地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ファミレスで食べられる絶品パフェを徹底比較!美味しくて安いものは?

ファミレスで食べられる絶品パフェを徹底比較!美味しくて安いものは?

様々なファミレスがありますが、いずれのファミレスでも美味しいパフェを食べることが出来ます。そこでそれぞれのファミレスのパフェをジャンルごとに比較し、おすすめのメニューをご紹介します。ファミレスでスイーツが食べたくなったときに参考にしてください。

ファミレスの美味しいパフェを徹底比較!見出し

Photo by Kanko*

ランチやディナーなどのお食事だけではなく、スイーツやお茶のちょっとした休憩といったように一日中楽しめるのがファミレスの魅力です。気軽に利用できるので、家族連れや友人同士、仕事中や一人でと様々なシーンで利用されています。

ガストやココス、ジョナサンなど様々なファミレスがありますが、それぞれの店舗によって独自のメニューを展開しているので好みのファミレスがあるという方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回はファミレスでのおすすめパフェをご紹介します。

人気パフェの味やカロリーもチェック!

Photo by nwhitely

ファミレスによって様々なパフェがあり、季節限定のパフェを食べるために訪れるという方もいらっしゃいます。そこで、人気のパフェの味や、女性が気になるカロリーも併せてご紹介していきましょう。

ファミレスの美味しいチョコレート系パフェ 6選見出し

Photo by ume-y

ファミレスの美味しいパフェをジャンル別にご紹介していきましょう。まずは「チョコレート系」のパフェです。パフェの中でも定番のチョコレートパフェ。甘いものが好きな方には特におすすめです。

DEVIL'S ブラウニーサンデー(デニーズ)

デニーズでチョコレート系のパフェが食べたくなった時におすすめなのが「DEVIL'S ブラウニーサンデー」です。まず特筆すべきはその大きさでしょう。トールサイズのグラスにたっぷりと入っており満足度が高いです。

チョコレートアイスクリームとチョコレートプリン・ココアコーン・ブラウニーとチョコレートのスイーツがたっぷりと入っており、どこを食べてもチョコの味が堪能できます。それぞれの食感の違いや濃厚を楽しみましょう。

値段は税込み630円、586キロカロリーです。デニーズのスイーツメニューの中で比較してもカロリーは高めだといえるでしょう。

GODIVAチョコレートミニパルフェ(デニーズ)

デニーズで期間限定で楽しめるのが「GODIVAチョコレートミニパルフェ」です。GODIVAとデニーズがコラボしたパフェで、チョコレートの美味しさを最大限に引き出しています。

チョコレートアイスとカカオソルベ・カカオゼリー・ミルクチョコレートクリームと上から下までチョコレートが詰まっています。トップのバナナとラズベリーが味のアクセントになっています。

値段は税込み658円で、324キロカロリーです。もっと沢山食べたいという方には「GODIVAチョコレートサンデー」もおすすめです。

クラシック・ショコラパフェ(ジョナサン)

バナナやコーンフレークといったチョコレートと相性抜群のスイーツが一度に楽しめるのがジョナサンの「クラシック・ショコラパフェ」です。何層にもなっており、食べ進めていくと違う味わいが楽しめるのがポイントです。

ソフトクリームにチョコレートアイス・コーンフレーク・バナナ・クラシックショコラとボリューム満点です。トップにはクラシックショコラが乗っており、パフェとケーキを一度に味わうことが出来ます

値段は税抜き699円です。ジョナサンでは他にもクラシックショコラ単品やチョコアイス単品もあります。

チョコレートとバナナのミルキーソフトクリームパフェ(不二家)

不二家のお菓子やケーキが好きだという方も多いのではないでしょうか。不二家にはケーキを購入できる洋菓子店の他にお食事もいただけるファミレスである不二家レストランがあります。

不二家でチョコレートを使ったパフェのおすすめは「チョコレートとバナナのミルキーソフトクリームパフェ」です。チョコレートと相性抜群のバナナが使用されており、パフェの間には不二家で人気のホームパイを砕いたものが挟まっています。

値段は税抜き650円で、685キロカロリーです。トップのソフトクリームは不二家のミルキーのように甘くてしっかりとしたミルクの味が感じられます。

チョコパフェ(ココス)

ミニサイズなので食べやすく、それでいてチョコレートをしっかりと堪能できるのがココスの「チョコパフェ」です。チョコレートアイスやブラウニー・チョコレートソースがかかっており、様々なチョコ味を楽しめます。

パフェの底にはコーヒーゼリーが入っており、コーヒーゼリーの苦みとチョコレートの甘さのバランスが絶妙です。値段は税抜き390円、310キロカロリーです。お食事の後にぴったりのグラスデザートです。

ホットファッジサンデー(ロイヤルホスト)

パフェに自分で温かいチョコレートソースをかけていただくのがロイヤルホストの「ホットファッジサンデー」です。使用しているチョコレートアイスクリームはベルギー産のもので上質な味わいです。

チョコレートソースは高カカオでビターな味わい、ピーカンナッツが散りばめられて良いアクセントになっています。

値段は税抜き780円、一部店舗では税抜き830円です。761キロカロリーと他のチョコレート系パフェと比較すると高めにはなりますが、その分満足度も高いです。

ロイヤルホストのデザートが美味しいと大人気!おすすめメニュー・値段は?のイメージ
ロイヤルホストのデザートが美味しいと大人気!おすすめメニュー・値段は?
大人気のロイヤルホストは少し高級感の漂うファミリーレストランとなります。ロイヤルホストでは素材にこだわった美味しいメニューからデザートまで充実しています。今回ロイヤルホストのおすすめデザートメニューをまとめてご紹介させていただきますのでチェックをしましょう。

ファミレスの美味しいフルーツ系パフェ 7選見出し

Photo bydbreen

続いては、ファミレスの美味しいパフェの中でも「フルーツ系」です。ファミレスでは季節ごとに様々なフルーツを使ったパフェが販売されています。そのまま食べても美味しいフルーツはパフェになってももちろん美味しいです。

苺のブリュレパフェ(ロイヤルホスト)

ロイヤルホストで毎年人気が高いパフェが「苺のブリュレパフェ」です。発売になると同時にSNSでも多数投稿があるほどで、見た目も美しく味ももちろん美味しいと多くの方が楽しみにしているパフェです。

パフェの表面はキャラメリゼされているクレームブリュレになっており、塩キャラメルアイスやイチゴのシャーベットなど食感も様々です。

値段は税抜き880円で、479キロカロリーです。ロイヤルホストでは他にもフレジェ仕立ての苺パフェもおすすめです。

ストロベリーのミルキーソフトクリームパフェ(不二家)

不二家で食べられるパフェは3種類ありますが、イチゴが好きな方におすすめなのが「ストロベリーのミルキーソフトクリームパフェ」です。

パフェのトップにたっぷりの生イチゴがのっており、ストロベリーアイスやストロベリーソースがかかっているのでイチゴを存分に堪能できます。

税抜き650円で、581キロカロリーです。不二家でイチゴ以外に様々なフルーツのパフェが食べたいというときには「彩りフルーツのミルキーソフトクリームパフェ」もおすすめです。

国産いちごと生チョコレートのパフェ(ジョナサン)

イチゴもチョコも食べたいという方におすすめのパフェがジョナサンの「国産いちごと生チョコレートパフェ」です。トップに飾られているイチゴはハート形にカットされており見た目も可愛くてテンションが上がります。

ホイップクリームやイチゴソース・チョコアイス・生チョコ・コーンフレーク・イチゴゼリーなどが層になっています。生チョコはダイスカットされておりパフェの中でも良いアクセントです。

値段は税抜き799円です。2021年2月24日までの期間限定メニューなので気になる方はお早めにジョナサンへ。

フルーツ&ヨーグルトパフェ(ジョナサン)

Photo byPexels

様々なフルーツとあっさりとしたヨーグルトを使ったパフェがジョナサンの「フルーツ&ヨーグルトパフェ」です。トップにはミックスベリーとキウイ・マンゴーが乗っており彩りも美しくついつい写真を撮りたくなってしまいます。

ヨーグルトとバニラアイス・ストロベリーソース・生クリームが層になっており、トップにはパイがトッピングされています。パイのサクサクした食感がアクセントです。

値段は税抜き642円で325キロカロリーです。ヨーグルトのパフェなのであっさりとしており大きめですがデザートにぺろりと食べきれてしまいます。

いちごのトライフル(ガスト)

スイーツの種類が豊富なファミレスといえばガストの名前を出す方も多いでしょう。ガストのフルーツ系のパフェでおすすめなのは「いちごのトライフル」です。

中にはイチゴの他にパンケーキやヨーグルト・生クリーム・季節のフルーツの他にナッツも入っておりぎっしりと中が詰まっています。ナッツが良いアクセントになっており、食感や風味の違いも楽しめます。値段は税抜き399円と比較的安いのも嬉しいポイントです。

プリン・ア・ラ・モードパフェ(ガスト)

プリンもイチゴもブラウニーも、一度で全てが味わえるのがガストの「プリン・ア・ラ・モードパフェ」です。ガストの他のパフェと比較しても多くの食材が使われており、食べごたえも抜群です。

生クリームやソフトクリームの他に、プリン・パンケーキ・チョコブラウニー・イチゴ・コーンフレーク・アーモンドなど様々なスイーツが盛り込まれています。値段は税抜き599円です。

マンゴーのグラスパフェ(ココス)

シャンパングラスに入っている見た目も美しいパフェがココスの「マンゴーのグラスパフェ」です。マンゴーの果肉がたっぷり入っており、口に入れるととろけていきます。

パンナコッタと天然水ゼリー・バニラアイス・マンゴーが層になっており、天然水ゼリーが透明なのでバニラアイスが溶けていくと色が変わって見ているだけでも楽しめます。

値段は税抜き290円、224キロカロリーです。ココスのグラスパフェはマンゴー以外にもストロベリーとシエルブルーの3種類があります。

ガストのデザート一覧!人気おすすめメニューの値段・口コミも紹介!のイメージ
ガストのデザート一覧!人気おすすめメニューの値段・口コミも紹介!
大人気のファミレス、ガストには絶品のデザートメニューが多彩にそろっています。今回はガストで人気のデザートを一覧の形でご紹介します。いずれも口コミで高評価のメニューばかり、値段や口コミの情報も掲載してぜひ食べたくなるガストのおすすめデザート情報です。

ファミレスの美味しい和風パフェ 3選見出し

Photo by inunami

ファミレスの美味しいパフェ、最後にご紹介するのは「和風」のパフェです。パフェといえば洋風のスイーツですが、ファミレスのパフェは宇治抹茶やほうじ茶など和風の食材を使って見事に和風パフェに仕上がっています。

抹茶白玉ミニパルフェ~京都府産宇治抹茶使用(デニーズ)

京都府産の宇治抹茶を使った濃厚な抹茶味を楽しめるパフェがデニーズの「抹茶白玉ミニパルフェ」です。宇治抹茶は一番摘みの茶葉のみを使用しているほどのこだわりで、美しい深緑色をした抹茶アイスに仕上がっています。

他にも、葛饅頭や白玉、ゆであずきや黒蜜が合わさっており、さらに生クリームとバニラアイスも加わって全体のバランスが取れています。

値段は税込み548円で356キロカロリーです。ミニサイズのパフェなので食後のデザートやちょっと甘いものが食べたいというときにおすすめです。

ほうじ茶の和風ぱふぇ(ココス)

ココスでは和風のパフェのメニューが豊富です。「ほうじ茶の和風ぱふぇ」は老若男女問わず多くの方が注文している人気のメニューです。

静岡県産のほうじ茶を使用しており、ほうじ茶の香りがしっかりと感じられます。わらび餅や白玉、黒ゴマアイスなど和のスイーツがたっぷりとのっています。

値段は税抜き390円、340キロカロリーです。ほうじ茶が好きな方にはココスの「ほうじ茶ソースと黒胡麻アイスの和風くれぇぷ」もおすすめです。

宇治抹茶の和風ぱふぇ(ココス)

ココスではほうじ茶のパフェの他に「宇治抹茶の和風パフェ」もおすすめです。使用している宇治抹茶は京都にある天保7年創業の「矢野園」のもので、香り高く濃い味わいです。

白玉やわらび餅、バニラアイスなどの他にねっとりとした濃厚な抹茶あんがポイントで、抹茶好きにはたまらない美味しさです。

値段は税抜き390円、383キロカロリーです。ココスのメニューの中で矢野園の宇治抹茶を使ったものは「タピオカ 抹茶ミルク」もあります。

ココスはクレジットカードが使える!電子マネーやその他の支払方法は?のイメージ
ココスはクレジットカードが使える!電子マネーやその他の支払方法は?
全国チェーン店のファミリーレストランでお馴染みのココスは小さなお子様から大人まで楽しめるメニューで人気です。ココスをよく利用する方におすすめのクレジットカード情報をご紹介します。ココスで利用できるクレジットカード以外のお支払い方法もチェックしてみましょう。

ファミレスの絶品パフェを堪能しよう!見出し

Photo byStockSnap

ガストやロイヤルホストなど様々なファミレスがありますが、それぞれのファミレスで絶品のパフェが堪能できます。それぞれのパフェを食べ歩きして比較するのも楽しいのではないでしょうか。ぜひ気になるファミレスのパフェを食べてみてください。

投稿日: 2020年12月31日最終更新日: 2020年12月31日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote