底なし沼は日本にも存在する!安全に脱出する方法や深さを知っておこう!

2019年10月22日 (2019年10月29日最終更新)

底なし沼と聞くと、架空の話のように聞こえるかもしれません。しかし底なし沼は実際に存在し、時に人の命を実際に奪うこともあるのです。今回はその恐ろしい底なし沼に出会ってしまった場合の脱出方法や、どういう場所にあるかなどご紹介いたします!

目次

  1. 底なし沼とは
  2. 底なし沼の正体
  3. 日本にある底なし沼
  4. 世界にある底なし沼
  5. 底なし沼の恐ろしいエピソード
  6. 底なし沼にはまるのは人だけじゃない!
  7. 底なし沼にはまった場合の脱出方法
  8. 底なし沼を体験しよう!
  9. 底なし沼について詳しく知っていざという時に備えよう!

底なし沼とは

底なし沼というとどんなイメージを思い浮かべますか?大抵の方は物語などで見ることはあっても、実際に底なし沼があるのかどうか良くわからないのではないでしょうか。実は底なし沼は、フィクションの産物ではなく、実際に日本にも、また世界にも存在しているのです。では、底なし沼とは一体どんなものなのかご紹介していきましょう!

底なし沼は実在する?

嘘のような本当の話ですが、底なし沼というのは日本にも実際に存在するものなのです。底なし沼は、その言葉からもなんだか漠然と恐ろしいイメージを抱く方が多いでしょう。

日本は水が豊富な土地が多い国ですので、沢山の湿地の中に「底なし沼」と呼ばれている沼がいくつかあるのです。

その中でも今回の記事では、観光名所になっているメジャーな底なし沼をご紹介いたしますが、もしかしたら皆さんの住む土地にも、昔から「底なし沼」と言われている場所があるかもしれません。

底なし沼には底がある?

底なし沼とは、底に限りがない沼と思いがちですが、実際に底が無限に広がっている沼というのは存在しません。

しかし、底なし沼に落ちてしまったら、たとえ底が1m下にあろうと、5m先下にあろうと、目で確認できる訳ではないのでどこまで落ちて行くのかわからない恐怖を感じるはずです。

ズブズブと埋まって行く体を支配する恐怖は、たとえ底があったとしても「底なし沼」と表現するのに値するでしょう。

底なし沼の正体

そもそも、底なし沼とは一体なんなのでしょうか。そしてなぜ底なし沼にはまってしまうと抜け出せなくなってしまうのでしょうか。

そんなみなさんも気になるであろう底なし沼の仕組みや構造、気になる底の深さなどをご紹介いたします。

底なし沼の仕組み・構造

日本でも世界でも昔から恐れられている「底なし沼」とは、実は本当に底がない訳ではありません。

しかし一見地面のように見えたり、植物で覆われていて気づかなかったりして謝って底なし沼に足を踏み入れてしまい、もがいているうちに深みにはまってしまい抜け出せなくなるという恐ろしい性質を持っています。

底なし沼と呼ばれる沼には、細かい砂と粘土、そして水が絶妙なバランスで混ざりあっているのです。

水分が少なければ沈むことはありませんし、水分が多ければ泳ぐ事ができる泥沼、といった感じになるでしょう。

しかし底なし沼とは、足を踏み入れれば沈んでしまうが、決して泳げるような代物ではなく、むしろもがけばもがく程体が沈んでしまうのです。

沈んでしまう理由とは、実は底なし沼の砂と粘土、水への衝撃にあるのです。絶妙に混ざり合っているそれらに足を踏み入れてしまって、ジタバタと衝撃を与えることにより、砂や粘土の間に入っていた水分だけが押し出され、次第に沼にはまった部分の粘土質が高まり、真空状態になって沈んだ部分を動けなくしてしまうのです。

焦れば焦るほど人はジタバタとしてしまうものです。その衝撃が何より自分の首を苦しめることになるので、万が一に底なし沼にはまってしまっても、静かに対処する事が大切です。

底なし沼の深さ

底なし沼と呼ばれる沼にも必ず底はあるのですが、それはその沼によって深さが違いますので一概に何mということは出来ません。

しかし、人間が底なし沼の餌食になってしまった場合、深さがそれほど無く、体全体が埋まってしまわなくても命を落としてしまうことは十分に考えられます。

たとえ頭まですっぽり覆われる深さが無いとしても、沼から脱出する事が出来ないのであれば、いずれ命を落とします。まずは、底なし沼の可能性がある場所には近づかない、そして万が一はまってしまったら冷静に脱出の対処するというのが助かるために必要不可欠です。

日本にある底なし沼

まるで架空の話のようですが、実際に日本にも世界にも、底なし沼というのは存在し、さらに人の命を奪う事があるのです。

そんな危険で怖いイメージのある底なし沼とは、一体日本のどこにあるのでしょうか?もしかしたら、意外にも皆さんの住んでいる場所から近いかもしれません。

【浮島の森・蛇の穴】和歌山県

まず始めにご紹介する日本の底なし沼は、「浮島の森・蛇の穴」と呼ばれる和歌山県の悲しい伝説が残る底なし沼です。

和歌山県の底なし沼「蛇の穴」がある「浮島の森」とは、正式名称が「新宮藺沢浮島植物群落」(しんぐういのそうきしましょくぶつぐんらく)という、森ごと水に浮かんだ不思議な場所なのです。

多種多様な植物が浮かぶその不思議な島に「蛇の穴」と呼ばれる底なし沼はあります。そこには昔、おいのという美女が蛇によって底なし沼へ引き摺り込まれてしまい、脱出する方法も無く沈んでいったという話が残っているのだそうです。

そのおいのが引き摺り込まれた底なし沼の深さですが、10mの竿を入れても底に辿り着かないほどの深さなのだそうです。

和歌山県の「浮島の森」へ足を運んだ場合、興味本位で森に架けられた橋から降りたりしないでください。底なし沼へ引き摺り込まれたら、脱出する方法を知っていたとしても、おいのの様にズブズブと沈んでいってしまうかもしれません。

【やちまなこ】北海道

日本の有名な底なし沼は、北海道にも存在します。北海道の底なし沼「やちまなこ」は、日本の中で有名な底なし沼と言えるでしょう。

日本の中でトップクラスの壮大な自然をもつ北海道には多くの自然動物も暮らしています。そんな自然に暮らす動物たちも時折命を落としてしまうという底なし沼「やちまなこ」は、釧路湿原にいくつも存在しているのです。

底なし沼の深さが3m以上のやちまなこもあれば、インストラクターと一緒に底なし沼を体験できる安全な深さのやちまなこもあるのだそうです。

「やちまなこ」とは、漢字で「谷地眼」と書きます。この「谷地」とは、湿地という意味をもつアイヌの言葉なのだそうです。その湿地にぽっかりと開いた沼地が目のように見えるため、この様な名前がついたそうです。入り口は小さいですが、つぼ形をしていてなおかつ深さがある「やちまなこ」にはまってしまったら、脱出するのは容易ではありません。

Original雄別炭鉱は北海道一恐ろしい心霊スポット!?病院跡地への行き方や歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道にある雄別炭鉱は、北海道一の最恐心霊スポットとして有名です。雄別炭鉱には病院跡地なども...

【坂ノ下神社の龍神沼】北海道

続いてご紹介する日本の底なし沼は、こちらも自然豊かな北海道に存在する底なし沼です。「坂ノ下神社の龍神沼」と呼ばれる底なし沼は、見晴らしの良い丘の中腹にあります。

その「龍神沼」と呼ばれる底なし沼は、昔は海を隔てた利尻島と繋がっているのでは無いか、と言われていたそうです。

しかし残念ながら技術が発達した現在では、龍神沼の深さを知る方法が出来てしまったので、海を隔てた利尻島と繋がっている、というロマンは断ち切られてしまいました。

実際には底なしではありませんでしたが、深さは3mもありますので、人間や動物にとっては底なし沼と言えるでしょう。天気の良い日に訪れると、美しい景色を眺めることができる絶景のスポットでもあります。

【底なし御池】鹿児島県

最後にご紹介する日本の底なし沼は、鹿児島県にある「底なし御池」と呼ばれる底なし沼です。こちらは底なし沼とは呼ばれていますが、一見すると普通の池の様にも見えるでしょう。

こちらの「底なし御池」は、底なし沼とは呼ばれていても、いつも水が満たされているので、池という感覚に近いかもしれません。実際に豊かな水を利用して水力発電も行われています。

こちらはあまり人が踏み入れない低湿地になっていますので、湿生植物群落の自然がそのまま残っている素晴らしい場所でもあるのです。

世界にある底なし沼

日本にもいくつかの底なし沼が各所に存在していますが、世界ではどの様な底なし沼が存在しているのでしょうか。

世界の底なし沼には、日本人がイメージする底なし沼以外にも違ったタイプのものも存在する様です。海外旅行先などでうっかりと世界の底なし沼にはまってしまわない様に、チェックしておきましょう。

【砂漠の流砂】アフリカ

底なし沼は、湿原にあるというイメージが強いかもしれません。そのため、世界でも水が豊富な国にしか無いのでは?というと、実はそんなことも無いのです。

アフリカは日本に比べて圧倒的に雨量が少なく、一年中乾燥した砂漠を持っています。しかしそんな砂漠地帯にも雨季になるとまとまって雨が降るのです。

そういった場合に水と砂、そして泥が混じり合って流砂が出来上がるのです。流砂の原理は底なし沼と変わりません。一歩足を踏み入れてしまったら、ズブズブと埋まってしまいます。

そこでもう一つ恐ろしいのが、灼熱の太陽の陽射しです。たとえ体全体が埋まってしまわないほどの深さだったとしても、そこから脱出する方法がなかった場合、灼熱の陽射しにさらされて命を落としてしまいかねません。

【モーカム湾の流砂】イギリス

続いての世界の流砂は、イギリスの「モーカム湾の流砂」です。こちらは干潮時には海を歩いて渡ることができるツアーもある人気の観光スポットとなっています。

しかし、歩く場所によっては非常に危険が伴うため、土地勘の無いかたはガイドと一緒に回るのが得策です。通常の砂浜とは全く違う性質を持っているため、脱出出来なくなる可能性も大きいのです。

もしも脱出する方法を持っていないとしたら、急速に満ちてくる海水によって溺れてしまうでしょう。

【ルイジアナ州バイユー・コーン付近の湿地帯】アメリカ

世界の底なし沼で最後にご紹介するのは、アメリカのルイジアナ州バイユー・コーン付近にある湿地帯です。

こちらの底なし沼は、実は自然が生み出したものではなく、テキサス州のある会社が岩塩採取の発掘に失敗したために、底なし沼となってしまったという場所なのです。

2013年に湿地の底が抜けてまさに「底なし沼」になってしまったこちらの場所は、度々地震を伴う地殻変動も起こしており、現在もなおその底なし沼は広がり続けているといいます。

底なし沼の恐ろしいエピソード

では、続いて日本や世界の底なし沼にまつわる恐ろしいエピソードをご紹介して行きましょう。

底なし沼に実際にはまってしまったと言う方は、あまりいないでしょう。しかし、日本にも世界にも底なし沼は実在しますので、いつ自分の身に降りかかってくるかわかりません。

宮城県大衡村の沼の恐ろしいエピソード

宮城県大衡村の沼は、バズ釣で人気のスポットなのですが、実は底なし沼で、沼の形状がすり鉢状になっていて、しかもコンクリートで出来た護岸はコケや泥で滑りやすいため、落ちてしまうと大人でも自力で脱出するのは非常に困難なのだそうです。

そんな底なし沼で2016年に痛ましい事故が起きてしまいました。父と幼い子2人がこの沼で釣を楽しんでいたところ、誤って沼に落ちてしまい、3人とも沼の中から発見されたのだそうです。

車内に残って3人を待っていた母親が、様子を見に沼に戻ると、3人の姿がなく警察やレスキュー隊が捜索したところ沼から発見されました。沼に誤って落ちてしまった子供を助けようとした父親も、一緒に底なし沼から脱出できなくなったのではと言うことです。失われた命の重さと残された母親の悲しみは計り知れません。

アメリカ・ユタ州ザイオン国立公園の流砂の恐ろしいエピソード

続いては世界の底なし沼「流砂」にまつわる恐ろしいエピソードです。こちらはアメリカのユタ州にあるザイオン国立公園で2019年の2月に起きた事件です。

ザイオン国立公園にガールフレンドと一緒に訪れていた男性が、流砂に足を取られてしまい12時間も脱出することが出来なくなってしまったのです。

流砂に足を取られて身動きが出来ない男性を、ガールフレンドの力だけで脱出させるのは不可能。そこでパークレンジャーが男性をロープで引っ張り出そうと試みたそうですが、流砂に取られた足が引き千切られる様な痛みがあり、脱出させることが出来ませんでした。

そのため、さらにもう3人のパークレンジャーが男性の元へ駆けつけ、総勢4人でなんとか男性を流砂から脱出させることに成功したそうです。猛烈な吹雪に見舞われながら流砂に12時間もの間はまってしまった男性は、低体温症となり、脱出した後は治療を受けたと言うことです。命辛々と言うのはまさにこう言うことかもしれません。

イギリス・モーカム湾の流砂の恐ろしいエピソード

続いて、世界の底なし沼で起きた恐ろしいエピソードは、イギリスのモーカム湾の流砂で起きたエピソードです。

2004年に起きたこの痛ましい事故とは、中国人の不法労働者が低賃金で労働を強いられている「貝採り」の最中に起きました。

近隣の住民にも底なし沼として危険視されているこちらのモーカム湾で、深夜に作業を行なっていた23名の中国人が、底なし沼に足を取られて身動きが出来なくなった際に満ち潮によって命を落としたそうです。

この事件がきっかけとなり、当時のイギリスではほとんど無賃金で働かされていると言う事実が世の中に広まり、社会的にも波紋を呼んだそうです。そして、その23人の遺体は、事件後10年の間で21名の遺体しか見つからなかったのだそうです。

底なし沼にはまるのは人だけじゃない!

底なし沼にはまってしまうのは、何も人間だけではありません。一見、普通の茂みの様にも見える底なし沼もありますので、野生動物たちも気づかずに足を踏み入れてしまうのです。

踏み入れてしまったが最後、もがいてももがいても脱出する事ができずに底なし沼で絶命してしまう野生動物も少なくないのです。

底なし沼にはまった場合の脱出方法

世界にも日本にも底なし沼が実際に存在すると言う事実がわかったところで、底なし沼から脱出する方法はないのだろうかと言う疑問が湧きませんか?

実は、底なし沼から脱出できる可能性がある方法があるのです。もちろんどの様な状況で底なし沼にはまってしまったかも脱出できるか否かは重要になりますが、万が一の場合に備えて、脱出の方法を知っておくのが得策です。

もがいてバタバタと動かない

底なし沼に万が一はまってしまったら、どんな人でもパニックになってしまうでしょう。抜け出せない恐怖と沈んでいく絶望感が体と脳を支配するかもしれません。

そういった場合に、脱出したい気持ちが先走って、ジタバタと自然にもがいてしまうかもしれません。しかし、それが一番自分を苦しめることになりますので、まずは落ち着いて、ジタバタするのではなく、足を左右に振ってください。

そうする事で足と泥の間に空間ができて、脱出する足がかりとなります。まずはとにかく冷静さを保つ事が重要です。

周囲に掴まれるものがないか確認する

砂漠の様な周りに何もない場所で流砂にはまってしまった場合は、周囲に掴める物は見当たらないかもしれません。

しかし、湿地帯などには植物が生えていますので、もしもそういった場所で底なし沼にはまってしまったとしたら、掴まることができる、できるだけ大きな植物を探すのが非常に重要です。

身体を仰向けにして横になる

もしも底なし沼にはまってしまったと気づいた場合は、なるべく体の重さを分散させる様に、仰向けになる事が脱出する為に重要になります。

まっすぐに立った状態だと、足の裏に全体重の負荷がかかってしまいますので、その分底なし沼にはまっていく速度も速くなってしまいます。しかし、体を仰向けの体勢に変える事が出来るのは、足がガッチリと底なし沼にはまってしまう前のみです。

足をゆっくり沼面に出す

もしも上半身を仰向けにする事ができたなら、その次は足をゆっくりと泥の上に出す努力をしてください。

底なし沼の泥から足を引き上げるには、相当な労力が必要にはなりますが、底なし沼から生きて脱出する為に必要な方法ですので、諦めずに頑張りましょう。

ジャケットやショルダーバッグを利用して体を引っ張り出す

底なし沼にはまってしまう状況は、観光などで辺りを散策しているシチュエーションが多いかもしれません。

そういった場合、バックパックやジャケットなどを着用していることも多いでしょう。もしもその様な物を持ち合わせていたら、バッグの紐を木の枝などに引っ掛けたり、ジャケットの袖同士を結んで輪っかを作り、それを岩などに引っ掛けたりすると、脱出の手がかりになりますので試してみてください。

底なし沼を体験しよう!

底なし沼は、恐ろしい存在ではありますが、そんな底なし沼を実際に安全に体験できるとしたら、少し味わってみたいと言うのが人間の心情かもしれません。

日本にある有名な底なし沼「やちまなこ」では、実は底なし沼体験が出来ます。では、その詳細をご紹介いたしましょう!

湿原やちまなこ体験ツアー

底なし沼と言われるやちまなこですが、中には実際に自分の体で体験する事が出来る、小さなやちまなこも存在します。それは北海道の「レイクサイドとうろ」で行われています。

底なし沼へ沈んでいく感覚を、ぜひ体験してみたいという方は、こちらのツアーに参加して、安全に底なし沼に足を踏み入れてみてください!

開催期間

北海道のやちまなこを自分の体で体験する事が出来るのは、一年中いつでもという訳には行かない様です。

雪深い北海道にあるやちまなこでは、5月から10月までがツアー開催期間となっている様です。体験したい方はぜひこの期間に訪れてみてください。

出発時間・所要時間

そのやちまなこを体験できるツアーは、事前のツアーの詳細説明や、やちまなこに入る際の服装の準備などを含めて所要時間が約1時間となっています。

そしてそのツアー開始時間は10:00、13:00、15:00(9月下旬まで)となっています。旅行の計画を立てて、都合の良い時間帯に組み込んでみてください。

身長制限

続いては、やちまなこに限らず底なし沼で命に関わる大きな条件にもなる、深さと密接な関係の身長についても制限があります。

やちまなこのツアーに参加できるのは、130cm以上の方のみとなっています。ツアーに使用されるやちまなこは小さく、深さもそこまでではない底なし沼ですが、130cmを満たしていないと、脱出方法を知っていたとしても危険度が上がってしまいます。

料金

続いて、やちまなこを体験する為の料金ですが、もちろんタダではありません。こちらのツアーに参加する為には、大人3000円、子供2000円が1人あたりにかかります。

この先の人生で、大きな底なし沼にはまってしまっても、こちらで脱出方法を学ぶ事が出来ると考えれば、金額的にも安いでしょう。

予約方法

こちらのやちまなこ体験ツアーは、完全予約制となっている様です。その予約方法ですが、直接電話するか、e-mailで予約をするかの2択になっています。

予約方法はどちらでも大丈夫ですが、手っ取り早く色々な事を聞きたいという方は、電話をかけて聞いてしまうのがおすすめです。

住所 北海道川上郡標茶町塘路原野北8線73番地
電話番号 015-487-2172

底なし沼について詳しく知っていざという時に備えよう!

日本のみならず、世界中にも、たくさんの底なし沼が存在しています。旅行で遊びにいった先で、万が一底なし沼にはまってしまった時にでもきちんと脱出できる様に、方法だけは頭に入れておくのがいいかもしれません。もちろんはまってしまうという事はあまりないでしょう。しかしいざという時にこちらを知っておけば、命が助かる確率が上るはずです。

関連記事

関連するキーワード

2215.thumb
この記事のライター
小鉄
関東出身の旅行好き。おしゃれな物も好きだけど、面白いものや面白い事がもっと好き。食べるのが大好きで海が好き。動物が好き。私の大好きな事や面白い事を皆さんにご紹介していきたいです

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ