豆乳を冷凍保存したアイスが美味しい!人気の味や食べ方をチェック!

2019年10月28日 (2019年10月29日最終更新)

SNSでも話題になっている豆乳の冷凍アレンジについてご紹介します。スーパーやコンビニで購入できる豆乳飲料は冷凍保存をする事によってとても美味しく楽しむ事ができます。豆乳の味やおすすめの食べ方をまとめてピックアップしてみますのでチェックしてみましょう。

目次

  1. 豆乳の冷凍をしてアイスにするととても美味しいと評判
  2. SNSで話題の豆乳アイスとは
  3. 豆乳を冷凍したアイスのメリット
  4. 冷凍豆乳アイスの作り方
  5. 豆乳を冷凍する場合の気になるポイント
  6. 冷凍豆乳アイスの人気の味
  7. 冷凍豆乳アイスのおいしい食べ方・アレンジレシピ
  8. 豆乳を冷凍して美味しくヘルシーに味わおう!

豆乳の冷凍をしてアイスにするととても美味しいと評判

栄養価が高く美味しい豆乳はスーパーやコンビニ等で気軽に購入する事ができる人気の商品となっています。

豆乳を使ったレシピも数多く、最近ではご家庭の冷蔵庫には必須アイテムとして活用されている方も多いのではないでしょうか。

そんな豆乳を冷凍する事によってとても美味しい食べ方で豆乳アイスとして楽しむ方が多いと評判になっています。

豆乳の保存方法や、冷凍をした際の解凍や食べ方等のをご紹介します。また豆乳アイスで楽しめるおすすめの味もチェックしておきましょう。

SNSで話題の豆乳アイスとは

情報の発信源になっているSNSで最近話題となっているのが豆乳アイスです。豆乳を冷凍するだけで、とても美味しい豆乳アイスが完成します。

豆乳を冷凍する驚きの発想から編み出された豆乳レシピとなります。作り方はとても簡単で美味しく豆乳アイスを味わう事ができます。

スーパーやコンビニで市販で購入する事ができる豆乳飲料を使用して豆乳を冷凍するだけのアレンジレシピとなります。

SNSでも多くの方が紹介している注目の豆乳アイスを参考におすすめの豆乳飲料を参考にしてみましょう。

キッコーマンの紙パックの豆乳を冷凍保存したアイス

豆乳を冷凍保存して豆乳アイスの食べ方で楽しめると話題になっています。数多くの豆乳飲料がスーパーやコンビニで販売されていますが、おすすはキッコーマンの紙パックの豆乳飲料です。

醤油等の調味料を販売している大手の会社でもあるキッコーマンから豆乳ブームの火つけ役となったのが、紙パックの豆乳です。

キッコーマンの豆乳飲料は手軽に飲みきりサイズで楽しめる事から人気となっています。更に豆乳飲料はたくさんの種類の味のバリエーションも豊富で、飽きる事なく楽しめる商品となっています。

飲みきりサイズで保存の心配もなく、豆乳の味が苦手な方もキッコーマンの豆乳飲料はとても飲みやすくておすすめです。

Original豆乳のおすすめドリンク21選!無調整やジュース感覚で飲めるものなど一挙紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栄養価が高くヘルシーな豆乳は、今では様々なフレーバーが発売されて健康志向の人のみならず多くの...

豆乳を冷凍したアイスのメリット

続いて豆乳を冷凍をしてアイスにした食べ方のメリットについてご紹介します。SNSでも大人気となっている豆乳アイスですが、冷凍をする事によって様々な嬉しい事があります。

豆乳アイスは冷凍をする事によって飲み物からスイーツとして楽しめます。ダイエット中の方や甘い物が大好きな方は特に豆乳を冷凍した食べ方はおすすめとなります。

キッコーマンから販売している豆乳は味のバリエーションもたくさんあり、お好みの味の豆乳を見つけて豆乳アイスにチャレンジしてみましょう。

美味しい

まず初めに豆乳を冷凍する事によっておすすめのメリットは美味しく楽しむ事ができます。夏の暑い日に食べたくなるのがアイスです。

購入した豆乳飲料を家にある冷凍庫で凍らせるだけで、簡単に豆乳アイスが完成してしまいます。また飲料とは違った食べ方で楽しめるのがポイントとなります。

豆乳は冷凍する事によって、シャキシャキとした食感のアイスが完成します。かき氷の様な水っぽさもなく、豆乳の味わいが楽しめるスイーツとなります。

また豆乳を冷凍して、アレンジレシピの幅もとても広がります。夏のスイーツとして豆乳を冷凍した食べ方がとてもおすすめです。

低カロリーでダイエットに最適

続いて豆乳を冷凍させた食べ方の豆乳アイスは低カロリーでダイエット中の方にもおすすめとなっています。

豆乳はそもそも大豆を原材料としているので、牛乳よりも低カロリーとなっています。栄養素が高く、低カロリーなのでダイエット中でも安心して楽しむ事ができます。

豆乳は味もしっかりしていて、フレーバーも味が濃く製造されているのでアイスクリームの代用として活躍できます。

カロリーの高いアイスクリームが大好きな方も、ヘルシーで栄養価のある豆乳アイスにチェンジしてみましょう。

大豆イソフラボンの美肌効果

次に豆乳に含まれている大豆イソフラボンは美容効果があります。特に女性に嬉しい投入の効果といえるでしょう。

大豆を原料とした豆乳は髪の毛や筋肉を作る植物性タンパク質が豊富に入っています。また豆乳イソフラボンには美肌効果にも良く、女性が不足してしまいがちな栄養が豊富に得る事ができます。

また赤ちゃんの離乳食にも豆乳を使用する事ができて、植物タンパク質が豊富なので離乳食に使用する場合は薄めて使用するのがおすすめです。

カロリーも低くて栄養素も高いので豆乳はとてもおすすめです。また冷凍をしてもこれらの栄養素は摂取できるのでチャレンジしてみましょう。

リーズナブル

最後に豆乳はとてもリーズナブルでお財布にも優しいのがおすすめポイントとなります。ヘルシーで栄養素が高い豆乳は毎日の日常に取り入れたい存在です。

冷蔵庫に常に保存しておく場合は特に気になるコストですが、キッコーマンから販売されている豆乳はとてもお値段が安くておすすめです。

味の種類によっても1本単価は多少異なりますが、定番商品であれば1本約70円~100円程で購入する事ができます。

豆乳は賞味期限も長く保存も効くので、まとめ買いで安く購入するのがおすすめです。夏になれば冷凍をしてスイーツとして楽しみましょう。

冷凍豆乳アイスの作り方

続いて冷凍豆乳アイスの作り方をご紹介します。とても簡単な作り方で完成する冷凍豆乳アイスはお好みでアレンジも可能です。

冷凍豆乳アイスにする場合は、あらかじめお好みのフレーバーや味を購入しておくのがおすすめです。

誰でも出来る簡単レシピとなりますので、豆乳を冷凍して美味しい豆乳アイスを試してみましょう。

①好みの味の豆乳を選ぶ

まず初めに冷凍豆乳アイスを作る前にお好みの味の豆乳を選びましょう。キッコーマンから販売されている豆乳はたくさんのフレーバーが登場しています。

定番のフレーバーから期間限定で登場しているフレーバーまでたくさん販売していますのでチェックしていきましょう。

キッコーマンから販売されている豆乳はどれも200mlサイズとなっています。飲みきりサイズなので冷凍豆乳アイスにも最適なサイズとなります。

②両耳を開き冷凍庫で凍らせる

次にお好みの味の豆乳を選んで紙パックの豆乳の両耳を開きます。両耳を開く事によって、冷凍後に豆乳アイスが取り出しやすくなります。

紙パックが破れない様に注意しながら、両耳を軽く引っ張るだけで簡単に開きますので試してみましょう。

冷蔵庫で保存してた場合は紙パックに水滴等が付いていれば冷凍する際には拭き取っておくのがおすすめです。

紙パックのまま冷凍をするだけで簡単に豆乳アイスが完成します。お好みの数をまとめて冷凍庫に入れましょう。

豆乳が完全に固まるまでは冷凍庫に約1日入れておくと完全に凍ります。すぐには凍らないので注意しておきましょう。

③冷凍庫から出して軽く押してへこむ程度まで自然解凍

冷凍をした豆乳アイスを取り出すタイミングは軽く紙パックを押してみて凍っていると感じたら取り出してみましょう。

カチカチに豆乳が凍っていれば冷凍庫から出して、少し紙パックがへこむ程度まで自然解凍をするまで待ちます。

夏の暑い季節だとすぐに解凍されますので、少し時間をかけたい場合は冷凍庫から冷蔵庫に移動して様子をみるのもおすすめです。

ある程度柔らかくなった際には豆乳アイスの食べごろとなりますので、それまでは紙パックを開けずに様子をみてみましょう。

④ハサミで上部を切って開く

冷凍した豆乳アイスを自然解凍して食べごろになればハサミで紙パックの上部を機って口を開きましょう。

始めの手順で紙パックの両耳を開く工程をしましたが、そうする事によって豆乳アイスを取り出しやすくなります。

自然解凍をしない場合は完全に凍った状態では取り出しにくくなります。その場合少し水に浸けて解凍をすれば時短になります。

完全に解凍をしてしまわない様に注意しながら、程よい柔らかさになるまで解凍するのがポイントです。

⑤スプーンですくって食べる

豆乳の紙パックをカットをして中身を開けたら用意していたスプーンを取り出し豆乳アイスをすくってみましょう。

シャキシャキとした豆乳アイスになっていれば完成です。紙パックごとスプーンで食べるのもおすすめですが、冷やした容器に盛り付けしてアレンジしてみましょう。

また豆乳アイスでたくさんのアレンジレシピがあります。そのままでもとても美味しいですが、アレンジをしたい場合も豆乳アイスの同じ工程の作り方を覚えておきましょう。

豆乳はそのまま飲料として飲む以外にも冷凍豆乳アイスにして楽しめます。更に食べ方は様々ありますのでチャレンジしてみましょう。

豆乳を冷凍する場合の気になるポイント

続いて豆乳を冷凍する場合に気になるポイントをご紹介します。豆乳は通常飲料として飲むのが一般的です。

豆乳を冷凍する事に多少、気になる点が出てきます。牛乳等も冷凍をする事があまりしません。豆乳はそもそも冷凍しても問題がないのか、紙パックをそのまま冷凍をしていいのかが気になります。

また豆乳は冷凍をして解凍をすると、どうなってしまうのかについて気になる疑問点をチェックしてみましょう。

破裂したり中身が漏れたりしない?

まず初めに飲みきりサイズの豆乳紙パックは冷凍をする事によって破損をしたり中身が漏れる事がないのか心配になります。

液体は冷凍をすると体積が膨張をして、破裂する危険が実際にあります。しかし豆乳の紙パックは冷凍をして凍らせても、破損したり中身が漏れる可能性はほぼありません。

冷凍豆乳の作り方の際に、両耳を開く工程であまり強い力で開かずに軽く中身が漏れない様にしなければいけません。

また豆乳が冷凍する事によって膨張は実際にしますが、紙パック内には少し空間がありますので破裂の心配もありません。

味は変化する?

次に豆乳を冷凍した際に気になる味の変化についてご紹介します。豆乳は冷凍に不向きの飲料となっています。

一度豆乳を冷凍をして解凍をすれば、豆乳の成分が変わり分離してしまいます。また味も同じく冷凍をして解凍すればえぐみが出て、本来の豆乳の味から変化してしまいます。

しかし豆乳を冷凍をしてアイスにするという食べ方では味の変化もなく、美味しく味わう事ができます。豆乳は冷凍が悪いのではなく、解凍をする事が不向きになります。

豆乳を冷凍する際には凍ったままアイスとして楽しみましょう。また凍った状態から少し食べやすい固さに解凍するには問題はありません。

カロリーは変わる?

最後に豆乳は冷凍をする事によってカロリーに変化があるのかについてチェックしてみましょう。豆乳はそもそもカロリーが低く、ダイエット中にもおすすめとなります。

しかし豆乳を常温の状態から冷凍してもカロリーは変わりません。200ml入った豆乳はカロリーは100キロカロリー前後となります。

冷凍豆乳アイスにしても同じカロリーのままで味わう事ができます。通常のアイスクリームと比べても低カロリーで味わえるのでおすすめです。

冷凍豆乳アイスの人気の味

続いて冷凍豆乳アイスの人気の味についてご紹介します。キッコーマンから販売されている豆乳はたくさんの種類のフレーバーが登場しています。

キッコーマンから販売されている豆乳は合計30種類以上の味で楽しめるので、豆乳アイスとして様々なフレーバーで楽しむ事ができます。

そんな中でも冷凍豆乳アイスにおすすめの味を厳選してピックアップしてみます。豆乳は通常飲料として製造されているので、種類の中にはアイスにはあまりおすすめしない味もあります。

初めて冷凍豆乳アイスにチャレンジする方は味に失敗しない様に、おすすめのフレーバーを参考にしてみましょう。

バニラアイス

まず初めに冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーのバニラアイスをご紹介します。豆乳アイスにはぴったりの味としてSNSでも話題になっています。

そのままでも充分に美味しいバニラアイスのフレーバーは冷凍をする事によって滑らかな味わいで絶品です。

豆乳の独特なな味も感じずに、豆乳が苦手な方にもおすすめです。バニラアイスフレーバーは定番で販売されているのでチェックしておきましょう。

紅茶

次に冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーの紅茶に注目してみましょう。キッコーマンから販売されている紅茶味の豆乳にはアールグレイの茶葉を使用しています。

高級感のある紅茶と豆乳がとても相性が良く、程よい甘さで楽しむ事ができます。豆乳アイスにした場合でも、紅茶の味はそのままで香り高い風味が人気となっています。

紅茶フレーバーの豆乳アイスにすれば、ティータイムのお供に最適です。特に女性に人気なので紅茶好きはチェックしておきましょう。

白桃

続いて冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーの白桃をご紹介します。優しい味でほんのり香る桃は豆乳が苦手な方におすすめのフレーバーです。

豆乳として飲むよりも、冷凍豆乳アイスにする事でより旨味が感じられると話題になっています。小さなお子様も美味しく味わえるのがポイントです。

中には豆乳の味よりも白桃の味が強いので、豆乳感はあまり感じる事がありません。豆乳嫌いの方は是非チャレンジしてみましょう。

バナナ

次にキッコーマンから販売されている豆乳の中でトップランクに人気を誇るバナナフレーバーをご紹介します。

無調整豆乳が苦手と感じる方が多い中、キッコーマンから登場しているフレーバー入り豆乳は大ブレイクとなりました。そんな中でも登場当初から変わらない人気を誇るのがバナナです。

甘味があり豆乳の風味を残しながら、バナナオレの様に美味しいと大好評となっています。そんなバナナフレーバーの豆乳アイスも大人気です。

マカダミアナッツ

続いて冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーのマカダミアナッツに注目してみましょう。キッコーマン豆乳は実は冷凍豆乳アイスを推奨しています。

またキッコーマン豆乳のホームページでは数ある種類のフレーバーのおすすめ豆乳アイスも紹介しているのでチェックしてみましょう。

マカダミアナッツはキッコーマンで紹介している「豆乳アイス応援団長」として社員のイチオシフレーバーとなっています。クリーミーな味わいで濃厚な風味で楽しめるマカダミアナッツをチョイスしてみましょう。

ラムレーズン

続いて冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーで注目のラムレーズンをご紹介します。こちらもキッコーマンが推奨する豆乳アイス応援団長のおすすめ2位のフレーバとなります。

大人の味で人気の高いラムレーズンと豆乳の相性は抜群です。夜遅い時間に甘いものが食べたくなった時にはラムレーズンの豆乳アイスがおすすめです。

またフレーバー入りの豆乳にはイソフラボンだけでなく、食物繊維入りとなっていますので満足感を得られるのもおすすめポイントとなります。

チョコミント

次に年々話題になっているチョコミントも豆乳フレーバーとして登場しています。豆乳アイスにはチョコミントフレーバーはとてもおすすめなのでチェックしておきましょう。

最近ではたくさんのお菓子メーカーから期間限定でチョコミント商品が続々と登場しています。チョコミントの王道はやはりアイスでいただくのが人気です。

凍らせることによってチョコミントの美味しさはさらにアップします。夏の暑い季節には豆乳アイスのフレーバーはチョコミントがいち推しです。

あずき

続いて冷凍豆乳アイスにおすすめのあずきフレーバーに注目してみましょう。アイスクリームで人気を誇るあずきバーが誕生している様に、あずきフレーバーは豆乳アイスと相性は抜群です。

優しい味わいのあんこ味が豆乳を凍らせて更に旨味がアップします。和菓子好きには特におすすめのフレーバーとなりますのでチェックしておきましょう。

巨峰

最後に冷凍豆乳アイスにおすすめのフレーバーの巨峰をご紹介します。みずみずしい巨峰を凝縮した様な美味しい豆乳アイスが出来上がります。

甘味と巨峰の酸味がアクセントになり、さっぱりとした後味で楽しむ事ができます。巨峰味のアイスが人気となっていますので、チャレンジしてみましょう。

巨峰フレーバーは特に暑い夏の日にさっぱりとした味わいでぴったりです。おすすめのフレーバーを試して美味しい豆乳アイスを楽しんでみましょう。

冷凍豆乳アイスのおいしい食べ方・アレンジレシピ

最後に冷凍豆乳のおいしい食べ方や気になるアレンジ方法についてご紹介します。豆乳は常温保存でそのまま飲料として飲む事もできますが、美味しいスイーツとして豆乳アイスが人気です。

簡単な作り方で豆乳アイスができますが、自分好みの食べ方や更にアレンジもたくさん楽しむ事ができます。

上記でご紹介した豆乳アイスの作り方を参考におすすめの食べ方やアレンジ方法までをまとめてピックアップしてみます。

コーヒー豆乳フロート

まず初めに豆乳アイスのおすすめのアレンジ方法のコーヒー豆乳フロートをご紹介します。喫茶店でお馴染みの人気メニューコーヒーフロートをご自宅でも簡単に楽しめます。

バニラアイスクリームを通常使用して作るコーヒーフロートですが、豆乳アイスでアレンジすればヘルシーで美味しいコーヒー豆乳フロートが完成します。

豆乳を凍らせるのに時間がかかりますので、あらかじめ豆乳を冷凍保存をしておけば簡単に作る事ができます。100均等で購入できる球体型の製氷機で豆乳を凍らせて保存しておくのもおすすめです。

フローズン豆乳バナナスムージー

次に朝食におすすめのフローズン豆乳バナナスムージーのアレンジレシピをご紹介します。朝は特に食欲がない時でもスムージーで栄養を摂る事ができます。

豆乳とバナナの相性が良く、調整豆乳をアイスにしてバナナをミキサーにかけてスムージー風にアレンジしてみましょう。豆乳は無調整でも相性の良いフレーバー入り豆乳でもおすすめです。

作り方は冷凍保存しておいた豆乳アイスとカットしたバナナ1本、更に豆乳と少量の蜂蜜を加えてミキサーにかけます。そうすれば簡単にフローズン豆乳バナナスムージーが完成します。

豆乳あずきアイス

最後に自宅カフェで楽しめる豆乳あずきアイスのアレンジレシピをご紹介します。キッコーマンから販売しているあずきフレーバーやスタンダードな豆乳を使って豆乳アイスを作ります。

あらかじめ茹でておいた小豆を使用して、冷凍保存しておいた豆乳アイスに加えれば完成です。少し甘味を足したい場合は砂糖や蜂蜜をかけるのもおすすめです。

とてもヘルシーなスイーツなのでダイエット中にも取り入れてみましょう。また乳製品アレルギーでも豆乳スイーツなので安心して楽しむ事ができます。

豆乳を冷凍して美味しくヘルシーに味わおう!

豆乳は冷凍保存をして解凍するのはおすすめしません。解凍をする事によって豆乳の味の劣化や分離してしまうので解凍をせずに冷凍をしたまま楽しむのがおすすめです。

豆乳飲料としてではなく、スイーツ感覚で豆乳アイスの食べ方で楽しめる事で冷凍保存はとても話題となっています。

キッコーマンから販売されている豆乳は味のバリエーションもとても豊富で、初めてチャレンジされる方も簡単に豆乳アイスを楽しむ事ができます。

更に豆乳アイスは様々なアレンジレシピもあり、更にグレードアップした食べ方で楽しんでもいいでしょう。

豆乳を冷凍してヘルシーで栄養価の高い美味しい豆乳アイスにチャレンジしてみましょう。夏の暑い季節には欠かせれないスイーツとして楽しめておすすめです。

関連記事

関連するキーワード

858.thumb
この記事のライター
LOOK
関西在住のLOOKです!長期休みが取れれば旅行がするのが趣味で、気軽に行ける国内旅行をメインに夢の海外旅行まで計画しています。関西のおすすめの場所素敵な旅行スポット情報を発信していけたらと思います。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ