地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

【大阪】渓流園地は自然豊かな穴場キャンプ場!ソロにもファミリーにもおすすめ!

【大阪】渓流園地は自然豊かな穴場キャンプ場!ソロにもファミリーにもおすすめ!

大阪府貝塚市にある渓流園地は、キャンパーに魅力的な自然や、設備の整っていない不便さを満喫できるキャンプ場になっています。大阪市内から車で1時間の場所にありながらこれほど自然あふれる渓流園地。大阪府のベテランキャンパーからも熱い視線を集める場所になっています。

渓流園地で本格キャンプに挑戦!見出し

Photo byLUM3N

大阪市内から1時間の好アクセスのところにある渓流園地。近年のキャンプブームで、設備のいいファミリー向けのキャンプ場は予約がとりにくくなっています。

しかし渓流園地は、大阪にありながら自然あふれるサイトの数々と、設備がお手洗いしかないという不便さでキャンプを楽しむことができます。

そんな手付かずのキャンプ場は、大阪にありながら身近に自然を楽しめる渓流園地。気になるサイトの状況や設備も一緒に詳しく見てみましょう。

渓流園地とは見出し

渓流園地とは、川のせせらぎが聞こえる大阪府貝塚市にあるキャプ場になります。ファミリーキャンプはもちろん、ソロキャンプでも周りに気兼ねなく過ごせるキャンプ場として人気があります。

設備が揃っていないキャプ場で、自然あふれる本格的なキャンプを楽しめ、さらに木立に遮られるサイトがプライベート感をあげる造りになっています。車はサイトすぐ横に停めることができ、荷物の搬出も容易です。

大阪からアクセスがいいにもかかわらず、自然あふれるの川のそばのキャプ場。自然に近い状態で生地の間ではハンモックを吊るしてみたり、タープを木にひっかけてでみたりしてプライベート感を出すことも容易にできます。

自然に近い状態でキャンプを楽しめるとあって、ベテランキャンパーも多く訪れる場所で、ソロキャンプに最適な奥の方のサイトは、より森の中といった環境です。

大阪・貝塚市のキャンプサイト

大阪市内から貝塚市の渓流園地のキャプ場へは車で1時間で着きます。渓流園地は周辺にハイキングコースが広がる、自然の中のキャンプ場。

好アクセスのキャンプ場でありながら、自然身あふれる手付かずの森や川のせせらぎを聞こえるサイトが広がっています。

大阪屈指の本格キャンパーが納得する環境と言われ。当日思い立ってすぐに行くことができるキャンプ場で、気ままに本格アウトドアを楽しむには最適な場所です。

川辺で自然に触れられる

渓流園地に入り口付近には木立サイトがあります。ここは少々にぎやかなサイトとなりますが、ファミリー向けの広めのサイトが広がっています。

そして少し奥まったところに行くにつれて、プライベート感のあるサイトになります。奥には川辺すぐの水際すぐのところにもテントを張ることができます。

夏にはどのサイトからも水遊びが楽しめ、より水辺に近いところでは川のせせらぎを聞きながら眠りにつくことができます。

夏には冷たい川に脚を付けて涼み、子供たちは水着に着替えて深さのある川で水遊びが可能です。本当に川のすぐそばまでテントを張ることができますので、水辺がすぐそこの環境です。

夏場は市内より6度ほど気温が下がると言われ、朝晩は冷え込む日もあります。夏以外の季節にはしっかりと防寒対策をしていきましょう。

直火OKで本格キャンパーにもおすすめ

そして渓流園地でうれしいのが、直火OKという点です。キャンプの醍醐味は何といっても焚き火です。その焚き火を直火で思う存分楽しめるのはキャンパーにとってあこがれのサイトです。

渓流園地の至る所で焚き火の跡がありますが、すべてしっかりと後始末がされ、綺麗な状態で帰られていることが分かります。

川辺の石を集めてきて、木立から使えそうな枝を集めて、渓流園地にある自然のもので焚き火を楽しんでみましょう。

渓流園地の設備や周辺施設見出し

では設備がほとんどないと言っていいほどの大阪の渓流園地。どの程度の設備があるのでしょうか。ファミリーでキャンプを楽しむ際には、必ず確認したいのが、お手洗いや炊事棟、シャワーでしょうか。設備の具合によっては、持って行くものも大きく違ってきます。

渓流園地内の設備

大阪の渓流園地の設備は、ずばりお手洗いしかありません。炊事棟もシャワー室も、受付もありません。

お手洗いは公園の公衆トイレほどのもので、決して設備の整ったお手洗いとはいきません。しかし毎日清掃されていますので快適に使用することはできます。

小さなお子さんがいる方は、お手洗いの場所もサイトからの距離と共に確認をしておきましょう。夜中にお手洗いに行くことを考えると少し距離が気になります。基本サイトから徒歩1分のところにあります。

渓流園地の使用料

渓流園地の使用料金は日帰りで、大人400円・子供200円・車500円になります。宿泊は大人600円・子供300円です。

チェックインは12時、チェックアウトは11時となっています。予約が必要なのは、繁忙期の4月から9月で、指定場所の利用になります。

10月から3月は予約場所以外の使用がOKとのことです。空いていれば当日飛込みでも利用可能で、受けはありませんので、電話で受付を済ませましょう。当日サイトに行けば後から、係のおじさんが原付で料金回収に来てくれるとのことです。

住所 大阪府貝塚市蕎原
電話番号 072-478-8012

そぶら山荘

そぶら山荘は渓流園地でキャンプをしてる方が、徒歩で焼き立てパンを買いに行く場所になります。車で1分、徒歩でも10分山道を歩いていくと到着です。

そばには大きな木のブランコがあり、ここでも夏場川遊びを楽しむことができます。焼きたてパンは米粉を使用し、自然発酵で作られるパンは、パン生地を石窯で焼きあげる為、もちもちの自然な美味しさが人気です。

周辺で登山を楽しんだ後に立ち寄りスポットとして使われ、週末にはイベントも開催されます。11時から16時の営業時間で、火曜水曜が定休日です。

住所 大阪府貝塚市蕎原772
電話番号 072-478-8770

ほの字の里

貝塚にある天然温泉が楽しめる場所で、廃校となった小学校を使った複合型施設で、大きな体育館やアスレチック、ハイキングに宿泊や食事も楽しむことができます。

渓流園地からは車で8分の場所にあります。子供にも人気で、工作教室やBBQ施設、廃校を利用した宿泊施設が新鮮で楽しいと人気です。

こちらの渓流園地と同様に自然あふれる立地にあり、鳥のさえずりや木々のざわめきを楽しむことができます。

しかし2020年12月現在は、休館となっております。再開時期はまだ発表されておりませんので行く際は公式HPをご確認ください。

住所 大阪府貝塚市蕎原2114
電話番号 072-478-8777

渓流園地利用の注意点見出し

渓流園地はキャンパー個人のマナーが大切な場所です。管理人さんや常住の人が居ませんので個人のキャンプサイトの利用方法や後始末をしっかりとする必要があります。

個々人がしっかりとマナーを守って、綺麗な自然豊かな環境を汚さず利用し、後の方に回しましょう。

キャンプのマナーを押さえておこう

Photo bychulmin1700

渓流園地では基本的なキャンプ場利用時のマナーを守りましょう。一般的に言われるのが夜10時以降の宴会や大きな音での音楽の禁止。朝早くの大きな声での話し声も注意です。

直火OKのサイトですが、しっかりと火の管理をして、使う以前よりきれいな状態にしておくのがいいでしょう。

共有のお手洗いは独占せずにきれいに使いましょう。そしてお手洗いの洗面では食器洗いや網の清掃ができませんのでご注意ください。

キャンプをよくしている方の間では知られている暗黙のルール。そんなルールをしっかりと守って、綺麗な自然の中で、キャンプをさせてもらうぐらいの気持ちで楽しみましょう。

ぽっとんトイレに注意

Photo by mooljot

渓流園地のお手洗いはぽっとんトイレになります。汲み取り式のトイレですので、少々においもあります。

小さなお子さんは使い慣れないお手洗いですので、行く際にはしっかりとお手洗いは汲み取り式と伝えておきましょう。

そしてお手洗いにはたくさんはトイレットペーパーは用意されておりません。女性は予備でトイレットペーパーを持って行きましょう。

水分は十分な量を持っていこう

フリー写真素材ぱくたそ

渓流園地には炊事棟がありません。そしてお手洗いの水が飲めません。よって飲み水や食材を洗う際の水は持って行く必要があります。

サイト周辺に水回りがありませんので、しっかりと使う分の水を計算して持って行くようにしましょう。特に夏場は木立の間のサイトとは言え、水が沢山必要です。余分に持って行くようにしましょう。

渓流園地でキャンプを楽しもう!見出し

フリー写真素材ぱくたそ

いかがでしたでしょうか。大阪にある渓流園地は、設備の整っていない分、川辺で自然に近い状態でキャンプを楽しめる人気の場所です。

きれいに区画整備され、炊事棟やシャワー室、何でも購入できる管理棟があるところではなく、自分の持って行ったものだけでキャンプを楽しむ必要がある玄人に最適なキャンプ場になります。

ファミリーキャンプでも、次は装備をしっかりと整えてキャンプを楽しんでみたいという方におすすめの渓流園地です。

投稿日: 2020年12月31日最終更新日: 2020年12月31日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote