地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

彦根城城下町を観光しよう!食べ歩きやランチ・お土産選びも楽しい!

滋賀県の彦根は徳川幕府を支えた井伊35万石の城下町で、彦根城を中心に、城下町一帯は観光スポットやグルメスポットに溢れています。彦根城の城下町周辺を気の向くままに観光したり、食べ歩いたり、お土産選びをしたりしてゆったりと彦根の風情を味わうのもおすすめの方法です。

彦根城城下町の観光を満喫しよう!見出し

Photo by Kentaro Ohno

徳川家康公の時代から浜松に暮らしていた井伊家が、その功績を認められて台頭し、彦根に立派な城を設けるまでになりました。そして彦根の街は、彦根城の城下町として栄えていきます。ここではそんな彦根城の城下町について、観光やキャッスルロードを中心とした食べ歩きやランチ、お土産などの情報を交えながら紹介します。

彦根観光でおすすめスポット25!観光マップ片手に巡る名所旧跡 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
彦根観光でおすすめスポット25!観光マップ片手に巡る名所旧跡 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
滋賀県の中心地・彦根市には、彦根城を始めとする観光名所がたくさんあります。戦国時代から幕末にかけて栄えた井伊家・彦根藩の歴史や文化、そして琵琶湖の自然にふれる彦根の旅はおすすめ!今回は、彦根のおすすめ観光スポットをご紹介します。
彦根城の天守閣は人気スポット!観光して歴史を学ぶ!ひこにゃんに会える? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
彦根城の天守閣は人気スポット!観光して歴史を学ぶ!ひこにゃんに会える? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
彦根城というと、すぐ浮かぶのが「ひこにゃん」ですね。ゆるキャラの元祖と言ってもいい「ひこにゃん」ですが、あのキャラって、ネコが赤い兜を付けてますね。これは彦根城と関係があります。そんなことも含めて、知られざる彦根城のあれこれを詳しく解説しています。

彦根城城下町の名物グルメ見出し

Photo by rhosoi

彦根城の城下町には種々の名物グルメがあります。有名な近江牛始め、近江ちゃんぽんや彦根丼など、彦根でしか味わえないグルメに溢れており、食べ歩きにも事欠きません。

名物グルメはまだまだあります。琵琶湖にのみ生息する魚貝を使った湖魚料理やさばそうめん、サラダパンなど、ランチにおすすめのユニークなグルメが目白押しです。

近江牛

Photo by y_katsuuu

彦根城城下町の名物グルメと言えば、まず思い浮かぶのが近江牛でしょう。近江牛(おうみうし)の呼称は、黒毛和種の和牛が滋賀県内で最も長い期間飼育された場合に初めて許される呼び名で、肉用の牛としての歴史が400年にも及び、神戸牛、飛騨牛と並ぶ三大和牛の1つともなっています。

ちゃんぽん

近江ちゃんぽんは滋賀県民のソウルフードとも言える麺で、昭和38年に彦根で店を開いた「をかべ」が原点となっています。

彦根城の城下町のランチにおすすめのお店としては、「ちゃんぽん亭総本家本店」、「エクスパーサ多賀店]、「松原店」始め、「らーめん本気」、「まるいし食堂」、「六本木屋」などがあり、存分に食べ歩きができます。

彦根丼

Photo by rhosoi

彦根丼は平成23年に、彦根氏制75周年記念行事によって生まれた丼で、近江牛と地元の食材を使用した美味しいと評判の丼物です。

彦根丼は、彦根城の城下町を訪れる「観光客にも喜ばれるご当地グルメを造ること」をモットーとして結成された「彦根丼実行委員会」によって取り組みが行われた結果考案された彦根市自慢の丼です。

湖魚

Photo by nori_n

彦根城城下町の西に位置する琵琶湖には、小鮎やビワマス、セタシジミなど、琵琶湖固有の魚貝が生息しており、これらの湖魚を活用した独自の食文化が発展してきました。

小鮎やワカサギは天婦羅や佃煮に、フナは刺身や煮付けに、ビワマスは刺身やフライに等、多くのお店でランチや夕食に湖魚料理が提供されています。

さばそうめん

さばそうめんは、湖北地方という呼び名で地元民から親しまれている滋賀県長浜市に昔から伝わるそうめんで、焼き鯖そうめんとも呼ばれています。

さばそうめんは、焼いた鯖を甘辛い醤油味の出汁で煮込み、その煮汁で味付けされたそうめんと一緒味わう料理です。鯖とそうめんの組み合わせを奇異に感じる人もいますが、食べてみると絶品の取り合わせであることがわかります。

サラダパン

Photo by inunami

彦根城の城下町にはサラダパンというユニークなパンを製造・販売している「つるやパン」という会社があります。このサラダパンは60年ほど前に創業して以来のロングセラー商品だそうです。

サラダパンという名前にもかかわらず、中に入っているのはたくわんです。元々体に良いキャベツが入っていたそうですが、キャベツは水気が無くなるとべちょべちょになってしまうことから、たくわんに変えたそうです。

パッケージは、黄色がマヨネーズ、緑がキャベツをイメージして作られたそうですが、たくわんならそのイメージを壊さずに使えるという考えもあって変えたようです。このたくわん入りのサラダパンは口コミで人気を呼び、ロングセラー商品となりました。食べ歩きの途中に立ち寄ってみてはどうでしょうか。

彦根城城下町のおすすめのお店見出し

彦根城の城下町は江戸期の風情を再現した「夢京橋キャッスルロード」を中心に、彦根の台所と謳われる「四番町スクエア」や「花しょうぶ通り商店街」など、グルメスポットやお土産店などが軒を連ねています。

この一帯は昔の良き時代の風情を肌で感じつつ、ぶらりと散策しながらグルメランチを堪能したり、お土産を選んだりするのにピッタリのスポットです。

おすすめのランチスポット

彦根城城下町にはたくさんのランチスポットがあります。近江牛の美味しいお店や近江牛をうどんやちゃんぽんに乗せたグルメ店、鯖をそうめんに乗せたお店、琵琶湖で獲れた新鮮な鮎を提供するお店、比内地鶏のグルメ店、雰囲気の素敵なカフェなど、ランチスポット巡りには事欠きません。

近江肉せんなり亭・伽羅

彦根城城下町の「近江肉せんなり亭・伽羅」は、近江牛のステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなど、滋賀名物の近江牛が心行くまで堪能できるお店です。

定休日は火曜日で、営業時間はランチタイムが11時30分から14時30分、ディナータイムが17時から22時となっています。

近江肉せんなり亭・伽羅の予約はこちら

麺匠 ちゃかぽん

「麺匠 ちゃかぽん」は「夢京橋キャッスルロード」にあるうどん店で、名物の赤鬼うどんがおすすめです。

赤鬼うどんは、井伊家二代目藩主・井伊直孝公をイメージして考案されたうどんで、熱々の湯がき立てのうどんに赤身の近江牛を乗せ、その上に赤味噌で味付けした出汁を注いで食べる贅沢なうどんです。毎週火曜日と毎月第2、第4月曜が定休日で、営業時間は11時から15時となっています。

麺匠 ちゃかぽんの予約はこちら

麺類 をかべ 本店

彦根城城下町の「麺類 をかべ 本店」は、彦根氏の銀座商店街の裏通りにある小さなお店ですが、昭和38年創業のこのお店は、近江ちゃんぽんのルーツです。

この「麺類 をかべ 本店」の支店「ちゃんぽん亭おかべ」が数年前に「ちゃんぽん亭総本家」と改名し、滋賀で人気のご当地ラーメンチェーンとして活躍しています。このお店の定休日は木曜日で、営業は11から15時、17時から19時30分となっています。

麺類 をかべ 本店の予約はこちら

あゆの店きむら 京橋店

彦根城城下町の「あゆの店きむら 京橋店」は、琵琶湖で獲れたばかりの新鮮な鮎料理が楽しめるお店で、塩焼きや種々の鮎料理が堪能できます。

この鮎の専門店「あゆの店きむら 京橋店」の定休日は火曜日で、営業時間は9時30分から18時までとなっています。

比内地鶏 ほっこりや

Photo by daisukee

彦根城城下町の「夢京橋キャッスルロード」中央にある「比内地鶏 ほっこりや」は、のびのびとストレス無しに育った引き締まった秋田県産の比内地鶏を味わえるお店です。

このお店のおすすめメニューには、日本一と言われるとろとろ半熟の親子丼の他、秋田名物のきりたんぽ鍋などがあります。

翼果楼

彦根城城下町周辺の翼果楼(よかろう)は、長浜駅から徒歩約5分の場所にある風情あるお店で、昔ながらの町屋を使っています。このお店のおすすめ料理が名物の鯖そうめんです。本来は御飯と一緒に食べますが、単品で注文しても構いません。山椒をかけて食べるとピリッと引き締まった旨味の増すテイストになります。

定休日は毎週火曜日、営業時間は11時30分から22時まで、オーダーストップは20時30分となります。また、現在予約は不可となっています。

翼果楼の予約はこちら

おすすめの食べ歩きスポット

Photo by Kentaro Ohno

彦根城城下町は食べ歩きスポットに溢れています。たこ焼きをせんべいで挟んだユニーなグルメ店「祥福 たこ壱」や石臼で挽いた抹茶を使った抹茶ラテが評判の「政所園 夢京橋店」、アイス感覚で味わうどら焼きのお店「菓心おおすが」など、「夢京橋キャッスルロード」を中心に、随所に食べ歩きスポットがあります。

祥福 たこ壱

Photo by naitokz

彦根城城下町の「祥福 たこ壱」はとろとろのたこ焼き2個をえびせんべいで挟んだ素朴なおやつが人気です。さらっとした手作りソースでさっぱりした後味が残ります。街歩きのお供にもピッタリで、子供にも大人にも人気があります。定休日は月曜日で、営業時間は11時30分から19時です。駐車場はありません。たこせんの料金は180円です。

祥福 たこ壱の予約はこちら
祥福 たこ壱 (彦根/たこ焼き)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

政所園 夢京橋店

Photo by alberth2

彦根城城下町の「政所園 夢京橋店」は彦根店創業者の源三郎氏が使用した石臼で挽いた抹茶を使って作る抹茶ラテが人気です。このラテは、泡を立てたミルクを乗せその上に抹茶パウダーをかけたおすすめのメニューで、香り豊かな抹茶の味わいが心行くまで堪能できます。

定休日は不定で営業時間は9時30分から18時です。抹茶ラテの料金はSサイズが350円となっています。

政所園 夢京橋店の予約はこちら

ELSOL

Photo by akira yamada

彦根城城下町の「ELSOL」は近江牛を使った手作りのハンバーグと厚切りのハム、チーズ、野菜をパンに挟んだハンバーガーが人気のカフェです。このハンバーガーは、子供でも安心して味わえる栄養バランスの良いやさしいテイストのメニューです。定休日は火曜日で営業時間は10時から18時となっています。近江牛バーガーが630円で堪能できます。

ひんやり黒どら焼き

Photo by Zengame

ひんやり黒どら焼きとは彦根城城下町の「菓心おおすが」の名物であるひんやりスイーツ黒どらのことです。このどら焼きは一般のどら焼きとは違い、竹炭を生地に塗り込み、カスタード風味の生クリームを挟んで冷凍し、アイス感覚で味わうどら焼きです。

この黒どらは、食べ歩きがしやすいように1つずつ包んでもらえるため、彦根城城下町の散策には持って来いのひんやりスイーツと言えます。

菓心おおすがの予約はこちら

彦根城城下町のおすすめのお土産見出し

Photo by Kentaro Ohno

彦根城城下町周辺でお土産を購入する場合は、地元特有のお土産を探すと、もらった相手からも喜ばれます。

ひこちゃんのマークが押されたどら焼き「ひこどら」や、彦根の地酒、和ろうそくなど、彦根オリジナルの商品がおすすめです。

埋もれ木

Photo by 極地狐

「埋もれ木」は彦根城城下町の「いと重菓舗」が製造販売しているお菓子で、白玉粉などに砂糖や水飴を加えて練り上げた牛肥の中に白餡を包んで、黒砂糖をまろやかにしたような風味を持つ和三盆で甘味を付けた抹茶を厚くまぶしてあります。

一口食べると表面の抹茶パウダーが溶け、その後に饅頭の食感が感じられます。この「埋もれ木」は彦根らしさが感じられるお土産と言えます。

クラブハリエのバームクーヘン

彦根城城下町周辺の「クラブハリエ」は近江八幡に本店のある洋菓子店で、リーフパイやチズタルトなども人気ですが、一押しはバームクーヘンです。バームクーヘンはしっとりとした食感と深みのあるテイストが特徴で、お土産に最適なグルメです。「クラブハリエ」の彦根店は「彦根美濠の舎」という店舗名で、彦根城の御堀端やキャッスルロードからもほど近い場所にあります。

ひこどら

「ひこどら」は彦根城城下町の和菓子メーカーの「虎てつ」が販売しているどら焼きで、表に可愛いひこにゃんの焼き印が押されています。「ひこどら」の餡には北海道の小豆が使われ、生地にはハチミツがたっぷり練り込まれています。

「ひこどら」は食べ歩きにも適したおすすめのお土産となります。「虎てつ」は彦根城の御堀端に近い「キャッスルリゾート&スパ」の隣に位置しています。

オリンピア

Photo by t-mizo

「オリンピア」は、一見和風店のようで、実は彦根城城下町にある老舗の洋菓子店「中三井」の扱う看板商品で、甘味を押さえたシュークリームの皮のようなもので巻かれたロールケーキです。生クリームの中には、ピーチなどのフルーツが入っており、お土産としておすすめできる商品です。

「オリンピア」の名称は、「オリンピックに出場できるぐらい美味しいお菓子を作りたい」という店主の思いから名付けられたそうです。

地酒

Photo by yto

意外に知られていませんが、滋賀県は酒米の一大産地でもあります。伊吹山や鈴鹿山系から流れ来る綺麗な水が豊富な彦根周辺は清酒造りに向いており、隣の犬上郡に「多賀」、「金亀」といった酒造があります。

彦根城城下町・四番町スクエアの「乃がみや」では、「原酒彦根城」や「本醸造彦根城」、「金箔入彦根城」などの日本酒が販売されており、彦根観光のお土産に購入する人も多いようです。

和ろうそく

彦根城城下町には、「和ろうそく」を扱うお店があります。「和ろうそく」は江戸期には彦根の重要な地場産業で、将軍への献上品の1つにもなっていました。表面に繊細な絵が施された「和ろうそく」は、お土産としても喜ばれる素敵な商品です。ろうそく以外にもアロマキャンドルなども数多く販売されており、これらもお土産に向く商品となっています。

麻製品

Photo by casek

琵琶湖の東岸に位置する彦根は、湖からの湿気と鈴鹿山系から流れるきれいな水のおかげで、麻の栽培に適しており、彦根藩の後押しもあって、麻織物の産地として発展しました。

麻製品は湿気を逃がし、着ると涼しく感じるため、蒸し暑い日本の夏には最適の素材と言えます。着物だけでなく、寝具やクッションカバーなどにも麻が使われている商品が多々あるため、麻商品はお土産としてもおすすめのアイテムです。

戦国武将グッズ

Photo by sgryjp

彦根周辺は、織田信長や豊臣秀吉、石田光成、井伊一族など、名の知れた戦国武将たちがが駆け巡った地域です。彦根城近くには石田三成公の居城であった佐和山城があり、彦根の町の発展にも力を投じた名将として、彼を慕う人たちが多いのもうなずけます。

彦根城城下町の人気キャラ「ひこにゃん」以外にも石田三成公の「みつにゃん」や家臣・島左近の「さこにゃん」など、戦国武将グッズは、話題性もあり、お土産としても人気があります。

彦根城城下町の観光スポット見出し

Photo by Kentaro Ohno

井伊三十五万石の城下町として繁栄を続けてきた彦根には、国宝の彦根城とそれを取り巻く城下町周辺の観光スポットや見所がたくさんあります。

また、城下町の雰囲気を再現した「夢京橋キャッスルロード」には、種々の土産店や食べ物屋が軒を連ねています。

彦根城

Photo by Kentaro Ohno

彦根城は三十五万石を誇る井伊家が築いたお城で、国宝に指定されています。天守の高さは21メートルとやや低めですが、妻破風、入母屋破風、唐破風などの様式が組み合わされた均整の取れた美しさが魅力のお城です。また、二重の堀に囲まれた城郭や大名庭園から見る景観の素晴らしさにも目を奪われます。

住所 滋賀県彦根市金亀町1-1
電話番号 0749-22-2742

玄宮園

Photo by Kentaro Ohno

彦根城城下町の玄宮園は彦根城の北東に位置する大名庭園で、1677年に4代目藩主の井伊直興公によって造営され、3年をかけて完成した庭園です。

玄宮園は広い池を中心とした回遊式庭園となっており、園内には庭園を望みながらお茶と和菓子が楽しめる茶室「鳳翔台」があります。また、紅葉時のライトアップは見応えがあります。

住所 滋賀県彦根市金亀町3
電話番号 0749-22-2742

楽々園

Photo by bryan...

彦根城城下町の「楽々園」は、「玄宮園」と同時期の1677年に井伊家の下屋敷として建てられた建物で、井伊直弼公生誕の地でもあります。

建物の中には入ることができないものの、庭園は無料で鑑賞できます。今は隆盛時と比べかなり縮小されていますが、一時期は現在の10倍もの建物があったそうです。

住所 滋賀県彦根市金亀町3
電話番号 0749-22-2742

彦根城博物館

Photo by Kentaro Ohno

彦根城城下町の「彦根城博物館」は昭和62年に彦根市の市制50周年を記念して、彦根城表御殿跡地に建てられた博物館で、表御殿が復元されています。

館内には井伊家に伝わった美術工芸品や古文書などの他、甲冑や刀剣、茶道具、書画、調度等、種々の展示が観られます。また、中央には能舞台があり、「彦根城能」や「狂言の集い」が開催されます。

住所 滋賀県彦根市金亀町1番1号
電話番号 0749-22-6100

夢京橋キャッスルロード

彦根城城下町の「夢京橋キャッスルロード」は彦根城の堀に架かる京橋付近から展開する雰囲気の良い通りで、江戸期の城下町を再現した街並みには、白壁に黒格子の建物が並んでいます。

キャッスルロードは、和菓子店、レストランなどが軒を連ね、食べ歩きやランチ、お土産などを探すのにおすすめの通りとなっています。

四番町スクエア

Photo by lasta29

彦根城城下町の「四番町スクエア」はキャッスルロードに隣接したスポットで、お土産屋など40店舗ほどのお店が並び、地元の人たちも訪れる落ち着いたエリアとなっています。

このスクエアは「大正ロマン漂う町」をコンセプトにしており、石畳やガス灯、レトロモダンな建物などが観光で訪れる人々に大正ロマンの雰囲気を与えてくれます。

佐和山城跡

Photo by bnhsu

彦根城城下町から程近い「佐和山城跡」は近江の守護・佐々木氏によって築城され、1590年には石田三成公が城主となり、5層の天守を持つ風格のある城となりました。

石田三成公が関ヶ原の戦いに敗れた後、井伊直政公が城主となりましたが、1606年には廃城となっています。現在、この城跡には「佐和山城跡」と書かれた石碑が立っています。

彦根城城下町の寺・神社見出し

Photo by 00_4

彦根城城下町には由緒の深い寺院や神社があります。井伊家ゆかりの「天寧寺」は「五百羅漢」で有名なお寺です。

また、彦根城城下町にある井伊家の菩提寺「龍潭寺」では、毎年「だるままつり」が行われ、その時期には圧倒的な数のだるまの姿を目にすることができます。

天寧寺

Photo by 00_4

彦根城城下町の「天寧寺」は彦根城の反対側に位置する曹洞宗の寺院で、井伊家ゆかりのお寺でもあります。この寺院は丘の上にあるため、境内から彦根の町を一望できます。

「天寧寺」の見どころの1つである「五百羅漢」は、京都の名工・駒井朝運氏によって掘られたという木造の仏像です。また、このお寺の境内には日本一大きな布袋像や井伊大老が好んだ庭園などがあります。

住所 滋賀県彦根市里根町232
電話番号 0749-22-5313

龍潭寺

Photo by uemu

彦根城城下町の「龍潭寺」は2017年にNHKの大河ドラマ「女城主・直虎」でも取り上げられた井伊家の菩提寺・龍潭寺を分寺して建立された寺院で、佐和山を借景にした見事な庭園でも知られています。

このお寺は「だるま寺」とも呼ばれ、境内には大きなだるまが安置されています。毎年4月1日、2日に行われる「だるままつり」では、3000体ものだるまが並び、訪れる観光客を圧倒します。

住所 滋賀県彦根市古沢町1104
電話番号 0749-22-2777

千代神社

彦根城城下町の「千代神社」は彦根城の南に位置する神社で、五穀豊穣、家業繁栄、人生開拓などにご利益が大きいとされています。「千代神社」は彦根で最も古い神社で、本殿が国の重要文化財に指定されています。

この神社には、「芸能の神様」と言われる天宇受売命(あめのうずめのみこと)も祀られており、芸事をする人たちを中心に多くの参拝客が訪れます。

住所 滋賀県彦根市京町2-9-33
電話番号 0749-22-1237

彦根城城下町は歴史的な見どころが豊富!見出し

Photo by s.sawada

井伊家が代々収めた彦根城城下町では、江戸期の城下町を再興した「夢京橋キャッスルロード」を中心とした街造りが行われ、江戸期の情緒に溢れた街並には多くの観光客の姿が見られます。ここではそんな彦根城と城下町について、観光や食べ歩き、ランチ、お土産、キャッスルロードなどの情報を取り入れながら説明してみました。

投稿日: 2019年12月6日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote