天空のオアシス・サンシャイン水族館の魅力を徹底解説!

2019年9月25日 (2019年9月27日最終更新)

「天空のオアシス」と呼ばれるサンシャイン水族館の魅力は、何と言っても生き物のパフォーマンスの種類の豊富さです。他の水族館では見ることの出来ない、珍しい生き物のフィーディング風景を楽しむことができます。他にも、3つのエリアに分かれた、充実した施設やダイナミックな水槽が見どころです。休日が楽しくなること間違いないサンシャイン水族館の魅力を紹介します。

目次

  1. サンシャイン水族館とは?
  2. 都会で味わう大自然・3つのエリアの見どころを徹底解説!
  3. 充実したイベント・パフォーマンス
  4. 夜には落ち着きスポットに!
  5. サンシャイン水族館は自然満載の都市型水族館

サンシャイン水族館とは?

サンシャイン水族館は、日本初の都市型高層水族館で、都会の中でも自然に包まれながら生き物を間近で感じることのできる水族館です。サンシャイン水族館でしか見られない生き物のパフォーマンスや、高層階の屋上を活用した大胆な設備が大人気です。

他では見られない、独特な魅力の詰まったサンシャイン水族館の施設やパフォーマンスを詳しくみていきましょう。

都会で味わう大自然・3つのエリアの見どころを徹底解説!

空・光・水・緑が感じられるサンシャイン水族館のコンセプトは「天空のオアシス」。

屋外マリンガーデンは、ビルの屋上とは思えない開放感の「天空の旅」エリアになっていて、他にも河川や湖・海岸などの自然をモチーフにした「水辺の旅」や、深海の雰囲気や海中を散歩してうるような感覚を楽しめる「大海の旅」といった、子どもから大人まで楽しめる展示空間があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

屋外エリア マリンガーデン 天空の旅

高層ビルの屋上に出ると、ヤシの木などの南国を思わせるような空間が一面に現れて、ついつい自分が都会のど真ん中にいることを忘れてしまうような空間、マリンガーデン「天空の旅」があります。そこではペンギンを始め、カワウソやアシカ、ペリカンなどが優雅に暮らしています。

ペンギンが気ままに泳いでいるのは、幅約12mの解放感のある、大きくオーバーハングした「天空のペンギン」水槽です。この水槽はハイレゾスピーカーにより、手前側では浅瀬にいる感覚を味わえるような波の音を、奥側では海の深い場所を表現する泡などの癒しを感じられる音を流しています。

こだわりの再現力

「草原のペンギン」でもケープペンギンを見ることができます。野生のケープペンギンが住む、南アフリカの砂浜地帯を最大限に再現化しており、巣穴で生活するカップルペンギンの様子など、よりリアルな実態を観察することができます。

淡水魚の迫力満点パフォーマンス

他にも、アロワナやドラドといった淡水魚が見られる「きらめきの泉」もあり、水上に出した餌をジャンプして食べるフィーディングパフォーマンスも観ることができます。

気分は森林の中! 水辺の旅

本館2Fにある「水辺の旅」エリアでは、世界中の河川・湖・海岸に生息する魚類や無脊椎動物はもちろん、水草やカエルの仲間、ヘビやカメの仲間や哺乳動物など、たくさんの生き物を観察することができます。フロアの設計も、自分が他の生き物と一緒に水辺で生活しているような気分になる作りになっていて、より親身に観察を楽しむことができます。

日本の清流

このフロアのおすすめポイントは、日本の清流を再現した水槽です。濁りのない一滴の水から生まれた清い流れは、魚や水草など水辺で暮らす多くの生命を育む源となっています。自然の恵みによって、どんな生き物がこの日本で生活しているかを知る良い機会になります。

あまりの迫力に心がドキドキ! 大海の旅 

地球の表面上には“温かい海”と“冷たい海”があります。南国の海でよくみる、浅瀬にサンゴやカラフルな小魚が泳いでいる海もあれば、真っ暗な、闇の様な深海もあります。それらは同じ「海」であり、変わらず生き物が存在してそれぞれの生活をしています。そんなリアルな海を観察できるのが本館1Fの「大海の旅」です。

南国の海 サンシャインラグーン

透き通った海水と白い砂が特徴的な大水槽、サンシャインラグーンは浅いサンゴ礁をイメージしています。サンゴの隙間を行き交う小魚と大きなエイが翔ぶように泳ぐ姿は誰もが見入ってしまいます。

神秘的な世界 ふわりうむ

「行き先は波にお任せ!」大海原を波にまかせて一生を過ごすクラゲを見ていると、せわしない世の中から抜け出した気分になります。そんな癒やしの空間を生み出す、ふわりうむで足をとめてクラゲを観察してみて下さい。

充実したイベント・パフォーマンス

パフォーマンスの種類の豊富さもサンシャイン水族館の魅力の一つです。定番のアシカパフォーマンスやペンギンのフィーディングパフォーマンスを始め、淡水魚やペリカンへのフィーディングといったユニークなものもあります。

本館1Fの大海の旅で人気なのが、大水槽の中でダイバーが泳ぐ水中パフォーマンスです。ダイバーが水中からマイクを使って説明してくれるので、それぞれの生き物の生態を知ることができます。

水族館の裏側を知れる体験プログラム

サンシャイン水族館は体験プログラムも提供しており、大水槽での餌やりや、普段は見られないバックヤードの見学をすることができます。知見に長けたスタッフがツアー形式で丁寧に説明してくれるので、子どもに限らず大人でも楽しめることができます。

探検ガイドツアーは1日に2回実施されており、1人500円で約50分の体験をすることができます。サンシャインラグーン水槽エサやり体験は1日に1度だけ実施されます。1人200円で、約20分間の体験になります。定員制なので、当日早めに専用受付で申込みをしましょう。

夜には落ち着きスポットに!

サンシャイン水族館は夜のイルミネーションやエンターテインメント性に力をいれており、昼間とは違う雰囲気を楽しむことができます。静かで落ち着きのある時間を過ごせるので、暗い時間の水族館も楽しんでみて下さい。

サンシャイン水族館は自然満載の都市型水族館

サンシャイン水族館は都会の中でも自然に触れて生き物と繋がれる水族館です。シーズン毎に特別なイベントも開催しているので、是非公式ページをチェックしてみて下さい。

施設名 Sunshine Aquarium (サンシャイン水族館)
所在地 〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上
Tel 03-3989-3466
公式ページ     https://sunshinecity.jp/aquarium/

関連記事

編集部
この記事のライター
Travel Note編集部

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ