトドアメーカーのスノーピークから販売されているおすすめのギガパワーストーブ地は一体型シングルバーナーとなっています。

4本足のゴトクでバランスも取りやすく、ステンレスとアルミニウム合金を採用されているので錆びにくいので長年重宝する事ができます。

おすすめポイント:このシングルバーナーの魅力

ギガパワーストーブ地のおすすめポイントはとにかく軽量で持ち運びがしやすいシングルバーナーとなっています。

ギガパワーガスのみであれば胸ポケットに入るサイズとなっているので、とても画期的なアイテムとなっています。

2016年に販売されてから世界中に愛されるシングルバーナーとなっています。軽量でコンパクトに収納できるアイテムをお探しの方はチェックしてみましょう。

基本スペック:シングルバーナーのサイズや重量

ギガパワーストーブ地のサイズは設置時は直径10.6センチ×高さ6.7センチとなり、収納時は幅4.4センチ×奥行3.5センチ×高さ8.2センチとコンパクトに収納できます。

重量は75グラムなので、別売りのガス缶とセットでも荷物の負担になりません。またソロキャンプでも焼肉料理や湯沸かしで利用できます。お値段も4000円台で購入ができるので注目してみましょう。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング第3位【イーピーアイ APSA−IIIストーブ S-1020】

続いてイーピーアイから登場しているおすすめのAPSA−IIIストーブ S-1020は分離型シングルバーナーで人気のモデルとなっています。

初心者の方にも使い方がとても簡単で、日本製となっていますので安心安全で利用する事が可能となっています。

おすすめポイント:このシングルバーナーの魅力

イーピーアイのAPSA−IIIストーブ S-1020の魅力ポイントはとにかく火力の強いシングルバーナーをお探しの方におすすめとなります。

別売りで販売されているパワーガスカートリッジを使用すれば、最大4000カロリーの大出力で利用できるので、炭火に負けない焼肉等も楽しめます。

基本スペック:シングルバーナーのサイズや重量

イーピーアイのAPSA−IIIストーブ S-1020のサイズ使用時は幅2.5センチ×奥行2.5センチ×高さ9センチとなっています。

重量は426グラムと軽量で鍋や焼肉鉄板等も置ける安定したしっかりとしたゴトクを採用されています。また自動点火装置が燃料側についているので、ゴトクの上に置いている状態でも利用する事ができます。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング第2位【SOTO ウインドマスター SOD-310】

続いて大人気SOTOから登場しているおすすめのウインドマスター SOD-310シングルバーナーをチェックしてみましょう。

風にも強く、冬の寒い場所でも強い火力で利用できるおすすめのアイテムとなっていますSOTOnのSOTOの独自のマイクロレギュラーレーター機構とバーナーヘッド構造を融合させています。

おすすめポイント:このシングルバーナーの魅力

ウインドマスター SOD-310のおすすめポイントは登山の方にもおすすめとなっています。バーナーの炎が流れにくい構造となっていますので、短時間で湯沸かしも可能となっています。

またバーナーヘッドの形状がすり鉢状となっていますので、風が吹いても消火しにくい構造となっています。機能性に重視したい方におすすめのアイテムとなります。

基本スペック:シングルバーナーのサイズや重量

続いてウインドマスター SOD-310のサイズは幅4.7センチ×奥行9センチ×高さ8.8センチとなります。重さは67グラムと軽量なのもおすすめポイントとなっています。

3本足ゴトクとなりますが別売りで4本足のゴトクも販売されています。自分が使いやすいようにカスタマイズする事もできます。お値段も8000円前後で販売されていますのでチェックしてみましょう。

シングルバーナーおすすめ人気ランキング第1位【SOTO G’Z シングルバーナー】

最後に注目のシングルバーナー人気堂々のランキング1位はSOTOから登場しているG’Z シングルバーナーをご紹介します。

こちらのシングルバーナーは分離型となっていて、お手軽で入手しやすいCB缶で利用する事ができるのでおすすめとなっています。

おすすめポイント:このシングルバーナーの魅力

G’Z シングルバーナーは低く安定した構造となっています。ちょっとした料理にも、大人数でのキャンプシーンでもサブアイテムとして活躍してくれます。

CB缶で利用ができるので、ホームセンターやコンビニでも入手できるのがおすすめのポイントとなっています。またCB缶ですが風防付きの火口構造となっていますので野外でも問題なく使用する事ができます。

基本スペック:シングルバーナーのサイズや重量

G’Z シングルバーナーのサイズは幅16センチ×奥行9センチ×高さ9センチで重量640グラムとキャンパーには重宝できるサイズと軽量さが人気の理由となっています。

バーナーにはステンレスを採用していますので、さびにくく長く愛用できるアイテムとなっています。また収納ケースも付いているので楽しキャンプに持ちだしてみましょう。

シングルバーナーのおすすめモデルをランキング形式でご紹介

キャンプで大活躍してくれるおすすめのシングルバーナーを21アイテムご紹介しました。シングルバーナーはソロキャンプにも大活躍してくれます。

ソロキャンプや登山は荷物は極力コンパクトで軽量なアイテムが重要視されます。シングルバーナーはとても簡単にセットできて料理や焼肉を楽しむ事が出来ます。

アウトドアブランドやメーカーからは便利で実用的なおすすめのシングルバーナーがたくさん販売されています。

シングルバーナーは一体型や分離型で登場しています。簡単にセットできて、面倒な火起こしもとても無く便利に活用する事ができます。

おすすめランキングでピックアップした人気のシングルバーナーを参考に、今年のアウトドアで活躍されてみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
LOOK

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ