地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

御徒町の「吉池」は鮮魚が安いプロ御用達スーパー!食堂のメニューも大人気♪

新鮮な魚介をリーズナブルな値段で購入できるのが御徒町にある吉池です。御徒町の吉池では、鮮魚の販売だけではなく様々な食品や酒類の販売、直営の食堂である吉池食堂の経営も行っています。魅力満載の御徒町の吉池についてご紹介していきましょう。

御徒町にある吉池についてご紹介!見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

御徒町で新鮮な魚介類を購入するのであれば「吉池」がおすすめです。創業99年の老舗の吉池は、市場価格で魚介類を購入できるプロ御用達のスーパーであり、長年地元の方に愛されている人気店です。ビルの9階には吉池食堂という吉池ならではの食堂もありランチタイムにはにぎわっています。そんな吉池についてご紹介していきましょう。

御徒町ランチ特集!食べ放題や安いおすすめ店などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
御徒町ランチ特集!食べ放題や安いおすすめ店などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気の上野駅と秋葉原駅の中間にある御徒町駅。古き良き街並みに新しい文化がプラスされて、進化し続けている場所です。御徒町駅周辺には有名なランチ店もあれば、隠れた名店の様な穴場なランチ店も多く存在します。そこで、御徒町のおすすめランチ店をまとめました。

御徒町にある吉池ってどういうところ?見出し

それでは、御徒町にある吉池について簡単に概要をご紹介しましょう。吉池はJR御徒町駅からすぐの場所にあり、一つのビルが丸ごと「吉池ビル」となっています。御徒町のランドマークともいえる吉池ビルには、吉池関連以外の様々なショップも入っており、スーパーとショップが融合した新たなビルです。

吉池ビルの1階には鮮魚・地下1階は総合食品・地下2階は酒類・日用雑貨が販売されています。9階は吉池食堂という吉池が運営している食堂が入っています。

1階の半分から8階まではユニクロやGU・ユザワヤ・飲食店が多数入っており、吉池で鮮魚を買う際にランチやショッピングも楽しむことができます。

吉池は大正9年に東京都港区で鮮魚小売店を始めたことがルーツとなっています。その後昭和8年に現在の場所にビルを建て、長年御徒町の方に愛されているスーパーとして経営しています。

御徒町にある吉池の1階:鮮魚見出し

それでは、御徒町にある吉池のそれぞれのフロアのご紹介をして行きましょう。まずは1階の「鮮魚」です。吉池の1階は多数の種類の魚が並んでおり活気にあふれていてスーパーというよりもまるで市場にいるかのような感覚を味わうことができます。

スーパーで販売している魚といえば一般的には切り身のものが多いですが、吉池の1階で販売している魚は切り身ではなく丸ごと一匹そのままの形です。いわゆる丸物と呼ばれる一匹丸ごとでの販売のスペースが非常に広々と取ってあり、見ているだけでも楽しむことができます。

鮮魚コーナーで販売している魚は季節によって内容が変わります。その時期の旬のものを安い値段で購入することができため、一年を通して通っているというお客さんも多いです。

他のスーパーではなかなか見かけないような珍しい魚も多く、食べ方を聞いてみるとその道のプロが丁寧に教えてくれます。マグロや鮭などの定番商品も多数ありますので、希望に合わせてどんな魚でも手に入るといっても過言ではないほどの種類の多さです。もちろん魚だけではなく、貝やカニなども水槽に多数揃っています。

吉池では北は北海道から、南は九州まで全国各地から新鮮な魚を取り寄せています。産地直送なので新鮮でそれでいて値段も安いためプロも買いに来るほどの人気です。東京では見かけないような珍しい魚も多数出会えます。

また、時期によっては神奈川の小田原や三崎などで朝に獲れたばかりの鮮魚を昼には並べることもあります。新鮮そのものの魚はなかなか他では手に入りません。吉池のネットワークがあるからこそできる技でしょう。

御徒町の吉池ではマグロの解体ショーも行っている見出し

御徒町にある吉池では、毎週土曜日の15時からマグロの解体ショーも行っています。職人さんが大きな生本マグロをサクサクと解体していく姿は圧巻で、この時間帯は他よりも多くのお客さんが訪れるほどの人気のコーナーです。

もちろんさばいたマグロはその場ですぐに購入することができます。このマグロは他のスーパーなどと比較しても安いうえ、味も美味しいということで常連さんも非常に多く訪れているほどの人気です。

本マグロは大トロ・中トロ・赤身とそれぞれの値段で販売してあります。値段も安いため人気が高く、解体が終わると飛ぶように売れてあっという間に売り切れになってしまうほどです。

本マグロが手に入らなかったという方でも、ミナミマグロも販売しています。ミナミマグロも本マグロに遜色ない味わいでそれでいて本マグロよりも安いということもあり人気の商品となっています。

マグロは地方発送も可能です。遠方に住んでいるという方に吉池のマグロを送ると喜ばれること間違いなしでしょう。送料は別料金となりますのでご注意ください。

御徒町にある吉池の地下1階:総合食品店見出し

御徒町の吉池、続いては地下1階のご紹介です。地下1階はいわゆるスーパーである「総合食品店」となっており、非常に様々な種類の食品が販売されています。

水産加工品や鮭コーナーの他に、精肉や野菜、果物、総菜、パン、飲料など品揃えもよく値段も安いと人気が高く、一般的なスーパーの役割も果たしています。

吉池の地下1階で驚かれるのはその種類の多さです。例えばトマトだけでも多数の産地のものがあり一面に並んトマトコーナーができているほどです。そのため、普段の生活では見ることがないようなものも見比べることができてスーパー好きには非常にワクワクします。

鮮魚と言えば御徒町の吉池ですが、鮮魚だけではないということがこの地下1階フロアに行くと感じられることでしょう。スーパーとして様々な食品が手に入るため、近隣に住んでいるという方は吉池で買い物を済ませるというケースも多いです。

御徒町の吉池では鮭がおすすめ見出し

御徒町にある吉池では、様々な鮮魚が販売されていますが、その中でも特に力を入れているのが「鮭」です。地下1階には広々とした鮭コーナーがあり、多くの種類の鮭やイクラが並んでいます。

というのも、吉池では鮭の本場である北海道の別海町に昭和61年に直営工場を設立しています。その工場で鮭を加工しているのです。一言で鮭と言っても鮭児からキングサーモン・紅鮭・新巻鮭・時鮭など様々な種類が並んでおり値段もそれぞれです。もちろん取り扱っている鮭は全て天然ものとなっています。

Photo by Kuruman

選りすぐりの鮭は切り身でも一匹丸ごとでも購入が可能です。新巻鮭などを一匹まるごと購入して地方発送も可能となっています。その場合には、解凍寸前の状態で切り身にして発送をすることができますので、鮭の美味しさを損なわない最高の状態で相手に届くようになっています。年末年始には地方発送でご利用されるお客さんも多いです。

その他にも鮭を使った加工品も販売しており、特に手軽に食べられる「鮭フレーク」は多くの方からの支持が高く人気の商品です。紅鮭を使った鮭フレークは塩味もちょうどよくご飯が進んで困ってしまうほどの美味しさです。

いずれの鮭も他店と比較すると値段も安い上に、味も絶品だと人気が高いです。鮭と言えば吉池だというお客さんも多いです。

Photo byWow_Pho

吉池での鮭の多くは「山漬け」という手法をとっています。山漬けとは、獲れたばかりの鮭を浜でさばいて塩加工をし、荒むしの上に山積みして一昼夜寝かせて上下を入れ替えることによって塩がどの鮭にもまんべんなくいきわたるようにするという手法です。

山漬けは手間暇がかかるため、近年はあまり行わないところも多いですが、吉池ではこの昔ながらの山漬けの方法にこだわっています。というのも、山漬けを行うとその分、身が凝縮されてうま味がしっかりと感じられるようになるのです。

余分な水分が抜けてうま味が感じられる山漬けは、吉池で取り扱っている鮭のほとんどに行っています。そのため吉池で購入する鮭は他のスーパーなどと比較しても非常に美味しいのです。

御徒町にある吉池の地下2階:酒類・日用雑貨見出し

続いて、御徒町にある吉池の地下2階のご紹介です。地下2階には「酒類・日用雑貨」を販売しています。新潟の地酒を中心として、日本酒や焼酎、ワインなど様々な酒類が販売されています。

その他にも、調理用品や衛生用品などを安い価格で販売しています。吉池ではスーパーだけではなくホームセンターのような役割も果たしています。さらに100円均一コーナーもあり、掘り出し物もみつかるかもしれません。吉池では日頃の生活に寄り添って様々なものを販売しています。

御徒町にある吉池では新潟の地酒が充実見出し

吉池の地下2階では、酒類を多数販売していますがその中でも目に付くのが「新潟の地酒」ではないでしょうか。吉池では特に新潟の地酒に力を入れて販売しています。というのも、吉池の社長は新潟出身とのこと。そのため、新潟の地酒が一面に並んでいるのです。

東京にいてはなかなか手に入らないような珍しい地酒もあり、新潟出身の方でも驚くほどの種類です。もちろん、新潟以外の全国の地酒も多数揃っていますので日本酒が好きだという方はぜひ御徒町の吉池の地下2階を訪れてみてください。

御徒町にある吉池の9階:吉池食堂見出し

御徒町にある吉池の9階は「吉池食堂」というお食事が楽しめるスペースになっています。この吉池食堂では、和食と洋食・寿司の3つの店舗があります。その3店舗は壁や区切りがないためフードコートのような造りになっており、それぞれ好きなお店で購入して食べることができるようになっています。

家族や友達と吉池食堂を訪れて、それぞれが食べたいものを自由に選ぶことができるため、食べ終わったあとの満足度は非常に高いです。メニューの数も豊富にそろっており、どれにしようか迷ってしまうほどです。

また、吉池食堂は非常に広々としており、大宴会場や小上がり席、個室など選択肢も多数あります。そのため、シーンに合わせて選ぶことができるのも人気の理由の一つです。広いガラス張りの窓からはスカイツリーを眺めることもできます。

座席の数も300席と非常に広く、混雑しているような時間帯であっても意外とスムーズに席を用意してもらえます。

放心亭

吉池食堂に入っている3店舗をそれぞれ簡単にご紹介しましょう。まずは「放心亭」です。和洋中の全てのジャンルを網羅しているのが放心亭です。伝統的な和食や洋食、中華料理などジャンルにとらわれず様々なメニューが揃っています。お酒のおつまみになるようなメニューもあり、ちょっと一杯飲みたいというときにもぴったりのお店です。

寿司処 しゅん

鮮魚を取り扱っている吉池らしく、絶品のお寿司が食べられるのが「寿司処 しゅん」です。店名の通り、旬の食材をプロの職人さんが握った最高に美味しいお寿司を味わうことができます。美味しいお寿司でありながらも、それでいて値段も安いため、気軽にお寿司が食べられると人気が高いお店です。

うまい処 池田屋

刺身やほっけ焼き、一品料理などお酒に合うメニューが多数並んでいるのが「うまい処 池田屋」です。新鮮な魚の他にも焼き鳥や珍味などもあり、お酒が進んでしまうこと間違いなしのお店です。もちろんご飯のおかずとしていただくのにもぴったりのメニューも揃っています。

御徒町の吉池食堂のおすすめメニュー1:北海飯見出し

吉池食堂ではあまりに多数のメニューがあるため、何を注文したらいいのかわからないという方もいるほどです。そこで、吉池食堂でぜひ注文してほしいおすすめのメニューをご紹介します。吉池食堂のメニューは安い上に美味しいものが揃っています。まず最初は「北海飯」で値段は1280円です。

北海飯はおひつに入って提供され、しゃもじで茶碗によそって食べるようになっています。そのため、一人で食べるのも、大勢でシェアしながら食べるのもどちらもおすすめです。

おひつにはご飯が敷き詰められており、その上にはたっぷりの時鮭のほぐした身がかけられています。中心部にはいくらとカニ・ホタテが盛り付けられており見た目も美しく食べるのがもったいなくなるほどです。

どこを食べても時鮭が口の中に入ってくるほどで、新鮮で美味しいイクラやホタテがアクセントになっています。1380円という値段も内容を考えると安いほどです。多くの方が注文している人気メニューです。北海飯はサラダと味噌汁・漬物がついています。

御徒町の吉池食堂のおすすめメニュー2:鮭・いくらオムライス見出し

吉池では多数の鮭を取り扱っており、鮭の味には定評があります。そんな鮭をふんだんに使ったオムライスが「鮭・いくらオムライス」です。オムライスといえば具材に使うのは鶏肉やベーコンなどのお肉類ですがこのオムライスに使われている具材は鮭です。

卵に包まれているご飯に使用されているのは鮭で、ぱらっとした仕上がりです。単体で食べても鮭チャーハンとして美味しい仕上がりになっています。卵はふわふわで、トップにイクラがのっています。このイクラを卵やライスとともに食べると塩味が追加され絶妙な美味しさに変化します。

メニュー名だけではなかなか想像がつきにくい鮭・いくらオムライスですが食べてみるとその仕上がりのレベルの高さに驚くでしょう。絶品のオムライスです。

御徒町の吉池食堂のおすすめメニュー3:ビーフシチュー見出し

御徒町の吉池食堂では、魚料理も美味しいですが「ビーフシチュー」にも定評があります。ご飯がついて1480円と他のメニューと比較すると少々高めにはなりますが、それでも非常に満足度が高い人気のメニューです。

一口では食べられないほどの大きなサイズの牛肉がゴロゴロと入っており非常に柔らかく煮込まれています。スプーンで簡単にほぐれる柔らかさで、牛肉以外の野菜もたっぷりと入っており食べごたえも抜群です。

本格的なビーフシチューをこの値段で食べられるのは逆に安いという方もいるほどです。吉池食堂で洋食が食べたくなった時におすすめです。

御徒町の吉池食堂のおすすめメニュー4:カキフライ見出し

御徒町での吉池食堂でおすすめなのが「カキフライ」です。単品で注文されている方も多い人気のメニューです。吉池食堂のカキフライには2種類のメニューがあり、広島県産のカキフライ(4個)は1200円、北海道 仙鳳趾産の生カキフライ(3個)は1500円です。広島産のカキフライは16時半までは定食でも提供しています。定食は安いのでお得です。

特に生カキフライはおすすめで、注文を受けてから殻から剥きはじめるほどのこだわりです。カキ自体の身が非常に大きくて、ぷりぷりとした食感で食べごたえも抜群です。数量限定なので遅い時間には売り切れてしまっていることもありますのでご了承ください。

御徒町の吉池食堂のおすすめメニュー5:新潟・栃尾のジャンボ油揚げ見出し

新潟にある栃尾ではジャンボ油揚げが名物です。まるで油揚げと見間違えるかのような大きさの油揚げを吉池食堂でもいただくことができます。「新潟・栃尾のジャンボ油揚げ」は800円です。栃尾では多数のジャンボ油揚げがありますが、吉池食堂で取り扱っているものは長岡市の「豆撰」のものです。

ジャンボ油揚げは低温と高温で二度揚げしています。そのため、外はパリっとしていながらも中はジューシーで非常に美味しいと評判です。なかなか東京でジャンボ油揚げを食べる機会は少ないので、吉池食堂で初めて食べるという方も多いでしょう。

ジャンボ油揚げは、間にネギと味噌を挟んでこんがりと焼き上げています。油揚げ自体はさっぱりとしていてたんぱくな味わいなので、中のネギ味噌がしっかりと味がついて非常に美味しいです。

お酒のおつまみにぴったりで、日本酒によく合います。新潟の地酒が揃っているので、ぜひ合わせて飲んでみるのをおすすめします。

御徒町にある吉池の店舗基本情報見出し

最後に、吉池の店舗基本情報についてご紹介します。スーパーとしての役割もあり、美味しい食事も楽しむことができるという吉池は御徒町では有名なスポットです。吉池に行かれる前にぜひしっかりと基本情報をチェックしてみてください。営業時間・定休日・アクセス方法についてご紹介します。

営業時間・定休日

Photo byMonoar

まずは吉池の営業時間・定休日についてです。吉池はフロアによって営業時間が変わります。1階と地下1階・地下2階は9時半から20時半までの営業です。

9階の吉池食堂の営業時間は月曜から土曜までは11時から23時まで、日曜と祝日は11時から22時までです。いずれも定休日はなく年中無休での営業です。

アクセス方法

Photo by zenjiro

続いて吉池のアクセス方法についてです。吉池はJR「御徒町駅」・東京メトロ日比谷線「仲御徒町駅」・銀座線「上野広小路駅」・都営大江戸線「上野御徒町駅」からそれぞれ1分程度で到着します。最も近いのがJR御徒町駅で、出口を出たらすぐに吉池のビルが目の前に見えます。

吉池には専用の駐車場はありません。そのため、車で行かれるという場合には近隣の有料駐車場をご利用ください。

住所 東京都台東区上野3-27-12
電話番号 03-3831-0141

鮮魚を買うなら御徒町の吉池に行こう!見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

御徒町にある吉池についてご紹介しました。安い値段で新鮮な魚介類を購入できる吉池。スーパーとしての利用だけではなく美味しい食事も楽しめる食堂もあり、御徒町にでは非常に人気が高いスポットです。見ているだけでも楽しめる吉池、御徒町に行かれる際には一度足を運んでみてはいかがでしょう。

投稿日: 2020年2月24日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote