バランススクーターの値段や販売店・口コミは?おすすめ商品7選もご紹介!

2019年8月7日 (2019年8月14日最終更新)

バランススクーターは、体の重心だけで移動する電動自転車のレジャー用品として、いま脚光を浴びています。バランススクーターは、日本では公道を走ることはできませんが、次世代の便利な移動手段として各メーカーから数多くの製品が販売されています。

目次

  1. バランススクーターとは何?
  2. バランススクーターの特徴・魅力
  3. バランススクーターの乗り方
  4. バランススクーターのお値段の目安
  5. バランススクーターのメーカー・販売店
  6. バランススクーターの口コミ・評価
  7. バランススクーターおすすめ商品7選とお値段の目安
  8. プレゼントに最適なバランススクーター
  9. バランススクーターのお役立ち情報を掲載!

バランススクーターとは何?

balance scooter

バランススクーターとは、車輪のあいだのプレートに乗って重心を移動させながら動かす電動プレート板です。公園などでのレジャー用乗り物として、大人から子供まで人気のある商品です。ここでは、そのバランススクーターの特徴や乗り方、販売店などでの値段、口コミ情報、そしておすすめの商品7選も含めて紹介していきます。

バランススクーターは重心を傾けるだけで操作が可能な次世代の乗り物

hoverboard

バランススクーターとは、本体であるプレートの上に乗り、名前のとおりバランスを取り体の重心を傾ける乗り方で操作が可能になる次世代の乗り物です。

プレートの上に立つだけで掴まるものは何もなく、バランスと重心移動という乗り方だけで進みます。慣れるまではちょっとしたコツが要りますが、乗り方に慣れると簡単に動かすことができ子供でも楽しめます。海外では、通称ミニセグウェイと呼ばれています。

先に話題となったのは、セグウェイ社が販売したハンドル付きの電動モーターカーでした。こちらは、今でも公道などで走れる国もあり、バランススクーター同様人気です。

バランススクーターの特徴・魅力

hoverboard

バランススクーターは、アウトドアでのレジャー用品として楽しむことができますが、実際の速度や体重制限などの機能面やどういった特徴や乗り方があるのか気になります。

バランススクーターの機能面や乗り方などをしっかりと理解した上で正しく使用することで、普段経験することのできない独特の浮遊感を体現できます。また電動で動作する乗り物なので、道路交通法など使用する乗り方も正しく理解する必要性があります。

本体にセンサーが搭載されているバランススクーター

hoverboard

重心移動をする乗り方で簡単に操作できるバランススクーターは、本体に備わったセンサーが動作の重心に反応し、前進、後退、旋回といった運転をコントロールします。

バランススクーターのボードの中に搭載されているジャイロセンサーが、左右の足のわずかな体重移動に対して繊細に反応することにより、ボード左右に取り付けられているタイヤをそれぞれ独立制御して動かす、という仕組みになっています。

バランススクーターは国内の公道では乗れない

segway hoverboard

バランススクーターは、現状日本の公道で走ることはできません。もちろん駐車場や歩道での走行も認められておらず、現在のところは公園など広い敷地に限られています。

海外では一部の地域でバランススクーターの走行が認められていますが、日本の道路交通法では違法になります。明確なブレーキ機能がない、車や自転車のヘッドライトに相当する機能がない、最高速度が遅く交通事故の要因となる、などがその主な理由です。

アメリカでは州によっては公道を走れる

hoverboard

アメリカでは州ごとに法律が異なることから、州によってはカリフォルニア州など、バランススクーターで公道や歩道を走ることができます。

また人気のリゾート地であるハワイ州でもバランススクーターを公道や歩道で乗ることが可能ですが、乗る際には、時速13km以下の速度、1時間あたり最大13kmの最大前方速度を設定できるもの、搭乗者は16歳以上といった制限があります。

州ごとに乗れる場合でも変更になる場合もあります。現在の法律で乗れる場合でも海外のことですからその都度確認は必要です。海外での使用に関しては違法とならないよう所轄の警察署などで道路交通法の最新の正しい情報を取得されることをおすすめします。

バランススクーターの最大速度は時速10~12キロ程度

segway

一般的にバランススクーターの最大速度は、時速10kmから12kmで歩く速度の倍の速さです。車や自転車に比べると遅いですが、ジョギングするような速度で、十分な速度感を体感できます。

慣れないうちは10kmの速度でも巧くバランスが取れなくて転倒したりする場合があります。最初のうちは必ずプロテクターやヘルメットの装着をおすすめします。特に子供が使用する場合は、安全第一に装着を義務付けるよう乗り方に心掛けることが大事です。

バランススクーターは子供でも運転できる乗り物

Balancing Scooters

バランススクーターはその形状と操作性のしやすさもあって、大人から子供まで簡単に使用することができます。乗って重心を傾けるだけというシンプルさです。

乗る人の体重が最低20kgからを想定して作られているので、子供であれば小学校低学年ぐらいからでも動作させることができ自転車などよりも簡単で、乗り方さえ覚えれば値段的にも子供用の最初の乗り物としても最適です。

公園などで競走して楽しむのも魅力のひとつ

hoverboard

バランススクーターの魅力ある楽しみ方として、それぞれのバランススクーターを公園などに持ち寄って競走したりできる楽しみ方があります。

バランススクーターは、速度そのものが10km前後しかでないので、きちんとヘルメットやプロテクターを装着すれば安全な乗り物です。使用する場所でのルールを守った上でお互いが競い合うことで、バランススクーターの魅力に触れ合い友達の輪も広がります。

家の中での移動に使うのも魅力のひとつ

hoverboard

段差のないフローリングのある広い家などの場合には、部屋の中を移動するのにバランススクーターを使って移動することができます。

外が雨の日で外出することができず家の中で退屈しているときなど、特に子供のいる家庭では、最初から屋外でバランススクーターを使用する場所を探すのも大変な場合があります。家の中は周りを気にせずに試してみることができます。

ラウンドワンのバランススクーターを試してみよう!

round1

他にできない遊び方が楽しめるラウンドワンのスポッチャでは、バランススクーターを借りて楽しむことができます。購入する前にここで試してみるのもありです。

ラウンドワンでのバランススクーターの貸出時間は1回20分で、スポッチャ受付のフロントで借りることができます。利用の際には、貸出申込書兼用同意書の記入が必要です。また小学4年生未満の方は、保護者の同伴が必要となります。

Original電動スケボーおすすめ11選!値段や使用する際の日本の法律についても解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
電動スケボーは、アメリカで流行しており日本でも注目を集めています。電動スケボーには様々な種類...

バランススクーターの乗り方

Self Balancing Scooters

バランススクーターの基本的な乗り方は、本体の上にリラックスして立ち、上体を前後に傾けたり足のかかとやつま先に力を入れたりして動かします。

車のように基本マニュアルどおりに操作しなくては動作しないということはなく、自分流の乗り方で操作しても動作するのであれば問題ありません。特別に免許が必要になることもないので、乗り方のコツさえ掴めれば子供でも簡単に操作できます。

足の重心コントロールで前進や後退・旋回などの操作をするバランススクーター

Balancing Scooters

乗り方の基本操作は、前進する、後退する、右旋回、左旋回の4つ動作が基本となります。この4つの動作を上体と両足だけで重心を移動しながら操作します。

身体を前に傾けて前進、身体を後に傾けて後退、それぞれの加減速は身体の傾け度合いで調整します。さらに右足かかとを下げ左足つま先を上げて右折、左足かかとを下げ右足つま先を上げて左折します。停止するときは、身体を直立の状態にします。

balance scooter

最初は上体を後に下げ過ぎたり、逆に前に倒し過ぎたりして転倒してしまう場合が多々あります。必ずヘルメットと手足のリストガードの装着は忘れないようにしてください。

特に勾配のある坂道での転倒は、頭や手足などの打撲に繋がり危険を伴います。慣れないうちは平坦で芝生など、転倒しても大丈夫な場所で練習するように心掛けましょう。また子供の使用の場合には、そばに人がついて使用されることをおすすめします。

バランススクーターのお値段の目安

Balancing Scooters

バランススクーターは、車やバイクなどの乗り物と比較するとかなり安い値段設定です。メーカーや販売店にもよりますが、子供でもお小遣いで購入できる手頃な値段です。

人気商品などの平均的な値段は、安いもので2万円から3万円前後、ちょっと高めで5万円前後が販売店などでの一般的な値段となっています。販売店で購入の際の値段の目安としてください。子供用のレジャー用品として購入するのに手頃な値段です。

1万円台から20万円近くするバランススクーターも!

hoverboard

バランススクーターは多くの製品があり、安いものは1万円台から高いものでは10万円以上もする高価な値段までさまざまなバランススクーターが販売店などで販売されています。

主に高い安いの値段の差は、機能面の違いもありますが、デザイン性や本体そのものの耐久性の差によるものが多いようです。高級車を販売しているランボルギーニ社などの車メーカーも参入しており、デザイン性や機能面に優れた商品が販売されています。

ランボルギーニ ホバーボード8.5インチ

スーパーカーで有名なランボルギーニのホバーボード8.5インチは、スーパーカーを彷彿とさせるデザインと存在感のある極太8.5インチsuvタイヤが魅力的な1台です。

36Vリチウムイオンバッテリーで最大走行距離約15km、最高速度時速15km、登坂勾配15度といった申し分ない機能性を実現しています。またbluetoothスピーカーを内臓しており、スマートフォンなどとリンクさせて音楽を楽しむことができます。

バランススクーターのメーカー・販売店

hover boards

バランススクーターには、多くのメーカーや販売店があり、豊富な種類の商品が販売されています。中には発火したりした粗悪品もあるので、信頼できる商品がおすすめです。

発売開始以来、たくさんのバランススクーターが世界中で販売されており、販売店や通信販売などで購入できるようになりました。しかし中には劣悪品も混じっており、すぐ壊れてしまうものもあります。特に海外の通信販売で購入する際は要注意です。

バランススクーターメーカー:キントーン(Kintone)

Kintone

Kintoneは、株式会社Earthshipという会社が販売してるブランド商品名です。バランススクーターでは国内販売シェアの過半数を占めているおすすめの人気メーカーです。

Kintoneは、バランススクーター以外にも電動キックボードや電動ファットバイク、電動キックスケーターなど、モーター動力での商品開発に力を注いでいます。また商品には一定期間の保証を設定し、初期不良時の故障に対応しているので安心です。

バランススクーターメーカー:CHIC-Robot

hoverboard

CHIC-Robotは、先進性のデザインと機能性で業界を牽引する人気のメーカーです。人気モデルCHIC-Smartシリーズは、有名アミューズメント施設などで使用されています。

CHIC-Robotのバランススクーターは、比較的リーズナブルな値段が特徴的で、これから始めようとする人や誰かにプレゼントしようと思っている人などに最適です。またメーカー保証もしっかりとしているので安全面や値段的にも安心できるメーカーです。

バランススクーターの主な販売店

ドンキホーテ

バランススクーターは販売店では家電商品として分類され、主に大型家電量販店などの販売店で購入できます。またメーカー各社の通信販売でも購入できます。

バランススクーターは主に、蔦谷家電、ヨドバシカメラ、ドン・キホーテなどの大型家電量販店などの販売店の、おもちゃ、ホビーコーナーにて販売されています。各販売店の担当者には親切に対応してもらえるので安心です。

Originalセグウェイを体験だ!関東・関西で小学生もできる値段の安い場所等をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
一度は体験してみたい話題の乗り物「セグウェイ」。関東地区・関西地区でセグウェイ体験できる場所...

バランススクーターの口コミ・評価

hoverboard

バランススクーターは、ジャスティン・ビーバーがインスタグラムに動画や写真を投稿して話題になりましたが、実際に使っている人の口コミなど気になるところです。

バランススクーターは、実際どれくらいの坂道まで登ることができるのか、充電満タンでどれくらい走るのかなど、口コミの評価が気になります。ここでは、実際使ってみた人の口コミを参考に、メリット、デメリットなど、バランススクーターの評価を紹介します。

バランススクーターとセグウェイの違いはハンドルの有無だ!

segway

バランススクーターよりも安定性に優れているのがセグウェイという乗り物です。セグウェイは、バランススクーターに両手で操作できるハンドルがついています。

バランススクーターとセグウェイの違いは、ハンドルがついているかどうかだけで、機能面の違いはほとんどありません。セグウェイの方が安定かつ安全に操作しやすいという口コミもありますが、バランススクーターの自由度の高さも評価の分かれるところです。

外で遊ぶなら防水機能は必須という口コミが多いバランススクーター

hoverboard

バランススクーターの口コミで多いのが、屋外で使用することから、天候が心配で防水機能は必須という口コミです。急に雨が降ってきたりすることも想定していおきたいのは最もです。

しかしながら、ほとんどのバランススクーターは防水機能付とあっても完全ではありません。ちょっとした水が製品にかかったりする程度であれば、問題なく使用することができますが、水に浸かった場合などは動作しなくなる可能性があり注意が必要です。

バランススクーターの登坂能力に関する口コミ

hoverboard

バランススクーターの登板能力に関する口コミも多く見ることができます。どうしても使用する場所が平坦でない場合が多く、上り坂や下り坂になっている箇所が多々あります。

バランススクーターの登板能力は搭乗者の体重にもよりますが、口コミでいわれているのが、おおよそ登板勾配15度ぐらいが一般的でまた限界のようです。それ以上になると動作しなくなる場合があるので、使用する場所の選定には十分な注意が必要です。

バランススクーターの充電時間の長さに関する口コミ

hover boards

バランススクーターの充電時間の長さに関する口コミも多く見られます。特に商品によっては過充電防止機能が付いてない場合もあり、販売店で購入の際は注意が必要です。

バランススクーターの充電時間は、口コミによると一般的に1時間から2時間程度が多く、もちろん充電時間が長ければ長いほど、走行時間もそれだけ延びることになります。販売店などで購入の際には、過充電防止装置が付いたものを選ばれることをおすすめします。

バランススクーターおすすめ商品7選とお値段の目安

hoverboard

バランススクーターは、数多くの商品が販売されていて、中には海外通信販売などで格安で販売されている粗悪品などもあります。購入の際には間違わないよう注意が必要です。

購入の際に間違わないためには、ひとつには値段の目安、もうひとつは保証の有無などを基準に選ぶようにしましょう。ここでは、実際の購入者の評価と信頼が高い、おすすめのバランススクーター7選をピックアップして紹介します。

1:バランススクーターおすすめ商品【CHIC-Robot バランススクーター チックスマートD1】

SEGWAY hoverboard

リーズナブルな人気モデル、CHIC-Robot バランススクーター チックスマートD1は、メタリックブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4種類が揃っています。

最高速度時速10km。充電満タンで約10km走行が可能です。最大負荷荷重は100kgまで。登坂勾配は搭乗者の体重が60kgの場合で15度まで可能となっています。車体内部に設置されたジャイロスコープ及び加速度センサーを利用して動きます。

2:バランススクーターおすすめ商品【キントーン(Kintone) バランススクーター オフロードモデル】

board scooter

Kintoneのオフロードモデルは、最大時速15km、最大走行距離20kmで、オンロードもオフロードも走行可能なおすすめの高性能バランススクーターです。

Kintoneのオフロードモデルの特徴は、内部構造がすべてゴム素材の8.5インチのノーパンク極太タイヤを履き、しっかりと地面を掴みます。また20度の傾斜角度のある坂道でもモーターパワーで楽々登板可能なハイスペックを実現しています。

3:バランススクーターおすすめ商品【CHIC-Robot バランススクーター チックスマートC1】

Self Balancing Scooters

大人気の定番モデル、CHIC-Robot バランススクーター チックスマートC1は、チックスマートD1の機能を更にパワーアップし、走行距離を延ばしています。

搭乗者の体重と路面状況によって変わりますが、158whのリチウムイオン電池によって最大15kmから20kmの走行が可能となっています。商品はマットブラック、レッド、スカイブルー、ホワイトの4種類から選ぶことができます。
 

4:バランススクーターおすすめ商品【キントーン(Kintone) バランススクーター Xモデル】

hoverboard

Kintoneのバランススクーター Xモデルは、ワンタッチで簡単スタートでき、すぐに使用可能です。横幅584ミリ、縦178ミリのコンパクトなサイズで持ち運びにも便利です。

Xモデルは、従来のバランススクーターモデルの中でも、Xをイメージするクールなデザインでひと際目立ちます。商品カラーもブラック、ホワイト、レッド、ブルーに加えてゴールドが加わり豊富なバリエーションの中から選ぶことができます。

5:バランススクーターおすすめ商品【ナインボット(Ninebot) パーソナルモビリティ Ninebot mini Pro 31091】

Ninebot mini Pro

ナインボットのパーソナルモビリティは、通常のバランススクーターに両膝が固定できるレバーが付いていて安定性と操作性が向上しています。

通常のバランススクーターであれば、両足と上半身だけで操作しますが、このナインボットのパーソナルモビリティは、両膝による操作が加わることにより、より詳細な動作が可能となり、また両膝で挟むことで安定性が生まれています。

6:バランススクーターおすすめ商品【キントーン(Kintone) バランススクーター クラシックモデル】

BALANCE SCOOTER

Kintoneのバランススクータークラシックモデルは、シンプルなデザインが見た目にも美しいルックスをしたおすすめの人気商品で、大人から子供まで使用することができます。

Kintoneのクラシックモデルは、横幅580ミリ、縦180ミリ、本体重量8.3kgと他のモデルに比べると比較的軽量で、楽に持ち運びができて便利です。また、カラーはブラックとホワイトの2種類だけですが、そのシンプルさも人気の理由のようです。
 

7:バランススクーターおすすめ商品【セグウェイミニプロ ホバーボード】

segway hoverboard

セグウェイミニプロ ホバーボードは、本体自体が顔と両手両足を持ったロボットのようなルックスをしていて、近未来的なデザインをしたバランススクーターです。

他モデルと比較すると群を抜いた高価格がネックですが、その分最高速度が18km、最大走行距離が30kmまでと高性能です。セグウェイは業界の先駆者であり、その点からも商品の信用度と安全面においては絶対的な信頼おける商品です。

プレゼントに最適なバランススクーター

Present

バランススクーターは、値段的にもサイズ的にも、そして何よりレジャー用品として楽しめることもあって、子供用のプレゼントなどに喜ばれるおすすめの商品です。

バランススクーターは、子供が使用しても機能面、安全面などで安心して楽しむことができます。また操作が簡単なので小さい子供でもすぐに乗り方を覚えられます。

バランススクーターは、ほとんど人が初体験のことが多く、プレゼントとして貰った人は、初めて使ってみてその楽しさに驚くことでしょう。バランススクーターは、大人から子供までクリスマスや誕生日などのプレゼントに贈って喜ばれる最適な商品です。

バランススクーターのお役立ち情報を掲載!

hoverboard

大人から子供まで楽しめるバランススクーターの魅力などお役立ち情報を掲載しましたが、まだ未経験の方はぜひ一度、その楽しさを実感してみてください。購入の際には信頼おけるメーカー商品を選んで、正しい乗り方やルールを守りながら楽しみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
zukzuk22

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ