地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

六時屋のタルトは愛媛土産におすすめ!「超特選」など人気商品を紹介!

六時屋は愛媛松山に本店のある愛媛を代表するお菓子です。お土産にもぴったりの人気のお菓子はこだわりの原材料で作られ、その味わいも絶品。超特選などさらにこだわったお菓子も見逃せません。愛媛のお土産にぜひおすすめの六時屋のタルトについて詳しくご紹介します。

愛媛の銘菓「六時屋」を徹底調査見出し

Photo by zamojojo

愛媛にある六時屋はおいしいタルトが有名なお店です。歴史あるタルトは由緒あるお土産にもピッタリのお菓子。愛媛観光のついでに立ち寄れる松山市内の本店ではそこでしか食べられないおいしいスイーツもあります。気になる愛媛の銘菓「六時屋」について詳しくご紹介していきましょう。

六時屋のタルトは愛媛のお土産におすすめ!見出し

六時屋のタルトは愛媛のお土産にもぴったりのおすすめの人気のお菓子です。長い歴史を持つ六時屋のタルトは地元の人達からも愛される愛媛を代表するお菓子のひとつです。沢山のこだわりが詰まった六時屋を代表するおいしいタルトはぜひ食べておきたい一品です。

昭和天皇・皇后両陛下がお気に召された由緒あるお菓子

Photo bycongerdesign

愛媛六時屋のタルトは昭和28年に松山で国体が開催された際に昭和天皇・皇后両陛下がお召し上がりになられた由緒あるお菓子です。その際、両陛下は六時屋のタルトを大変お気に召され、その後時が経って昭和42年に植樹祭で再び松山を訪れた時にも御用命されています。

愛媛お土産人気ランキングトップ21!道後温泉や松山空港おすすめのお菓子は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
愛媛お土産人気ランキングトップ21!道後温泉や松山空港おすすめのお菓子は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛媛みかんで有名な愛媛県のお土産にはどんなものがあるのでしょうか?たくさんおすすめしたいお土産があるのですが、今回は21位までのランキングをご紹介します。愛媛県に旅行に行った際には、ぜひこのランキングを参考にお土産選びをしてみてください。

六時屋のコンセプト見出し

Photo bykomahouse

愛媛の六時屋は1933年創業の歴史ある菓子店です。創業者は「銘菓は原料を選ぶ」という強い意志をもってお菓子作りを行っていました。六時屋は創業以来、その創業者の意思を引き継ぎ、目に見えない原材料をしっかり吟味し、ひとつひとつ真心をもって作り続けることで本物の味を残しています。

そんな六時屋のお菓子作りにはたくさんのこだわりが詰まっています。おいしい六時屋のお菓子のこだわりを詳しくご紹介していきましょう。

素材へのこだわり

Photo bywuzefe

六時屋は素材にこだわったお菓子作りをしています。創業者の強い思いでもある原料へのこだわりは確かに引き継がれる六時屋のお菓子の命ともいうべき存在です。

自社で製造しているあんこは北海道産の厳選された極小小豆を使っています。1本1本手作りで丁寧に巻き上げるこだわりの製法で独特の風味が生まれるのが特徴です。

また、こだわりの超特選タルトに使われているのは専用の青い卵、アローカナというグラニュー糖を使用しています。アローカナは通常の砂糖とは異なり、きめ細やかな甘さと昼のない深い味わいを実現するのに欠かせない存在です。

道具や製法へのこだわり

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

愛媛の六時屋ではすだれを使用した独自の製法によるすだれ巻きを行っています。職人が1本1本心を込めて丁寧に巻き上げ作られるタルトはどれも絶品です。しっかりと断面が綺麗な「の」の字になるようにカステラに塗るあんは「へ」の字に、さらに昔ながらのすだれも六時屋には大切な道具です。

「六時屋」という店名に込められた思い

Photo byJanson_G

六時屋という名前は時計の六時のからきています。時計で針が六時を指すとき、短針と長針はちょうど真っすぐに伸びます。六時屋はそんなまっすぐな心で商売を使用という意味で命名されました。六時の針のようにまっすぐな心という考え方は創業以来ずっと受け継がれている六時屋の思いです。

六時屋のおすすめ人気商品見出し

昭和天皇両陛下がお気に召されたという六時屋のおいしいタルトは六時屋を代表するお菓子ですが六時屋ではタルト以外にも和菓子、洋菓子にこだわらず幾種類かのお菓子を展開しています。数種類を詰め合わせたセット商品なども販売されていて、お土産にもぴったりです。

そんな六時屋のバリエーション豊富なお菓子の中からおすすめの人気商品を5つご紹介しましょう。タルトはもちろんですが、他の人気商品もぜひチェックです。

超特選タルト

六時屋の超特選タルトはとことん原料にこだわったおいしいタルトでお土産には絶対のおすすめ商品です。原材料に使われているのは砂糖、卵、小麦粉、手亡豆、小豆、柚子、水飴、蜂蜜で平成15年の六時屋創業70周年を記念して作られた比較的新しい商品。

超特選タルト専用の青い卵を使い作り上げられたタルトはきめ細かい甘さと他には類を見ない味わいを醸し出します。70年という長い歴史が詰まった情熱と探求心が詰まった至極の1本で、愛媛のお土産に絶対の自信をもっておすすめします。

Photo by dreamcat115

超特選タルトは1本が12枚にスライスカットされていて、とても食べやすくなっています。1本は2160円で、木箱に入れてより高級感をだすと2700円になります。他4本入りまであり、さらに、小サイズの超特選タルトも展開されています。

小タルトは1、2,3,5本入りで1本1080円で、こちらは木箱タイプはありません。賞味期限は大・小タイプとも10日前後です。

六時屋タルト

六時屋タルトは北海道産の厳選された極上小豆を使用した自家製案をカステラで巻き上げた定番のお菓子です。変わらないおいしさで地元の人たちからも長く愛されているお菓子です。六時屋タルトの値段は小が10スライスで1本648円、大は12スライスで1本1296円です。

他に特大タルトもあり、こちらは12スライスで1本1512円、木箱入りもあります。さらに手軽に六時屋タルトを楽しみたいという方のために切タルトも販売していて、1個119円で袋入りで販売されています。

俳菓

Photo by Robert Couse-Baker

俳菓は賞味期限が40日間もあるお土産にもピッタリのお菓子です。原材料に使われているのは小豆、砂糖、小麦粉、水飴、卵、蜂蜜、重曹で松山が生んだ俳人、正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の俳句にちなんでいます。

とても柿を好んだという正岡子規は俳句もとても柿にちなんだものが多く、俳菓は柿の型を押し、北海道小豆を使って作られています。俳句王国と言われる愛媛松山を代表する絶品お菓子です。1個130円で10個入り、15個入り、20個入りがあります。

本格俳菓

Photo by coniferconifer

愛媛の六時屋の本格俳菓は俳菓同様40日間の賞味期限があるお土産におすすめの商品です。大粒の栗がまるごと1つ入っていて、1個1個手作りで上品な甘さに素朴な栗の香りがたまらない逸品です。

1個238円で販売されていて、3個入り、6個入り、9個入り、12個入り、16個入り、20個入りとバリエーションも豊富です。さらに12個入りは木箱も用意されています。

カステラ

Photo by ume-y

愛媛六時屋のカステラは玉子割りから焼き上げまで全て手作業で作られているしっとりとした風味が特徴的な商品です。香り高い上品な味わいでお土産に喜ばれることは間違いありません。賞味期限は25日前後、原材料は鶏卵、砂糖、小麦粉、水飴、蜂蜜などです。1本1296円、3本入りまであり2本入りは木箱もあります。

六時屋の休憩もできるイートイン喫茶スペース見出し

Photo byonanacha

愛媛の六時屋は松山市内にいくつか店舗を展開していますが、本店には落ち着いた上質な空間の喫茶スペースもあり、六時屋のお菓子はもちろん、ここでしか食べられないスイーツメニューも扱っていて、旅先のカフェタイムにぴったりです。休憩ができる六時屋本店のイートイン喫茶スペースについて詳しくご紹介します。

イスやソファ席でゆったり落ち着ける雰囲気の店内

六時屋の喫茶スペースは洗練されたテーブル席やゆったりとくつろげるソファ席があり、とても落ち着いた雰囲気が魅力的です。お土産を購入した後にゆくりと六時屋のここでしか味わえないスイーツを堪能するのもおすすめです。

原材料にこだわったぜんざいやわらびもちなどのおいしいメニューがいっぱい揃っていて、もちろんコーヒーなどのドリンク類、テイクアウトできるソフトクリームや生いちごのシェイク、わらびもちなどもあります。

六時屋の喫茶スペースはかき氷が人気!

Photo by Kentaro Ohno

落ち着いた空間で休憩しながらここでしか食べられない六時屋のおいしいスイーツを堪能できる喫茶スペース。そんな六時屋喫茶スペースで人気があるのがかき氷です。本格的な味わいのかき氷はボリュームも満点で夏の暑さを吹き飛ばしてくれるおすすめのメニューです。人気のかき氷のバリエーションをご紹介していきます。

ろくじ 750円

Photo by rhosoi

六時屋のお店の名前からネーミングされたかき氷「ろくじ」はちょうど良い甘さが魅力的なさっぱりと食べられるかき氷です。風味豊かなあんが氷のてっぺんにトッピングされていて、餡子の中にはアイスが隠されています。

氷と一緒にすくいながら食べると口の中の三位一体がたまりません。値段は750円でトッピングには大納言小豆、クリーム、練乳があります。

宇治ろく 800円

六時屋の人気のかき氷メニュー、宇治ろくは宇治抹茶がたっぷりかかったかき氷です。見た目にも上品な品のあるかき氷でお店の一番のメニューです。北海道産十勝産小豆を使用していて、濃い目の宇治シロップとの相性が抜群でぜひおすすめです。値段は800円と少々高めですが、それだけの価値が十分にある一杯です。

生いちご 700円

Photo by rhosoi

六時屋の喫茶スペースでは生いちごのかき氷も楽しむことがd系ます。六時屋オリジナルのあまおとめ&さちのかという品種をブレンドした蜜を使用していて、とにかく絶品!大三島山本農園で作られているいちごを使用していて、暑い夏には最高です。値段は700円でトッピングに練乳やクリームを加えるのもおすすめです。

六時屋の店舗情報見出し

Photo by siojoah

愛媛の六時屋のお菓子は松山市内で4か所ほど購入できる場所があります。店舗や販売店を一挙ご紹介していきましょう。旅ついでに近くに立ち寄った際にはぜひ近くの店舗でおいしい六時屋のお菓子を購入してみてはいかがでしょう。こだわりの味はお土産にきっと喜ばれます。

六時屋 本店

Photo by leyre_labarga

喫茶スペースも人気の六時屋本店はお土産選びの後にほっと一息つけるのが嬉しい店舗です。喫茶室店内はバリアフリーになっていて40席ほどがあります。もちろん完全禁煙、子供の入店も可能です。営業時間は9時から19時までで定休日はなく、年中無休です。アクセスは市内電車「上一方駅」から徒歩1分ほどです。

住所 愛媛県松山市勝山町2丁目18-8
電話番号 089-941-6666

六時屋 道後店

六時屋道後店はソフトクリームやここでしか買えないアイス最中などのテイクアウトもあるおすすめの店舗です。店内や外の庭空間には趣もあるちょっとしたイートインスペースもあり、休憩も出来ます。営業時間は9時から21時までで年中無休で営業しています。アクセスは道後温泉駅から徒歩3分程です。

住所 愛媛県松山市道後湯之町14-22
電話番号 089-943-6060

松山市内の百貨店でも購入できる!

Photo by sota-k

六時屋の店舗は松山市内に2店舗のみですが、それ以外にも百貨店で六時屋のお菓子を購入することができます。百貨店なら他の買い物やお土産選びついでにふらりと寄ることができるのでとても便利です。ちょっと六時屋のお菓子が気になっている人はぜひ百貨店で購入してみるのもおすすめです。

松山三越

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

六時屋のお菓子は松山三越の地下一階の松山銘菓のコーナーに扱いがあります。松山三越の営業時間は10時から17時まででアクセスは伊予鉄道城南線「大街道」駅からすぐです。1000円以上の買い物で1時間無料になる店舗の駐車場の他、契約駐車場が周辺にあるので車でのアクセスも便利です。

住所 愛媛県松山市一番町3-1-1
電話番号 089-945-3111

いよてつ高島屋

Photo by shibainu

六時屋のお菓子はいよてつ高島屋本館地下1階の和菓子コーナーでも扱いがあります。いよてつ高島屋の営業時間は10時から19時半まででアクセスは市電の市駅前停留所からすぐです。三越同様1000円以上で1時間無料になる駐車場があり、車でのアクセスも便利です。また駐輪場は無料開放されているので自転車やバイクでもアクセスも可能です。

住所 愛媛県松山市湊町5丁目1番地1
電話番号 089-948-2111(代表)

六時屋のおいしいタルトは愛媛土産におすすめ!見出し

Photo byRedMaiden

いかがでしたでしょうか。六時屋には昭和天皇もお気に召されたおいしいタルトがあります。愛媛土産にもピッタリの逸品でぜひ愛媛に観光に出かけた時には人気のタルトをゲットして帰ってきてはいかがでしょう。こだわりのおいしい味わいをぜひ堪能してみてください。

関連キーワード

投稿日: 2019年11月10日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote