山のふるさと村は奥多摩で人気のキャンプ場!川遊びも楽しめるおすすめスポット

2019年9月10日 (2019年10月3日最終更新)

山のふるさと村は自然豊かな奥多摩で人気のあるキャンプ場です。テントを張ることもできますしケビンに宿泊することもできます。山のふるさと村を利用するときには予約をして空きを確認することをおすすめです。山のふるさと村では子供に人気の川遊びができます。

目次

  1. 山のふるさと村は奥多摩湖畔にある人気の自然公園施設
  2. 山のふるさと村の周辺環境
  3. 山のふるさと村の魅力は多彩な自然体験プログラムやイベント!
  4. 山のふるさと村のテントサイトの紹介
  5. 山のふるさと村のケビンサイトの紹介
  6. 山のふるさと村のバーベキューサイトの紹介
  7. 山のふるさと村キャンプ場の詳細情報
  8. 山のふるさと村でキャンプや自然体験を満喫しよう!

山のふるさと村は奥多摩湖畔にある人気の自然公園施設

山のふるさと村は秩父多摩甲斐国立公園内にある川遊びもできる自然豊かな人気の東京都の自然公園施設になります。

山のふるさと村は奥多摩の豊かな自然を紹介し、関心を深めながら楽しく利用できるキャンプ場として作られました。

川遊びや自然体験を満喫できるおすすめのキャンプ場!

山のふるさと村は正式名称を東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村といい敷地内には川が流れており楽しく川遊びをすることができます。

山のふるさと村では四季折々の自然体験を満喫できます。自然体験をしながら楽しめるキャンプ場として人気があります。

Original奥多摩のドライブスポット7選!自然豊かな人気観光地を満喫しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
奥多摩にはたくさんの自然を満喫できるドライブスポットがあります。初めて訪れる人は、東京にいな...

山のふるさと村の周辺環境

東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村は豊かな自然を持つ奥多摩湖の近くにあります。四季折々に美しい湖と山々の景色が見られます。

山のふるさと村の近くには奥多摩周遊道路が通っています。奥多摩周遊道路は奥多摩湖を見ながら走る部分と山の景色を見ることができるところがあり豊かな自然を実感できます。

Original奥多摩湖の観光!周辺のおすすめスポットやアクセス情報などまとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京・奥多摩湖は、東京都の最西端の奥多摩町にあり、1年を通して登山やウォーキング、釣りなどが...

山のふるさと村の魅力は多彩な自然体験プログラムやイベント!

山のふるさと村では季節に合わせていろいろな自然体験プログラムが組まれています。キャンプ場でアウトドアを楽しむことができるだけではなくてもう一歩深く奥多摩の自然を理解することができます。

山のふるさと村ではレクリエーションの機会を提供するためにいろいろなイベントも企画されています。ケビンに宿泊しながらでも参加できるので家族連れに人気があります。

ガイドウォーク

山のふるさと村で参加できる自然体験プログラムに人気の奥多摩の自然を歩くガイドウォークがあります。

ガイドウォークはキャンプ場に宿泊しなくても参加できる自然体験プログラムです。インターセプター(自然解説員)が奥多摩の自然を説明してくれます。ガイドウォークの申し込みはビジターセンターで行います。

ちびっこあ~と

ちびっこあ~とは山のふるさと村で参加できる自然体験プログラムのひとつで自然素材をつかった子供向けのクラフトプログラムです。

ちびっこあ~とは葉っぱや木の実を使ったクラフトプログラムで所要時間は約30分です。子供たちだけではなくてお父さんやお母さんも参加することができます。定員は15人になっています。

ナイトプログラム

ナイトプログラムは山のふるさと村のケビンかキャンプ場に宿泊すると参加しやすい人気の自然体験です。普段は体験できない夜の森での自然体験で参加日ごとにテーマが決まっています。星空ウォチングやアニマルウォチングなど人気のテーマがたくさんあります。

ナイトプログラムの実施日は土曜日です。時間は18:00から20:30までの中の1時間です。季節により時間は変わります。参加費は500円です。2歳以下は無料です。定員は15名で先着順になっています。ケビンやキャンプ場を利用しているならおすすめのプログラムです。

おはようウォーク

おはようウォークは山のふるさと村の人気自然体験プログラムのひとつです。ケビンやキャンプ場に泊まったら参加したい人気のプログラムです。早朝ならではの動物が見れるかもしれません。

野鳥の美しい鳴き声が聞けるかもしれないおはようウォークは4月から11月まで不定期で開催されます。開催時間は6:00から8:00までのうちの1時間で行われます。季節によって時間は前後します。参加費は500円です。参加定員は先着順の15名までです。

山のふるさと村 春まつり

山のふるさと村 春まつりは季節ごとに行われるイベントのひとつです。奥多摩の自然の中で獅子舞などの伝統芸能の披露やバンドのコンサートを見ることができます。場所はビジターセンター前広場が中心になっています。

山のふるさと村 春まつりでは春の自然を楽しむプログラムも行われます。クラフトプログラムなども企画されることもある子供に人気のプログラムです。春祭りの数日前には詳細情報が山のふるさと村ホームページで紹介されます。

山のふるさと村 秋まつり

秋にも山のふるさと村 秋まつりがあります。奥多摩の自然を参加費無料で楽しむことができます。ケビンやキャンプ場宿泊者ではなくても伝統芸能や普段とは違う自然体験プログラムに参加することができます。

山のふるさと村秋まつりの時期は奥多摩の紅葉の季節と重なるので美しい光景が見られます。キャンプ場やケビンご利用の予定があるなら早めの予約がおすすめです。本格的な寒さが来る前の川遊びができる最後の時期かもしれません。

山のふるさと村のテントサイトの紹介

川遊びができる山のふるさと村のキャンプ場は人気があります。利用には予約が必要になります。予約はキャンプ場サービスセンターに申し込むことができます。テントサイトは25区画ありますが夏休み期間などは早めに予約しておくことをおすすめします。

テントサイトの利用時間は13:00から翌日の10:00までになっています。連泊もできますが制限があって3泊4日までとなっています。連泊すると1日だけでは見られなかった動物や自然の姿が見られて奥多摩の自然を深く知ることができます。

テントサイト(25区画)

テントサイトは25区画あり予約が必要です。地用料金は高校生以上1泊200円です。中学生までは1泊100円です。宿泊するならゆっくりと川遊びをすることができます。ナイトプログラムに参加して楽しむこともできます。

テントサイトの各区画には野外テーブルと椅子が設置されています。アウトドアテーブルは車に詰め込むと意外に場所を取るので省略できるならしたいところです。込み合ったときでも取り合いにならない区画専用の野外テーブルがあるのは助かります。

炊事棟

キャンプ場には炊事棟が用意されています。炊事棟の利用時間も13:00から翌日の10:00までになっています。キャンプ場の利用には予約が必要です。川遊び後の手洗いも炊事棟でできます。炊事棟はキャンプサイトに5か所用意されています。

山のふるさと村にはバーベキューサイトがあります。こちらの利用にも予約が必要になります。10テーブル用意されています。炊事棟も併設されています。炊事棟セ食器を洗うことができますが使い慣れたたわしやスポンジを持っていくのがおすすめです。

ファイヤーサークル

山のふるさと村キャンプ場ではキャンプファイヤーを楽しむことができるファイヤーサークルが設置されています。テントサイトに2か所設置されています。キャンプファイヤーは子供心に強く印象に残ります。

ファイヤーサークルは数に限りがあるので利用予定があるなら早めに予約しておく必要があります。ファイヤーサークル用の薪は1週間前までの予約が必要になりますが、キャンプ場で購入することができます。キャンプファイヤーの実施には時間がかかるので早めの準備が必要です。

テントサイトの利用時間・料金

テントサイトの利用時間は13:00から翌日10:00までです。料金は高校生以上の一般が1泊200円です。中学生以下の子供が1泊100円です。利用の際には予約が必要になるのでキャンプ場サービスセンターに事前に連絡が必要になります。

テントサイトはデイキャンプでも利用可能です。利用時間は10:00から15:00までになっています。利用料金は無料ですが事前にキャンプ場サービスセンターへの予約が必要になります。

山のふるさと村のケビンサイトの紹介

山のふるさと村には奥多摩の自然をゆっくりと過ごすためのケビンサイトが用意されています。普段の生活とは違う山小屋での生活は自然を味わうのにぴったりで人気があります。ケビンでなら川遊びの後の着替えにも便利です。

ケビンサイトは人気の施設なので特に夏休み期間は早めの予約が必要になります。自然体験プログラムにも参加しやすいケビンサイトには生活に必要な設備が充実しています。奥多摩の自然をのんびり味わえるのがケビンの良いところです。

4人用ケビン(12室6棟)

山のふるさと村にはケビンがあります。ケビンのタイプには2種類あって1種類が4人用ケビンになっています。4人用ケビンは6棟12室あります。川遊びをゆっくりと楽しむことができる宿泊施設は家族連れに人気があります。

4人用ケビンは家族で利用する人に人気があります。特に夏休みやイベントがある時には早めに予約する必要があります。川遊びだけではなくて自然体験プログラムのナイトプログラムやおはようウォークへの参加にも便利です。

8人用ケビン(4棟)

山のふるさと村にある2種類のケビンのもう1種類が4棟ある8人用ケビンです。8人用ケビンはグループ利用に便利な大きさです。8人用ケビンは人数分が食事できる広さのテーブルがありますがテーブルも木目が美しいテーブルです。

8人用ケビンの周りも奥多摩の自然がいっぱいです。車の乗り入れができますが荷物搬入のためだけに限定されていて乗り入れ制限があります。搬入後は車の乗り入れができませんが駐車場からケビンまで送ってもらうことができるので予約の時に確認してください。

ケビンの設備

山のふるさと村のケビンには生活に必要な設備が完備されています。設備としてはベッドルーム、キッチン、シャワー、トイレの基本設備以外にも冷蔵庫、電子レンジが完備されています。キッチンはリビングに繋がって一体感があります。

奥多摩の自然に溶け込むような丸太を使ったケビンが山のふるさと村のケビンになります。リビングのテーブルと椅子も丸太を豪快に使っています。キッチンには寸胴鍋、中華鍋、やかん、炊飯器などの調理器具が準備されています。食器はないので持参が必要です。

ケビンの利用時間・料金

山のふるさと村のケビンの利用時間は4人用ケビンも8人用ケビンもチェックインが13:00から16:00までとなっています。チェックアウトは10:00になっています。連続宿泊は3泊4日までとなっています。消灯時間は22:00になっています。

山のふるさと村のケビンの利用料金は4人用ケビンが1泊10,000円です。8人用ケビンの利用料金は20,000円になっています。グループでケビンを利用するなら8人用ケビンがおすすめです。8人用ケビンは80平方メートルあるゆったりとしたつくりになっています。

山のふるさと村のバーベキューサイトの紹介

山のふるさと村の施設にバーベキューサイトがあります。たくさんの人数で利用することができるテーブルがあります。バーベキューするためのコンロもあるので持ち込まなくても大丈夫です。

山のふるさと村のバーベキューサイトは奥多摩の豊かな自然に囲まれている場所です。周りに立木が広がっているので夏場でも日差しを遮る場所があります。

バーベキューサイト(10テーブル)

山のふるさと村のバーベキューサイトは奥多摩の自然の中に10のテーブルが用意されています。利用には予約が必要です。

山のふるさと村のバーベキューサイトはテーブルが用意されていますがこのテーブルも丸太を使ったテーブルになっています。

炊事棟

山のふるさと村のバーベキューサイトには炊事棟が併設されています。調理テーブルやかまどを使うことができます。

山のふるさと村のバーベキューサイトの炊事棟には水道があります。蛇口も複数あります。調理テーブルの数には限りがあるので野外テーブルとの組み合わせでうまく使う必要があります。

バーベキューサイトの利用時間・料金

山のふるさと村のバーベキューサイトの利用時間は10:00から15:00までになっています。準備と後片付けの時間も計算して利用する必要があります。

山のふるさと村のバーベキューサイトの利用料金は無料になっています。利用にお金はかかりませんが予約が必要になります。

バーベキュー用品・レンタル用品

山のふるさと村のバーベキューサイトを利用するときはバーベキュー用品をレンタルしたり購入することができます。

山のふるさと村のバーベキューサイトでレンタルできるのは鉄板、網付きのバーベキューコンロになります。炭や薪は購入します。

バーベキュー食材

山のふるさと村のバーベキューサイトを利用するときにはバーベキュー資材だけではなく食材も購入することができます。

バーベキュー用の食材を購入するときには事前にお問い合わせをして1週間前までに予約注文をする必要があります。

山のふるさと村キャンプ場の詳細情報

山のふるさと村キャンプ場にはテントサイトやケビンなどの宿泊施設以外にもいろいろな施設が準備されています。

山のふるさと村キャンプ場に宿泊するときにも宿泊施設以外の施設を上手く利用することで快適に過ごすことができます。

シャワー室

山のふるさと村キャンプ場にはシャワールームが準備されています。シャワールームは男女に分かれてそれぞれ4つずつ設置されています。

シャワールームは15:00から21:00まで利用することができます。無料で利用できますがシャンプーやせっけんは各自で持参するようになっています。

売店

山のふるさと村キャンプ場には買い物ができる売店があります。調味料やお菓子、洗面道具や雑貨が置いてあります。

売店の営業時間は8:00から22:00までになっています。バーベキュー食材を予約してあれば売店に取りに行くようになります。

キャンプ場の予約方法

山のふるさと村キャンプ場を利用する場合は必ず予約が必要になってきます特にバーベキュー食材を注文するときは1週間前の注文が必要です。

山のふるさと村キャンプ場の利用申し込みはキャンプ場サービスセンターに電話で空き状況を確認して申し込みをします。

アクセス

秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村までのアクセス方法はいろいろあります。

新宿駅からJR青梅線奥多摩駅までは電車で約1時間50分かかります。立川駅から奥多摩駅までは約1時間10分です。

無料送迎バスやませみ号

山のふるさと村を利用するときには無料送迎バスのやませみ号を利用することができます。運行区間は奥多摩駅と山のふるさと村間往復です。

奥多摩駅から山のふるさと村までは約17kmあります。所要時間は約30分です。少人数でも利用可能ですがキャンプ場サービスセンターに申し込みが必要です。

奥多摩駅からバス利用の場合

山のふるさと村までは公共交通機関のバスを利用しても行くことができます。奥多摩駅から西東京バスに乗って小河内神社前バス停下車になります。

小河内神社前バス停で下車した後は浮き橋を渡って奥多摩湖沿いの遊歩道を歩いて山のふるさと村まで行くことができます。

車を利用の場合

東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村は東京都の西の端にあります。山梨県との県境に位置していて奥多摩駅からは車で約40分で行くことができます。

八王子から山のふるさと村までは距離が約60キロメートルあります。車で行くなら約1時間40分くらいで行くことができます。

山のふるさと村でキャンプや自然体験を満喫しよう!

秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村は奥多摩の大自然を満喫できるスポットです。

山のふるさと村では春まつりからイベントが始まって夏の川遊びや自然体験プログラムがたくさん組まれています。まだ知らない奥多摩の大自然を感じに出かけましょう。

関連記事

Thumb
この記事のライター
GBCJ

奥多摩・青梅・あきる野・福生の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

奥多摩・青梅・あきる野・福生の新着のまとめ