地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

東京観光スポット30選!おすすめから穴場までご紹介

国内の方だけでなく、外国人観光客にも人気の東京。日本の大都市・東京には大人から子どもまで、カップルや家族、友だち同士で訪れても楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、東京のエリア別におすすめ観光スポットをご紹介します。
東京で遊ぶけれど、どこに行くべきか悩んでいる方は、こちらの記事を参考に旅程を立ててみるのはいかがでしょうか?

東京下町エリア|風情感じる東京の観光スポット見出し

【浅草寺】古き良き東京の名所は外国人にも人気

東京の観光地といえば、外国人観光客にも人気の「浅草寺」。真っ赤な提灯が吊るされている雷門は浅草寺のフォトスポットです。観光に来た記念に一枚撮るのもいいですね!雷門をくぐった先には仲見世通りが浅草寺まで続いています。人形焼や焼きまんじゅうなどのお店が軒を連ねており、食べ歩きにぴったりな観光スポットです。

▶︎アクセス:都営地下鉄浅草線 浅草駅 A4出口より徒歩5分
▶︎営業時間:境内は24時間出入り自由。本堂参拝時間は6:00~17:00

【東京スカイツリー】東京を一望できる観光スポット

浅草エリアのもう一つの観光スポットといえば「東京スカイツリー」です。2012年に開業した新しい東京のシンボルは、なんと高さが634mもあります。展望デッキは350m、天望回廊は450mの高さから東京を一望でき、天気のいい日には遠くに富士山が見えることも!さらに、東京スカイツリーの足元にはショッピングを楽しめる「東京ソラマチ」や水族館、プラネタリウムも併設されています。

▶︎アクセス:とうきょうスカイツリー駅 正面口/押上駅 地下3F B3出口・A2出口
▶︎住所:東京都墨田区押上1-1-2
▶︎営業時間:10:00~21:00
▶︎休業日:不定休

【国立科学博物館】学んで遊べる観光スポット

歴史ある博物館のうちの一つである「国立科学博物館」。この博物館は日本館と地球館に分かれています。日本館は、日本に生息した恐竜についての展示や、日本人の歴史について知ることができるエリアです。地球館は、地球全体の視点で生命の誕生や、自然・環境の仕組み、科学技術の歩みなどについて知ることができます。楽しみながら学ぶことができるので子連れ観光スポットとしてもおすすめです。

▶︎アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩5分/東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅 7番出口より徒歩10分/京成線 京成上野駅 正面口より徒歩10分
▶︎住所:東京都台東区上野公園7-20
▶︎営業時間:通常 9:00 ~17:00(入館は16:30 まで)/金曜日・土曜日 9:00 ~18:00
▶︎休業日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)/年末年始(12月28日~1月1日)
▶︎料金:常設展示 一般・大学生 630円/高校生(高等専門学校生含む)以下 無料

東京駅周辺エリア|大人の人気観光スポット見出し

【東京駅】歴史漂う100年前の駅舎が復元

「東京駅」といえば赤レンガの駅舎。実は1914年に建てられた駅舎を復元したものです。丸の内中央広場から撮る駅舎は重厚感が溢れ、格調高い雰囲気をまとった一枚を撮ることができます。夜のライトアップされた東京駅も魅力的♪

さらに、東京駅内には「東京駅一番街」や駅を出たすぐ向かいには「KITTE」という商業施設もあるので、ショッピングを楽しむこともできます。お土産選びにぴったりの観光スポットですね!東京駅を使う際はぜひ訪れてみてください。

▶︎アクセス:東京駅丸の内中央口から徒歩約0分(直結)

【銀座】ショッピングするなら銀ブラが◎

東京の有名ショッピング街といえば「銀座」。高級ブランド店や有名なレストランが立ち並び、大人の観光スポットとして人気です。

最近では、「GINZA SIX」や「東急プラザ銀座」、「GINZA PLACE」などの大型商業施設も開業し、さまざまなブランドのお買い物が楽しめるようになりました。

土日祝日には銀座通りが歩行者天国になります。

東京に来た際は優雅に銀座をブラブラと歩きながら、お買い物を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

▶︎アクセス:銀座線 丸の内線 日比谷線 銀座駅

【歌舞伎座】歴史ある専用劇場で伝統文化を堪能!

2013年にリニューアルされた「歌舞伎座」。日本の伝統芸能を知る上で欠かせない観光スポットです。歌舞伎の公演は一年を通して全国各地で催されていますが、専用劇場の歌舞伎座は最も華やかな舞台とされています。

敷居が高いイメージの歌舞伎座ですが、イヤホンガイドを使うことで、物語のあらすじや聞き取りにくいセリフの解説、衣装や小道具についてレクチャーを聞けるので、初心者でも十分に楽しむことができるんです♪

▶︎アクセス:東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅 3番出口すぐ/東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A7番出口より徒歩5分

東京湾岸エリア|グルメ・夜景・レジャーが揃う観光スポット見出し

【豊洲市場】グルメ好きにおすすめ!東京の新スポット

マグロのセリを見られることで有名だった築地市場。築地から2018年に移転した「豊洲市場」でも、もちろんマグロのセリを見学することはできます!新しく日本の食流通を支える場として観光に人気のスポットです。

さらに、セリだけでなく場内グルメも築地市場同様に「豊洲市場」でも楽しむことができます。食のプロが取り揃えた食材でグルメを堪能できるのは贅沢かも♪

▶︎アクセス:ゆりかもめ「市場前駅」下車
▶︎住所:江東区豊洲6-5-1
▶︎営業時間:5:00~15:00

【東京ジョイポリス】雨の東京観光なら室内型遊園地!

雨の日でも思いっきり遊びたい方におすすめなのが「東京ジョイポリス」。国内最大級の室内型遊園地では、回転型ジェットコースターのほか、最新技術VRを使ったアトラクションなど20種類以上のアトラクションを楽しむことができます。

また、「東京ジョイポリス」は商業施設「デックス東京ビーチ」内にあるため、ショッピングも楽しむことができます!

雨の日に東京で遊び尽くしたい人はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

▶︎アクセス:ゆりかもめ お台場海浜公園 から徒歩2分/りんかい線 東京テレポート駅より徒歩5分
▶︎住所:港区台場1-6-1 DECKS Tokyo Beach 3F~5F
▶︎営業時間:平日10:00~20:00/土日・祝日10:00~21:00

【大江戸温泉物語】江戸を感じる温泉でひと休み

日本らしさを感じることができる温泉宿泊施設といえば「東京お台場 大江戸温泉物語」です。江戸の街並みを再現した館内では浴衣を着て過ごします。館内には温泉だけでなく、居酒屋やレストラン、縁日なども!2種類の岩盤浴もあるため、女性同士で美容目的に訪れるのもいいですね♪

▶︎アクセス:ゆりかもめ テレコムセンター駅から徒歩2分/りんかい線 東京テレポート駅より無料シャトルバスで約6分
▶︎住所:東京都江東区青海2-6-3
▶︎営業時間:日帰りのご利用 11:00~26:00/朝風呂のご利用 5:00~9:00
▶︎料金:平日昼間 大人2,768円/ナイター 大人2,218円/小人1,078円

六本木・渋谷周辺エリア|日本の流行が集まる観光スポット見出し

【東京タワー】東京のランドマークから絶景を眺めよう

高さ333mの東京のシンボルとして有名な「東京タワー」。
東京観光でどこに行こうか迷っている方はまず「東京タワー」に足を運んでみましょう!
東京タワーはトップデッキ(250m)とメインデッキ(150m)の2つの展望台があり、東京の景色を東西南北のどの方位も楽しむことができます。
またおみやげや飲食店が充実しているのもポイントの1つです。

▶︎アクセス:都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅 徒歩約5分、東京メトロ日比谷線 神谷町駅 徒歩約7分
▶︎営業時間:9:00~23:00(※最終入場22:30)
▶︎休業日:年中無休
▶︎料金:メインデッキ 大人1,200円、高校生1,000円、子供700円、幼児500円/トップデッキツアー 大人3,000円、高校生2,800円、子供2,000円、幼児1,400円

【六本木ヒルズ】東京の夜景ならヒルズ展望台が◎

オフィスビルとしてのみならず、美術館や映画館、展望台が有名な「六本木ヒルズ」。
複合施設として、東京で人気の観光スポットです。
「六本木ヒルズ」は美術館や映画館、展望台など魅力的なスポットがたくさんあるため、楽しみ方は自由自在です。特に六本木ヒルズ森タワー52階の展望台から見る東京の夜景はとても綺麗で人気ですよ。

▶︎アクセス:都営地下鉄大江戸線 六本木 徒歩約6分、東京メトロ日比谷線 六本木 徒歩約3分
▶︎営業時間:森美術館 10:00~22:00(最終入館 21:30、※火曜日のみ10:00~17:00(最終入館 16:30))、屋上スカイデッキ 11:00~20:00(最終入館 19:30)、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 屋内展望台 10:00~22:00(最終入館 21:30) 各施設によって異なります
▶︎休業日:施設によって休業日は異なります
▶︎料金:施設によって料金は異なります

【渋谷ストリーム】若者の街・渋谷の新しい観光スポット

「渋谷ストリーム」は1F~3Fには飲食店、4F,9F~13Fにはホテルが入っています。イベントを行っていることも多いので訪れる前に調べておくことがおすすめ!
「渋谷ストリーム」は2つの広場と遊歩道があるため、都会にいながら自然を感じることもできます。ランチの後に散歩をしてみてもいいですね。

▶︎アクセス:東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線 渋谷駅 直通
▶︎営業時間:施設によって営業時間は異なります
▶︎休業日:施設によって休業日は異なります
▶︎料金:施設によって料金は異なります

【MIYASHITA PARK】ハイブランドからご当地グルメまで揃う新名所

東京の新名所として、有名な「MIYASHITA PARK」。ホテル、パーク、ショップの3つから構成されています。

公園にはスケート場やボルダリングウォール、多目的運動施設があり、休日は賑わっています。また芝生の広場もあり、くつろげるのも魅力です。

ご当地グルメを堪能できる居酒屋が立ち並ぶ「渋谷横丁」が並列しているので、渋谷で飲み歩きをしたい方にもおすすめのスポット♪

▶︎アクセス:JR 山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ半蔵門線・銀座線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩約3分
▶︎営業時間:施設によって営業時間は異なります
▶︎休業日:施設によって休業日は異なります
▶︎料金:施設によって料金は異なります

新宿・池袋周辺エリア|充実のアクセスで観光しやすいスポット見出し

【新宿御苑】都会のオアシスで自然を楽しむ

「新宿御苑」は都会の中心に位置する大きな公園です。「新宿御苑」の歴史は長く、明治39年(1906)に皇室庭園として誕生しました。(※公式HP参照)
自然、歴史どちらにも触れることのできる観光スポットとして人気で、特に桜や紅葉の時期に多くの観光客が訪れます。
ピクニックをしたり、散歩をしたりする方も多く、ゆっくりとした落ち着いた雰囲気が流れる公園です。
ゆっくりと観光を楽しみたいという方は新宿御苑を訪れてみてはいかがでしょうか?

▶︎アクセス:JR・京王・小田急線新宿駅南口 徒歩約10分、東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅 徒歩約5分
▶︎営業時間:10/1~3/14 9:00~16:30、3/15~9/30 9:00~18:00、7/1~8/20 9:00~19:00(※入園は閉園30分前まで)
▶︎休業日:毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
▶︎料金:一般 500円、65際以上 250円、学生(高校生以上) 250円

【サンシャイン水族館】大人も子どもも楽しい都市型水族館

池袋にある大型水族館として有名な「サンシャイン水族館」。
ペンギン、アシカ、クラゲが人気ですが、特に人気な動物がペンギンです。大空を羽ばたくように泳ぐ“天空のペンギン”は「サンシャイン水族館」で人気のスポット♪
イベントやパフォーマンスも充実しているため、事前に調べてから行くのがおすすめです。
サンシャイン水族館でぜひ可愛い海の生き物を眺めてみてはいかがでしょうか。

▶︎アクセス:JR・東京メトロ・西武線・東武線池袋駅 徒歩約8分、東京メトロ有楽町線 東池袋 徒歩約3分
▶︎営業時間:10:00~18:00
▶︎休業日:年中無休
▶︎料金:大人(高校生以上) 2,400円、こども 1,200円、幼児 700円

【東京ドームシティ】充実の施設で一日中遊ぼう!

読売ジャイアンツの専用球場として有名な東京ドーム。「東京ドームシティ」はその隣に広がるアトラクション施設です。
「東京ドームシティ アトラクションズ」や「東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア」など子どもから大人まで楽しめる施設がたくさんあります。
特に「東京ドームシティ アトラクションズ」は人気の施設で、地上80mから東京の景色を堪能できる観覧車「ビッグ・オー」はおすすめです。アトラクションごとに料金が異なるため注意しましょう。

▶︎アクセス:JR・都営地下鉄三田線 水道橋駅 徒歩約1分、東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅 徒歩約6分
▶︎営業時間:施設によって営業時間は異なります
▶︎休業日:施設によって休業日は異なります
▶︎料金:施設によって料金は異なります

【東京大神宮】東京のお伊勢さまで縁結び!?

心結び、縁結び、幸結びの神社として有名な「東京大神宮」。明治13年に創建された歴史ある建物です。最初は日比谷の地に鎮座していたことから、「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改めております。(※公式HP参照)
おみくじやお守りの種類も豊富のため、若い女性に人気の観光スポットです。

▶︎アクセス:JR中央・総武線・東京メトロ有楽町線・南北線・東西線・都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅約5分
▶︎営業時間:8:00~19:00

【神楽坂】東京観光の穴場でグルメも観光も堪能しよう

情緒漂う雰囲気が魅力の「神楽坂」。路地裏や雑貨店、カフェなど観光にとても向いているスポットです。神楽坂には石畳の道や黒塀などがあり、趣があります。
「赤城神社」は神楽坂の中でも特に人気の観光スポットで、境内にはゆっくりとできるカフェがあります。
観光もグルメも楽しめる神楽坂を東京で観光する際の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

▶︎アクセス:東西線 神楽坂駅

西東京エリア|自然もエンタメも楽しめる観光スポット見出し

投稿日: 2020年12月10日最終更新日: 2020年12月10日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote